So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本テレビ土10ドラマ「もみ消して冬~我が家の問題なかったことに」第1話のあらすじ(父のスキャンダルをもみ消し…)と感想。第2話(兄の不祥事をもみ消す)のあらすじ。 [ドラマ]












もみ消して冬ドラマ




2018年1月13日日本テレビ土10ドラマ
「もみ消して冬∼わが家の問題なかったことに」

この一家は確実にトラブルを解決する…。








そしてその作戦会議は秘密の家族会議で執り行われる。
そこでは法律や常識よりも、「家族の幸せ」が優先されるのだ。






ヒットドラマ界の鉄板三大職業・
医者・弁護士・警視庁(主役)のエリート三兄弟が
一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決するという
バカバカしくも美しすぎる家族愛と、
主役の「エリート感が若干足りない末っ子刑事」が
「家族への愛情VS職業倫理観」で葛藤したあげくにひねくりだす。

SPONSORED LINK



「何でそうなるの?」的屁理屈を伴う活躍と
その人間的成長(?)を、笑いながら見る痛快
「どコメディ」ホームドラマでした。

合間に頻繁に流れる火曜サスペンスのBGMが
懐かしかったが、本当にどコメディードラマでした。






主人公次男でエリート警察官:北沢秀作(山田涼介
長女で弁護士:北沢知晶(波留
長男で医者:北沢博文(小澤征悦
3人の父親:北沢泰蔵(中村梅雀









北沢家の長男(医者)、長女(弁護士)、
そして末っ子となる次男(警察官)と
いうエリート3兄弟をメインに、それぞれの知識や
ノウハウを駆使して、社会の常識よりも
一家の幸せを優先して問題を解決していく
という姿を描くホームコメディー。








優秀な兄弟がそれぞれの役割を最大限発揮することで、
一家の事件を解決していく。
主人公である次男が、自信の正義感と家族愛との
狭間で悩みながら成長していく姿をベースに。
原作なしのオリジナルドラマ。



第1話のあらすじは日本テレビの公式サイトから。

エリート警察官なんですか?と思わすようなバカっぽい
次男・北沢秀作(山田涼介)は、
敏腕弁護士で家族に対しても厳しい姉、知晶(波留)と、
天才外科医で野心家の兄、博文(小澤征悦)、
難関私立中の学園長である父、
泰蔵(中村梅雀)に、名家の一員として
様々なプレッシャーをかけられ続ける、
ちょっとしんどい人生を送ってきた。











そんな中、北沢家に母親が亡くなって以来の危機が訪れる。
泰蔵が好きになった女性・島畑富士子(磯山さやか)に
裸の写真を撮られ、金を要求されたのだ。
厳格な父のまさかの告白にショックを受ける秀作。
厳格な父の裸の写真を見せられショックを受けた上に
姉・知晶から今まで秀作が父へプレゼントをしたものは
学校のバザーに出されていたことを
聞き大きなショックを受ける秀作。




これが世に出れば北沢家は終わる。
博文と知晶敗者と弁護士の職業倫理に反してでも
何とかしようと奔走し、秀作にも協力させようとする。
反社会的なことでも信念があれば私は良いと思うと姉。










そして”平成の華麗なる一族”の北沢家で執事見習いを
始めたばかりの楠木(千葉雄大)は、この一課の
一大事を口外すればクビだとベテラン執事の
小岩井(浅野和之)から釘を刺される。
執事、執事見習いもこれから色々関わってくると思うと
楽しみだ。






そんな中「家族を守りたいが法律は犯せない」と
葛藤し追いつめられた秀作は、女性を説得しようと、
警察の中でも説得のスペシャリストであるSITのホープ、
尾関(小瀧望)に相談するが僕だったら絶対に説得しません。
説得するなんてナンセンス。
取り返したいのは彼女の愛情ですね。
説得術を僕から聞き出そうとしていませんか?
プライベートな話と言いながら…
そういうところが先輩のいけないところです。
秀作が気にいっている彼女・池江里子(恒松祐里)が
自分のことをどう思っているかを尾関に聞いてみると
男としての色気を全く感じないと言っていました。
彼女は博文さんがタイプだそうです。



父に金を要求してきた島畑富士子が
兄・博文の病院に精密検査に来るので
島畑富士子のスマホのロックを解除して
録画、写真を消去しろと秀作に命令する。
お前には警察手帳がある。
ン?警察手帳があっても人のスマホを
勝手に盗み、データーを消去するなんて…。
もしバックアップを取っていたら?



パスワード、パスコードの候補を何個か
書いておいたと姉・知晶が秀作にメモを渡す。


犯罪者であるルパン三世は皆に指示されているのは
人を傷つけないで、その人を守る為に犯罪を犯すからだと知晶。



父の34個の教えを守ることが北沢家の家族。
決めたことは決して諦めない。
どんな困難なことでもキタザワズプライド。


秀作は病院に侵入。
富士子のスマホを…。
父ははめられたのではなく本当の気持ちが
富士子にあったとしたら…と葛藤しながら
パスコードを入れていく。
姉が書いたパスコードの中で
ジムのインストラクター(富士子の今の恋人)の誕生日だった。
父の幸せそうな顔を削除していった。
写真を消せても父さんの傷は
簡単には消せない。
胸が苦しくなった。
秀作は富士子のスマホを持って逃げ、
海に投げ捨てる。




母を亡くしてから写真にあるような父の笑顔を
見たことがなかった。
秀作は切なかった。



コメディドラマとして見れば良いのでしょう。


脚本は「ハチミツとクローバー」、
「プロポーズ大作戦」などを手がけた金子茂樹さん。




SPONSORED LINK





第2話のあらすじ。
家族の危機を乗り越え、北沢家の一員として
少しだけ認められた気がする秀作(山田涼介)。
と思う間もなく博文(小澤征悦)が血と泥にまみれて帰ってきた。


浜野谷院長(柴俊夫)の愛犬ジョンを逃がしてしまい、
捜し回っていたという。
ジョンがなつけば昇進できると、こっそり手なずけようとしたらしい。

頭が良いのに姑息なことを考え、行動に出る博文です。


ジョンがいなくなる直前に一緒にいたことが
浜野谷院長にバレてしまい、72時間以内に
見つけないとクビと宣告されたピンチの博文は、
そっくりな犬を探すという知晶の無謀な提案にのる。



賛成できない秀作を外して作戦は着々と進むが、
楠木(千葉雄大)が活躍し、知晶に頼られていくのを見た秀作は、
北沢家での自分の立ち位置が脅かされる危機を感じて…。









第2話も何回”火曜サスペンス”のBGMが
流れるのでしょうか?




SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ