So-net無料ブログ作成

TBS4月期金曜日10時ドラマは「インハンド」主演山下智久さん。第6話のあらすじと感想。第7話のあらすじ。 [ドラマ]









ドラマ tbs 金曜日






TBS4月期金曜日10時ドラマは
「インハンド」

初回の視聴率は11.3%。
第2話は9.5%。
第3話は9.1%
第4話は7.7%
第5話は9.0%。
第6話は9.8%。



主演は山下智久さん。
原作は朱戸アオ(アカトアオ)さん
「インハンド」(講談社「イブニング」連載中)
脚本は吉田康弘さん、
田辺茂範さん、
福田哲平さん。




未来は、僕たちの手の中にある。
最新科学がもたらす難事件に…。



SPONSORED LINK




第6話のあらすじは
TBSの公式サイトから。
新章スタート!
日本陸上界のエースにドーピング疑惑
紐倉は国民栄誉賞が検討されている日本陸上界のエース
・野桐(清原翔)のドーピング疑惑を調べる。
陸上界の異端児VS変人科学者対決!
疑惑は白か黒か
変人VS変人












正式に内閣官房サイエンス・メディカル対策室の
アドバイザーとなった紐倉は、助手の高家を
連れて内閣府にあるSM対策室を訪れる。
牧野は対策室のメンバーに、紐倉と高家を紹介。







網野(光石研)は早速、紐倉に相談を持ち掛ける。
国民栄誉賞の授与が検討されている日本陸上界のエース・
野桐(清原翔)のドーピング疑惑について調べて欲しいというのだ。
最初は拒否した紐倉だったが、高家の必死過ぎる頼みに
よって渋々受けることに。









紐倉と高家、そして牧野は、ドーピング疑惑の真相を探るため、
練習中の野桐に会いに行く。
陸上界の異端児と言われるだけあって、レース前後に
野獣のような雄叫びをあげたり、
謎のダンスを踊り出すなど、謎めいた行動が多い野桐。
聴く曲は”バラ色の人生”
2年前から演奏者が変わっていた。
JD・サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて”が
部屋には二冊。
実家にもあった。








変人な上に傲慢な性格で、紐倉にも執拗に突っかかる。
そんな中、紐倉は野桐の”ルーティン”に目を付ける。
そこからあることに気付いた紐倉は、さらに詳しく調べるため、
野桐の高地トレーニングを観察するために長野に高家を連れ出す。



野桐の父親・俊明温水洋一)
を訪ねる紐倉と牧野と高家。
そこで国立総合がんセンターからの
封書を見つける。
父親がHLAの適合検査を受けている。
父親はHLAは不適合だった。





野桐に紐倉は言う。
君は遺伝子ドーピングをした。
異変に気づいていたんだろ?
採取した血液を調べ直した。
野桐は悪性リンパ腫だった。



今回の大会が最後だと挑む野桐。
しかし途中で倒れ込んでしまう。
三井記念病院へ入院、
悪性リンパ腫の治療を行うことに。




ゲスト出演:
野桐俊(清原翔)
野桐俊明(温水洋一)
東野潔(石井正則)

今回のメインゲストの清原翔さんは
NHK朝ドラ100作目「なつぞら」に現在出演中。
旬の俳優さんですね。







SPONSORED LINK



第7話のあらすじ。
天才博士に…まさかの初恋




牧野に娘がいることを知った紐倉と高家は、
入院している牧野の娘・美香(吉澤梨里花)の
お見舞いに来ていた。
生まれつき免疫に欠陥がある
PID(原発性免疫不全症候群)で入院している美香。







PIDの有効な治療法が骨髄移植しかないが、
ドナー提供者も見つかっておかず、
母親の牧野とも一致しなかったという。
そして、美香の父親で牧野の夫・
賢一(永岡卓也)はすでに他界していた…。









紐倉はPIDの研究を始めるため、
元上司の福山(時任三郎)に協力を仰ぐが…。





ゲスト出演者:
橘美香(吉澤梨里花) 
橘賢一(永岡卓也) 
橘将之(おかやまはじめ)











SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。