So-net無料ブログ作成

映画「ボクの妻と結婚して下さい」織田裕二さん×吉田羊さん。6月19日夜9時から感動の話題作がついに初地上波!あらすじと感想。 [映画]












織田裕二 吉田羊 映画



映画「ボクの妻と結婚して下さい」
感動の話題作がついに初地上波!
織田裕二さんの4年ぶりとなる映画主演作で、
2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた
放送作家の樋口卓治さんによる同名小説を映画化。
織田裕二さんが三村修治役を、吉田羊さんが妻・彩子役を演じた。
2016年11月に映画公開された。




2014年に内村光良さん主演(木村多江さんと共演)で
舞台化され、2015年にはNHKBSプレミアムで
同じく内村光良さん主演で木村多江さん共演でテレビ化された。


SPONSORED LINK





織田裕二さん主演で送る感動の話題作がついに地上波初登場!
テレビ愛媛6月19日夜9時から。

「愛する人に幸せな未来を残したい」
余命半年を宣告された男が考えた奇想天外な企画とは!?
余命6ヶ月。
仕事ばかりだった男は、家族に何を遺すのか?
三村修治はバラエティ番組の放送作家。
世の中の出来事を”楽しい”に変換する仕事をしてきた。
余命6ヶ月を宣告されたいま、家族に遺せる「最後の企画」は?

自分がいなくなっても、妻と息子が前を向いて進めるように…。
そうだ。
「妻の結婚相手を探そう!」
そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。
修治の思惑を知った妻・彩子は…
そして、迎える最高のエンディングとは。
まさに命をかけた一世一代のプロジェクト。
ある夫婦の物語。今、始まる。








余命6ヶ月、最愛の人に送る優しい嘘とは?
数多くのレギュラーを抱え、
忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家
・三村修治は、体に異変を感じて検査を受けるが、
その結果は余命わずか6ヶ月の末期膵臓がんと
いう信じがたいものだった。

SPONSORED LINK





放送作家として世の中のさまざまなこと
「楽しい」に変えてきた修治は、自分がいなくなった後も、
妻が前を向いて生きていけるようにと、ある企画を思いつく。

それは、自分が死んだ後の妻の新たな
結婚相手を捜すことだった。
部下の片岡喜子(森カンナ)
と一緒にお見合いパーティーに参加する。
医者だという中島隆(前川泰之)が
彩子の相手に良いと思うのだが…。
医者と聞いて三浦孝子(大塚千弘)が
中島にぴったり。
お見合いパーティーを企画しているのは
元仕事仲間だった知多かおり(高島礼子)。
そしてかおりだけには自分が余命宣告されたこと、
自分が亡くなった後に一緒に暮してくれる結婚相手を
探そうと思っていることを話す。
協力してくれと頼むのだった。
かおりは修治の共犯者になった。





かおりはピッタリの人を見つけたと
かおりの部下として伊東正蔵(原田泰造)
に会う修治。本当に良い人だった。
見合いをしても良いと言ってくれる伊東。
彩子の相手として伊東という良い人が見つかったのだが
自分と彩子が離婚するように次の策を実行。
放送作家として一緒に仕事をしたことのある
清瀬モモ(佐藤ありさ)と
不倫をしているように彩子に見せる。
離婚届を渡し、家を出て行く。
が、修治は結婚して陽一郎と3人で暮らしていた時、
修治の親が借金を残し死んでしまい、
2000万の負債を抱えてしまったことを彩子に。
彩子は何でも話してくれて嬉しいと言ったことを思い出す。
で、家に帰る修治。
自分が余命宣告を受けたことを正直に話す。

そんな時、
週刊誌に放送作家・三村修治不倫と
いう記事と写真が出てしまう。
それを見た伊東は見合いを断ってくる。
修治は直接、謝罪に行き自分が余命宣告を受けたことを
話し、ボクの妻と結婚して下さいと頼む。
しかし伊東は断ってくる。
断られても断られても…




そんなある日突然、
伊東が見合いしても良いと。
それから3人で会うことに。
映画も、食事も3人で。
楽しい時間を3人で持つ。




結婚式の日。
バージンロードを彩子と一緒に歩く修治。
伊東に彩子が朝、起きるのが苦手なことなど
伝える修治。
笑顔に変換するのが好きだった修治は
亡くなる。




伊東に無理を言って頼んだのは彩子だった。
自分たちの結婚式を見せ安心して夫が逝けるようにと。

伊東は本当に良い人でしたね。
実際には結婚生活はしていない。
でも伊東は彩子と結婚して息子の陽一郎と
一緒に暮らしても良いと思っていたのでは
ないだろうか?
修治が伊東と彩子と息子の3人で笑顔で
食事をしているのが見えたように。



修治と彩子の一人息子・陽一郎に込江海翔さん。

業田豊に眞島秀和さん。
俵屋三幸に小堺一機さん。
荒城伊知郎に大杉漣さん。

放送後、大杉漣さんのご冥福をお祈りしますとメッセージ。



監督は、数多くのドラマを手がけ、
「阪急電車片道15分の奇跡」で映画初メガホンを
取った三宅喜重さん。
脚本は金子ありささん。
金子ありささんの作品は
「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」(2016年TBS)
「FINAL CUT」(2018年関西テレビ)




SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ