So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本テレビ日曜10時半ドラマ「崖っぷちホテル」岩田剛典さん連ドラ初主演。第9話のあらすじと感想。第10話のあらすじ。 [ドラマ]








崖っぷちホテル 岩田剛典


日本テレビ日曜10時半ドラマ「崖っぷちホテル」
連ドラ初主演は岩田剛典さん。

初回の視聴率は10.6%
第2話は6.1%
第3話は6.5%
第4話は7.0%
第5話は7.2%
第6話は7.1%
第7話は7.3%
第8話は7.8%
第9話は7.0%


いらっしゃいませ
ようこそ「崖っぷちホテル」へ!
ここは、郊外にたたずむ一軒の小さなホテル。
かつては知る人ぞ知る、栄華を誇った
クラシカルな高級ホテル。
…しかし時は経ち、今やヤル気・実力共に0の
スタッフ集う、破産寸前ド底辺ホテル。



若すぎる新米女性総支配人・桜井佐那(戸田恵梨香)、
空気の読めない新人パティシエ・鳳来ハル(浜辺美波)、
競艇狂いの総料理長・江口竜二(中村倫也)に
存在感0のウエイター・服部要蔵(佐伯大地)
愚痴ばかりダラダラ清掃員・阿部長吉(宮川大輔)
アメニティ泥棒の清掃員・吉村尚美(西尾まり)、
24時間酩酊中のバー責任者・枝川梢(りょう)や
絶賛横領疑惑?の副支配人・時貞正雄(渡辺いっけい)
自己チュー事務責任者・丹沢昭人(鈴木浩介)
英語しゃべれぬビビりベルマン・ピエール田中(チャド・マレーン)
謎の強面フロントマン・大田原大志(くっきー野生爆弾)などなど
このホテルのスタッフたち、全員”くせ者”揃いのダメ人間!











SPONSORED LINK





この男の来客が、このド底辺ホテルの全てを
覆すことになるとは、今はまだ誰も知らずに…。
2018年、4月現在・負債総額3億円!

舞台はダメスタッフの巣窟と化した、
サービス最悪・くせ者揃いの老舗ホテル!
このホテル、建っている場所・立たされている状況、
同じく押せば倒れる崖っぷち!
「どうせどうにもできない…」。
そんなうつむきかけた日常を笑い飛ばす、
日曜の喜劇はここに在り!
「全員クセ者」だらけの登場人物で織りなす、
一軒のホテルを舞台にした、「クセ」が凄すぎる
痛快シチュエーションコメディ!




第9話、第10話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。

第9話のあらすじ。
国王動かす奇跡のホテルとして
インヴルサが話題のホテルに
しかし、取材に訪れた男は宇海の
良からぬ噂を囁き…。
謎に包まれた主人公の謎が明らかに。
大感動必見の第9話。
宇海の夢・花火大会プロジェクト。





王女たちの滞在が話題となり、一躍時のホテルとなった
グランデ・インヴルサ。
テレビの密着取材も組まれ浮かれる時貞だったが、
やって来た番組ディレクターの藤井(神尾佑)は
宇海の正体に気づいた途端目の色を変え
「バリストンホテルを追い出された」という
悪い噂について宇海から聞き出そうとして…












一方、目前に迫った創立50周年のイベントで
宇海は長年の夢だった花火大会を
実現したいと佐那に相談する。
花火師の資格も持っているという宇海。
裕子も。えっ何で?女性が花火師?

天候に左右されるリスクはあるものの、
佐那はホテルの危機を救ってきた宇海の夢を
叶えるためにもスタッフと一丸となり準備を始める。






そんな中、取材の企画書が当初聞いていたものではなく
「グランデ・インヴルサの真相」というスキャンダルな
タイトルに変わっていることに気づいた裕子が佐那に報告。










そして、厨房ではハルから「バリストンでは花火を
企画しなかったのか?」と聞かれた宇海が
「企画はしたが…」と珍しく口ごもっていた。
宇海のうわさを執拗に探る藤井に毅然とした態度で
接する佐那だが、裕子に話を聞いた長吉が
取材をやめた方が良いと佐那に直談判したことが
きっかけで藤井が宇海の悪い噂を嗅ぎまわっている
ことは皆の知るところに。










佐那は放送内容を事前に確認する約束を
取り付けたことを説明し皆を安心させるが、
宇海は噂に惑わらせずに自分を守ろうとする
スタッフたちの姿を見て「バリストンホテルを追い出された」と
いう噂の真相を皆に話すことを決意する。











それはかつて企画した花火大会での失敗が原因なのだが…。
正装せず、副支配人をしていた宇海のことを
良く思っていなかったバリストンホテルの一部の方々から
反感をかっていて、不満を持つ方もいて
花火大会の日、花火師が来なかったんです。
前日、キャンセルの電話があったと。
正装してお集まりいただいたお客様に
謝罪しようとしたら倒れてしまって…。
が、支配人からはスタッフの指導がなされてなかったと
謝られましたが、私がここにいることで
お客様がまたがっかりすると思い、辞めました。



さらに、もう一つの気がかりである
イベント当日の天候は大荒れの予報。

雲行きの怪しい密着取材と花火大会…。
皆で目指す宇海の夢の実現。
これまで数々の奇跡を生んできたインヴルサに、
この日最大の奇跡が起きる。



雨風がひどく、お客様を帰りかけ
もうしばらくお待ちくださいと
ハルと江口はタコ焼き、イカ焼きなどの他に
特製スープを作り、時間稼ぎをする。



自分らに出来ることを探す清掃員の
尚美と長吉は色とりどりの傘をお客様が見れるようにと
準備をし始める。


裕子は天候が変わるのを
打ち上げ花火設置場所で花火師たちと待っていた。





それぞれのスタッフが今、自分ができること、
お客様に喜んでもらおうと動き出した。

正装した宇海から大花火大会を開催いたします。
打ち上げ花火は無理かもしれませんが、
外に出てみてください。
4人家族の男の子と女の子は外を見ると
色とりどりの傘が一杯。うわぁ~!

傘に当たる雨音は花火の音を連想させるもので
感嘆の声をあげる。



奇跡がその時、起きる。
雨音がしなくなり、雨がすっかり止む。
と同時に打ち上げ花火が。
雨上がりに大輪の花が夜空に。
裕子は諦めなければ夢は必ず叶う。
私は世界一のベッドメイクになる。



尚美はこんな時になんだけどと長吉に告白。
そらジローサンキュー!

そらジローは
日本テレビの天気予報のマスコットキャラクター。






正装をしていた宇海に佐那は
大丈夫だったんですか?正装。
着れなかったのに支配人やスタッフのことを
思ったら着れました。
でも限界がきました。気持ちが悪くなって…





ベッドで寝かされていた宇海のもとに
バリストンホテル支配人・道源がやってくる。
戻って来て欲しい!と。

宇海は戻ってしまうのか?




SPONSORED LINK





第10話最終話のあらすじ。

スタッフ一丸となり宇海の夢だった
花火大会を大成功させた矢先、
佐那はバリストンホテルの支配人から
宇海を引き抜き返したいと言われる。





さらに、スキャンダルを嗅ぎまわっていた
密着番組の放送日が変わり、内容を事前に
確認できなくなったことにも不安を抱える佐那。









そんな中、連日満室のホテルには
急遽、川北久美(谷村美月)率いる11人の団体客がやってくる。

業務見学目的で来たと言う団体客は
忙しい厨房や清掃の様子を見て回り…。







実は久美は崖っぷち経営に悩む
ホテル・スイーヴルの若き支配人。
崖っぷちからの大逆転を遂げたインヴァルサに
学びたいという相談を受けていた宇海が
呼び入れていたのだ。






しかし、スイーヴルのスタッフは若い久美に
反発する宿泊部や飲料部、強面のフロントや
手癖の悪い清掃員など、曲者ぞろい。
それはよく見ると3ヶ月前の自信のなかった佐那と
やる気のなかったスタッフ一人一人にまるで生き写しで…。











そのことに気づいた裕子は宇海の行動にある予感がし、
時貞たちに相談。
同じ頃、佐那も宇海の行動に胸騒ぎを感じていた。
それは、インヴルサでの仕事をやり切った宇海が
新たな大逆転のワクワクを求めて
スイーヴルへ行くつもりではないか、という予感。










そして、少し話をしたいという宇海に連れられ、
佐那は二人の始まりの場所であるプールへと来る。
そこで明かされるのは、宇海がこのホテルに
来たほんとうの「理由」であった…。





すべての伏線が絡み合い、物語は完結へと向かう。
そこにあるのは、このドラマ史上最大の感動の
クライマックスであった。
崖っぷちからグランデ・インヴルサを救った宇海と、
「夢の場所」を守り続けるために佐那が
下した誰もが涙するその最後の決断とは







SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。