So-net無料ブログ作成

TBS日9ドラマ「ブラックペアン」二宮和也さん初主演!第1話のあらすじと感想。第2話のあらすじ。 [ドラマ]









ブラックペアン ドラマ


2018年4月期日曜劇場枠
9ドラマは「ブラックペアン」
”ブラックニノ”全開でしたね。
面白かったですね。
研修医の竹内涼真さんが可愛そうなくらい
オタオタしててあそこまで
自信がないと患者さんが不安になりますよね。



日曜劇場初出演の二宮和也さん。
自身初の外科医役で”オペ室の悪魔”と呼ばれる
ダークヒーローを演じる。

医療ドラマの連ドラは2017年10月期以来。
久しぶりのような気がしますね。
期待しています。



原作は海堂尊さん「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)
2005年に「チーム・バチスタの崩壊」で第4回
「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。
2006年「チームバチスタの栄光」として改題して出版。
2006年「週刊文春ミステリーベスト10」第3位。



初回の視聴率は13.7%。
関西地区では19.8%。
4月期ドラマの中で
唯一の医療ドラマ。
二桁視聴率でスタート。









脚本は丑尾健太郎さん。
主題歌は
小田和正さん「この道を」(アリオラジャパン)
演出は
福澤克維さん(下町ロケット、陸王など)、田中健太さん、渡瀬曉彦さん。

SPONSORED LINK



皮肉屋で真意がどこにあるのかつまめない渡海を、
二宮さんがどう演じるのか?
第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ、
数々の演技賞で高い演技力を評価されてきた二宮さん。
外科医(天才的な手技を持つ)を演じるのは初めて。
渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う
一方で「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に
隠された真実をめぐる駆け引きと、
渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。
大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく
男の生き様を描いた人間ドラマ。


TBS連続ドラマに出演するは、2008年10月期金曜ドラマ
「流星の絆」(原作:東野東吾さん)以来10年ぶり。



SPONSORED LINK






”片っ端から、救ってやるよ。”
第1話のあらすじはTBSの公式サイトから。


東海地方にある東城大学医学部付属病院では、
”神の手”を持つと称される心臓外科医・
佐伯清剛(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が
行われようとしていた。
三か月後に日本外科学会理事長選を控え、
佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の
西崎教授(市川猿之助)もこの手術を見学、
治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や
医療ジャーナル誌編集長・池永(加藤浩次)も注目する手術だ。


フジテレビの元アナウンサーだった加藤綾子さんは
初ドラマ挑戦です。













そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者が急変。
医師たちが対応にあたるが状態は悪化、
研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。
そんなとき、手術室に一人の男が現れる。
同僚医師らから”オペ室の悪魔”と呼ばれる
外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

















一方、東城大にやって来た新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、
最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。
彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった。

世良の初めての患者となる皆川妙子役に
山村紅葉さん。
「スナイプ」での手術は成功したかのように思えたが
動脈瘤があることを見逃しての手術だったので
皆川は急変する。
病室の窓から見える桜が咲くのを楽しみにしていた
皆川を助けてあげたいと渡海に頼む世良。
桜の近くに家があり、皆川が生まれた時に
桜が咲いたという思い出のサクラだった。





亡くなった渡海の父親・一郎も医者。
一郎と同期の佐伯。

父・一郎の死に何か疑念を
持っているような渡海征四郎。
ヒラの医局員だが、成功率100%を誇る
弧高の天才外科医。
佐伯教授しか世界でひとりしか出来ない佐伯式も
本当はなんなくこなせる渡海。

「患者を生かし、医師を殺す」と評されることから
通称”オペ室の悪魔”
患者を助けられなくなった医師に
辞表を出すことを約束させ、退職金の
中から金銭を受け取る。





SPONSORED LINK







第2話のあらすじ。

最新医療機器・スナイプを持って
東城大に乗り込んできた高階(小泉孝太郎)だったが、
術後のトラブルによって2例目の手術を行えずにいた。








そして、研修医である世良(竹内涼真)も、
医師として思い描いていた姿と現在の
不甲斐ない自分の姿のギャップに落ち込んでいた。







ある日、小山(島田洋七)という急患が運ばれてくる。
渡海(二宮和也)の手術で一命は取り留めたが、
僧帽弁置換手術を行う必要があった。
手術に難色を示す夫妻に、渡海は痛烈な一言を投げかける。








結局、小山と妻・好恵(沢松奈生子)は
佐伯教授(内野聖陽)の手術を希望することになるが、
長い順番待ちリストに名を連ねることに。
そんなとき、高階が小山のスナイプ手術を提案する。
佐伯は了承するが、驚くべき条件を出す。










SPONSORED LINK






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ