So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年1月3日夜9時から新海誠監督の長編アニメーション映画「君の名は」地上波初放送 [映画]









君の名は 地上波放送時間


2016年8月に公開され、歴史的な大ヒットを記録した、
新海誠監督の長編アニメーション映画「君の名は」。
その超大作を、2018年1月3日夜9時から、
テレビ朝日が地上波として初放送する。







「君の名は」は2016年8月26日に公開され、
国内興行収入250億円を突破。2016年の興行収入1位、
そして日本映画史上歴代2位という大記録を打ち立てた。
因みに歴代1位は「千と千尋の神隠し」(2001年)です。











SPONSORED LINK



主人公は田舎暮らしの女子高校生・三葉と、
東京に住む男子高校生・瀧。
出会うはずのない2人は夢の中で互いの身体が”
入れ替わる”という不思議な体験の繰り返すうち、
いつしか恋に落ちていく。




そんな2人の恋と奇跡のストーリー、
緻密で美しい映像が世代を超えて指示され、
異例のロングランヒットを記録!
映画の音楽を担当したRADWIMPSの楽曲「前前前世」も大ヒット。
ハリウッドでの実写映画化も決定するなど、
その人気は国内にとどまることなく、
全世界で大旋風を巻き起こした。




社会現象を巻き起こした大ヒット映画。
監督自ら編集したテレビ版エンドロール。









「君の名は」のあらすじは
テレビ朝日の公式サイトから。
1000年ぶりとなる彗星の来訪を1か月後に控えた、日本。
山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(声・上白石萌音)は、
憂鬱な日々を送っていた。



町長である父の選挙運動や、自らの家系である神社の古き風習…。
全てが嫌でたまらなく、都会への憧れを強く抱いていた。
そんなある日、三葉は度々、繰り返されるようになった。


















一方、東京で暮らす男子高校生・瀧(声・神木隆之介)も、
山奥の町に住む女子高校生になる、
という奇妙な夢を見ることが多くなっていた…。






やがて、自分たちの身体が夢の中で
入れ替わっていることに気づいた2人。
お互いにメモに残すことにし、力に合わせて
その状況を乗り切っていく。
ところが2人の気持ちが打ち解けてきた矢先、
入れ替わりが突如、途切れてしまい…








SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2018年1月8日夜8時新春ドラマスペシャル 「娘の結婚」あらすじ。中井貴一さん×波留さん×満島真之介さん。 [ドラマ]













1月ドラマ 2018



2018年1月8日夜8時新春ドラマスペシャル
「娘の結婚」

うれしくて、さびしくて、とても心配だ。

男で一つで育てた娘の幸せをめぐる、父親の静かな葛藤と奮闘を描く。
人生の大きな決断のひとつである「結婚」。
悩み、葛藤した父娘はたどり着いた小さな奇跡と大きな感動。
多くの人の共感を呼ぶ傑作ホームドラマが完成。
新春にふさわしい、本当の心温まる奇跡のようなシーンの数々。


中井貴一さんが演じる國枝孝彦が通うスーパーの店員役に、
お笑い芸人のアキラ100%が演じます。


SPONSORED LINK








あらすじはテレビ東京の公式サイトから。
國枝孝彦(中井貴一)は娘の実希(波留)と2人暮らし。
妻・佳実(奥貫薫)亡きあと男で一つで娘を育ててきた。
そんな娘に変化が訪れる。「会って欲しい人がいるの」…
紹介した男性がいるという。










しかしある理由で会う決心がつかない孝彦は、
友人の柴山善郎(段田安則)に心情を吐露。
相手はかつて住んでいたマンションの隣人、
古市敏之(光石研)、景子(キムラ緑子)の息子で
幼なじみの真(満島真之介)だった。
だが一番の問題は景子がトラブルメーカーらしいこと。
その事実を引っ越すまで知らなかった孝彦は、
佳実と景子の間に確執があったのではと不安になる。

















果たして娘にどう伝えるべきか?
思い悩む中、孝彦は大学時代の恋人・片岡綾乃(原田美枝子)と偶然再会。
話をするうちに綾乃と景子の意外な繋がりが発覚…。
娘の門出の為に、悩み、葛藤し、
奔走する父が辿り着いた真実は…





原作はベストセラー「東京バンドワゴン」シリーズで
知られる小路幸也さん同名小説「娘の結婚」(祥伝社文庫刊)。

脚本は水橋文美江さん。
過去作品は
「夏子の酒」「妹よ」「ホタルノヒカリ」など。






2012年1月8日にTBS系列で放送された
MBS開局60周年記念新春ドラマ特別企画
「花嫁の父」
貫地谷しほりさん&向井理さん。

2012年日本民間放送連盟賞
テレビドラマ部門優秀賞を受賞した作品。

星野美音(貫地谷しほり)の父親・里志役は柳葉敏郎さん、
祖父・紘一郎役は橋爪功さん。

今も心に残るドラマです。
今回の「娘の結婚」も心温まるドラマだと
楽しみにしています。







SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

テレビ朝日水9ドラマ「相棒16」元旦スペシャル第10話”サクラ”のあらすじと感想。第11話”ダメージグッズ”のあらすじ。 [ドラマ]







相棒16 テレビ朝日


テレビ朝日の10月期水9ドラマ
「相棒16」



第1話の視聴率は15.9%
第2話は16.6%。
第3話は14.2%。
第4話は16.4%。
第5話は14.6%。
第6話13.8%。
第7話は13.5%。
第8話は13.6%。
第9話は13.8%。
堂々のふた桁視聴率で推移。
元旦スペシャルは15.4%。
「科捜研の女」と同じく2クール目に入ります。


水谷豊さん×反町隆史さん新シリーズ突入。
連続殺人犯が右京と亘を脅迫罪で告訴。
権力者の陰謀が特命係を追い詰める。
反町隆史さんは4代目の相棒。
(シーズン14から)





SPONSORED LINK


元日スペシャル第10話”サクラ”


聖夜に発生した発砲事件とサイバーテロ!
事件に関わる高校生3人同時失踪の背後に権力者の影
停職危機の特命係が最高難度の事件に挑む!




クリスマスイベントの会場で発砲事件が発生。
しかし、奇妙なことに加害者のみならず被害者も
行方をくらましてしまう。
防犯カメラで確認するが…。
加害者は銃には慣れていない人物。
被害者は血痕を追っていくと駐車場に。
救急車も待たず、車で逃走?誰かの運転で。

残された銃弾から、制服警察官に支給されている拳銃、
通称”サクラ”が使われたと判明した直後、
交番で制服警察官・風間が自殺し、
銃が持ち去られているのが発見された。
山脇のカバンから何かを抜き取っていたという
証言者がいたことで風間は山脇の事件を調べていた。




















広報課長の美彌子(仲間由紀恵)は、混乱を避けるため
発表を控えようとするが、「QTES689」という
ハンドルネームを持つ何者かが、
緊急災害速報メールの発信元をハッキング
してサクラ盗難の証拠映像を拡散してしまう。
隠ぺいしていたのではないかと美彌子は
記者たちから責められる。




銃撃犯と「QTES689」は同じでは?
銃の残りの弾はあと3発。
















独自の捜査を始めた右京は、自殺した警察官が
元所轄刑事で、3か月前に事故と処理された
内閣人事局長の死を、一人で捜査した官房副長官の
折口(篠井英介)に引き合わされ、捜査状況を聞かれる。
折口に「お前も気を付けろ」と連絡してきた
内閣官房副長官・山脇重弘が
溺死というニュース。



















どうやら、局長の死と今回の発砲事件に
何らかの繋がりがありそうだが…
一方、発砲事件で撃たれた後、
姿をくらました被害者を捜査中の亘は、
不意に当人から接触を受ける。
安田(梶原善)と名乗った男は、”ある話”を
亘に持ちかけてきた。


駐車場で急発進した車のナンバーを知ることが
できた亘を脅してきたのだ。
美彌子の娘のことで。
美彌子も同様に安田から脅迫を受けていた。














そんな中、特命係は思わぬ情報源から、
半年前(6月24日)に謎の失踪を遂げた上条喬樹(健太郎)を
はじめとする3人の男子高校生が、
一連の事件と関係している可能性に気付く。
セキュリティーの脆弱性を見つける大会で
優勝した3人の男子高校生。
航太、智弘、喬樹は何かヤバいものを見た。
智弘は山脇が死んだことで自分のせいで死んだと。
自分は人殺しだと喬樹に話す。
智が人殺しなら僕もだ。



喬樹役の健太郎さんはNHKの「アシガール」
に早川唯(黒島結菜)が憧れる若君として出演。
これからブレークする俳優さんではないでしょうか?




















ところが、捜査本部は全く違う思惑に支配されていた。
内閣情報調査室の審議官・有馬(鶴見辰吾)が、
副総監の衣笠(大杉漣)を通じて、不穏な強硬手段を指示したのだ。
右京と亘の警察手帳も奪われることに。



真相に迫ると有馬が指示し、安田らが動くという。
3人の男子高校生が危ない。

有馬が今回の事件の黒幕だったが…
まだ仲間がいると…。
右京が有馬を追いつめた時、
衣笠は直ぐに有馬とは無関係という顔をする。
甲斐に変わり身の早さを指摘されていた。






停職の危機を冒しながらも捜査を続ける右京と亘。
銃撃犯とサイバーテロの実行犯は同一人物なのか
権力者、警察、失踪した高校生、そして特命係…
それぞれの思惑が交錯し、事態は国家を揺るがす驚愕の結末へと向かう!








脚本は太田愛さん。
監督は内片輝さん。




SPONSORED LINK




第11話”ダメージグッズ”
陣川公平(原田龍二)が
昨年2017年2月22日放送
シーズン15・第16話以来の登場です。






陣川公平の帰国が女性から見の事件を呼ぶ!?
不可解な転落死の陰に謎の男の存在が…。







ロンドンで研修中だった陣川公平(原田龍二)が帰国した。
2年前、好意を寄せていた女性が殺害され、
犯人に私刑を下しかけた陣川。
それからしばしの時間と海外研修を経て、
一回り成長した姿を見せる。が、
本質的な部分は変わっておらず、
今回もロンドンで知り合ったという女性について、
右京と亘に相談を持ちかける。


















それは、咲(真野恵里菜)というざっくばらんな性格の女性で、
不可解なメールを残して自殺した
親友・麻里(川村ゆきえ)の死に疑問を抱いているらしい。







遺体が発見されたのは、立ち入り禁止の山深い渓谷。
そこは少女時代を児童相談所で過ごした彼女たちが、
苦難続きの人生を終わらせるか否か、
胸中の覚悟を試す場所だったという。











捜査を進めると、麻里は「スナックを開いて
人生をリセットする」と言っていたというが、
その周囲には「シュガー」と呼ばれる
白いスーツの男の影が見え隠れしていた。



渓谷から転落した女性の死は自殺か、他殺か
その周囲にチラつく白いスーツの男の正体は?
立ち直り掛けた陣川が再び衝撃の事件と対峙する!





脚本は真野勝成さん。
監督は内片輝さん。



SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ