So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ミステリースペシャル「おかしな刑事」第17弾のあらすじ。伊東四朗さん×角野卓造さん。 [ドラマ]







おかしな刑事16



2017年テレビ朝日日曜ワイド枠で放送された
「おかしな刑事16」に引き続き
「おかしな刑事17」が
2018年1月14日日曜夜9時
「ミステリースペシャル」枠で放送されます。




人気シリーズ第17弾が、ミステリースペシャルとして登場!
病院で知り合った会社社長と、意気投合した鴨志田。
ところが、その社長の孫が誘拐される事件が発生して…
鴨志田が、なんと深刻な病に…
伊東四朗さん×角野卓造さん。
コメディーセンスあふれる名優2人が”競演”。


「おかしな刑事」は2003年から2時間ドラマとして
放送されている刑事ドラマシリーズである。



SPONSORED LINK


あらすじはテレビ朝日の公式サイトから。
鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。
別れた妻との間にもうけた娘・
岡崎真実(羽田美智子)は警視庁刑事局のエリート警視だが、
鴨志田と真実が実の親子だということは、
2人の職場の人間は誰も知らない。

















病院に健康診断の結果を聞きに来た鴨志田は、
となりの診察室から出てきた住宅建設会社の社長
・漆山忠夫(角野卓造)と知り合いになる。
大腸の内視鏡の検査を受けるよう言われた鴨志田は
深刻な病ではないかと思い悩んでいたが、
漆山もまた、次回の診察に家族を連れてくるよう
医師から言われ、重大な病の告知を受けるのかと
パニックになっていた。
互いに余命わずかと思い込んだ2人は打ち解け合い、
飲み明かす仲に。
しかし、酒を飲んで気が晴れるわけもなく、
勤務中もため息ばかりつく鴨志田は
「士気が下がる」という理由で、
坂下課長(小倉久寛)から休暇を取るよう言い渡されてしまう。


SPONSORED LINK




そんな中、東王子署管内で誘拐事件が発生!
オーガニック野菜販売会社を営む萩尾晃(窪塚俊介)、
奈津子(中島亜梨沙)夫妻の一人息子・将人(杉澤駿)が、
”ゆるキャラショー”を見ている間に何者かに
さらわれてしまったのだ。
犯人からは1億円を要求するメールが届くが、
現在、萩尾の会社は資金繰りに困っており、
1億円などとても用意できないという。









困り果てた奈津子は、会社社長である父親に連絡を取る。
その連絡が来たのは、ほかでもない、漆山。
つまり、将人は漆山の孫だったのだ。
奈津子はかねてから仕事人間で家庭を顧みなかった
漆山を嫌っており、父娘は十数年も顔を合わせていなかった。









もともと娘との関係修復を願ったいた漆山は
直ぐに奈津子の下に駆け付け、犯人の電話に
「孫のためならいくらでも出す」と即答。
犯人から、身代金の受け渡し役に指定されてしまう。








まもなく、真実が捜査の指揮を執ることとなり、
東王子署の刑事たちのほか、真実の恋人である
警視庁捜査一課8係刑事・五十嵐進(駿河太郎)も
捜査に加わることになった。
しかし、実は真実と進はケンカ中で、
別れる別れないでもめていて…
そして漆山から事情を聞いた鴨志田も、
有給休暇中の身でありながら独自の捜査を始めるが…



脚本は岡崎由紀子さん。




「警視庁捜査一課9係」にゲスト出演した伊東四朗さん。
いつかは「十津川警部」で共演した
渡瀬恒彦さんが「おかしな刑事」に
ゲスト出演されることを
願っていましたがとても残念です。





SPONSORED LINK

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

関西テレビ火9ドラマ「FAINAL CUT」亀梨和也さん主演。第1話のあらすじと感想。第2話のあらすじ。 [ドラマ]














ファイナルカット ドラマ



2018年1月9日関西テレビ火9ドラマ「FINAL CUT」
がスタートします。
主演は亀梨和也さん。







母のための復讐×許されざる恋。
メディア新時代に斬りこむ、切なくも痛快な復讐劇が幕を開ける。
誰もがSNSなどで映像を発信できる”コンテンツメーカー”となり、
指先ひとつで簡単に誰かを傷つける
「加害者」にも「被害者」にもなり得る今、
”メディア”に人生を翻弄されてしまう人々がいる。













SPONSORED LINK



中村慶介(亀梨和也)は、ある女児殺害事件で
母親を犯人扱いされ、亡くした過去を持つ男。


12年後の現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、
母を追いつめた者たちへ復讐に動き始める。
複数の矛先に向けられるのは、当時、先陣を
切って事件の取材・放送に関わったテレビ番組の司会者、
スタッフたち、そして事件の真相の鍵を握る姉妹。

慶介の行動を鋭く見つめる12年前の捜査関係者。
慶介は、素性を隠してターゲットに近づき、
公開されるその人の人生が終わる致命的な映像
”ファイナルカット”を突き付けることで、
彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていく。
しかし、しまいに近づくうちに、慶介は初めて人を深く愛してしまう。
それが復讐のシナリオに狂いを生じさせていくことに…。
慶介の復讐に隠された「ある目的」とは?
そして、許されざる恋愛の行方は――。














第1話のあらすじは
関西テレビの公式サイトから。

12年前に中村慶介(亀梨和也)の母・恭子が
経営する無認可保育園(ルミナスキッズ)の園児・志穂が何者かに殺害された。
警察による捜査が進む中、百々瀬塁(藤木直人)が
司会を務めるワイドショー番組「ザ・プレミアムワイド」は、
恭子はまるで犯人であるかのように事件を取り上げた。
取材をしても編集で母・恭子を犯人扱いの報道。
あの夜、男を見かけたということなど
全然放送されず、警察の方も調べようと
しなかったのだ。



番組がきっかけで、世間からの誹謗中傷にさらされ、
次第に追い詰められた恭子は、ついに自ら命を絶ってしまう。
毎日のようにマスコミに追いかけられ、
家にも詰めかけられる。










その後、12年の時を経て、美術館で働く小河原雪子(栗山千明)は、
絵の勉強をしているという男性と出会う。
高橋マモルと偽名。

妹の若葉(橋本環奈)が思いを寄せてデートを
繰り返している相手・吉澤ユウとは知らず、好感を抱く雪子。
しかし、その男性の正体は、それぞれ素性を隠して
姉妹に近づいた慶介だった…。
若葉のデート中にユーホーキャッチャーでカバの
ぬいぐるみを若葉にプレゼント。
何で、カバなの?
これじゃないといけないんだ。
「WA!カバ」
きゃあ~!







12年前「ルミナスキッズ」の上階で
「小河原法律事務所」を営んでいた小河原達夫(升毅)が
何か知っているのではないかと小河原の娘たちに
近づいたのだ。
母が見た男だったのでは?












慶介は幼なじみの野田大地(高木雄也)とともに、
メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げていた。
そんな中、娘の心臓移植の為に「ザ・プレミアワイド」の取材を
受けたという母親・江藤喜美子(矢田亜希子)からの相談が寄せられる。



事実と異なる内容に編集され、放送されたという喜美子は、
プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)の傲慢な対応についても困惑していた。
かつて、井出、真崎久美子(水野美紀)、小池悠人(林遣都)、
皆川義和(やついいちろう)らに苛烈な取材攻勢を受けた慶介は、
再び同じ過ちを繰り返す井出を陥れるために動き始める。
貴美子は娘・みずきが心臓移植が必要とされていて
数億円必要。そのためにもとマスコミの取材を受けたのだが…。
やはり取材は編集され、みずきが入院している病院を
批判するような放送になっていた。
病院に良くして貰っている喜美子たちは
病院に謝罪してくれと「ザ・プレミアワイド」の井出に
頼みに行くが反対に
最近は治療費の寄付を募り詐欺まがいな
事をしている人達もいますからねと
安易にあなた達もそういった風に放送しても
良いんですよと脅されてしまう。









井出の職場の机に隠しカメラ。
井出の行動を監視し、自分の母らがやられた
編集をしたものを作り上げる。
井出を脅すための「ファイナルカット」を仕上げる。

そしてついに井出との対決の時を迎える慶介。
そこで突き付ける、公開されると井出の人生を終わらせる映像――
タクシー運転手への高圧的態度、
会議での不謹慎な発言、
警察署長のキャバ嬢スキャンダルのうわさ話、
職場でスポーツ新聞の成人向けページ閲覧、
コンタクトを落とした息子の友達の母親だという
井出だったが不倫している風に見える映像を編集。
病院に謝罪をするよう迫る。
自分が12年前、井出らの歪められた報道で
母を亡くした息子であることを打ち明けた上で
これがある限り断れない。
公開するかしないかは俺が決める。
お前の人生を編集するのは俺だ!
つまりこれがあなたのファイナルカットです。






一方、新宿中央署では、12年前の事件の捜査資料を
見ている副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)を姿があった。
高田のところに警察官として配属されてくる慶介。
沢山の書類をデーターベース化する為に資料室へ。
母親の事件の調書を見ていると
一部破られたところを見つける慶介。
そこへ高田が「興味があるのか?」と。



小河原弁護士が慶介の父親なのか?
高田副署長が慶介の父親なのか?





井出が病院に謝ったことでメインキャスターの
百々瀬が会議で怒っていた。
次は真崎がターゲットだが、百々瀬も
何番目のターゲット?




ドラマ中にかかる音楽、何か聞き覚えのある音楽。
「SP」「ガリレオ」の音楽担当の菅野祐悟さんでした。




復讐ものはあまり好みではないですが…
殺すとか傷つけるとかではないだけ
良いですかね。
その人の人生をダメにするという意味では
それの方が怖いかも知れませんが。








SPONSORED LINK









第2話のあらすじ。
2人目のターゲットは?


中村慶介(亀梨和也)は、12年前に起きた女児殺害事件で、
百々瀬塁(藤木直人)司会のワイドショー番組
「ザ・プレミアワイド」によって、
母・恭子(裕木奈江)を犯人扱いされ、
結果、母親を自殺で失った。
そして現在、警察官となった慶介は、愛する母を
奪ったメディア関係者への復讐のために動き始める。



















最初のターゲットは番組プロデューサー・井出正弥(杉本哲太)。
さらに、事件当時、捜査線上に浮かんだ男の家族である
小河原雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)の姉妹に、
慶介はそれぞれ別人を装って近づいていた。

















そんな慶介が運営するメディア被害に
関する通報サイトに、今度は、「ザ・プレミアワイド」の
ディレクター・真崎久美子(水野美紀)についての相談を寄せられる。










スクープのためなら手段をを選ばない
真崎の取材によって、殺人事件の容疑者が
逮捕直前に逃亡してしまったという。
かつて、言葉巧みに恭子に近づき、
インタビューを行った真崎に裏切られた過去がある慶介は、
次なるターゲットとして真崎への制裁を決意する。












そんな中、逃亡中の容疑者から真崎の元に
一本の電話がかかってくる。
そこで持ち掛けられた”ある条件”に真崎は…。
はたして、慶介が激しい怒りとともに突き付ける
公開される真崎の人生を終わらせる映像…
ファイナルカットとは?







SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「わろてんか」第82話のあらすじと感想。志乃のことを栞(高橋一生)は僕を伊能家に売った母親だと藤吉らに打ち明ける。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」の第82話のあらすじは
NHKの公式サイトから。


あなたは?という伊能に、
「良い男だね。キーちゃんの知り合いかい?
キーちゃんをよろしゅうお願いします」

てんは、地震のショックで記憶喪失に
なってしまった志乃を長屋に住まわせ、
しばらく面倒を見ることにする。







SPONSORED LINK


志乃を医者に診て貰うことに。
一時的なものをだというか何時、
記憶は戻るかはどうかは?
何か手伝わせてくれとてんに頼む。



キースは地震のショックで人を
笑わせることなんてできないと
アサリに話す。


京都からはてんの妹・りんが
薬を沢山持って来てくれる。
救護物資としててんに送ってもらうために。




志乃に会って以降、様子がおかしい伊能。
藤吉に聞かれ、人違いだったと答えるが…。
気になった藤吉が本人に問いただすと…。
僕の母親なんだ。
向島の芸者であの人は僕を金で売ったんだ。
伊能家の長男は身体が弱くて、
保険の為に俺を伊能家に引き取ったんだ。
母は手切れ金をふんだくったらしい。

あの人が実の息子を思い出さないことは
あの人にとって幸せなことかもしれない。


さっきが好みじゃなかったみたいだからと
甘い卵焼き、おにぎりを持って志乃は
栞に持ってくるが、栞は黙って帰ってしまう。





伊能は新聞社から電話を受け
「売名行為だといわれていますが
そのことについて…。
伊能社長は東京出身ですが
お母さまは大丈夫だったんですか?」







志乃は志乃で栞の態度に…。
志乃の記憶は案外早く戻るかもしれないですね。
栞が聞かされていたことと違う真実が
志乃から聞かされることになるのでは?と
思っているのですが…。



伊能の深刻な顔、「おんな城主直虎」の
政次をまた思い出してしまった。









SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ