So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

是枝裕和監督の映画「海街diary」フジテレビで6月9日に放送。あらすじと感想。 [映画]
















海街diary テレビ放送




是枝裕和監督の「海街diary」が
フジテレビで6月9日に放送された。
2回目でした。
何回見ても良い作品。

6月16日には2013年に公開され
第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品の
「そして、父になる」が放送される。





「海街diary」は2015年に公開され、
第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。
第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか
最優秀賞最多4部門受賞作品である。






2018年第71回カンヌ国際映画祭で
最高賞となるパルム・ドールを受賞した
「万引き家族」が6月8日から公開されている。










原作は吉田秋生さんのベストセラーコミック「海街diary」(小学館刊)。
キャッチフレーズは「家族を捨てた父が、残してくれた家族」
撮影は2014年4月から12月にかけて行われた。
船の上から見る花火、桜のトンネルのシーンは
何回見ても素晴らしい。




SPONSORED LINK







あらすじ:
14年前に家を出た実父が闘病の末に亡くなった。
その父が再々婚しており、遠く山形に
暮らしていたことを香田家の三姉妹は知る。
自分たちを捨てた父親との確執から
長女の幸(綾瀬はるか)は仕事を理由に
次女の佳乃(長澤まさみ)と三女の千佳(夏帆)を告別式に送り出す。









二人を駅で出迎えたのは中学生になる
腹違いの妹すず(広瀬すず)だった。
翌日の葬儀に来ない予定だった幸がなぜか現れる。
看護師である幸はすずの置かれた肩身の狭い境遇と
すずが父との思い出の場所に案内して欲しいと頼む。
するとすずは小高い山の上に姉妹を案内した。
佳乃たちはそこが鎌倉の風景によく似ていると話す。
すずとの別れに際し、幸は鎌倉で一緒に暮らさないかと持ち掛ける。
すずは「行きます」と即答するのだった。


















こうしてすずを迎えた香田家は四姉妹となった。
サッカー好きで明るい性格のすずは
鎌倉の生活にもすぐに溶け込み、チームで
コンビを組む風太(前田旺志郎)と親しくなり、
三姉妹を温かく見守ってきた「海猫食堂」の
女将さち子(風吹ジュン)や食堂の常連である
仙一(リリーフランキー)にも気に入られる。





頑なだった幸を父の葬儀に送ったのは
交際中の小児科医椎名(堤真一)だった。
椎名は心の病を抱える妻との離婚に
踏み切れずに幸との関係を続けていた。
幸は大叔母の史代(樹木希林)からすずを
引き取ったことについて「あんたたちの妹だけど、
父親があんたたちを棄てることになった女の子供なんだよ」と心配される。



















市民病院で働く幸には新設される終末期病棟への
転属の話が持ち上がっていた。
「看取る」ことの難しさは椎名に言われるまでもなく幸も感じていた。






酒と男が生きがいという佳乃は金を貢いでいた
若い恋人(坂口健太郎)に捨てられる。
それを契機に信用金庫の窓口嬢だった佳乃は融資担当で
外回りの仕事への配属変えを受け入れる。
佳乃はさち子が弟から遺産相続分を請求され、
海猫食堂が存続の危機に陥っていることを知ってしまう。
佳乃は上司の坂下(加瀬亮)と共に店の存続の為に奔走する。
だが、おかみにはもう一つ深刻な問題が持ち上がっているのだった。
末期がん。
















千佳は勤め先の店長・浜田(池田貴史)と交際していた。
彼の趣味に合わせ、すずたちの居るサッカーチームの
サポーターとなり、渓流釣りにも興味を示す。
だが、元は山男だった店長はエベレストで遭難し、
凍傷で足の指を6本失いながらも山への未練を
捨てきれずにいた。
サッカーチームの名前は湘南オクトパスで
監督は井上(鈴木亮平)。














サッカーチームの勝利を祝すため千佳はすずに
梅酒を飲ませるが運悪くそれは佳乃が自分用に作った物だった。
酔っぱらったすずは義母や父に溜まっていた鬱憤をぶちまける。
姉妹たちは非の打ちどころのないすずに深い悩みが
あったことを知る反面、酒乱の癖が佳乃に似ていることに苦笑する。

































新学期になりすずはクラス替えで風太と同じクラスになる。
そんな二人は付き合っていると噂を立てられていた。
チームメイトたちと「山猫亭」を訪れたすずは
仙一が父の古い馴染みであることを知る。
亡父を思い出しセンチメンタルになるすずを
風太は自転車に乗せ、満開の桜並木を作り出すアーチを疾走する。






屋敷の中にある梅の木の梅を採るすず。
四姉妹で梅酒つくり。
母が梅の時期になると梅干をつける
準備をしていたのを思い出しました。
簡単そうだから梅シロップでも作ろうかと
思いましたね。












そんな時、北海道で暮らす幸たちの実母・都(大竹しのぶ)が
法事にやってくる。
身勝手で子供じみた母にかねてから反発していた幸。
すずは都から何を言われるかと心中穏やかではない。
都はすずと衝突することはなかったものの、
突然家を処分しろと言い出す。
都と幸は大げんかになり、史代から叱責される。
だが、佳乃はいずれ皆この家から巣立つとクールに語る。
明るいすずも、不倫の子であることで、
姉たちに引け目を感じていた。















幸と料理をしていたすずは「不倫は良くないことだ」と話す。
だが、幸の恋もまた不倫だった。
翌日、夜勤で日中家にいた幸を都が訪ねてくる。
都は渡しそびれたと姉妹たちへのお土産を置いていく。
すずの分も用意されていた。
雨の中、都と祖母の墓参りに行った幸は都が
母親との根深い確執に悩み、家は彼女を縛り付ける
窮屈なものだったが、幸たちにとっては
大切な場所だと知らされたと謝罪する。
幸は北海道へ帰る都に家族の思い出の品である
梅酒を手渡すのだった。
「最後から二番目の恋」など数々のロケ先に使う
極楽寺駅が使われいた。




SPONSORED LINK















移り変わる季節を通して四姉妹は絆を深めていく。
すずは幸たちをお姉ちゃんと呼ぶようになっていた。
季節は夏を迎え、花火大会が近づいていた。
幸はすずのために自分の浴衣を仕立て直す。
浴衣を着たすずは風太らサッカーチームの
メンバーと洋上で花火見物をする。
その帰り、自宅に戻ったすずを浴衣を着た姉たちが待っていた。
姉妹は庭でささやかな花火大会をするのだった。












千佳とすずは一緒に作ったカレーを食べる。
香田家のカレーは都が幸に唯一伝えた「シーフードカレー」だったが、
千佳は姉たちには不評な「ちくわカレー」が祖母との思い出の味だった。
祖母を知らないすず、父をほどんど覚えていない千佳。
千佳はお父さんのこと教えてねとすずに話す。





柱に三姉妹の背のしるし。
すずも幸が柱にしるしをつける。
私が15歳の時より少し低いねと幸。
三姉妹の歴史の中にすずも新しく加わりました。

兄が私の身長に印をつけていた柱は
まだあるのかしらと実家を思い出しました。











佳乃と坂下の奔走により、融資により店が
続けられることをさち子に伝える。
だが、さち子は余命が限られており、店は畳み、
終末期病棟に入ることを決めていた。
酷く落ち込む二人だったが、坂下はさち子の為に
遺言書を作成することはできると話す。
そんな坂下に佳乃は惹かれていく。

















椎名は研究の為渡米する決意を固め、
幸に一緒に来て欲しいと告げる。
人生の岐路に立たされた幸は悩み抜く。
すずは以前自分に言った一言が幸を傷つけていたと動揺する。
大人の事情で子ども時代を奪われたすずを思い、
幸は姉妹たちとの生活を選んで椎名に別れを告げる。
椎名は幸もまた大人の事情で
子ども時代を奪われたと指摘する。












幸とすずは二人で山に登る。
そこはかつて父が幸を連れてきた場所で、
父が家族を棄ててからは一人で来る場所だった。
その風景はすずが姉妹たちを案内した山形の風景にそっくりだった。
二人でひとしきり叫んだあと、
幸はすずに「ここに居て良いんだよ」と告げる。















幸は看護師としてさち子の最後を看取った。
葬儀で大泣きする佳乃。
さち子の遺影は仙一が誘った最後のデートのものだった。
さち子との思い出をひとしきり語った仙一は
帰り際の姉妹の中からすずを呼び止め、
「お姉ちゃんたちには内緒でお父さんの事聞きにおいで」と告げる。











浜辺を散策する四姉妹は人生の死後について語り合う。
無邪気に波と戯れるすずを見ながら、
幸は「お父さんはダメな人だったけれど、
私たちにすずを遺してくれた」と妹たちに語る。
こうして、四姉妹はまだ古い家を離れることなく、
日々を重ねていくのだった。





SPONSORED LINK





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

NHK土曜時代ドラマ「そろばん侍・風の市兵衛」向井理さん主演。6月16日第2部”雷神”上・第4話のあらすじ。 [ドラマ]








風の市兵衛 nhk



NHK土曜時代ドラマ
「そろばん侍・風の市兵衛」
向井理さん主演。




経済ドラマ+悪を裁く痛快な殺陣!
清貧を旨とする無欲の侍が、
得意のそろばんで武家、大店など
様々な家を渡り、風のように
しなやかな剣で獅子身中の虫を
退治していく新感覚時代劇!


あらすじはNHKの公式サイトから。
時は文政。
武家の台所は火の車となる一方、
町民文化が花開いて貨幣経済が行き渡り、
金をめぐるトラブルは後は絶えない。
そんな時に頼りにされたのが、
現在で言えば会計士兼経営コンサルタントである「渡り用人」。
期限ごとに雇われて、その家の家計を預かる職業だ。











NHKの時代劇は好評ですね。
ヤフーのみんなの感想も76%☆5。
みんなの評価は4.43点。
好評な書き込みが多いですね。







SPONSORED LINK




脚本は
第1部は池端俊策さん。
第2部は小松與志子さん。
第3部は森岡利行さん。

第二部「雷神」
内藤新宿の呉服店・磐栄屋に
勤めることになった市兵衛。
権力を盾に店を奪い取ろうとする陰謀から
店主父娘を守るため、風の剣がうなりを上げる。

第4、5、6話・6月16日、6月23日、6月30日放送予定。
ゲストは
高橋克実さん、
小芝風花さん、
山中崇さん、
阪田マサノブさん。






第4話「雷神」上のあらすじ。

2018年6月16日午後6時5分。
※6月9日は放送休止です。
再放送6月19日(火)午前1時5分(月曜深夜)







市兵衛の新たな勤め先は内藤新宿の呉服店・磐栄屋。
しかし店は、主人・天外(高橋克実)が
賊に襲われ深手を負ったばかりか、
お上から召し上げ話で立ち退きを迫られていた。




大事な仕入れの場である秩父の絹市を前に、
娘のお絹(小芝風花)が父の代わりに行くことを願い出るが、
天外は首を縦に振らない。



同心の鬼渋(原田泰造)から天外が事件に
ついて多くを語らないと聞いた市兵衛は、
裏に何か事情があると睨む。








SPONSORED LINK



主な登場人物。
唐木市兵衛(向井理)
様々な家に雇われて家計を預かる”そろばん侍”。
目付の家に生まれながら、渡り用人として
己の力で自由に生きる。
人呼んで「風の剣」と呼ばれる剣の遣い手。



渋井鬼三次(原田泰造)
一筋縄でいかない食えぬ人柄で、
”鬼渋”とあだ名される北町奉行の同心。
組織に捉われず、単独行動も辞さない
叩き上げの現場捜査官。




返弥陀ノ介(加治将樹)
市兵衛の兄・信正に仕える小人目付。
信正に心服し、その弟を案ずる思いを
察して常に市兵衛に寄り添う。





青(せい・山本千尋)
清国から渡って来た女剣士。
中国武術の技を繰り出し、市兵衛をつけ狙う。




助弥(内野謙太)
渋井の手足となって動く岡っ引き。
決まり事に捉われない一匹狼の渋井を慕い、
常に行動を共にする。





佐波(橋本マナミ
小料理屋の女将で市兵衛の兄・正信の恋人。
身分の違いから正式に連れ添うことは出来ないが、
信正と生涯を誓い合っている。




矢藤太(渡辺いっけい)
用人を斡旋する口入屋「宰領屋」の主人。
市兵衛とは旧知の間柄で、
難儀な仕事ばかりを持ち込んでくる。








片岡信正(筒井道隆)
旗本・御家人を取り締まる筆頭目付で、
市兵衛の歳の離れた異母兄。
家を出た市兵衛と二十数年ぶりに再会、
ともに悪に立ち向かう。











SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

日本テレ土曜夜10時ドラマは 「Missデビル∼人事の悪魔・椿眞子」菜々緒さんゴールデンプライム帯ドラマ初主演!第9話のあらすじと感想。第10話最終話のあらすじ。 [ドラマ]







日本テレビ ドラマ



日本テレビ土曜夜10時ドラマは
「Missデビル?人事の悪魔・椿眞子」
菜々緒さん、ゴールデンプライム帯ドラマ初主演!


菜々緒さんは1月期ドラマ「BG」(TBS) に出演。
悪女と聞くと
関西テレビ火10(2015年)「サイレーン刑事×彼女×完全悪女」
を思い出します。
かなり怖かったですが今回はどんな悪女に?
今回のドラマでは悪女を超えた悪魔になるらしい。
会社の不正、会社に不利益になる者を
排除するために共亜火災保険にやって来た
正義の悪魔なのかもしれない。
「あなたは会社を辞める権利がある!」




菜々緒さん、悪女を超えた「悪魔」になる!
型破りな人事コンサルタントがオフィスの闇を暴き出す。
ダーク・ヒロインの赤いヒールからは、
どんな悪も逃げられない。
新しい形の痛快オフィス・エンターテインメント・ドラマが幕を開ける。

その剛腕から「人事の悪魔」と呼ばれる
強烈なキャラクターの人事コンサルタント・椿眞子。
彼女がハラスメントはもとより、
社内恋愛のこじれ、職場の士気を下げる社員にいたるまで、
どんな会社にでも起こりうる問題を
大胆な手法で解決していく様を、サスペンスチックに描く。



脚本は山浦雅大さん、藤平久子さん。



SPONSORED LINK


視聴率は
第1話9.6%
第2話8.1%
第3話8.8%
第4話6.8%
第5話7.2%
第6話は9.3%
第7話は7.8%
第8話は7.6%
第9話は7.5%






第9話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。

16年前、ホテルアックスの火災事故の調査を
担当した縣(大高洋夫)が遺体で発見された。
殺された夜、眞子(菜々緒)が縣と
会っていた場に居た博史は動揺を隠せない。
眞子の左手に包帯を巻かれていたことが
気になる博史。




ホテルアックスの火災事故の際、
保険金支払いを避けるために
共亜火災が偽装工作を働いていた。
その証拠写真を取り戻すために
眞子の元を訪れていた調査会社の縣(大高洋夫)が、
遺体で発見されたのだ。









縣が眞子に襲いかかって来た場にいた博史は、
胸騒ぎを抑えられない。
先に帰りなさいと言われた博史。




一方、喜多村が自分を捨てた父だと大沢から
知らされた千紘は、あまりの衝撃に
身動きが取れなくなっていた。
衝撃を受けた千紘。


喜多村会長を演じている西田敏行さんは
座ったシーンがえらい多いと感じたのですが
今話は立って秘書の柴崎に話していましたね。



そんな中、縣の事件の捜査の為、
警察が共亜火災にやって来た。
一ノ瀬賢治(小市慢太郎)刑事と宮田智子(関めぐみ)刑事。
縣の写真を見せられ
縣が殺されたことを知らされる。
刑事が犯人が怪我をしていた可能性があると
聞いた博史は人材活用ラボ室の室長に
会いに行くが…



事情聴取を受けることになった大沢や喜多村、
そして縣から脅迫じみたメールを受け取っていた修。
修と共亜火災をつなぐ"点”である博史も
一ノ瀬と宮田刑事から話を聞かれることになり…。
修は縣に会ったことがないと答える。






縣が博史の父にメールを出していたようなんですがと
博史に事情を聴きにやってくる。
聞かれた時間帯に縣が眞子に会いに来ていて
同席していたのだが、なかなか言えず…。
偽証罪と刑事に言われ…眞子の無実を信じつつ、
縣が殺害された夜に眞子と会っていたことを
警察に話してしまう博史。






一方眞子は、自分の正体をを知った喜多村に
共亜火災に来た”目的”を告白する。
眞子に復讐をしにやって来たのですか?と喜多村。
探したいというのが一番の理由です。
父親を探したいという鬼頭舞子。
こうしてお会いできるのも
もう少しだけかもしれませんと喜多村に眞子。



そして遂に警察から呼び出された眞子と博史。
どのようなご関係。

その場で眞子は思いがけない証言をするのだが…。
縣は元カレ、博史は今カレ。
無理があると心の中で博史。
奪った写真を取り返しに来たんですよね。
どのような写真だったんですか?
大人の関係でしたからそれ以上は。


三角関係だったというんですねと一ノ瀬刑事ら。


そんな時、父親から博史に電話。
大丈夫か?
父さんも気を付けて。
人が殺されているから。






千紘は会長室に。
会長は本当に父なんですよね。
恨んでいるよね。




眞子はホテルの偽証された写真を見ていた。
大沢に会いに行った眞子は
本橋瑞希(瀬戸さおり)さん、
あなたにとても残念なお知らせがあります。


一ノ瀬刑事らがまた眞子の所へ
同行して下さいとやってくる。
あなたが言っていることは嘘ですよね。
防犯カメラに縣と眞子が映っていたという。




室長が警察に連れて行かれたというのに
ラボのみんなは普段と変わりなくて。
室長のこと心配ないんですか?
何もやっても室長は愛があるんだよね。





眞子を取り調べ中に
本橋瑞希が自首してきた。
警察に眞子を迎えに行った博史から
大沢社長はニューヨーク出張だと聞き、
眞子は走り出す。





会長秘書の柴崎は喜多村に謝る。
必要以上に大沢に話してしまったことを詫びる。
その途中で、喜多村会長が意識を失ってしまう。




博史の実家では修に聡子が
縣って人に脅迫状を出したのは私なのと告白





16年前のホテルアックスの火災事故を
偽装したのは貴方だったんですねと大沢に眞子。
この会社に来て貰った君が
支配人の娘さんだったとは?
偽装は貴方によって行われた。
その通りだ。
本当に大沢一人の偽装だったのか?


斧が崎のホテルアックスの火災の
真相は?そして鬼頭舞子の父親はどこに?





SPONSORED LINK




第10話最終話のあらすじ。
大沢が、ホテルアックスの火災事故で
偽装を働いていたことを認めた。
偽装の証拠を示す写真と引き換えに
父の行方を教えるよう、渡米目前の大沢に持ちかける眞子。







大沢は、16年前に縣が眞子の父を殺し、
ホテルの跡地に埋めたと眞子に告げる。
博史は眞子と共に指定された場所で遺体を探すが、
眞子の父は見つからない。





一方、喜多村は意識を取り戻したが、
共亜火災では退職者が続出し混乱が続いていた。


投資会社・グッドマンキャピタルの曽我部(堀部圭亮)が
共亜火災に出資を申し出るが、眞子は曽我部が
信用ならない相手だと千紘に助言。







そんな中、喜多村が母と別れた経緯を知った千紘は
父と和解するが、ホテルアックスの事件が週刊誌に
すっぱ抜かれ…!




修から大沢との関係を聞かされる博史。
大沢が自らホテルアックスの件を雑誌に
リークしたことを見抜く眞子。
会社を危機に追いやってでも、
ホテルアックス事件の”真相”を
公表するべきかどうか悩む千紘。
それぞれの思いを胸に喜多村の元を訪れた3人を、
最後の試練が待ち受けていた。




SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ