So-net無料ブログ作成

関西テレビの火9時ドラマ「パーフェクトワールド」有賀リエさん作の同名コミックをドラマ化。松坂桃李さん×山本美月さん。第5話のあらすじの感想。第6話のあらすじ。 [ドラマ]







パーフェクトワールド ドラマ化




関西テレビの火曜9時ドラマ
「パーフェクトワールド」。
有賀リエさんの同名コミックをドラマ化。
松坂桃李さん×山本美月さん。



原作は女性コミック誌「kiss」(講談社)に連載中の
有賀リエさん作の同名コミック。
1巻から8巻まで発売され、その累計部数は170万部を超える。
最新刊は9巻は、3月13日に発売。
ドラマ化にあたりオリジナルキャラクターを加えるなど、
ドラマならではのストーリーを届ける。

脚本は中谷まゆみさん。



車椅子の建築士×12年ぶりに再会した同級生…
純粋な気持ちで様々な困難を乗り越えていく愛の物語。
いつかこのドラマがただのありふえた
ラブストーリーになりますように。


建築士の鮎川樹(松坂桃李)は、大学生の時に事故に
遭ったことが原因で、脊髄を損傷し、下半身が不随に。
”恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない”
心に固く決めていた。
そんなある日、高校時代の同級生・川奈つぐみ(山本美月)と再会。
閉ざされていた樹のが、少しずつ開かれていく。
二人の前には、さまざまな”困難”が立ちはだかる。



初回の視聴率は6.9%。
第2話は5.8%。
第3話は6.0%
第4話は6.5%
第5話は6.1%




SPONSORED LINK





つぐみに思いを伝えられない幼なじみ・
是枝洋貴(瀬戸康史)自暴自棄になっていた樹を
励まし続けた”恩人”・長沢葵(中村ゆり)。




突然障害者となった息子を、誰よりも心配する、
樹の母・文乃(麻生祐未)。
障害のある樹との恋に反対する、つぐみの父・元久(松重豊)。



お互いを”幸せにしたい”と思えば思うほど、二人はすれ違い…。
無期限の可能性が広がる中で、樹とつぐみが選ぶ未来とは?
障害で恋をあきらめた建築士。
車椅子に乗った初恋の相手に恋心が再熱したヒロイン。
2人がつむぐ愛の物語。



第5話のあらすじは
関西テレビの公式サイトから。
ただありふれたラブストーリーに
なりますように。
最大の危機に陥る二人…
樹の目前で駅のホームに転落するつぐみ。
娘を想う元久が厳しい決断を迫り…
洋貴の優しさが波乱を呼ぶ。




つぐみがホームから転落
恐れていた事態が現実となり、
激しく自分を責める樹。
事故を知った、つぐみの父・元久は、樹に会うが…?









つぐみが駅のホームから転落した。
車椅子から懸命に手を伸ばすが届かず、
線路に落ちていくつぐみをただ見ているしか
できなかった樹は、一緒にいたのに
助けられなかったと、激しく自分を責める。







さらに洋貴から、つぐみが仕事のかたわら、
介護セミナ―に通っていることや、
身の回りの世話をしようと樹のマンションに
毎日通っていたことで、かなりの疲れが
たまっていたことを聞かされ、がく然とする。













しばらくすると、松本から元久と咲子が駆け付ける。
愛娘が命の危険にさらされていたことに
憤りを隠せない元久は、負い目を感じる樹に
追い打ちをかけるように、ものすごい剣幕で樹を責める。











その言葉に、頭を下げて謝罪することしかできない樹を、
葵や渡辺は心配する。









翌日、つぐみがしばらく仕事を休み、両親の暮す
松本の病院で治療に専念すると聞いた樹は、
転院する前に一度、つぐみと話をしたいと考える。





つぐみに会うために訪れた樹は、転院する前に一度、
つぐみと話をしたいと考える。
つぐみに会うために訪れた病院で、
樹は元久と偶然再会、2人で話をすることに。


つぐみの幸せを願う元久が、樹に伝えたこととは…
つぐみは小児ぜんそくで
何回もつぐみを背負って病院へ行ったことを話す。
命より大事な娘だ。
私の代わりに背負っていける人に
つぐみを任せたい。
つぐみと別れてくれ鮎川さん。







樹は松本に帰るつぐみに会いに。
しかし具合が悪くなる。
高熱が続き、※空洞症が疑われるが…。


※脊髄空洞症。
脊髄の中に脳脊髄液と呼ばれる液体が溜まり、
脊髄が「ちくわ」のような形になってしまう病気。
いずれも、脳と脊髄を循環している
脳脊髄液の流れが滞ることで
空洞ができると考えられている。
脊髄は脳の命令を全身に伝える神経線維の束ですから、
この部分に空洞ができると感覚障害や運動麻痺が現れる。


このことを聞き樹はパニックに。
仕事も出来なくなると…。
そんな樹を付きっきりで支える長沢葵。





SPONSORED LINK



第6話のあらすじ。
引き裂かれた愛の行き着く先は?



大切なつぐみの為に、つらい別れを選択した樹。
つぐみも東京を離れ、想いを断ち切ろうとする。
それぞれ新たな人生がスタートする。





「娘は、自分の代わりに背負って歩いてくれる人に任せたい」--
娘の幸せを願う元久の言葉がきっかけで、
つぐみとの未来について改めて考えた樹。
このまま一緒にいても、自分ではつぐみを幸せにするどころか、
ピンチに駆けつけることもできない。
つぐみのことを大切に思っているからこそ、
悩んだ末に樹が出した答えは”別れ”だった…。









樹に突然別れを告げられ、失意のどん底で
帰宅したつぐみに、実家からある知らせが届いていた。
しおりと洋貴とともに急いで松本へ向かうが、
これを機につぐみは、まだ心に残っている
樹への想いを断ち切るためにも、仕事を辞めて
東京から離れることを決意。
洋貴は、そんなつぐみの胸の内を察しつつも、
改めてつぐみへ想いを告げる。










一方、みずから恋に終止符を打った樹もまた、
つぐみへの想いを捨てきれずにいた。
そんなある日、上司の渡辺から、つぐみが
東京を去ることを聞いた樹。
二度と会えなくなるかもしれない…そう思った樹は、
急いで高速バスの乗り場へ向かう。







SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。