So-net無料ブログ作成

朝ドラ「半分、青い」第61話のあらすじと感想。生まれて直ぐ出会った律と鈴愛は19歳の誕生日に別れた。 [ドラマ]








朝ドラ 半分青い


朝ドラ連続テレビ小説「半分、青い」
第11週“デビューしたい!”に入ります。
第61話のあらすじはNHKの公式サイトから。




律を巡り、清と大ゲンカになった鈴愛は、
その夜、律から喫茶・おもかげに呼び出される。
電話の律の声は今まで聞いたのとは違っていた。
「話がしたい」





SPONSORED LINK




律が鈴愛と清の衝突について話を
切り出すと
私の言ってること信じないかもしれないけど…
鈴愛の言うことを信じるよ。
清は鈴愛にやきもち焼いているのだと思う。
私には分からん。
清と喧嘩してたら自分のことも怖くなった。
律は私のものだ返せと言った?
清のものでも鈴愛のものでも
和子さんのものではない。
清にそれを言ったらダメだよと鈴愛に律。



もう子供の頃のままではいられないと
鈴愛に伝える。
律は鈴愛に対し「距離を置こう」と告げ
この町を出ようと思うと。
清を傷つけたくないんだ。
清が好きだ。
私はただ律のそばに居たかった。
ルール破ったの、そっちじゃない。
私、発見した。
私、律が切れても全然怖くない。
泣いてるの。
泣けてきた。
でも笑ってみたりしてね。
これが最後に鈴愛に見せる顏だからね。
僕たちは親友だったんだよ。
鈴愛が悪いんだよ。
これは手に入らないものなんだよ。
私には難しいことは分からない。
難しいことわかれよ。

正人にパフェ作って貰って
喜んでいたじゃないかと律。
(あらっ!?少しは正人と鈴愛の事気にしてたのか、律)
私って魔性の女?


笑ってよ。律。
笑顔見せてくれ。
あほか。
小学校の時の二人が大人ぶって
大人の会話をしてるみたい。
もう子供じゃいられないんだよ。
私は律がいなくなると思うと、
立ってる地面がなくなるみたいや。
すっぽりぬけるみたいや。
鈴愛、遅いよ。もう遅い。


律、最後に一つだけわがまま聞いてくれ。
なんだそれ。
糸電話。
やった。
ゾートロープ。
僕たちは記憶のお手玉をする。




素敵なセリフだった。
記憶のお手玉。
”恋愛の神様”北川悦吏子さん、
月曜の朝濃密な15分、
律と鈴愛の二人だけのシーン。
ありがとうございました。


岐阜の晴さんも和子さんがきっと
残念がるだろうな。



誕生日おめでとう鈴愛。
3分過ぎちゃたけど。
ありがとう。
バイバイ、律。
生まれて直ぐに出会った僕たちは
19歳の誕生日に別れた。
最後は見送らさせてやる。
後姿のまま手をあげる鈴愛。
やってみたかったと鈴愛。
後ろを向いたままバイバイ律。
サヨナラ鈴愛。




見送った後、七夕の短冊に目が入り、
鈴愛の短冊だった。
”律がロボットを発明しますように!”
鈴愛の夢を一つだけ盗んだ。
このセリフも素敵だった。

鈴愛は自分の願い事ではなく
僕の為に願い事を
書いてくれた。
律はどう思ったのでしょう。







律は本当に清が好きなのだろうか?
恋愛に免疫力ない律だから…。
しかし、ああいう気の強い女性の方が
律には合っているのかなと思ったりも…。
これからどうなるのでしょう。
博多華丸、大吉さんが朝ドラ受けで
「マンガ描きましょうよ」
ハイ。そうですね。
漫画描きましょう。




2000年1月期TBS日曜ドラマ「ビューティフルライフ」
(号泣しました)
2004年4月期TBS日曜ドラマ「オレンジデイズ」を思い出しました。
ヒロインが聴覚障碍者、難病だったので…。








SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

日本テレビ日曜10時半ドラマ「崖っぷちホテル」岩田剛典さん連ドラ初主演。第9話のあらすじと感想。第10話のあらすじ。 [ドラマ]








崖っぷちホテル 岩田剛典


日本テレビ日曜10時半ドラマ「崖っぷちホテル」
連ドラ初主演は岩田剛典さん。

初回の視聴率は10.6%
第2話は6.1%
第3話は6.5%
第4話は7.0%
第5話は7.2%
第6話は7.1%
第7話は7.3%
第8話は7.8%
第9話は7.0%


いらっしゃいませ
ようこそ「崖っぷちホテル」へ!
ここは、郊外にたたずむ一軒の小さなホテル。
かつては知る人ぞ知る、栄華を誇った
クラシカルな高級ホテル。
…しかし時は経ち、今やヤル気・実力共に0の
スタッフ集う、破産寸前ド底辺ホテル。



若すぎる新米女性総支配人・桜井佐那(戸田恵梨香)、
空気の読めない新人パティシエ・鳳来ハル(浜辺美波)、
競艇狂いの総料理長・江口竜二(中村倫也)に
存在感0のウエイター・服部要蔵(佐伯大地)
愚痴ばかりダラダラ清掃員・阿部長吉(宮川大輔)
アメニティ泥棒の清掃員・吉村尚美(西尾まり)、
24時間酩酊中のバー責任者・枝川梢(りょう)や
絶賛横領疑惑?の副支配人・時貞正雄(渡辺いっけい)
自己チュー事務責任者・丹沢昭人(鈴木浩介)
英語しゃべれぬビビりベルマン・ピエール田中(チャド・マレーン)
謎の強面フロントマン・大田原大志(くっきー野生爆弾)などなど
このホテルのスタッフたち、全員”くせ者”揃いのダメ人間!











SPONSORED LINK





この男の来客が、このド底辺ホテルの全てを
覆すことになるとは、今はまだ誰も知らずに…。
2018年、4月現在・負債総額3億円!

舞台はダメスタッフの巣窟と化した、
サービス最悪・くせ者揃いの老舗ホテル!
このホテル、建っている場所・立たされている状況、
同じく押せば倒れる崖っぷち!
「どうせどうにもできない…」。
そんなうつむきかけた日常を笑い飛ばす、
日曜の喜劇はここに在り!
「全員クセ者」だらけの登場人物で織りなす、
一軒のホテルを舞台にした、「クセ」が凄すぎる
痛快シチュエーションコメディ!




第9話、第10話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。

第9話のあらすじ。
国王動かす奇跡のホテルとして
インヴルサが話題のホテルに
しかし、取材に訪れた男は宇海の
良からぬ噂を囁き…。
謎に包まれた主人公の謎が明らかに。
大感動必見の第9話。
宇海の夢・花火大会プロジェクト。





王女たちの滞在が話題となり、一躍時のホテルとなった
グランデ・インヴルサ。
テレビの密着取材も組まれ浮かれる時貞だったが、
やって来た番組ディレクターの藤井(神尾佑)は
宇海の正体に気づいた途端目の色を変え
「バリストンホテルを追い出された」という
悪い噂について宇海から聞き出そうとして…












一方、目前に迫った創立50周年のイベントで
宇海は長年の夢だった花火大会を
実現したいと佐那に相談する。
花火師の資格も持っているという宇海。
裕子も。えっ何で?女性が花火師?

天候に左右されるリスクはあるものの、
佐那はホテルの危機を救ってきた宇海の夢を
叶えるためにもスタッフと一丸となり準備を始める。






そんな中、取材の企画書が当初聞いていたものではなく
「グランデ・インヴルサの真相」というスキャンダルな
タイトルに変わっていることに気づいた裕子が佐那に報告。










そして、厨房ではハルから「バリストンでは花火を
企画しなかったのか?」と聞かれた宇海が
「企画はしたが…」と珍しく口ごもっていた。
宇海のうわさを執拗に探る藤井に毅然とした態度で
接する佐那だが、裕子に話を聞いた長吉が
取材をやめた方が良いと佐那に直談判したことが
きっかけで藤井が宇海の悪い噂を嗅ぎまわっている
ことは皆の知るところに。










佐那は放送内容を事前に確認する約束を
取り付けたことを説明し皆を安心させるが、
宇海は噂に惑わらせずに自分を守ろうとする
スタッフたちの姿を見て「バリストンホテルを追い出された」と
いう噂の真相を皆に話すことを決意する。











それはかつて企画した花火大会での失敗が原因なのだが…。
正装せず、副支配人をしていた宇海のことを
良く思っていなかったバリストンホテルの一部の方々から
反感をかっていて、不満を持つ方もいて
花火大会の日、花火師が来なかったんです。
前日、キャンセルの電話があったと。
正装してお集まりいただいたお客様に
謝罪しようとしたら倒れてしまって…。
が、支配人からはスタッフの指導がなされてなかったと
謝られましたが、私がここにいることで
お客様がまたがっかりすると思い、辞めました。



さらに、もう一つの気がかりである
イベント当日の天候は大荒れの予報。

雲行きの怪しい密着取材と花火大会…。
皆で目指す宇海の夢の実現。
これまで数々の奇跡を生んできたインヴルサに、
この日最大の奇跡が起きる。



雨風がひどく、お客様を帰りかけ
もうしばらくお待ちくださいと
ハルと江口はタコ焼き、イカ焼きなどの他に
特製スープを作り、時間稼ぎをする。



自分らに出来ることを探す清掃員の
尚美と長吉は色とりどりの傘をお客様が見れるようにと
準備をし始める。


裕子は天候が変わるのを
打ち上げ花火設置場所で花火師たちと待っていた。





それぞれのスタッフが今、自分ができること、
お客様に喜んでもらおうと動き出した。

正装した宇海から大花火大会を開催いたします。
打ち上げ花火は無理かもしれませんが、
外に出てみてください。
4人家族の男の子と女の子は外を見ると
色とりどりの傘が一杯。うわぁ~!

傘に当たる雨音は花火の音を連想させるもので
感嘆の声をあげる。



奇跡がその時、起きる。
雨音がしなくなり、雨がすっかり止む。
と同時に打ち上げ花火が。
雨上がりに大輪の花が夜空に。
裕子は諦めなければ夢は必ず叶う。
私は世界一のベッドメイクになる。



尚美はこんな時になんだけどと長吉に告白。
そらジローサンキュー!

そらジローは
日本テレビの天気予報のマスコットキャラクター。






正装をしていた宇海に佐那は
大丈夫だったんですか?正装。
着れなかったのに支配人やスタッフのことを
思ったら着れました。
でも限界がきました。気持ちが悪くなって…





ベッドで寝かされていた宇海のもとに
バリストンホテル支配人・道源がやってくる。
戻って来て欲しい!と。

宇海は戻ってしまうのか?




SPONSORED LINK





第10話最終話のあらすじ。

スタッフ一丸となり宇海の夢だった
花火大会を大成功させた矢先、
佐那はバリストンホテルの支配人から
宇海を引き抜き返したいと言われる。





さらに、スキャンダルを嗅ぎまわっていた
密着番組の放送日が変わり、内容を事前に
確認できなくなったことにも不安を抱える佐那。









そんな中、連日満室のホテルには
急遽、川北久美(谷村美月)率いる11人の団体客がやってくる。

業務見学目的で来たと言う団体客は
忙しい厨房や清掃の様子を見て回り…。







実は久美は崖っぷち経営に悩む
ホテル・スイーヴルの若き支配人。
崖っぷちからの大逆転を遂げたインヴァルサに
学びたいという相談を受けていた宇海が
呼び入れていたのだ。






しかし、スイーヴルのスタッフは若い久美に
反発する宿泊部や飲料部、強面のフロントや
手癖の悪い清掃員など、曲者ぞろい。
それはよく見ると3ヶ月前の自信のなかった佐那と
やる気のなかったスタッフ一人一人にまるで生き写しで…。











そのことに気づいた裕子は宇海の行動にある予感がし、
時貞たちに相談。
同じ頃、佐那も宇海の行動に胸騒ぎを感じていた。
それは、インヴルサでの仕事をやり切った宇海が
新たな大逆転のワクワクを求めて
スイーヴルへ行くつもりではないか、という予感。










そして、少し話をしたいという宇海に連れられ、
佐那は二人の始まりの場所であるプールへと来る。
そこで明かされるのは、宇海がこのホテルに
来たほんとうの「理由」であった…。





すべての伏線が絡み合い、物語は完結へと向かう。
そこにあるのは、このドラマ史上最大の感動の
クライマックスであった。
崖っぷちからグランデ・インヴルサを救った宇海と、
「夢の場所」を守り続けるために佐那が
下した誰もが涙するその最後の決断とは







SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

TBS日9ドラマ「ブラックペアン」二宮和也さん初主演!第8話のあらすじと感想。第9話のあらすじ。 [ドラマ]









ブラックペアン ドラマ


2018年4月期日曜劇場枠
9ドラマは「ブラックペアン」
”ブラックニノ”全開。
二宮和也さんのあの笑いは
ゾクッとしますね。
”オペ室の悪魔”と呼ばれる天才外科医・渡海。
本当の悪魔なのか?
本当の悪魔は誰なのか?

日曜劇場初出演の二宮和也さん。
自身初の外科医役で”オペ室の悪魔”と呼ばれる
ダークヒーローを演じる。

医療ドラマの連ドラは2017年10月期以来。
久しぶりのような気がしますね。
期待しています。
このドラマもシリーズにどうですか?


原作は海堂尊さん「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)
2005年に「チーム・バチスタの崩壊」で第4回
「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。
2006年「チームバチスタの栄光」として改題して出版。
2006年「週刊文春ミステリーベスト10」第3位。



初回の視聴率は13.7%。
関西地区では19.8%。
4月期ドラマの中で
唯一の医療ドラマ。
第2話の視聴率は12.4%
第3話は12.1%
第4話は13.1%
第5話は13.4%
第6話は13.0%
第7話は13.0%
第8話は16.6%




私が見ているTBSドラマの中で
「ブラックペアン」が唯一ふた桁視聴率です。



脚本は丑尾健太郎さん。
主題歌は
小田和正さん「この道を」(アリオラジャパン)
演出は
福澤克維さん(下町ロケット、陸王など)、田中健太さん、渡瀬曉彦さん。







SPONSORED LINK



皮肉屋で真意がどこにあるのかつまめない渡海を、
二宮さんがどう演じるのか?
第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ、
数々の演技賞で高い演技力を評価されてきた二宮さん。
外科医(天才的な手技を持つ)を演じるのは初めて。
渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う
一方で「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に
隠された真実をめぐる駆け引きと、
渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。
大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく
男の生き様を描いた人間ドラマ。


TBS連続ドラマに出演するは、2008年10月期金曜ドラマ
「流星の絆」(原作:東野東吾さん)以来10年ぶり。




”片っ端から、救ってやるよ。”

第8話のあらすじ。
国産手術支援ロボット・カエサルの治験も
最終段階に入り、外科学会理事会で
カエサルのお披露目をすることに。





これまで治験でケースを重ねてきた東城大を差し置いて、
帝華大主導でお披露目の手術をしたいという西崎教授。
東城大になんのメリットもないと判断した佐伯教授は
西崎が執刀医となることを提案、
東城大と帝華大の合同チームが誕生する。










合同チームに参加するのは渡海、高階、世良の3名。
勢い込んで東城大に乗り込んできた
帝華大のスタッフたちだったが、
手術のシミュレーションを仕切る渡海の姿に圧倒される。
腕の良い渡海を調子が狂うからチームから外せないかと
高階に言ってくる。
目だてられては困るんだよ。
本番で私の邪魔をするつもりだ。
高階手柄をたてろ。
手柄をと高階を急き立てる西崎。



西崎は渡海に、
君がうちから出ていたのは?
良い炊飯器が無かったから。
君がうちからいなくなる前に
うちの武田という男が
出て行った。その武田のIDで
帝華大の全国にある100の系列病院に
アクセスした形跡ががあり、一人の患者を探しいた。
飯沼達治という名で検索。
そいつが調べたんのでは?
手伝ってやろうと言ってるんじゃないですか。
一緒に頑張りましょうね。
西崎先生。



カエサルで手術する患者3名をリストアップするが
もっと失敗の少ない患者を探せと高階に命令する西崎。





一方、佐伯が大学を不在にすることが増えたと学内で話題に。
いぶかしがる世良に、渡海は後をつけてみるようけしかける。
看護師の美和と世良は佐伯の後を付けると
さくら病院へ。
検査か何かか?





そんな時、小林隆一という患者が
佐伯の紹介で緊急に入院してくる。


佐伯の後をつけさくら病院に入ったことを
渡海に報告する世良は、先日の佐伯教授のオペは
師長のミスになってましたが佐伯教授の具合が
悪いのではと聞く。
心臓だろ。
高階が聞いていて、渡海は「大先生に
良い報告ができるな。さっさと言って来いよ」



最後は人だ。
勝つのは人だよと佐伯は言っていた。




西崎教授と渡海の会話を聞いていた世良は
看護師・美和に佐伯教授の健康診断結果を見てくれと頼む。
パソコンには佐伯の電子カルテは見当たらず
途中で世良から電話。
イイヌマタツジで検索するように頼む。
そこに猫田が来て消され「美和ちゃん、
渡海先生の邪魔をするなら、あなたをつぶすことになるわ」



運命の日。
いつの間にか工藤という患者から小林になっていた。
帝華大主導で始まるオペ。
帝華大には東城大で行われるオペを見るために
厚労省の富永(福澤朗)、日本外科ジャーナル編集長の池永(加藤浩次)
黒崎(橋本さとし)ら多くの医師たちが集まり
西崎教授のカエサル手術を見守っていた。
スタンバっていた渡海、世良、猫田は手術室から
出て行くように言われ、帝華大の坂口らが
かわりに入ってくる。
東城大の人達は出て行って下さいと
高階も出される。
帝華大による帝華大の手術だ。
最初からお前を外すつもりだったらしいぞと
渡海は高階に。
信念なんて必要なかったんじゃないか?
渡海先生も外されたじゃないですか?
オペの様子をモニターで見ながら…。
患者の鉗子がハズレている!
警告音。
止血できないでいた。
渡海らがオペ室に。
出来ない医者は死んだほうが良い。
今は生かしてやる。
止血は俺がやる。
あんたの失敗、もみ消してやるよ。
そこへ佐伯教授と藤原師長が入ってくる。
手際よく手術を成功させる佐伯。
負けると思ったか?これが私だ。
ブラックペアンだ。
私は負けない。

帝華大では黒崎がこれが東城大だ!と拍手。
佐伯教授に大拍手。
理事長の椅子が佐伯に近づいたのか?





助手がアームの位置をミスったんだと西崎。
全員クビだ!
人を棄てるあなたに人を救う資格なんてない。


さくら病院の小林院長が渡海にお礼を。
佐伯教授とは親密な関係だ。
息子さんを受け入れるかわりに
佐伯教授の心臓の不調をみれくれと?
知らないんだ。
知られたくない患者がいる。
ぎりぎりまでその患者を診ていた。
歳はいくつだ。
名前は?
言えよ言えよと小林院長に詰め寄る渡海。


渡海先生、佐伯教授が倒れました!
いったか

渡海が佐伯を救うことになるのでしょうか?


SPONSORED LINK



第9話のあらすじ。
佐伯教授が倒れた!
検査の結果、心臓部に疾患が見つかる。
早急に対応が必要だが、この難しいオぺが
できるのは東城大では渡海しかいない。






その頃、渡海は患者・飯沼達次を探して、
さくら病院に乗り込んでいた。
しかし目当ての患者はおらず、
そのカギを握るのは佐伯のみ。








渡海は佐伯を助けた後に真の目的を達成する、と世良に宣言する。
ところが、佐伯は渡海の執刀を拒み、
国産の手術支援ロボット・カエサルでの手術を提案する。
しかし帝華大の西崎教授の指示で、
これまで蓄積されていたカエサルのデーターは
すべて持ち去られており、黒崎をはじめとする
東城大のスタッフたちは暗中模索の日々を送ることに…。






SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

NHKの大河ドラマ「西郷どん」第22話”偉大な兄、地ごろな弟”のあらすじと感想。第23話”寺田屋騒動”のあらすじ。 [ドラマ]












西郷どん 大河



NHKの大河ドラマ「西郷どん」


原作は林真理子さん。

脚本は大ヒットドラマ「ドクターX外科医・大門未知子」
NHK連続テレビ小説「花子とアン」などの数々の話題作を
手がけた中園ミホさん。

語りは西田敏行さん。


第1話の視聴率は15.4%
第2話も15.4%。
第3話は14.2%。
第4話は14.8%。
第5話は15.5%。
第6話は15.1%。
第7話は14.3%
第8話は14.2%
第9話は14.8%
第10話は14.4%
第11話は14.6%
第12話は14.1%
第13話は13.0%
第14話は11.9%
第15話は13.4%
第16話は11.1%
第17話は12.1%
第18話は14.4%
第19話は13.7%
第20話は12.2%
第21話は12.0%
第22話は13.4%


SPONSORED LINK




「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、
人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し…
”見返りを求めない愛”を与え続けた男は、
人は親しみを込めて、「西郷どん(セゴドン)」と呼んだ。


第22話”偉大な兄、地ごろな弟”


"繁の家“の芸姑・おゆう(内田有紀)、
吉之助の弟・信吾(錦戸亮)が新しく加わります。
信吾はおゆうが好きになる。
おゆうは兄の吉之助が好きになる。






3年ぶりに薩摩に戻った吉之助は
国父・島津久光と対面するが上洛計画は
無謀であると批判し、地ごろ(田舎者)扱い
された久光は激怒する。
死んだことになっていた吉之助は
大島三右衛門と名乗っていた。

大久保が吉之助を薩摩に帰すために
久光に薩摩に必要な男だと説いたことは
あっという間に水の泡になる。
久光を井の中の蛙呼ばわりしたんですから
それはダメでしょう。
余りにも斉彬信者だったため、融通が利かず
真っすぐし過ぎたのでしょうね。
ついつい兄の斉彬と比べてしまう。

久光と不幸な関係はこれから始まったのです。








一方、有馬新七(増田修一朗)たちが京で
他藩の浪士たちと討幕の狼煙をあげようとしていた。
吉之助は久光の上洛軍を下関で迎える役目を
与えられていたが、その命を破り急ぎ京へ向かう。
それは吉之助の弟・信吾が30両もの金を
下関の豪商・白石正一郎から
借りたという話を聞いたからだった。

京には有馬の影響を受け血気に
はやる弟の信吾(錦戸亮)がいた。


白石正一郎:
鈴木重胤から国学を学び、重胤の門下生を
通じ西郷隆盛が正一郎を訪ね親しくなり、
文久元年(1861年)には薩摩藩の御用達となった。
月照上人、平野国臣、真木保臣田と
親しかった経緯から尊王攘夷の志に強い影響を受けて、
長州藩の高杉晋作、久坂玄瑞らを資金面で援助した。
土佐藩を脱藩した坂本龍馬なども一時、
白石邸に身を寄せていた。



国父様では(久光)国は変えられんと有馬らは
長州、土佐の脱藩者たちと討幕を考えていた。
吉之助は有馬と腹を割って話さんかと…
討幕後、徳川の世は終わるかもしれんが
今ではない。
その後はどうする?
だいが幕府と変わる?
まずは異国に負けない国を作ることだと吉之助は説く。
亡き殿の願っていた国を作らなければならん。
おいに命を預けてくれないか?
それが出来ないのなら俺の屍をこえてゆけと
刀を有馬に…
俺を斬っていけ。
分ったと有馬。




下関で待てという久光の命令を破り、
西郷が京都へ向かったことを知った久光は怒り
切腹じゃ!切腹!腹をきらせ!






今宵はここらでよかろうじゃとん。
西郷どん、チェスト、気張れ!






西郷どんの目線:
吉之助、いよいよ薩摩に帰還!
まず驚くのは、
「西郷吉之助」という名前がひとり歩き
していることなんですよね。
いない人って伝説になりがちだと思うんですが、
「あの斉彬公の右腕が、島から生きて戻った」と。
演じていてもそこに戸惑いがありましたし、
実際の西郷さんもそうだったんじゃないかと思うんです。
そして、あの久光様との対面。
正直であることが正しいと思っている吉之助の行動が、
今後にもつながっていきます。
せっかく尽力してくれた一蔵どんにも
不義理なことになってしまうので、
まだちょっと肩に力が入っていますね。
変化といえば、精忠組の雰囲気が今までとは
違うことも大きいです。
時代の渦に巻き込まれて、みんなそれぞれの方向に
走り出している。
そんななか、有馬さぁちの対面シーンは、
僕自身、たまらなくシビれました。



SPONSORED LINK



第23話”寺田屋騒動”
吉之助は、有馬新七(増田修一朗)たちを
思いとどまらせようと力を尽くすが、
下関を勝手に離れたことに島津久光(青木崇高)は、
吉之助に切腹を命じる。





兄に下された不条理な沙汰に戸惑う
信吾(錦戸亮)は有馬らと合流。
他藩の浪士たちと寺田屋に集結し、
いよいよ事を起こそうとしていた。
その動きを察知した久光は、
大山(北村有起哉)を寺田屋に向かわせる。









西郷どんの目線:
第23話は、宴席で踊っていたかと思いきや、
次の瞬間には、一蔵どんに刀を突き付けられて…
僕としては「緊張と緩和」をどう成立させようかと
意識して挑んだシーンが多いですね。

だけど不思議なのが、一見難しそうなシーンでも、
精忠組の面々とやるとちゃんと成立するということ。
悲しめば良いのか笑えば良いのか、
感情表現がとても複雑なシーンであっても、
泣き笑いの詰まったすごくエネルギッシュなシーンになるんです。
”やっぱり僕らは仲間なんだな”と、
精忠組の偉大さを思い知りました。
だからこそ…ただただ切ない。
そんな結末が、待っています。







SPONSORED LINK



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ