So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本テレビ水10ドラマ「anoneあのね」広瀬すずさん主演。第1話のあらすじと感想。第2話のあらすじ。 [ドラマ]











anone 広瀬すず




2018年1月10日水10ドラマ
「anoneあのね」初回10分拡大。
広瀬すずさん主演。






全てを失ってしまった少女は、
それでも生きようと思った。
でも、生きる術を知らなかった。
そして、ある老齢の女との運命的な出会い。
それはある事件がきっかけだった。




このドラマは、生きることの意味とは?
人が生きる上で本当に大切なものは何か?
を人々に問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語。

全てを失った少女が真実(ほんとう)の絆と出会う物語。
重たくて暗いドラマでしたね。
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
と同じような不遇の主人公。
今回の方が重いドラマなのかもしれない。
同じ脚本が坂元裕二さんなので、
似たようなドラマになるのかもしれない。

初回の視聴率は9.2%と
ひと桁でスタートしました。




SPONSORED LINK




脚本は「東京ラブストーリー」
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
「カルテット」などの作品を手がけた坂元裕二さん。
「いつ恋」は今、テレビ愛媛で再放送されています。
今日、1月11日は練(高良健吾)と音(有村架純)が
息の合ったアルプス一万尺をするシーンがあった。








第1話のあらすじはの日本テレビの公式サイトから。

林田亜乃音(田中裕子)はその日、自宅1階の
廃業した印刷工場の床下で、大量の1万円札の束を見つける。
その1万円札は?











一方、通称”ハズレ”こと辻沢ハリカ(広瀬すず)は、
清掃のアルバイトをしながら同年代の美空(北村優衣)と
有紗(碓井玲菜)と共にネットカフェに寝泊まりしている少女。
スマホのチャットゲームの中でだけ会える闘病中の
”カノン”さん(清水尋也)と日々の他愛のない会話を交わすのが楽しみだ。

金を見つけた有紗、それを自分が留学をするために
持ち逃げようとする美空。追いかけるハリカ。
そこで友達も失ってしまうハリカ。
美空から金を取り戻した亜乃音。



色んなところそこそこに伏線が引かれていて
なるほどと思う話の流れではあるが
あまりにも可哀想すぎる主人公・ハリカ。




















ある日、友人とのドライブ中に札束の入ったバッグが
捨てられているのを見たという有紗の記憶を頼りに、
ハリカたちは「柘(つげ)」という町を目指すことに。

「つげ」は、かつてハリカが祖母・
為貝真砂子(倍賞美津子)と暮らした幸せな記憶のある町の名前で…。
ところが祖母でも何でもなく、そこは厚生施設で
ツリーハウスに閉じ込められるような
幸せな思い出でもなく悲しい思い出だった。






















一方、医者から半年の余命宣告を受け店を
畳もうとしていたカレー屋店主・持本舵(阿部サダヲ)は、
店の客・青羽るい子(小林聡美)と意気投合し、
二人で死に場所を探す旅に出ていた。

カレー屋なのに焼うどんを注文。
お金も払わずに店を出ようとしたるい子。

死に場所を探しつつ自分のことを話し始める二人。
青羽るい子は刑務所に入っていたと持本に話す。







カレー屋のワゴンで二人が流れ着いたのは柘という町。
捨てられた大金がきっかけとなって、
出会うはずのない人達の運命の糸が
引かれようとしていた。
争奪戦。
しかし、亜乃音はニセ札と知り、ニセ札が
世間に出回らないよう取り返す。






ネットカフェで3人仲良く寝泊まりしていたが
偶然見つけた現金で友情もバラバラに。
ひとりネットカフェに戻ったハリカは
1万円札をポケットから出し、並べてみると
同じ番号の1万円札!
また柘にやって来るハリカ。
亜乃音を訪ねる。






幸せだった頃の祖母の家だと思っていた場所に
やってきたハリカは本当は幸せではなかった場所だと知り…。




この他の出演者は
林田亜乃音が事務員として勤務する法律事務所所長・
花房万平に火野正平さん。
亜乃音の亡くなった夫・林田京介に木場勝巳さん。
中世古理市に瑛太さん。
瑛太さんは坂元裕二さんとは5年ぶりとなります。
2011年7月期ドラマ「それでも生きてゆく」
(このドラマも暗かったですね)
2013年1月期ドラマ「最高の離婚」(ともにフジテレビ)
(このドラマが比較的明るい方でした)



SPONSORED LINK







第2話のあらすじ。
かつて更生施設で一緒だった”カノン”こと
紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、
お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、
「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。










そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていた
あの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。
さらに札束の出てきた床下の穴から、
15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、
死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝巳)と写っている写真が発見される。
探していた娘が、隠れて夫と会っていたことに
亜乃音はショックを受ける。


木場さんはNHK朝ドラ「わろてんか」に出演中。














一方、舵(阿部サダヲ)が幼なじみの西海(川瀬陽太)に
言われるままカレー店を乗っ取られようと
していることを知ったるい子(小林聡美)は、
札束を燃やして捨てる人間がいるくらいだから、
世界には裏メニューがあると、何かたくらみを抱いている様子。
見るからに人の良さそうな舵。
るい子がきっと助けてくれると信じている。



そして、写真の情報をもとに玲の足跡を辿る
ハリカと亜乃音が知るのは更に切ない現実で…。



切ないうえにまた切ないことが起こるんですよね。
坂元裕二さんのドラマって。
切なすぎる。
広瀬すずさんの暗い顔は
似合わないと思うのだが…。


SPONSORED LINK



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

テレビ朝日水9ドラマ「相棒16」第11話”ダメージグッズ”のあらすじと感想。第12話”暗教”のあらすじ。 [ドラマ]







相棒16 テレビ朝日


テレビ朝日の10月期水9ドラマ
「相棒16」



第1話の視聴率は15.9%
第2話は16.6%。
第3話は14.2%。
第4話は16.4%。
第5話は14.6%。
第6話13.8%。
第7話は13.5%。
第8話は13.6%。
第9話は13.8%。
堂々のふた桁視聴率で推移。
元旦スペシャルは15.4%。
「科捜研の女」と同じく2クール目に入ります。


水谷豊さん×反町隆史さん新シリーズ突入。
連続殺人犯が右京と亘を脅迫罪で告訴。
権力者の陰謀が特命係を追い詰める。
反町隆史さんは4代目の相棒。
(シーズン14から)





SPONSORED LINK





第11話”ダメージグッズ”
陣川公平(原田龍二)が
昨年2017年2月22日放送
シーズン15・第16話以来の登場です。






陣川公平の帰国が女性絡みの事件を呼ぶ!?
不可解な転落死の陰に謎の男の存在が…。







ロンドンで研修中だった陣川公平(原田龍二)が帰国した。
2年前、好意を寄せていた女性が殺害され、
犯人に私刑を下しかけた陣川。
危機一髪で右京らが陣川の犯行を止めた。


それからしばしの時間と海外研修(イギリス
スコットランドヤード)を経て、
一回り成長した姿を見せる。が、
本質的な部分は変わっておらず、
今回もロンドンで知り合ったという女性について、
右京と亘に相談を持ちかける。


















それは、咲(真野恵里菜)というざっくばらんな性格の女性で、
不可解なメールを残して自殺した
親友・武田麻里(川村ゆきえ)の死に疑問を抱いているらしい。
年上の陣川のことを「陣川」と呼び捨てする咲。
ロンドンのブラックハイマットブリッジで
二人は出会ったという。
ブラックフライアブリッジ(自殺の名所)






遺体が発見されたのは、立ち入り禁止の山深い渓谷。
そこは少女時代を児童相談所で過ごした彼女たちが、
苦難続きの人生を終わらせるか否か、
胸中の覚悟を試す場所だったという。


今は政治家と活躍している成澤良子。
亜弥、自殺した?麻里、咲の4人。









捜査を進めると、麻里は「スナックを開いて
人生をリセットする」と言っていたというが、
その周囲には「シュガー」と呼ばれる
白いスーツの男の影が見え隠れしていた。
白いジャケットを着た男で麻里と
接触していた男・黒土圭司だが
”シュガー”と呼ばれていたのは
黒土ではない。
麻里の元カレじゃないの?




麻里のスマホから消去された動画が
あることを突き止めたサイバー対策課の青木。
重要なカギとなる。
バックアップを麻里さんはとっていたのでは?
咲に聞くと、少女の頃から大事なものを
隠しておくところがあると、
缶の中から10年前位のガラケーが見つかる。
電源が入るということは最近まで
使っていたモノ。
動画が残っていた。
亜弥が映っていた。
最初は食事、カラオケに社会的地位のある男性と
いけば良いとシュガーに言われていたが
段々エスカレートして売春をするように
言われた。
証拠(動画)を残していくルールだった。
亜弥、良子から話を聞く右京ら。


シュガーが見つけ話を聞くことにしたが…。
ヤクザ者・佐藤春樹が浮上。
麻里の初恋の人だったということが分かる。
しかし、佐藤は若年性認知症で
末期のがんに侵され入院中。


佳子が公演している所へ。
麻里が2週間前にスナックの開店資金の
為に誰かと会っていたという相手は?
良子だった。
黒土から動画で良子を脅し金を
とれと言われていたが、彼と友情の
板ばさみで良子の動画は消し、
良子に頼んで500万出すように頼む麻里だった。
恐喝は犯罪だからやめた方が良いと良子に
いわれた麻里は、あの渓谷に行き、
咲に最後のメールを出し、飛び降りた。
その場にいた咲は「止めなかったの?」
フッと消えたくなる。
悲しいことばかりが続くと死にたくなる。
あなたは手を差し伸べるべきでした。
自己保身が頭をよぎったのですか?
麻里は良子ちゃんの為に死のうと思ったんだと咲。
そういうことじゃない。
止めて欲しかったんですよ。
良子を刺そうと咲が良子に向かって、渉と陣川が
咲を止めに、右京は良子の前に。
陣川は咲が持ったナイフの刃を持ち…。




政治家を続け子ども達を救うことが
贖罪だと言っていると咲に話す右京。
きっと良い事あるよと陣川。
じゃあ陣川も。
私たち似てるんでしょ?
陣川にもきっと良いことがあるよ。
ダメージグッズのネクタイピンを右京と亘に。
僕はネクタイをしないのでと断る亘に渡す咲。
陣川にはネクタイにちゃんと止める咲。
ダメージグッズは味わい深いものがありますね。




陣川は捜査二課へ配属。
特命係を希望していたのですが…。
捜査権がありませんからね。
ありがとうございました。



階段の上からリンゴが…。
陣川リンゴを落とした女性を見て…。
惚れっぽいところは成長してないようですね。




渓谷から転落した女性の死は自殺か、他殺か?
その周囲にチラつく白いスーツの男の正体は?
立ち直り掛けた陣川が再び衝撃の事件と対峙する!


これから捜査二課に関わる事件があれば
陣川さん登場ということでしょうか?
度々陣川さん登場歓迎です。




脚本は真野勝成さん。
監督は内片輝さん。







第13話(通算299回)第14話(通算300回)と
300回記念スペシャルが
前編1月24日、後編1月31日と放送されます。
再登場するのは瀬戸内米蔵(津川雅彦)
片山雛子(木村佳乃)、
慈妙院の蓮妙(高橋恵子)…ら。









SPONSORED LINK



第12話”暗数”
副総監の命を狙う襲撃事件が発生!
背景には4年前の脅迫事件が






警視庁副総監の衣笠(大杉漣)が、
青木(浅利陽介)と会食後、2人の暴漢に
切りつけられる事件が発生。
衣笠は7年前、県警本部長時代に、カルト集団の
一斉検挙を指揮した経緯があり、その関連も
視野に入れて緊急対策チームが編成される。















いっぽう、青木から事件の話を聞いた右京と亘は、
独自の捜査に乗り出し、衣笠家を訪れる。
周囲は警備が強化され、許可のない者は門前払いだったが、
以前、事件の目撃者として特命係と知り合った
衣笠の娘・里奈(桜田ひより)の計らいで話を聞けることに。





















衣笠家には、4年前にも脅迫めいた手紙が届いており、
母の祥子(筒井真理子)はそれで体調を崩して
今も療養先から戻っていないという。
以来、加地は晃子(長野里美)という家政婦が
担っているというが、彼女の存在に引っ掛かるものを
感じた右京は周辺を調べ始める。











副総監襲撃と4年前の脅迫事件に繋がりが
渦中の衣笠家で働く家政婦の”秘密”とは…?
過去と現在が交錯する事件に特命係が光を当てる!


脚本は山本むつみさん。
監督は橋本一さん。


SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「わろてんか」第83話のあらすじと感想。志乃(銀粉蝶)の記憶が戻り… [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」の第83話のあらすじは
NHKの公式サイトから。




伊能が関東大震災の被災者に
救援物資を送るのは、売名のためだと
書き立てるゴシップ記事が数多く出る。
藤吉やてんはなんでこんなこと、
書かれなあかんの?
志乃も記事を見て、私はひと目で良い人か
どうか分かるんだよ。
こんな新聞捨ててもええですか?
ゴミ箱にえいと捨てる。




SPONSORED LINK



目立ち過ぎたんやとリリコ。
糠に釘やとリリコ。
それは出る杭は打たれるや。
わざとボケてやったんや。
それはおおきに。


あの人の生活をこれでと金を持って
藤吉とてんに頼みに来る。
ほんまの親子やろ?
記憶が戻った時に僕が
どうなるか分からない。




へその緒を持って息子のことを
思っている志乃。
母親らしいこと出来たのかねぇ~。




心配した志乃は手作り弁当を持って
伊能の会社を訪ねる。
複雑な思いの伊能が食べ始める。
卵焼きが気に入ったかい?


そこへ新聞記者たちが
押し寄せ、騒ぎになる。
志乃は記者たちに押し倒され気を失う。
気が付いた志乃は息子のことは覚えてる。

てんは志乃のケガのことを話しに
お母さんは伊能さんがやはり見てあげたら
ええとちゃいますか?
小さい頃、活動写真をお母さんが
連れて行ってくれたから好きになったと
話していたじゃないですか?
お母さんの好きな活動写真をいっぱい作って
日本中に広めたいと言うてたやないですか?



そんなある日、
志乃は東京へ帰らせて貰うとてんに
言いに来る。
何で急に東京へ帰るんです?
「お母ちゃん、今東京に帰っても
仕事もない、住むところもないんやで」
と追いかけてきたキースに
おためごかしを言うんじゃないよと志乃。

てんは志乃に思い出したんですね。



伊能は志乃を受け入れるのか?
志乃は伊能と暮らすことが出来るのか?



なかなか東京から帰って来ない風太を
心配するトキ。
こちらの方も気になるところ…。

SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ