So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

NHK土曜時代ドラマ「そろばん侍・風の市兵衛」向井理さん主演。6月16日第2部”雷神”上・第4話のあらすじ。 [ドラマ]








風の市兵衛 nhk



NHK土曜時代ドラマ
「そろばん侍・風の市兵衛」
向井理さん主演。




経済ドラマ+悪を裁く痛快な殺陣!
清貧を旨とする無欲の侍が、
得意のそろばんで武家、大店など
様々な家を渡り、風のように
しなやかな剣で獅子身中の虫を
退治していく新感覚時代劇!


あらすじはNHKの公式サイトから。
時は文政。
武家の台所は火の車となる一方、
町民文化が花開いて貨幣経済が行き渡り、
金をめぐるトラブルは後は絶えない。
そんな時に頼りにされたのが、
現在で言えば会計士兼経営コンサルタントである「渡り用人」。
期限ごとに雇われて、その家の家計を預かる職業だ。











NHKの時代劇は好評ですね。
ヤフーのみんなの感想も76%☆5。
みんなの評価は4.43点。
好評な書き込みが多いですね。







SPONSORED LINK




脚本は
第1部は池端俊策さん。
第2部は小松與志子さん。
第3部は森岡利行さん。

第二部「雷神」
内藤新宿の呉服店・磐栄屋に
勤めることになった市兵衛。
権力を盾に店を奪い取ろうとする陰謀から
店主父娘を守るため、風の剣がうなりを上げる。

第4、5、6話・6月16日、6月23日、6月30日放送予定。
ゲストは
高橋克実さん、
小芝風花さん、
山中崇さん、
阪田マサノブさん。






第4話「雷神」上のあらすじ。

2018年6月16日午後6時5分。
※6月9日は放送休止です。
再放送6月19日(火)午前1時5分(月曜深夜)







市兵衛の新たな勤め先は内藤新宿の呉服店・磐栄屋。
しかし店は、主人・天外(高橋克実)が
賊に襲われ深手を負ったばかりか、
お上から召し上げ話で立ち退きを迫られていた。




大事な仕入れの場である秩父の絹市を前に、
娘のお絹(小芝風花)が父の代わりに行くことを願い出るが、
天外は首を縦に振らない。



同心の鬼渋(原田泰造)から天外が事件に
ついて多くを語らないと聞いた市兵衛は、
裏に何か事情があると睨む。








SPONSORED LINK



主な登場人物。
唐木市兵衛(向井理)
様々な家に雇われて家計を預かる”そろばん侍”。
目付の家に生まれながら、渡り用人として
己の力で自由に生きる。
人呼んで「風の剣」と呼ばれる剣の遣い手。



渋井鬼三次(原田泰造)
一筋縄でいかない食えぬ人柄で、
”鬼渋”とあだ名される北町奉行の同心。
組織に捉われず、単独行動も辞さない
叩き上げの現場捜査官。




返弥陀ノ介(加治将樹)
市兵衛の兄・信正に仕える小人目付。
信正に心服し、その弟を案ずる思いを
察して常に市兵衛に寄り添う。





青(せい・山本千尋)
清国から渡って来た女剣士。
中国武術の技を繰り出し、市兵衛をつけ狙う。




助弥(内野謙太)
渋井の手足となって動く岡っ引き。
決まり事に捉われない一匹狼の渋井を慕い、
常に行動を共にする。





佐波(橋本マナミ
小料理屋の女将で市兵衛の兄・正信の恋人。
身分の違いから正式に連れ添うことは出来ないが、
信正と生涯を誓い合っている。




矢藤太(渡辺いっけい)
用人を斡旋する口入屋「宰領屋」の主人。
市兵衛とは旧知の間柄で、
難儀な仕事ばかりを持ち込んでくる。








片岡信正(筒井道隆)
旗本・御家人を取り締まる筆頭目付で、
市兵衛の歳の離れた異母兄。
家を出た市兵衛と二十数年ぶりに再会、
ともに悪に立ち向かう。











SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。