So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

朝ドラ「まんぷく」第62話のあらすじと感想。ワカメを昆布に変えたダネイホン、まずは東京進出 [ドラマ]









まんぷく 朝ドラ




連続テレビ小説・朝ドラ「まんぷく」
第62話のあらすじ。




まんぷく」は、99作目の朝ドラで
大阪放送局制作としては42作目。
インスタントラーメンをこの世に生み出した実業家
・安藤百福さんとその妻・仁子さんの半生がモデルのドラマ。
安藤百福さんは中国籍だったので戦勝国民となり
多額の保険金を得ていました。
脱税容疑で昭和23年12月に逮捕され
2年収容されていました。





たちばな栄養食品という会社に。
ダネイホン作りに専念することを決意した萬平。
再出発です。

同時に販売先を全国展開しないとと
世良からの意見。
病院だけではなく一般の人にも
買って貰えるようにしたらええんや。
美味しいダネイホンを作るしかない!

ただ、そのためには現状の味では難しく、
もっと美味しくしないと売れない。



SPONSORED LINK





早速、ダネイホンの改良を始めるが、
すでにいろいろな食材を試しており、
良いアイデアが浮かばない。

煮詰まった萬平に対して、福子は
鈴が今日のお出汁はカツオにしようか、
昆布にしようかと悩んでいたのを聞いて
萬平に、昆布の栄養は何?
ワカメを昆布に変えたらどうでしょう?






新しくなったダネイホンの試食会。
世良もタカも真一も加わって…。
ここの8割の人が美味しいと言ってくれなければ
商品にはならない。
多数決を取ります。
日本中に売っていこう。
まずは東京進出やと世良。
東京は冷たい、人情がないと聞いたわと鈴。
東京はダメ、あなたは大阪で二人目を産みなさい。
何の話やと世良。





その夜、
世良さんは胡散臭いけど嫌いになれない。
世良さんの言う通り東京に進出しようと思う。
お母さんは私が説得するわと福子。

福子が鈴を説得する必要はなかった。
その夜、咲が鈴のところへ。
忠彦さんが描いてくれたお母さんの絵、
良いわね。観音様のよう。
東京に出るのは反対ってそれは変よと。
咲には弱い鈴である。







明朝、食事の支度をしていると
東京に会社を作ってかまいませんと鈴。
えっお母さん、良いの?
私は観音様よ。
そこへ萬平は自ら鈴を説得しようと
やってくる。
やはり、お母さん東京へ…。
出陣
えっ
頑張って下さい。萬平さん。
あなたは武士の娘の娘の婿なんですから。






SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -