So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フジテレビ10月期木10ドラマ「黄昏流星群」第9話のあらすじと感想。第10話のあらすじ。 [ドラマ]








黄昏流星群 ドラマ




フジテレビ10月期木10ドラマ
「黄昏流星群」
あらがえない運命の恋…。
上司の巻き添えで左遷された銀行員の夫、
娘が巣立ち喪失感に襲われる妻。
人生を捧げたものを失い、
心に穴が開いた二人に突然出会いが…
今、運命の恋が輝き出す!




佐々木蔵之介さん、中山美穂さん、
そして黒木瞳さんが織りなす人生の岐路に
たたずむ男女の切ないラブストーリー。






”セカンドライフに差し掛かった
男女の切ない恋”と描く「黄昏流星群」
原作は、1995年から「ビッグコミックオリジナル」(小学館)にて
ロングランで連載されている弘兼憲史さんのよる
大ヒット漫画「黄昏流星群」。
2000年に文化庁メディア芸術マンガ部門優秀賞を
受賞するなど高い評価を受ける名作。







今作では、短編オムニバスとなっている
原作の中から傑作の一つと言われている
第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を
通り過ぎた男と女が図らずも落ちてしまった
あらがえない運命の恋、その恋を取り巻く
大人たちの人間ドラマを丁寧に描いている。



初回視聴率は7.3%。
第2話は7.3%。
第3話は6.1%。
第4話は6.5%。
第5話は6.7%。
第6話は6.5%。
第7話は6.4%。
第8話は6.2%。
第9話は7.4%。




SPONSORED LINK





主人公のエリート銀行員・瀧沢完治に佐々木蔵之介さん、
献身的な妻・瀧沢真璃子に中山美穂さん、
そして主人公が恋に落ちる運命の女性・目黒栞に黒木瞳さん。
それぞれの事情を抱え、人生に恋に葛藤し
交錯する男女三人を重厚に演じる。
「黄昏流星群」は、人生の折り返し点が近づき、
これからの人生を考え始めた大人たちが、
黄昏の空にきらめく流星のように最後の輝きを模索する物語。










主人公の瀧沢完治は、入社以来仕事一筋、
金融再編などの荒波の中、脇目も振らずに
こつこつと努力を積み上げ支店長まで上り始めた銀行員。
恋愛の末一緒になった妻の瀧沢真璃子とも
最近では会話が減り、年頃の娘とも距離ができていたものの、
平和な家庭生活と真っ当な人生をためらいなく受け入れていた。
そんなある日、理不尽な理由で取引先への出向を
突然命じられてしまう完治。
予期せぬ左遷宣告にショックを隠し切れず
「何だったんだ、俺の会社人生は…」と仕事一辺倒だった
自分の人生に疑問を抱き始める。
ドン底に突き落とされ、自分の人生を見失いかけていた完治は、
ふとした思い付きで、「明日から出張だ。スイスに行ってくる」と
家族に言い渡し、単身スイス旅行へ…。


運命の人なんて、何歳で出会うか分からないから怖いのだ。

第9話のあらすじ。
全てを悟り家を出る決断をした真璃子。
冴の介護に疲弊した春輝を支えるうちに
冴との関係に変化が?
完治は遂に銀行復帰?
一方姿を消した栞の病状は悪化し続け…。






瀧沢完治の前から目黒栞が姿を消した。
家を引き払い、食堂の仕事も辞め、行方が分からない。


そんな完治は若葉銀行から復職を打診される。
倉庫の仕事にやりがいを感じ始めていた完治は
すぐに答えを出せずにいた。
そんな完治に気づいた川本は
アンタしか出来んことが銀行で待ってるんと
ちゃいますか?と後押しする。





また、真璃子も大きな決断をしようとしていた。
完治は真璃子に銀行からの話をする。
そんな完治に、真璃子は家を出て行こうと思うと切り出した。
驚く完治に、真璃子は栞の存在を知っていることを打ち明けた。
栞と一緒にいる完治が、今まで見たことのないぐらい
幸せそうな顔をしているのを見て、私も別の生き方を
考えてみたくなったと語る真璃子。
完治は何も答えられなかった。





糖尿病網膜症が進んでいってると
治療していきましょうとこのままだと失明してしまうと
言われた栞は漁業組合に面接に。
茅野緑(美保純)から採用と言われ働き始める。





真璃子は水原聡美のマンションへ。
だが、聡美から須藤武史(岡田浩暉)と結婚すると告白を受け、
真璃子は自分の存在が聡美の邪魔になると気を遣い、家を出る。
とは言うものの行き場所のない真璃子は、
町をさまよい自分の無力感を痛感する…
そんな真璃子は、ある場所で偶然日野春輝を見かける。
冴の介護で疲れ果てた様子を見兼ねた真璃子は日野家を訪ねる。
事務所を休んで冴の介護をしているという春輝。
もう仕事も辞めても良いと…。
介護で仕事を辞めるなんてと私に手伝わせてと
春輝の家に行く。





居酒屋「一番星」に同期の井上と飲みに行く完治。
銀行に戻って来いと言われていること、
女房にも出て行かれ、好きになった人にも
逃げられたと。



そんなある日、居酒屋に一人で行った完治に
大将の徳田(小野武彦)はアンタと一緒に飲んでいた人が
テレビに出てるよと。
有岡不動産への不正融資が発覚したというニュースだった。










SPONSORED LINK



第10話最終話のあらすじ。
瀧沢完治は異例の人事で若葉銀行に戻ることになった。
しかし、妻の真璃子は家を出て行き、
日野冴の世話をする形で春輝を支えている。
完治が想いを寄せる目黒栞も姿を消し、音沙汰がない。







完治は銀行復帰後、不正融資の内部調査委員会委員長を任される。
その矢先、同期で融資部長の井上英樹(平山祐介)が自殺を図ってしまう。










一方、真璃子は春輝と冴をホスピスへと送る。
真璃子のこれまでの献身的な世話に感謝する冴。
だが冴は、春輝との関係は今日で終わりにして欲しいと
冴は真璃子に釘を刺した。





真璃子は他へ行くところもなく、瀧沢家へ戻ることに…。
一度は壊れかけた、完治と真璃子の夫婦仲は修復されるのか?
一方で栞の病気は日々進行していく。
完治と栞は果たして再会することが出来るのか?
運命の恋の行方はいかに…







SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。