So-net無料ブログ作成

TBS日9ドラマ「ブラックペアン」二宮和也さん初主演!第10話最終話のあらすじと感想。 [ドラマ]









ブラックペアン ドラマ


2018年4月期日曜劇場枠
9ドラマは「ブラックペアン」
”ブラックニノ”全開。
二宮和也さんのあの微笑みは
ゾクッとしますね。
”オペ室の悪魔”と呼ばれる天才外科医・渡海。
本当の悪魔なのか?
本当の悪魔は誰なのか?

日曜劇場初出演の二宮和也さん。
自身初の外科医役で”オペ室の悪魔”と呼ばれる
ダークヒーローを演じる。

医療ドラマの連ドラは2017年10月期以来。
久しぶりのような気がしますね。
期待以上に面白かったです。


原作は海堂尊さん「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)
2005年に「チーム・バチスタの崩壊」で第4回
「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。
2006年「チームバチスタの栄光」として改題して出版。
2006年「週刊文春ミステリーベスト10」第3位。



初回の視聴率は13.7%。
関西地区では19.8%。
4月期ドラマの中で
唯一の医療ドラマ。
第2話の視聴率は12.4%
第3話は12.1%
第4話は13.1%
第5話は13.4%
第6話は13.0%
第7話は13.0%
第8話は16.6%
第9話は16.2%
最終話は18.6%
今期ドラマ中で第1位。
有終の美を飾りました。

感想は追記します。





脚本は丑尾健太郎さん。
主題歌は
小田和正さん「この道を」(アリオラジャパン)
演出は
福澤克維さん(下町ロケット、陸王など)、田中健太さん、渡瀬曉彦さん。







SPONSORED LINK



皮肉屋で真意がどこにあるのかつまめない渡海を、
二宮さんがどう演じるのか?
第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ、
数々の演技賞で高い演技力を評価されてきた二宮さん。
外科医(天才的な手技を持つ)を演じるのは初めて。
渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う
一方で「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に
隠された真実をめぐる駆け引きと、
渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。
大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく
男の生き様を描いた人間ドラマ。


TBS連続ドラマに出演するは、2008年10月期金曜ドラマ
「流星の絆」(原作:東野東吾さん)以来10年ぶり。




”片っ端から、救ってやるよ。”
最終話のあらすじ。
15分拡大。
さらば渡海!
二人の天才の宿命とは?
最高でしたね。
面白かった!
シリーズ化してほしい。




倒れた佐伯教授の緊急手術を行った渡海。
しかしこれはあくまでも応急処置。
渡海は完治させるための再手術を行う条件として、
自分が探している”飯沼達次”の居場所を
明らかにすることを佐伯に求める。






しかし佐伯は「命よりも大事なものがある」とそれを拒み、
外科学会に出席するために無理を押して東京に向かう。
次期理事長立候補表明演説会。
西崎教授の演説から。












SPONSORED LINK



途中で飯沼達治の急変を知り佐伯は
黒崎にあることを命じ、佐伯は
会場からいなくなる。




一方東城大では、美和が藤原師長の命令で秘密裏に
担当していたある患者・飯沼達治の容体が急変する。
美和が止血剤を取りに特別室から慌てて出て行くのを
見た高階は飯沼に処置をする。
そのことは木下香織の知るところとなり…。

そして、ブラックペアンの真実は
渡海の手で自白の下にさらされる…。







SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ