So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続のドラマスペシャル「白い巨塔」岡田准一さん主演。第四夜、第五夜のあらすじ。 [ドラマ]











白い巨塔 岡田准一


テレビ朝日開局60周年記念
5夜連続のドラマスペシャル「白い巨塔」
2019年5月22日(水)~5月26日(日)夜9時~。
作家・山﨑豊子さん。
不朽の名作「白い巨塔」が令和初の大型ドラマとして
岡田准一さん主演で、5夜連続で新たに誕生。

監督は巨匠・鶴橋康夫さん。







1965、1969年に新潮社より刊行された、
作家・山崎豊子さんの長編小説「白い巨塔」。
大阪の大学病院を舞台に、医療ドラマの枠を
超えて人間の本性に迫った同作は、
山﨑豊子さん作品の中でも”最高傑作”と呼び声高く、
発行部数はシリーズ累計600万部を突破。



刊行から50年経った今でも、多くの人に愛され続けている。
今作で主演の財前五郎を務めるのは、岡田准一さん。
V6としてグル―プ活動する傍ら、
数々の映画・ドラマに出演し、2018年、映画「関ケ原」で
第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、
直近でも主演映画「散り椿」が第42回モントリオール
世界映画祭で審査員特別賞を受賞するなど、
俳優として目覚ましい活躍を見せ、
確固たる地位を確立している。



SPONSORED LINK






第四夜のあらすじは
テレビ朝日の公式サイトから。

舞台は医療裁判へ。



ドイツで手術のデモンストレーションを行う
財前五郎が現地の医師たちに絶賛されている頃、
日本では、ICUでの治療の甲斐なく佐々木庸平が死亡していた。
死因が肝不全だと知り、膵臓がんだと
思っていた妻のよし江と息子の庸一はがく然…。
里見脩二は、そんな二人に病理解剖を勧める。
財前のミスを疑い、真実を知りたいと
強く願う庸一の後押しで、後ろ向きだった
よし江も解剖を了承。









病理学科の教授・大河内恒夫が解剖を担当することになる。
解剖の結果、よし江と庸一は、手術の前後ともに、
財前は「膵臓以外に問題がない」と言っていたと
柳原雅博に詰め寄る。
もともと財前の傲慢な診察態度に疑問を持っていた二人は、
彼を裁判で訴えることを決意する。











そんな中、財前が帰国。空港で訴訟について
コメントを求める記者たちに囲まれ、
もみくちゃになっている財前を連れ出した
義父の又一は、その足で医学部長・鵜飼裕次の自宅へと向かう。
教授選で財前を推薦したがために自分の立場が
危うくなったと激昂する鵜飼に、財前は、
すべては遺族の誤解で、自分に後ろめたい
ことはないとキッパリ宣言。

又一も金に糸目はつけないので、
何とか降りかかる火の粉を払って欲しいと土下座する。












翌朝、柳原を呼び出した財前は、
恩師の大河内が解剖を担当したと聞き、
自分の立場が悪くなると激怒。
さらに、柳原にカルテの改ざんまでほのめかす。
また、里見のもとを訪れた財前は、遺族に
自分を窮地に陥れる病理解剖を勧めた彼にも
食ってかかり、同期の二人に溝ができてしまう。










よし江と庸一は財前を訴える裁判を起こすために、
弁護士・関口徹(斎藤工)の事務所を訪れる。
一方、病院と財前の代理人となった弁護士
・国平幸一郎(山崎育三郎)が関口に価格の金額を提示し、
示談にしないかと持ち掛ける。


真実と自分の将来を天秤にかけ、裁判を前に
どんどん追い込まれていく柳原…。
そして、ついに、純粋に真実を知りたいと願い遺族と、
保身に全てをかける財前の長い闘いが始まる…。



第一夜の視聴率は12.5%。
第二夜は11.8%でした。
第三夜は?
追記します。




SPONSORED LINK





第五夜のあらすじ。


医療裁判で勝訴した財前五郎と浪速大学病院だが、
控訴審を控えているにも関わらず、
世界外科連盟の理事に立候補するという財前に、
病理学科の教授・大河内恒夫ら周囲は、あきれ顔…。







一方、控訴審の証人に探し求め、病院関係者を
訪ねまわる弁護士関口徹だが、ことごとく財前に
根回しされていて、証言してくれる人が見つからない。





前回の裁判で、医師としての信念を貫いて
財前と大学に不利な証言をしたため、
浪速大学医学部を辞し、来月から関西がんセンターで
研究を続ける道を選んだ里見脩二と、
現近畿労災病院院長・東貞蔵の娘で里見を慕う東佐枝子は、
関口に協力することを決意する。








関口と佐枝子は元看護師で真実を知る
亀山君子(美村里江)に証人になってくれるよう頼みに行くが、
妊娠中の君子を心配する夫・亀山富治(松尾諭)に
追い返されてしまう。








一方の財前と義父・財前又一は、外堀から
埋めようと、冨治の工場へ。
しかし金にものを言わせて自分たちに
都合の良い証言をさせようとする卑怯なやり方に冨治は激昂。




その話を聞いた君子は裁判で証言する決意を固める。
そして、ついに控訴審が開廷。
良心の呵責にさいなまれながらもウソをつき続ける
柳原雅博(満島真之介)だが、予想もしなかった
財前のひどい裏切りに打ちひしがれてしまう。

この財前の裏切りにより、裁判は混迷を極めることに…。


そうして迎えた結審の日―。
裁判所を出た財前は、大勢の記者に囲まれる中、
突然倒れてしまう…。









花森ケイ子(沢尻エリカ)
バー「ラディゲ」のホステスで、財前の愛人。
財前が唯一心を許し、何でも話せる相手。
医師を志し、関西女子医大に入学するものの、
医学界の封建制と矛盾だらけの人間関係に見切りをつけ中退した。
財前を愛し、広い心とホステスという仕事で得た
ネットワークを駆使して財前を陰ながら支え続ける。







大河内恒夫(岸部一徳)
浪速大学医学部病理学科・教授。
野心むき出しの財前をあまり快く思っておらず、
教授選に公正を期すため選考委員に名乗りを上げる。








柳原雅博(満島真之介)
浪速大学医学部第一外科・医局員。



佃友弘(八嶋智人)
浪速大学医学部第一外科・医局員。



亀山君子(美村里江)
浪速大学医学部第一外科・看護師。



野坂奈津美(市川実日子)
浪速大学医学部脳外科・教授。
教授陣の中で紅一点。









財前杏子(夏帆)
財前の妻。
教授の妻という座にしがみつくタイプ。
大人しそうに見えて結構、逆上型。

財前の愛人が花森ケイ子ということに
気がつき…。









黒川キヌ(市毛良枝)
財前の母。
女手一つで財前を育て、
苦労しながらも医学部まで卒業させた。
現在は故郷で一人暮らしている。









東政子(高島礼子)
東の妻。
教授夫人で構成される”くれない会”のメンバー。







東佐枝子(飯豊まりえ)
東の娘。
浪速大学医学部図書館で司書として働いている。
里見を密かに慕っている。
第四夜で里見に告白。



船尾徹(椎名桔平)
東都大学医学部第二外科・教授。




佐々木庸平(柳葉敏郎)
繊維問屋・佐々木商店の店主。
浪速大学に患者としてやって来る。




佐々木よし江(岸本佳代子)
庸平の妻。




佐々木庸一(向井康二)
庸平とよし江の息子。






弁護士・関口徹(斎藤工)
関口法律事務所・弁護士。
佐々木家の代理人を務める。





国平幸一郎(山崎育三郎)
河野法律事務所・弁護士。
財前の代理人と務める。






「白い巨塔」はフジテレビ系列で
2003年10月9日~12月11日まで
第一部が放送され、
2004年1月8日~3月18日まで
第二部が放送された。

全21回(第一部全10回、第二部全11回)



2004年12月17日、12月24日、2月30日には
3週連続で白い巨塔アンコール(総集編)が放送された。

財前五郎役は唐沢寿明さん。
里見脩二役は江口洋介さんでした。






SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -