So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「わろてんか」第84話のあらすじと感想。栞と書かれたへその緒を箱を持って伊能(高橋一生)を説得しに行くてん。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」の第84話のあらすじは
NHKの公式サイトから。

伊能はてんから志乃が記憶を取り戻したことを
教えられるが、「あの人と二度と会うつもりはない」
と再会をかたくなに拒絶する。
話し合うようにてんは説得するが…。
あの人が私を捨てたんだ。




SPONSORED LINK


お前が居なくなってせいせいすると
言われたんだ。
自分の心も分からないような人間が
こうして活動写真を作っている。



へその緒の箱を焼こうとした志乃。
それをキースが拾い上げ
生年月日と”栞”という名前を見る。


一方、東京で芸人たちの安否確認を
していた風太から久し振りに電話がある。
東京の芸人さん達も無事だと
笑いが一番のごちそうやて。
大阪によんだらどうやろ?とてんと藤吉。
トキとも話をする風太。





キースはへその緒を箱を藤吉とてんに見せる。
へその緒を箱を持って伊能のところへ行くてん。
地震のさなか志乃さんはこれを家に取りに帰ったそうです。
恨みつらみを言ったら宜しいやないですか?
志乃さんが東京へ帰る前に食事会しようと
思ってます。


志乃にもてんは説得しに行くが
志乃もあの子と会う気はないと話す。

芸者していた私みたいな母親はダメだと言われて
たんまり金を貰って別れたんだ。
お金で大事な子を売る訳ありまへん。
頑なに伊能には会わずに東京に
帰るという志乃でした。


親子の関係が少しでも戻ると良いのですが…
アサリとキースの漫才で。





SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。