So-net無料ブログ作成

TBS火10ドラマ「きみが心に棲みついた」吉岡里帆さん初主演第7話”下劣男に神の制裁。ついに結ばれる2人”のあらすじと感想。第8話”支配男との最後の一日”のあらすじ。 [ドラマ]












君が心に棲みついた




TBS火10ドラマ
「きみが心に棲みついた」
自分を変えたいんです…奇妙で歪な三角関係!






吉岡里帆さん連続ドラマ初主演!
桐谷健太さんは厳しい中にも優しさが溢れる”熱い男”を
向井理さんはこれまでのイメージを覆す”冷酷な男”を演じる。





冬の恋は三角関係!
恋ヘタ女×超誠実男×支配男の恋☆
2人の男性の間で揺れ動く、
一筋縄ではいかない三角関係ラブストーリー。





吉岡里帆さんは
2017年1月期火10ドラマ「カルテット」にも出演。



「逃げるが恥だが役に立つ」
「あなたのことはそれほど」など中毒性のあるラブストーリーで
いま最も注目を集める火曜ドラマ枠。


原作は女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で
連載中の天堂きりんさんによるコミック
「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」
(祥伝社フィールコミックス)。




第1話の視聴率は9.4%。
第2話は8.5%。
第3話は8.4%。
第4話は7.0%。
第5話は7.0%
第6話は6.9%
第7話は?

「カルテット」も評判とは裏腹に
ひと桁視聴率で推移。
第9話のみ11.0%でした。
リアルタイム視聴率より
タイムシフト視聴率が良いという
ドラマなのでしょうか?




SPONSORED LINK





自己評価が極めて低いがために
他人の前で挙動不審になってしまう
主人公・小川今日子(通称:キョドコ)が
2人の対照的な魅力を持つ男性の間で
揺れ動くさまを描いている。


第7話のあらすじ。
”下劣男に神の制裁ついに結ばれる2人”
逃げられるわけなかった…あの悪魔から。




吉崎と付き合い始めた今日子だが、吉崎の前に
たびたび現れる映美(中村アン)に気を揉んでいた。
ちゃんと聞こうと思っても言葉に出せないまま
悶々と日々が過ぎていく。
星名から映美のインスタを見せられ
自分が吉崎に贈ったバレンタインチョコと
吉崎のコートが映った部屋で映美がインスタに。
動揺する今日子。








一方、ラプワールでは堀田と八木の2名体制での
新ブランド立ち上げが正式に決定した。
しかしそこに飯田の名前はない。
何とか星名とつながっていたい飯田は
彼のマンションを訪れるが冷たい言葉をかけられてしまう。




星名は小学校の時からいじめにあっていた。
牧村のいじめる側だった。
大学でお前に会った時驚いたよ。
変わっていて。
整形をしたというのは本当なのか?




星名の同級生の牧村には飯田のことを
使い道ないからいらないからお前にやるよと。

一之瀬から星名の母親は人殺しと聞いた飯田だが
それでも関係ないと以前と同じような
関係でいたいと星名に訴える。
誰に聞いた?と怖い顔で星名。





そして星名はそんなことを飯田に言ったのは
一之瀬だと確信し、興信所でも調べたのか?
お前から飯田がセクハラ受けたと言ったら
どうなる?
飯田は俺の言うことは何でも聞くからな。
帝光商事からラプワールに出向していた一之瀬だが、
急に本社の方に帰ることとなりましたと星名。
一之瀬の拳はプルプル震えていた。
今日子は星名の差し金だと思う。










そんなある日、今日子は吉崎があのストリップ動画を
見てしまったことを知る。
牧村が吉崎の部下・為末にビデオを渡し
吉崎が好きな為末は吉崎に見せる。
今日子のことを良く思っていなかった為末。





一番知られたくない過去を一番知られたくない人に
知られてしまった。
そのことを知った星名は会社でも
覇気のない今日子に迫る。
あのビデオを見たら優しい吉崎さんは
どう思うだろうな。
今日子を追いつめる。
そこへ堀田と八木がやってくる。
今日子を助けるためにやってきたのだ。
白崎さんが呼んでましたよ。
今日子に八木と堀田は、今、吉崎さんを
手離したらバカみたいだよ。
ヤイヤイ正論を言ったって駄目だよ。
八木に恋愛上級者みたいなこと言ってと堀田。
吉崎さんと何があったか知らないけど
吉崎さんに気持ちをちゃんと伝えなよ。






今夜会えませんか?遅くなっても構いません。
今日、会いたいと思ってた。ゆっくり話したい。




スズキの漫画がドラマ化することになったが
スズキが作った人物を変えるという条件があった。
スズキは受け入れられないと断ってくる。
作家の映美に相談する吉崎。
スズキが作った人物を変えるのではなく
全くの別人を登場させたらどうかしら?と。
映美に相談してよかったよ。
私に相談するなんて…彼女は?
正直分かんなくなっちゃって…
異次元って感じで。
試されることの連続でさ。
一個だけ言って良い?
好き!
昔よりももっと、こうちゃんが一番!




別れ話になる。だとしても吉崎さんに
今の私の気持ちを伝えなきゃ~。
吉崎に会う。
好きが減るだけだから言いたくないです。
ほんとはただ言いたかっただけなんです。
私は吉崎さんの一番の味方になりたいって。
今日子は泣きながら走って帰る。





牧村の店に吉崎は行く。
ビデオのことを話す牧村。
今日子のことを何でもするような女だと。
俺も星名もお前が嫌いなんだよ。
良い人ぶって、お前が幸せに生きてきて来られた奴だからだ。
彼女は星名の言うなりだよ。
あのビデオが何よりの証拠だ!
牧村の胸ぐらを掴んだ吉崎。
そこに星名。
バカな友人が不快な思いをさせてしまって…
ビデオをなぜ回した?
学生の悪いノリで…
申し訳なかった。
牧村お前も謝れ。
もっと深く…
僕じゃなくて小川さんに品性下劣な行為を
謝って下さい。
ここに誓約書を作ってきました。
録画を消去しサインしてください。
誓約を破った場合は訴えます。

星名にとっては屈辱だったでしょうね。





吉崎が訪ねてくる。
大学一年の時でした。
話します。
色々あって…。
何かあったのか聞いて何かしてあげたいと
思った。聞くことで余計傷つくこともあるよな。
誓約書を貰って来た。
過去に怯える必要なない。
色んなことがあってここにいる。
小川さんが好きだから一番の味方でいたいと
思っている。
私、幸せです。
今、一生分幸せ。
これから嫌なことがあるのなら
今、死んでも良いくらい。
ネジネジスカーフをとっても良い?と吉崎。





あくる日、今日子の恰好を見て
堀田、八木、稲垣は驚く。
中尾彬のファンやめたんか?
終わりにしました。
何かあったんか?
レースのサンプル持ってきます!





ネジネジスカーフをしていない今日子を
星名は見て…。
何か企んでる風でしたね。





ふゆみ荘の202室を訪ねる飯田。
星名の母・郁美が出てくる。
飯田は何をしようというのか?





もうそろそろ星名に天罰がおりても良いと
思うのだが…。






SPONSORED LINK






第8話のあらすじ。
支配男との最後の一日。


ラプワールでは新ブランドの新作発表展示会が行われていた。
そこにタレントの山藤アイカ(石田ニコル)が現れた。
彼女とのコラボ企画が立ち上がるのだ。
今日子は胸騒ぎを覚えるが、その予感は的中。
新ブランドを離れてコラボ企画を担当するよう命じられる。









これも星名が糸を引いていると気づいた
今日子は意を決して「今後一切かかわらないで欲しい」と
星名に詰め寄る。
すると、明日自分と付き合ったら関係を終わらせると
星名は約束。
何でそんな約束?
別に付き合っていた訳でもないのに…
訳が分からないです。
大学時代にはあんな仕打ちにあっていながら。
今日子が無視すれば良い事では?と
思ってしまう。









新たな一歩を踏み出すため、今日子は吉崎に嘘をついて
このデートに臨む。











一方、星名から冷たくされている飯田は、
何とかして星名を振り向かせようと
彼の母・郁美(岡江久美子)の家を突撃する。
郁美を取り込もうとする飯田だが、
星名家の壮絶な過去を知り…。















翌日、何事にも動じないと心に決めた今日子だが、
星名はあまりにも優しい。
そして星名は「本気で逃げたいなら俺を殺せ」とつぶやく。







SPONSORED LINK



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

関西テレビ火9ドラマ「FAINAL CUT」亀梨和也さん主演。第7話のあらすじと感想。第8話のあらすじ。 [ドラマ]














ファイナルカット ドラマ



関西テレビ火9ドラマ「FINAL CUT」
主演は亀梨和也さん。


第1話の視聴率は7.2%
第2話は6.5%。
第3話も6.5%。
第4話は6.5%。
第5話は6.7%
第6話は6.8%でした。
第7話の放送は27日です。




母のための復讐×許されざる恋。
メディア新時代に斬りこむ、切なくも痛快な復讐劇が幕を開ける。
誰もがSNSなどで映像を発信できる”コンテンツメーカー”となり、
指先ひとつで簡単に誰かを傷つける
「加害者」にも「被害者」にもなり得る今、
”メディア”に人生を翻弄されてしまう人々がいる。



中村慶介(亀梨和也)は、ある女児殺害事件で
母親を犯人扱いされ、亡くした過去を持つ男。


12年後の現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、
母を追いつめた者たちへ復讐に動き始める。
複数の矛先に向けられるのは、当時、先陣を
切って事件の取材・放送に関わったテレビ番組の司会者、
スタッフたち、そして事件の真相の鍵を握る姉妹。









SPONSORED LINK




慶介の行動を鋭く見つめる12年前の捜査関係者。
慶介は、素性を隠してターゲットに近づき、
公開されるその人の人生が終わる致命的な映像
”ファイナルカット”を突き付けることで、
彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていく。
しかし、しまいに近づくうちに、慶介は初めて人を深く愛してしまう。
それが復讐のシナリオに狂いを生じさせていくことに…。
慶介の復讐に隠された「ある目的」とは?
そして、許されざる恋愛の行方は――。





第7話のあらすじ。
”真犯人はそこにいた…一線を越えた夜”


12年前、テレビ番組「ザ・プレミアワイド」が
きっかけで母・恭子(裕木奈江)を殺人犯扱いされ、
亡くした慶介は、当時の番組関係者に致命的弱点を
捉えた映像”ファイナルカット”を突き付け、
なぜ母親への犯人視が始まったかを追求している。












事件当時、警察幹部の芳賀(鶴見辰吾)が捜査情報をリークし、
司会者の百々瀬が番組で恭子を犯人視し始めたことを
突き止めた慶介だったが、ある日、警察官としての姿が
テレビ中継されてしまう。












雪子に呼び出された慶介は、ついに本名を明かし、
母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を
突き止めるため、妹である若葉に近づいたと打ち明ける。
しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、
慶介の言葉に耳を貸そうとしない。









慶介が警察官だと知った百々瀬、井出、真崎、小池、皆川は
早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れる。
翔太の居場所を早く探らなければと考えた慶介は、
父親である弁護士の小河原達夫(l升毅)に狙いを定める。
相談客を装って訪ねた慶介は、12年前の事件についての
依頼だと切り出し、達夫を動揺させる。
小河原の事務所に盗撮用のカメラをペンを置いて
様子を見る慶介と大地(高木雄也)。
慶介の揺さぶりで動き出した達夫は、意外な人物にコンタクトをとり…?

刑事部長の芳賀(鶴見辰吾)。 










その夜、高田は百々瀬から、12年前の事件の事で
慶介からコンタクトがあり迷惑を被ったと聞く。
しかし、百々瀬は「事件の真相を探るつもりだ」と告げ、
高田を驚かせる。
カメラにはカメラで。
仲間たちも慶介に動画を撮られゆすられた。
それを有意義に使わないと。
もっと面白くなると百々瀬。
さて12年前の真犯人を突き止めることができるのか?






一方、雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、
慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして」と持ちかける。
同じ頃、達夫を監視中(芳賀と密会中)の大地(高木雄也)に魔の手が忍び寄る。
達夫の付けた盗撮カメラで二人の話を内容を聞いていた慶介。
途中で電話で芳賀が何か指示をしている。
誰の指示で動いているのか聞き出せ。




警察内では風俗店の警察のガサ入れ日が
警察幹部からリークされているらしいよと
いう噂を聞いた慶介。



大地と連絡がつかなくなった慶介は
GPSで大地の所へ急ぐ。
大地はボコボコニ殴られて…。
ドジったか?
途中で気付かれたらしい。
悪いと思ってる。
お前を巻き込んで。
あのね、慶介さん、俺は誰もいない。
親は死んだ。
2人共いるだろ?
カウントしてない。
俺に優しかったのは恭子先生。
だから一緒にやる。
慶介さんのためじゃないからね。
許さない。あいつら。




芳賀刑事部長を呼び出す慶介。
こちらをお納めください。
URLを書いたものを渡す。

※ヒエラルキー※組織の上に居ながら、
メディアをコントロール。
3,2,1と録画流れ始める。
風俗嬢の証言。
店のガサ入れの時はオーナーに
教えてくれるんだって。



※ピラミッド形に上下に序列化された
位階制の秩序や組織。
本来は、ローマ・カトリック教会における天使群の序列。
転じて、教会組織の階層秩序をさすようになった。
現在では、軍隊や大組織の官僚制的秩序をいうことが多い。
階層制。階統制。教階制。


芳賀部長は組織犯罪対策部に
おられたことがありましたよね。
電話一本でチンピラを連れ出す。
芳賀が電話を指示している動画と
大地が殴られている動画を流す。
傷害事件を起こしている。
12年前、公式発表の無いうちから
メディアは母に疑惑があると放送。
ハンカチのことを百々瀬にリークした。
そして若い男を目撃したという母の証言は
隠ぺいされた。
その部分の捜査資料は破られていた。

お元気ですか?お嬢さん。
某有名大学での集団万引き事件。
小河原弁護士に便宜を払って貰った。
小河原に恩があったアンタはメディアに。
母を容疑者に仕立て上げた。
再捜査を
洗い直せ!
不確定な証拠をリークして母を…。
キャリアはここで終わる。
不敵な笑みを浮かべた芳賀は、そろそろ良いだろう。
慶介ははめられたのか?と思った。
そこに慶介の上司高田が入ってくる。
そして隠しカメラを。
222条、脅迫罪が成立する。
この録画と君の録画と交換するか?
偉そうに鬼の首をとったような芳賀。
高田は、撮れていません。
壊れているようで…。
何っ!?
12年前を思い出しますね。
若い男が保育園から出ていくのを見かけた
という証言があり、弁護士事務所の前の
防犯カメラを確認しようとしたら、
壊れていると何も映っていなかった。
その時、自分は配置換えになり、捜査から外された。
洗いなおすべきです。
高田自戒しろ!
覚えておくのはアンタの方だよ。
エリート人生をお蔵入りさせてやろうか?
良いか、二度と俺の邪魔をするな。
これがあなたのファイナルカットです。

疑っていましたと高田に。
メディアにリークしたのは高田さんかと思っていました。
捜査から外され、捜査資料から証言された部分が
破られていた。
この時、思ったんだ。闇雲に行動すれば
事実が遠のく。
慎重に神野に、芳賀に近づいて
メディア(百瀬)にもパイプを持った。
すべては12年前、何が起きたのか知るために。
真相を報告するために。
俺は君のお母さんは無実だと思っている。
ありがとうございます。
母を信じて下さって。
僕がこの署に戻ってまた12年前の事件をと
思った矢先、君がうちの署に来て引っ掻き回した
ことで奴らが動き出した。
小河原祥太は10年前、サンフランシスコで
失踪している。




百々瀬らは百々瀬らで
慶介が追っている小河原祥太のことを
調べていた。
もっと面白くなる。
ヤマは事件じゃない。
リアリティショーだ!





事実を洗い流さないと。
事件の夜覚えていることを雪子に聞く慶介。
母の供述調書には食事の準備をしている間に
居なくなり、雨が降っていたのでビルの中だと
探したが居なくて6時20分に外に探しに出る。
戻ってくる園長を見た時、駐車場に学生さん達が
座っていた。
何時にここにいた?
午後7時頃。
雨は?
止んでいたわ。
つまり少し前に駐車場には車が止まっていた。
事件の晩、6時から10分程通り雨があった。
お兄さんはビルの出口から出て車で駐車場に。
車が出た後、学生が駐車場に座った。
車があったから駐車場は濡れてなかった。
分かるだろ?どういう意味か?
どういうこと?
あの晩、祥太は事件現場に来ていた。
なんで、現れたの?アナタさえ現れなければ…
あの事件はもう終わり。
あなたさえ居なければこんな風に思うことも…。
証言しなおして…
キスをする慶介。
雪子に平手打ちされる。





その頃家で妹若葉は、
パソコンから「Hello! Dad?…」
「お兄ちゃん?わかば」
チャット。
兄は生きていた。
やはり両親とは連絡をとっていた。




幼児殺人事件の被害者となった
熊谷志穂ちゃんの母・幸子(高橋かおり)にも時々
会いに行っている高田。


高田が慶介の味方で本当に良かったです。
調べなおしているとは思っていたのですが…。



これから百々瀬らが真実を
メディアで明らかにして行くのか?
真犯人・翔太は?
日本に帰ってくるのか?
帰って来ているのか?






SPONSORED LINK




第8話のあらすじ。
ついに、小河原祥太の名前を捜査資料から
削除した黒幕が芳賀(鶴見辰吾)だと突き止めた慶介。


さらに、高田が事件の真相を知るため
独自に動いていたことを知り、慶介は
「君のお母さんは無実だと思っている」と
いう高田の言葉に胸を熱くする。















事件当日の状況をあらためて高田から聞いた慶介は、
祥太が事件当夜、間違いなく現場にいた証拠に気付く。
慶介から12年前の真実を突き付けられた雪子は、
家族と慶介との間で板挟みになり激しく動揺。












慶介もまた、そんな雪子への思いを抑えきれず、
2人は一夜を共にする。
その頃、若葉は祥太らしき人物とメールでつながっていた。
翔太の手がかりが得られず、もどかしさを感じていた
慶介のもとに、百々瀬から祥太について
話があると電話がかかってくる。





















その誘いに応じ、向かった「ザ・プレミアワイド」の
会議室で慶介は百々瀬と共に待ち受けていたのは、
井出、真崎、小池、皆川。
そこで慶介が見せられたのは12年前に取材した事件のVTR。









食い入るようにその映像を見つめる慶介に、
百々瀬は「うちを利用して欲しい」と、
祥太探しの協力を持ちかけて…。
高田が残した事件記録から、祥太は真犯人だという
新たな手掛かりを見つけた慶介は、
祥太をかくまう小河原家を切り崩すため、
雪子を脅すことを決意。
ついに、慶介が、愛する女性にもファイナルカットを突き付ける。









その頃、慶介と雪子が互いにも心を
ひかれていることに気付いた若葉は嫉妬に狂い、
とんでもない行動に出て…。










SPONSORED LINK



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「わろてんか」第124話のあらすじと感想。オーケストラで演奏することが夢だった四郎は大事な楽譜を焼く。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」第124話のあらすじは
NHKの公式サイトから。



リリコは四郎の浮気を疑い、2人は大げんか。
てんは、四郎が密会していた女性が
引き抜きのため近づいたのではないかと心配する。


昔の楽士仲間だと言い張る四郎。



SPONSORED LINK



四郎のあとをつけてくれるようにと
亀井に頼むてん。





一方、会社の25周年パーティーに向け、
仕事に没頭する隼也だった。
楓は楓で漫才を書くことに。
人生は笑い。笑いは人生や。
風鳥亭でやったらどうやろ?



一方、つばきの方は結婚に向けて準備が
着々と進んでいたが、つばきの様子を見た女中頭。
ある日、つばきの女中頭は隼也につばきの思いを伝えに来る。
まだ隼也のことが忘れずにいてるので
断ち切って貰えませんか?
隼也から手紙を預かりつばきに。
僕も結婚することになった。
お互い跡取りとして頑張りましょうと。







四郎とリリコの仲を心配するてん、風太、亀井。
女でも出来たんちゃいます?と冗談ぽく風太。
ちゃいます。
御贔屓さん?とてん。
ちゃいます。
上海の楽団に誘われていると
オーケストラ作るさかい誘われただけや。




四郎はほんまは楽団に入りたいと思っていると
リリコは思うのでした。
オーケストラで演奏するのが夢だったという四郎。
四郎の気持ちが分かっているリリコは
どう出るのでしょう。
男っぽいリリコですから。
好きな四郎のために演奏者として
上海に送り出すのか?
日本でオーケストラを作ったら良いのでは?






SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

フジテレビ月9ドラマ「海月姫」芳根京子さん月9初主演。第7話のあらすじと感想。第8話のあらすじ。 [ドラマ]












海月姫 ドラマ




フジテレビ月9ドラマ「海月姫」の
第7話、第8話のあらすじはフジテレビの
オフィシャルサイトから。


第1話の視聴率は8.6%。
第2話は6.9%。
第3話は5.9%。
第4話は7.5%
第5話は5.3%
月9ドラマはひと桁視聴率で苦戦。
第6話は?
ヤフーのみんなの感想は60%☆5、
みんなの評価は☆3.83点。
ひと桁視聴率の割には書き込みは好評。



東村アキコさんの超人気漫画を
月9で完全ドラマ化。
初の月9主演となる芳根京子さんが
新境地”オタク女子”に挑む。

原作は同タイトル「海月姫」
(講談社「kiss」所載)
東村アキコさん「東京タラレバ娘」も
ドラマ化されました。





「女の子は誰だってお姫様になれる」
コンプレックスを持つ全ての女性を幸せにする、
新感覚シンデレラ・コメディー!
ドラマ史上、一番ややこしい三角関係。


SPONSORED LINK


第7話のあらすじ。
”一発逆転!謎の男の怪しい誘惑…君がほしい”

ブランド新展開は期間限定ショップ開店!
ついに迫った天水館買収契約を前に一発逆転を狙え!
現れた第三の男…月海に怪しい誘惑の影
超絶三角関係の行方は…







鯉淵修から告白された倉下月海は大混乱。
尼~ずに相談できない月海は、蔵之介に電話した。
話を聞いた蔵之介はどういうつもりで言ったのかと修に尋ねる。
すると修は交際を求めているのではなく、
月海にプロポーズしようと思っていると
突っ走ろうとしていた。
いきなりそんなことをしたら月海がそうなるか
分からないと、蔵之介は修を諫める。














ジジ様の生産管理も様になり「ジェリーフィッシュ」の
ドレスに順調に出荷されていく。
そんな時、「天水館」の月海宛てに一通の手紙が届いた。
差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに、
封を切ったまややが固まる。
蔵之介が手紙を奪い取ると、差出人は修。
内容はまさに月海へのプロポーズだった。
ばんばさんや千絵子も動転する中、
蔵之介は修のフライングに歯噛みする。
生まれて初めてのラブレターに月海は
気を失わんばかりに。

直接月海に会ってプロポーズ。
月海は小さく頷くのだった。
月海は修がやはり好きだったのだ。
蔵之介の月海を想う気持ちはどうなる?



天水館の尼~ずらは結婚届を用意して
月海と修の結婚を進めようとする。


グローバルシティクリエイトの稲荷に
修は契約の進み具合を聞きに行く。
あなたと関係ないでしょう?と
私のフィアンセが住んでいるので…。


花森は修は月海にプロポーズしたことを
慶一郎らに話す。
慶一郎は稲荷と結婚さすつもりだったが
妻の容子に言われ、修の結婚を応援。



付き合い始めて修と月海の初めてのデート。
尼~ずのみんなの応援で気の乗らなかった月海だったが…。






















そんな混乱の最中に、千絵子の母・
千世子(富永えり子・二役)が現れ”尼~ず”たちに
早く出て行けと迫る。
千絵子は母にここで服を作っていると説明。
蔵之介も服を売って「天水館」を買いたいと話した。
しかし、千世子は売却契約に行くと出て行ってしまう。










しかし、千絵子は母に内緒で「天水館」の権利証を隠していた。
が、権利証がなくとも契約は出来ると。
しかし2週間ほどかかる。
契約までの時間を引き延ばした月海たちは、
ジジ様の提案でファッション界のバイヤーや
スタイリストなどが集まるプロモーションスペースに
出店することにする。
プロモーションスペースにドレスを持って
いた時、月海はカイ・フィッシュに出会い
ドレスを飾るを準備を手伝ってもらう。
このドレスをデザインしたのはあなたですか?



その頃、稲荷らは天水館で権利書を見つける。







誰でも着れる服というコンセプトだったが

お城の中にお姫さまが居て
蔵之介さんはお姫様なんです。
綺麗なクラゲにも毒がある。
思いつき覚醒中の月海。
今まで作ったクラゲドレスをドククラゲドレスに。
染め直す月海。




蔵之介の母・リナから頼まれたドレスを持って
修はミラノへ届け、リナと話す修。
蔵之介に好きな人はいるかと聞かれ、
大事に思っている人はいると思います。
蔵之介が好きな人に蔵之介を沢山愛してあげてと
伝えてと。




セレクトショップを持っているCOのカイ・フィッシュが
すべてのドレスを買うという。
これはビジネスです。
ワンピースとデザインを3億円で売ってくれという。
デザイナーの月海も一緒に会社に来てくれと言う。
どうする?月海。


今回もインド人のニーシャ(江口のりこ)が登場。
なかなか濃いキャラで面白いです。






賀来賢人さんが
アパレル界の異端児役で10年ぶりに月9ドラマに凱旋。
2008年7月期月9ドラマ「太陽と海の教室」
坂元裕二さん脚本。織田雄二さん主演。
他に北川景子さん、岡田将生さん、濱田岳さん…と
現在、売れっ子俳優さんばかりが出演されていました。







SPONSORED LINK




第8話のあらすじ。

倉下月海たちはプロモーションスペースに
「ジェリーフィッシュ」を出店。
客つきは全くなかったが、アジアでセレクトショップを
展開するカイ・フィッシュ(賀来賢人)には認められた。
カイは月海と鯉淵蔵之介に、ドレスとデザインを
買い取りたいと申し出る。
それどころか、月海をシンガポールに連れて行き
新ブランドを展開したいと言う。
そして、月海の才能を埋もれさせたくないと
部下のファヨン(伊藤ゆみ)に手付金の用意を命令した。













蔵之介は月海やドレスのことを理解していないと
カイの提案を断る。
蔵之介と部屋を出る月海に、カイは連絡先を教えた。















プロモーションスペースに月海たちが帰ると
”尼~ず”たちがいない。
2人を迎えたのは稲荷翔子(泉里香)と佐々木公平(安井順平)。
稲荷は「天水館」の売買契約が成立したと
月海と蔵之介に教える。
すぐに「天水館」に戻る月海たちだが、
さすがの蔵之介も打つ手なく沈んでしまう。















修に困った時には連絡するよう言われていた
月海は電話するのだが出て貰えない。
勇気を出して鯉淵家を訪ねる月海だが、修は不在だった。
そんな月海は慶一郎と容子から家に迎えられる。














月海は「天水館」が売却されてしまった事を
慶一郎に相談するが、自分にはどうする事も
出来ないと言われてしまった。
頼る術が亡くなった月海は、
カイにもらった名刺に目を落とし…。







SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「わろてんか」第123話のあらすじと感想。新世紀芸能の引き抜きはアサリの所にも…。亀井探偵は? [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」第123話のあらすじは
NHKの公式サイトから。


リリコと四郎が他社から引き抜かれそうだと
うわさが立つ。
東京の新世紀芸能。
給金たっぷり弾ましてもらいます。
亀井が”洋食マンマン”で聞いていたのだ。


SPONSORED LINK





てんと風太が2人を問い詰めると、
リリコは「北村を裏切るつもりはない」と
笑って否定するが、四郎は一人、
不穏な動きを見せる。

早合点
ずっと一緒に北村笑店に居座るわとリリコ。
四郎はどこからが手紙を貰っていて…
様子がおかしい。

亀井はてんに用心しなはれや。





万丈目は自分の芸を隼也に教え込もうとする。
後ろ面。
25周年記念パーティーは芸人中心のパーティーにと
考えていた万丈目。
北村の歩みは芸人さんらなしでは語れません。
先代は芸人やった。
芸人の気持ちを分かってくれていたと万丈目。





引き抜き話にチリチリするてんたち。
アサリにも支度金ですと新世紀芸能の者が
近づいていた。亀井は探偵きどりで
調べ始める。






帽子を忘れた四郎を追いかけたリリコは
外で女性と話しているのを聞く。


てんはお父ちゃんの黒紋付きやと隼也に渡す。



リリコは昨日のことを聞こうと四郎に。
あの女誰?
お前が思てるような人やない。
あんな綺麗な人がわしを相手にする訳ない。
なんや。うちが不細工言うんかっ!

いやいや広瀬アリスさん、
あなたは美人です。



四郎が会っていたのは誰なのでしょう?
留学したいと話していたので
留学の話でしょうか?





SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

日本テレビ日10半ドラマ「トドメの接吻」山崎賢人さん主演。第8話”父-旺、長谷部を殺害”のあらすじと感想。第9話のあらすじ。 [ドラマ]











トドメの接吻 あらすじ






日本テレビ日10半ドラマ
「トドメの接吻(キス)」
第5話、第6話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。

脚本は「仰げば尊し」などを手がけた
いずみ吉紘さんです。

第1話7.4%
第2話6.5%
第3話7.1%
第4話6.7%
第5話は7.3%
第6話は5.9%
第7話は7.3%
第8話は6.5%
とひと桁視聴率で推移。


接吻から始まる、死のタイムリープ。
愛なんか求めようとするから人は不幸になる。
「欲しいのは愛なんかじゃない、目に見えるモノ――カネと権力だ」

愛が歪んだ”クズ”な主人公・堂島旺太郎。
顏は良いが”カネの切れ目が縁の切れ目”で
女を弄ぶナンバーワンホスト。


SPONSORED LINK





過去のある事件をきっかけに、誰も愛さず、
成り上がることだけを追う、孤高の男…。
彼の前に現れたとある社長令嬢――
それは日本企業のトップ、個人資産100億とも
言われるホテル王・並樹グループ社長の娘だった。

彼女は旺太郎にとって人生で最高の理想の女。
「今度のターゲットはこの女だ」彼の毒牙が、
彼女に迫る。が、そんな彼の前に”ある女”が現れる。
青白い顔に、真っ赤な唇…。
彼女が彼に贈ったものは――”死の接吻”。
女のキスで突如起こる、呼吸困難!
身体痙攣!異常な動悸!
その果てに――彼は、死んだ。

しかし次の瞬間、彼は見覚えのある7日前の景色の中、
意識を取り戻す。




繰り返される出来事、場面、会話、これはもしや――
俺は、同じ時間を繰り返している…?
謎の”キス女”によって、何度も”死”と”時間”を繰り返す旺太郎。
なぜ、俺は殺されるのか――?
キス女の正体は――?”
死のループ”の謎を追い、カネと権力を追い求め、
ノンストップで物語が加速する”邪道ラブストーリー”が幕を開ける。


早くも4月期ドラマが発表されましたね。
「崖っぷちホテル」
三代目JSBの岩田剛典さん連ドラ初主演。
ヒロインは戸田恵梨香さん。



キスをされると男は死ぬ。
そして7日前に遡り生き返る。


第8話のあらすじ。
父・旺、長谷部を殺害
12年前に云えなかった父の本当の想いとは…





旺太郎の幸せのために道具として生きる決意をした
宰子のいじらしさに心を打たれ思わず抱きしめた旺太郎だが、
美尊に見られたことに気付き咄嗟に宰子のことを
面倒を見ている遠い親戚だと紹介する。











タイムリープを夢の出来事だったと思う美尊は、
夢の中で自分にキスをした宰子が実在することに驚きながらも、
旺太郎に結婚を前提に付き合って欲しいと告白する。
一方、旺太郎に協力している宰子の正体を春海(菅田将暉
からほのめかされつつはぐらされた尊氏は、
美尊と旺太郎の交際を応援するふりをして、
旺太郎と宰子を並樹家に招くことに。















そしてその頃、布袋(宮沢氷魚)に襲われ未だ
意識の戻らない長谷部(佐野勇斗)の病室の周りには
旺太郎の父・旺(光石研)が現れ、
12年前の事故のテープはどこだと長谷部に聞く。
そこへ尊氏が長谷部の入院先の病院に送り込んでいた者に
長谷部を殺して旺を犯人に仕立てるように命令していた。





宰子と共に並樹家を訪ねた旺太郎は美尊に婚約指輪を渡し、
尊氏の前で結婚へのコマを進めるが、
なぜか余裕を見せつつ宰子について執拗に
探りを入れてくる尊氏を不気味に感じる。
















そして翌日、旺太郎のもとに長谷部が病室で
殺されたという連絡が入る!
なんと犯人として捕まったのは旺で…!
事件を受け旺太郎との結婚に反対する声が高まる中、
美尊は尊氏の優しい言葉が揺れる。





一方、自分の幸せの邪魔ばかりする父親に
激しい怒りを感じる旺太郎は、タイムリープを
して旺を助けようという宰子の提案を
なかなか受け入れられず、沈没事故での服役後、
自分たちに何の説明もなく姿を消した旺への長年の怒りに苦しむが…。














そんな中、尊氏が宰子のアパートに訪れる。
宰子の秘密を力ずくで暴こうとする
尊氏の前に現れたのは旺太郎で…。
宰子にキスをした旺太郎は尊氏の目の前でタイムリープし、
長谷部が殺される直前の病室へと走る。

そこでナイフを持っていた看護師とぶつかり
その男は逃げていく。
その男は長谷部の第一発見者で
旺が犯人だと言った男だった。
旺太郎は尊氏の差し金だと知る。
長谷部を殺した犯人を旺にしようとした。



旺は長谷部の病室で12年前の事故の
防犯カメラのテープを旺太郎には
渡さないで下さいと頼んでいた。
そのテープを使って旺太郎が何か悪いことを
したらいけないので…。
旺に変わらないな。
俺は変わったよ。
アンタが逃げたことで。
待つことしか出来なかった子供じゃない。
二度と会うことはない。
と言っていた旺太郎だが、宰子に言われ…。







自分の思惑を旺太郎にことごとく潰され、
美尊の気持ちを取り戻せないことにいら立つ尊氏は、
さらなる過激な手に出ようとしていた…。





今もなお弟が生きていると信じ
行方不明のビラを配っている母の元へ
父に弟・光太の靴を持って行かせる。
一番悲しいのは旺太郎なのに…。
夫婦二人で抱き合い泣く。



両親のことを見て安心した旺太郎は宰子に電話。
道具だなんて言うなよ。
道具だなんて思ってないから。
何か料理作ってよ。



宰子を連れ去る尊氏。



何回もタイムリープして大丈夫なのか?
春海の注意を聞いた方が良いと思うのだが…。






SPONSORED LINK




第9話のあらすじ。
尊氏の歪んだ愛の行方は…?
旺太郎に訪れるキスの代償とは…





宰子の言葉に後押しされ、沈没事故以来
壊れてしまった家族の関係に区切りを
つけることができた旺太郎。
しかしそんな矢先、予知能力があるかのような
旺太郎の行動の秘密が宰子にあると確信した尊氏が、
宰子を拉致し強引に詰め寄る。














宰子の行方を捜す旺太郎はシラを切る尊氏に苛立ちながらも、
自分の様子を怪しむ美尊からの旅行の誘いを断るわけにはいかず…。
そんな中、尊氏に監禁された宰子は決して思いが
届くことのない美尊のために壊れていく尊氏に、
自分と似たものを感じていた。
そして、宰子との関係について旺太郎が
嘘をついていることを知ってしまった美尊は、
旅の間もここに在らずの旺太郎に詰め寄る。






















旺太郎から宰子とは12年前の事故で知り合ったこと、
恋愛関係がないことを聞き安心する美尊だが、
そこへ尊氏から旺太郎に呼び出しの連絡が入り…。
旺太郎は美尊をひとり残し、近くの工場へと向かうのだった。
そして、道端に取り残された美尊の前には
なぜか長谷部が現れて…。









工場に駆け付けた旺太郎の前で、尊氏はなんと
人質の宰子にアイスピックを突き付け
タイムリープの秘密に迫る!
美尊の幸せを願い愛もないのに金目当てで近づいた
旺太郎を許せない尊氏に、なんと旺太郎は
美尊に愛されているのは自分だと話し尊氏を挑発

逆上した尊氏は工場のチェーンで旺太郎の首を絞めて…
しかし、そこには尊氏の知らない大きな罠が仕掛けてあった!















さらに、並樹グループでは副社長の座を狙い
自分の立場のことしか頭にない郡次が旺太郎に寝返り、
旺太郎と美尊の結婚を後押し。
旺太郎はついに並樹グループを手に入れる目的を
達成しようとしていた。
そして旺太郎の本当の幸せを願う宰子は、
今度は旺太郎が美尊を愛する番だと励まし、
自分の役割が終わったことを感じる。










宰子が自分の前から消えようとしていることに
勘づいた旺太郎は、柄にもなく「ふたりで幸せになる」と
いう契約がまだ果たされていないと主張し、
必死に宰子を止めるが…。
そんな宰子に手を差し伸べたのは春海だった。











そして、旺太郎に倒錯した愛情を抱く和馬が
旺太郎結婚のニュースを知り、再び動き出そうとしていた。









SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

TBSドラマ日曜劇場「99.9∼刑事専門弁護士シーズン2」松本潤さん主演。第6話”姉弟の絆を壊した過去”のあらすじと感想。第7話のあらすじ。 [ドラマ]













99.9 ドラマ 感想






TBSドラマ日曜劇場
「99.9~刑事専門弁護士シーズン2」

ヤフーのみんなの感想は39%☆5。37%は☆1。
みんなの評価は☆3.08点。
視聴率のわりに賛否両論。
パーセンテージは良い悪いと半々くらい。




0.1%に挑み、一人は無実に
一人は別の犯罪で起訴される。
あの、超型破りな弁護士・深山大翔(松本潤)が
日曜劇場に帰ってきた。
再び0.1%に挑むために。


第1話の視聴率は15.1%。
第2話は18.0%。
第3話は16.2%。
第4話は16.8%。
第5話は17.0%。
第6話も17.0%。
好調にふた桁視聴率。
平昌オリンピックの閉会式にも
関わらず高視聴率。





松本潤さん&香川照之さんの名コンビが0.1%に
隠された事実を再び解き明かす
さらに、新ヒロイン・元裁判官役に木村文乃さん。
「99.9?刑事専門弁護士シーズン1」のヒロインは
榮倉奈々さんでした。








SPONSORED LINK





彼女の過去が新たに事件を呼ぶ!
前作では描かれなかった裁判官とも激しい攻防戦にも注目!
木村文乃さんが演じるのは、元裁判官の尾崎舞子。
舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、
司法修習を経て裁判官に任命。
刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、
ある2年前の事件がきっかけで裁判官を退官することに。
弟・優太の事件だった。


裁判官を退官するきっかけとなった
ある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官
・川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)の存在があった。




川上憲一郎:
東京地方裁判所・所長代行を務める裁判官。
事件処理能力が出世の決め手と言われる
裁判官の世界において、膨大な案件数を
裁いてきたエリート裁判官。

川上の口癖は「ええ判決をせえよ」。
彼の言う「いい判決」とは”バランスのとれた判決”のこと。
検察側と弁護側の双方から提出された証拠を
バランスよく適切に捉え、事件の背景や特徴を汲み取り、
判断することが大切だと説く。
川上は、裁判官はあくまで「その時点で目の前に提出された証拠」を
精査して、法律に則って判断するだけであって、
もし検察が間違いを犯して冤罪が生まれたとすれば、
それを証明するに足る証拠を提出するのは
あくまで弁護士の役目だという特有の考えの持ち主。
「事実」よりも「法廷での証拠」を優先させる方針によって、
深山とも大きく対立するようになる。


第6話のあらすじ。
25分拡大スペシャル。

舞子の弟が殺人犯
原因は姉…失われた絆。
真相の鍵は2年前の事件にあった!
無実を訴える弟の声は届くのか




舞子の元に、大酉寿司店主・新井英之(竜雷太)が
弁護依頼にやってきた。
不動産屋・平田(三又又三)の殺害容疑で
警察から事情聴取を受けているという。
パラリーガルの藤野(マギー)が三又又三さんの
物まねをする場面があった。







事件当日、新井が事件現場に出入りしていたことが、
容疑をかけられた理由だったが、新井は否認。
店を借りている土地は
再開発の対象になっていて
そのことで話をしに13時30分の約束で
事務所を訪ねたと話す。
煙草屋でわざに時計合ってると聞いた新井。
13時28分だった。


早速事件現場にやってきた深山と舞子は、
煙草屋店主・飯田(ダンカン)から、事件当日、
現場に出入りしていた人間が、新井以外に
もう一人いたという話を聞く。
感度が良いセンサーが取り付けられていて
明石がどんなに隠れながら煙草屋を通ろうとしても
センサーが鳴る。色々と挑戦。

防犯カメラには新井さんと茶色のブルゾンを着た
若い男。12時半頃、20分程で戻ってきた。
新井は血相を変えて戻って来て
110番通報をしてくれと飯田に。
それが13時31分。
事務所が荒らされていたという。









深山たちが事務所に戻ると、平田殺害の容疑者逮捕のニュースが…。
テレビに映された尾崎雄太(佐藤勝利)は、
なんと舞子の弟だった。
平田の容疑ははれる。
平田と優太の関係は?
雄太は前科がありなかなか部屋を借りることが
出来なくて平田に事情を話し
部屋を紹介して貰ったと話す。






2年前の窃盗事件でなくなったとされた
100万円の高級時計が平田の事務所で見つかった。
雄太が前科者であるということで脅され
口止め料として雄太が渡したのではないかと
これが我々刑事らの所見だと深山と舞子に話す。













さらに、優太は2年前に窃盗事件で有罪判決を
受けていたことが判明する。
舞子は優太と接見して弁護を請け負おうとするが、
雄太は頑なに拒否。
舞子と雄太の間には、あることがきっかけで
大きな溝が出来ていたのだ。
















結局、深山が一人で弁護を担当することになるが、
そこで優太は、改めて「自分は今回の事件も、2年前の事件もやっていない」と
否認するのだった。
高校時代は悪さをしていて卒業後東京に、
寿司職人を目指していた。
平田の事務所に行き声をかけたが中には誰も居なかった。
15分から20分程待っていた。
事務所の中は普通の状態。
荒らされていなかった。


2年前の窃盗事件なぜ認めたんですか?
姉ちゃんが私が助けてあげる。
示談にしてくるからと。
無実を訴える雄太に執行猶予付きの
実刑判決。
あの時のことを思い出す舞子。
執行猶予ですんで良かったわね。
二度と連絡してこないで。
助けたんじゃない。
ホントは助けたんじゃない。
後悔する舞子。
弟を助けて下さい。お願いします。







この事件を受け、班目所長(岸部一徳)、優太が
本当に犯人であれば顧客からの信用に関わるため、
舞子には辞めてもらうと佐田に言い放つ。
早めの対応をしないと…
私は北風だからねと班目。




北風と太陽の話で佐田は太陽だと言い張ったが
佐田は北風だと班目に言われていたのだが…。













殺人容疑と2年前に雄太が有罪判決を受けた窃盗事件が
深く絡まり合った難事件。
2年前の窃盗事件を調べなおす深山。
八王子の沙々寿司。23時10分鍵をかけ
通用口から出て行った。
23時55分に雄太。防犯カメラに写っている。
コインロッカーの鍵で
500万が見つかった。
雄太の友達?大西達也が
雄太が大金が入ると話していた。
500万持っていたのを見たと証言。
糸村社長に早くお詫びすることが
一番だと思った舞子。
雄太くんは糸村社長の事務所に
何度も行ったことがあるのに
事務所を荒らしたりするかな?
雄太くんが否認しているのに
あなたは事実を調べずに雄太くんを犯人にしたと深山。
私が全てやりますと舞子。
窓口だけお願いできますか?
物盗りの犯行にしては事務所が荒らされている。
雄太の友達の中で一人気になる人物がいる。
坂本卓。
府中警察所にいる。
雄太のことを聞きに行く。
そんな奴じゃない。
窃盗事件で雄太が逮捕されたのは
私のせいです。
雄太を大西に紹介したのは坂本。
雄太には大西と付き合うのはやめろと
言われていたんだ。
質屋に強盗に入った坂本。
その時の裁判官は雄太の姉・舞子。
懲役3年。
雄太に大西が手心を加えさせろと言ったのだと思う。
接見に来た時、雄太にきっちり責任をとらせたと
言いに来たと坂本。
大西が雄太に嘘の証言をしたということ。
2年前の事件は無実だったということ。
これから何ができるかだ。
弁護士になった君には出来ることが沢山ある。
坂本さんに話を聞いてきたと深山は雄太に接見。
そこで舞子が入ってくる。
真っ先に示談にすると言ったのは姉ちゃんだ。
一番つらかったんだよ。
信じてくれなかった。
一番信じて貰いたい家族が信じてくれなかったんだ。
裁判官を辞めたんだ。
信じて貰えないと思うけどあなたの無実を私が
証明してみせる。




大西以外、金を見た者はいない。
糸村に話を聞きに行く深山たち。
今度は殺人ですか?
お姉さん、大変ですね。
100万もする時計の被害届出してなかったんですね。
お姉さんの方から被害弁償をして貰ったですからね。


糸村の秘書・柴田に話を聞く深山。
通報されたのはあなたですよね。
あまりにも荒らされていて書類など
作り直すので大変だったですから。





恨み?
本当の目的は?
荒らされた部屋の中に何かあるのかもしれない。
写真を拡大して調べなおす深山ら。
佐田から横山寿司の差し入れが届く。
いただきマスカレード庄野真代。
13点!と舞子。
どうして弟さんは寿司職人を目指したか知ってる?
東京に来た時、姉ちゃんが寿司を食べに連れて
行ってくれたんだ。
あの時の寿司が本当に美味かったんです。
寿司職人になって姉ちゃんに自分の
寿司を食べて貰いたかった。





糸村の事務所に。
事務所に大きな額。
「魚心あればシャリ心」
2年前の窃盗事件は糸村の自作自演。
税務署の調査が入る前に
粉飾決算を隠す必要があった。
証拠は荒らされた事務所の写真を拡大したFAX。
23時07分にFAXが送信されている。
その時にはもう部屋は荒らされていた。
大西に嘘の証言を頼んだ。







平田を殺したのは新井。
煙草屋の飯田がパクチー弁当を
新井が来た時食べていた。
新井は緑色のキッチンカーで
赤い髪をしたあんちゃん(IZAMU)が売っていたと
話していた。

パクチーマミレというキッチンカーを探す。
パクチーマミレではなくパクチースミレと
読み間違えていた。
あの日は大変だった。
路上で商売をしたらいけないと警察が来て
11時半には撤収した。
10時半~11時半までしかキッチンカーはいなかった。
それなのに新井は緑色のキッチンカーを見ている。
飯田が煙草屋を開ける前に平田の事務所に行っている。
センサーは鳴らない。
平田を殺害後、初めて煙草屋に寄ったように見せた。

新井が雄太を雇ったのは平田さんを殺害する計画で。



江戸川乱歩、好きですか?
パクチー小五郎。
かいじゅう二重弁当。
あけちパクチー光秀。
本能寺のペン。




キーマカレーで
いただキーマカレー。


どれもこれも拾えないほどのダジャレに
いつもクスッと笑っております。
寒いダジャレもあります。

プロレスラーは全然知らないのですが
今回も二方の方が出演されました。
内藤哲也さんとBUSHIさん。
”いとこんち”へ。





雄太には佐田が横山屋寿司を紹介。
姉・舞子と雄太の仲は戻りました。
姉ちゃん、ありがとうな。
ゴメンね。
お寿司食べに行こう。
一人前の寿司職人になって
日本一の上手い寿司を
姉ちゃんに食べさせてやるから。
待ってる。






民事担当弁護士・落合陽平(馬場徹)
驚くべき数の資格を所持しており、
何にでも即時に対応できるマルチプレーヤー。
舞子に一目ぼれ。



明石(片桐仁)、藤野(マギー)、中塚(馬場園梓)、
それぞれのキャラが面白すぎです。
一番は明石ですが、舞子に一目ぼれの
落合もなかなかのキャラだと。
佐田の机に置いていた馬の置物の脚を
壊したのは落合ですよね。
明石は自分が壊したと思っているが…。











SPONSORED LINK






第7話のあらすじ。
佐田に忍びよる司法の闇――




佐田が顧問弁護を務めるオガタテクノロジーの社長
・緒方(ヒャダイン)が失踪した。
検察庁に呼び出された佐田は検事から、
緒方が1週間前に会社の資金3000万を
引き出した後、姿をくらまして
業務上横領の罪をかけられていることを聞かされる。









さらに、失踪当日に佐田の個人口座に300万円の
振り込みがあったことも分かり、佐田は
業務上横領幇助の容疑で逮捕される











弁護を請け負った深山と舞子は
オガタテクノロジーを訪れ、
専務の大河原孝正(佐戸井けん太)と
経理担当の中村麻美(田中美奈子)から話を聞く。
さらに、従業員の笹野桜(比嘉愛未)立ち合いの元、
緒方の自宅を見せてもらうことに。
そこで深山はある矛盾に気付く。














そんな中、佐田の担当裁判官に意味深な笑顔で
近づく川上(笑福亭鶴瓶)。
その川上の真意は?
やがて、佐田の公判が始まる。
はたして、深山と舞子は佐田を救うことができるのか





他の登場人物は
検事(飯田基祐
小島裁判官(小松利昌)
医師(竹井亮介)
キャスター(桝田絵理奈)











SPONSORED LINK



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

NHKの大河ドラマ「西郷どん」鈴木亮平さん主演。第8話”不吉な嫁”のあらすじと感想。第9話”江戸のヒー様”のあらすじ。 [ドラマ]












西郷どん 大河



NHKの大河ドラマ「西郷どん」


原作は林真理子さん。

脚本は大ヒットドラマ「ドクターX外科医・大門未知子」
NHK連続テレビ小説「花子とアン」などの数々の話題作を
手がけた中園ミホさんです。




「花子とアン」に出演された鈴木亮平さんは中園さんから
猛プッシュされ「西郷どん」の主演を引き受けたそうです。







第1話の視聴率は15.4%
第2話も15.4%。
第3話は14.2%。
第4話は14.8%。
第5話は15.5%。
第6話は15.1%。
第7話は?




SPONSORED LINK




西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。
薩摩のキーパーソンとなっていく。
生涯の師・斉彬の出会いと別れ。
篤姫との淡い恋。
仲間との友情と反目。
多感な青年期を経て、三度の結婚、二度の島流し…。




極貧の下士(下級武士)に過ぎなかった素朴な男は、
南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら朋友と出会い、
揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、
やがて明治維新を成し遂げていく。
素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。
彼に出会ったものは皆、西郷が好きになり、
愛嬌あふれる男の周りには、いつも”笑いと愛と波乱”が満ちていた。


「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、
人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し…
”見返りを求めない愛”を与え続けた男は、
人は親しみを込めて、「西郷どん(セゴドン)」と呼んだ。





第8話”不吉な嫁”

須賀(橋本愛)が嫁入りした年は、西郷家に不幸が重なり、
吉之助にとって最も悲しい一年となる。
暮らしはますます厳しくなり、須賀は
隣人から”不吉な嫁”と罵られる。
気にしていた須賀に吉之助は
そんなことはないと。気にするなという。

吉之助のおかげで謹慎を解かれた正助。













嘉永6年6月3日。
ペリーの黒船が浦賀に現れ、薩摩に戻っていた
斉彬は江戸へ急ぎ戻ることとなり、
そのお供に吉之助が選ばれる。
メリケンからは白布が贈られてくる。
白旗を上げろということか?
安部老中たちは色めき立つ。





家族は歓喜し吉之助も喜び勇むが、
唯一須賀は猛反対する。
旅費や江戸での生活費はすべて自己負担であり、
30両もの支度金を西郷家は用意できないと。
すでに西郷家では山のような借金があると
聞いています。
毎日の生活も困窮しているのに。
江戸に行ったら何時帰って来られるか?
ごめんこうもりもす。
貧乏は、はがいかぁ~!




篤姫(於一)は8月に江戸へお輿入れと決まる。

江戸に殿のお供で行くことになった吉之助の
ことを自分のことのように喜ぶ正助は
吉之助から金がないので江戸へ行くことは
出来んと話す。
そして須賀の事で殴り合いのケンカをする。
人の嫁を悪く言うな!
須賀は吉之助の優しさに心打たれます。
そしてある決心をします。






正助と喧嘩したあくる日、
桂久武(井戸田潤)に呼び出される。
指宿から鶴丸城まで上がってくることになった篤姫の
警護に行ってくれまいか?
篤姫さまからの直々のご指名である。







江戸行きをお金が無いために断ろうとしている
吉之助だったが、吉二郎、琴らは正助に
兄を江戸へ行くように説得してくれと頼みに行く。
そして熊吉ら家族の皆で内職をして支度金を
少しでも作ろうとする。
正助の母らも内職を手伝いに。
そんな中、須賀は里へ帰らせて貰いもすと
言って帰ってしまう。




篤姫の警護をしていた吉之助は
直々篤姫から礼を言われる。
私は御前相撲であなたに賭けなかったら
ここに居なかった。
殿の娘になれたのもお前のおかげ、
お城にあがり江戸に行きます。
殿の役にたつかどうか分かりませんが
殿の役に立つと信じます。
江戸で待っている、西郷。
殿を投げたのは西郷だけじゃ、
薩摩で一人だけだ。
良か殿様の為に尽くそうぞ。






江戸に吉之助を送り出すために
金が要ると友達に声をかけていく正助。
西郷どんを江戸へ行かせてやりたい。
正助は亡くなった吉兵衛と吉之助が100両もの
金を借りた板垣の家に行き、借金を願いでる。
西郷家に貸している金を返してからうちに来るのが筋だと
貸してくれない。
正助は土間に土下座して、西郷どんは
百姓たちのため、おいのために
自分のことはほっといても
頑張ってくれるような奴なんです。
板垣は大久保様の友を思うお心、
よう分かりました。
5両あります。餞別です。
しかし30両は遠い。




小さい弟たちもタニシを売ったり
家族中で内職をした金、
正助は友に声をかけて集めた金、
20両集まった。
正助は吉之助にこれで江戸へ行ってくれと。
斉彬さまと一緒に江戸へ行けと正助。
正助どんとの殴り合いは御免じゃ。
ありがとございもす。






須賀が須賀の父・直五郎と西郷家へ。
おいが留守の間に辛いことがあったのかと
聞く吉之助に、離縁してくれと言う。
須賀どんはこんな貧乏な大所帯の中で
精一杯やってくれている。
貧乏は嫌だという。
そげな?
わがままでわるぅございました。
心置きなく江戸へ行ってくれ。
餞別じゃ。
手切れ金でございますと須賀。
そげな下品なことを言うもんじゃなかと直五郎。
ああ清々した!と須賀。
須賀が去っていく後姿を見ながら吉之助は
ありがとな。
自分の為に自分から離縁を言ったのだと
分かった吉之助。
自分が離縁することで吉之助が江戸へ
心置きなく行けると思った須賀。





良い男だと思ったんだが須賀、
あれで良かったのかと直五郎。
優しい男は見たことがなかった。
優しくて温かくて…
優しすぎてずっと一緒にいたら離れなくなります。
あん人の良いところは相手の気持ちを考え、
相手の気持ちになるところです。
私の気持ちも分かってくれて十分で
ございます。
で、江戸へ行かせてやったとか?
日本一の婿殿をこっちから離縁してやりました。
と涙を流しながら須賀。


須賀の気持ちを思うと
悲しかったですね。
橋本愛さんの美しいこと。
表情ではなかなか伝わりにくい須賀でしたが
芯は強くしかしそれ以上に心優しい女性でした。
人には伝わりにくい須賀。
難しい役でしたね。
吉之助と須賀のお互いの気持ちが分かっている分。
悲しい別れでした。



年が明けて安政元年1月21日。
江戸へ立つ日。
熊吉は爺様、旦那様、奥様に吉之助さんの
姿を見せてやりたかった!

みんなのおかげで皆が居てくれて
ほんのこて良かったと吉之助。
家族のみんな、正助ら、みんなに感謝して
吉之助は江戸へ。
チェスト~!行ってくでぇ~!

ここらで良かろうかい。
チェスト気張れ!







西郷どんの目線:
第8話のテーマは、「さらなる旅立ち」でしょうか。
母・満佐から最期の言葉を貰って、
「江戸に行って殿にお仕えしたい」と
いう思いをさらに強くした吉之助は
一体どうするのか。

そこには、吉之助が想像だにしない
篤姫さまとの再会も…。
僕が好きなのは、幼なじみの正助らしい背中の押し方ですね。
そして、須賀さんは嫁としてどんな選択をするのか…
須賀役の橋本愛さんと色々話し合いながら
紡いだ夫婦のドラマ、ハラハラしながら見守ってくいやんせ。







SPONSORED LINK



第9話”江戸のヒ―様”


吉之助は藩主・斉彬とともに
江戸の薩摩藩邸に到着。
再会した仲間と品川藩の磯田屋に行き、
ふき(高梨臨)と再会する。
ふきはかつて吉之助と出会い、
紆余曲折の末に江戸に流れてきた薩摩の
貧しい百姓の娘だった。
そのふきをひいきしているのは、
周囲から「ヒー様」と呼ばれる町人風の謎の男(松田翔太)だった。
そして吉之助は、斉彬のお庭方を命じられる。











西郷どんの目線:
いよいよ江戸編が始まりもす。
僕としては、第2回を思い出すような感覚でした。
薩摩では一家の大黒柱として頼りがいのあった吉之助が、
小さな井戸を飛び出して大海へ出て、
江戸という新しい世界に飛び込んだ時に、
やっぱり何も出来ないっていう(苦笑)。
世間をまだ何も知らない、うぶな吉之助がいます。
そして、華やかな新キャラクターが続々登場です!


この方たちとのコネクションが、
西郷さんの一生の宝になっていくので、
すべての始まりの章といっても過言ではないでしょう。
薩摩ことばが江戸で通じなかったり、
視聴者の方にも目新しい感覚で、
異文化コミュニケーションも楽しんでもらえるはず。
西郷どんの急激な成長がここから始まりますよ。






SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「わろてんか」第122話のあらすじと感想。周りが呆れるほど熱々なリリコと四郎に引き抜き25周年パーティーの企画を任される隼也。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」第122話のあらすじは
NHKの公式サイトから。
第22週”夢を継ぐ者”に入ります。



隼也がつばきへの思いを断ち、
仕事に励む姿を見て安心する。
トキも仕事に復帰、隼也に帳簿のことも
教える。




SPONSORED LINK







北村笑店の25周年パーティーを、
隼也に仕切らせようと風太はてんに言う。
万丈目と楓が隼也の相談役として手伝うことに。
芸人さんたちがメインにしたらどうでしょう。
それはええと万丈目。




伊能と風太はマーチンショウの成功を
祝って飲んでいた。
隼也くんはどうだ?
つばきとのことを聞いてきた。
忘れようと仕事を頑張っていると。
あとを継ぐ者が居て良いな。
伊能さんも結婚しはったら。
隼也くんを僕に預けてくれないか?
同じ感性を持つ者をそばにおきたいのでしょうか?






一方、リリコと四郎は、周囲があきれる熱々ぶりで。
茶柱が立ってるわ。アンタが飲んで。
リリコが飲んで。
そばにいるアサリがイライラするくらい程。
ほな半分ずつ飲もか?





藤吉が着た羽織はかまを
隼也に25周年パーティーに
着せようと出してきたてん。



25周年パーティーの企画を
考えている隼也は
つばきの婚約を伝える記事を見る。
吹っ切ろうとしている隼也は複雑な気持ちになる。



”洋食マンマン”で
リリコと四郎が仲良く食事をしていると
歌子がステーキを運んでくる。
あちらさんから。

新世紀芸能の名刺を渡される。
リリコ師匠、四郎師匠、
移籍しませんか?
給金たっぷり払わせて貰います。
リリコと四郎の引き抜き




てんがなかなか年を取りませんね。
今までの朝ドラだったら、老けたメイクを
したりしていたんですが。
隼也の方が年上に見えます。




隼也とつばきの話があれで収まったとは
思えないんですが…。



SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

日本テレビ土10ドラマ「もみ消して冬~我が家の問題なかったことに」第7話のあらすじと感想。第8話のあらすじ。 [ドラマ]












もみ消して冬ドラマ




日本テレビ土10ドラマ
「もみ消して冬?わが家の問題なかったことに」

この一家は確実にトラブルを解決する…。
そしてその作戦会議は秘密の家族会議で執り行われる。
そこでは法律や常識よりも、「家族の幸せ」が優先されるのだ。


視聴率は
第1話13.3%
第2話11.1%
第3話11.1%
第4話11.0%
第5話7.1%
第6話8.1%
第7話は?





ヒットドラマ界の鉄板三大職業・
医者・弁護士・警視庁(主役)のエリート三兄弟が
一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決するという
バカバカしくも美しすぎる家族愛と、
主役の「エリート感が若干足りない末っ子刑事」が
「家族への愛情VS職業倫理観」で葛藤したあげくにひねくりだす。



SPONSORED LINK



「何でそうなるの?」的屁理屈を伴う活躍と
その人間的成長(?)を、笑いながら見る痛快
「どコメディ」ホームドラマ。

ドラマの合間に火曜サスペンスのBGMが
頻繁に流れます。
懐かしい!
しかしこのBGMを使うほどの事件ではないのだが…。
第6話では火サスで活躍した山村紅葉さんが
出演されました。
犯人扱いされ秀作に迫るという…。







主人公・次男でエリート警察官:北沢秀作(山田涼介
長女で弁護士:北沢知晶(波留
長男で医者:北沢博文(小澤征悦
3人の父親:北沢泰蔵(中村梅雀



ツンデレな波留さんがなかなか良い。
「娘の結婚」中井貴一さん×波留さん×満島真之介さんの
正月スペシャルドラマとは全然違うキャラ。
やはり役者さんですね。






北沢家のナルシスト長男(医者)、
ドS長女(弁護士)、
そして末っ子となるヘタレ次男(警察官)と
いうエリート3兄弟をメインに、それぞれの知識や
ノウハウを駆使して、社会の常識よりも
一家の幸せを優先して問題を解決していく
という姿を描くホームコメディー。








優秀な兄弟がそれぞれの役割を最大限発揮することで、
一家の事件を解決していく。
主人公である次男が、自信の正義感と家族愛との
狭間で悩みながら成長していく姿をベースに。
原作なしのオリジナルドラマ。


脚本は「ハチミツとクローバー」、
「プロポーズ大作戦」などを手がけた金子茂樹さん。



第7話のあらすじ。

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文。
応急処置をして助けたにもかかわらず
犯行動機があることや凶器に指紋が
ついていたことで博文が襲ったのではないかと
警察に疑われてしまう。

実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が
犯人だったと分かり、疑いは晴れるが、
博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみに。
患者からも同僚の医師からも。








副院長の椅子を狙っていた博文はあの年(38歳)で
人生初の挫折を味あう。
一方、男らしくない態度を里子に責められ
フラれた秀作は、さらに不幸な秀作なら
博文を勇気づけられると知晶から励まし役を命じられる。
お前の不幸話が博文を助けるというのだ。
組織のどん底にいる博文と家族のどん底にいる秀作。
これは兄弟の絆の物語である。
そんなにたいそうな問題でもないしと
突っ込みたくなった。

同室で一緒に寝ることに。
何十年ぶりだろう。
兄さんと一緒に寝るのは。
里子さんのことはもっと良い女が現れたから
お前に押し付けただけだ。
ゴメンな。ダメな兄さんで。
乗り換えた女は善財の差し金だったんだと博文が告白。
火曜サスペンスのBGMが流れる。
実はさ。
差し金を善財さんに頼んだのは僕なんだ!
ごめんなさい。
火曜サスペンスのBGMが流れる。
弟の僕が0点だからじゃないの?
ハグしよう。
お互い水に流そう。
今日からは二人で一人だ。
ふたりで協力をしていこう。





次の朝、仕事に行こうとしない博文。
今日は手術があるんでしょ?
最高の手術をしたら人望があがるよ。
今日一日だけ頑張って行こうよ。
一旦休んだら情けない男と言われる。
だから僕はいくんだと秀作。
今日一日だけだぞ。








手術前の説明も手術も完璧だったと
患者が褒めていたと浜野谷院長に褒められる博文。
















そんな中、浜野谷院長(柴俊夫)の家に出入りする
手毛綱(児嶋一哉)が、院長は人事にポイント制を
採用しているとの情報を持ってきた。

秀作たちは窃盗団の捜査をする尾関も巻き込み、
博文の挽回を狙ってポイントアップを計画するが…。
窃盗団が浜野谷院長が気に入っている絵画
”ピエールの海辺”が持っているから
それを取り戻してくれと博文に言われ
尾関に頼むが…
絵画が戻れば100ポイント入るのだ。





善財の結婚披露パーティーで
博文に”アベマリア”をハンドベルで
演奏させようとしたのは
院長の奥さんの名前が安部まりあだったから。
財前は院長の結婚記念日に軽井沢の
何年も予約待ちのレストランを予約し
院長夫妻が祝えるようにしているとか…
なかなか博文が高ポイントを貰えるのは
難しい。
北沢ブラザーズの底力を見せてやろうぜと
勢いは良かったが…。





軽井沢と聞き、院長の別荘に忍び込み、
院長の弱みを探すようにと博文に言われ
秀作は…
奥さん以外の女性と一緒に写真を見つけるも
そこには博文も一緒に写っていて…
目を凝らしてみると…すね毛。
ニューハーフ
何も無かったと博文に報告しかできない。




軽井沢のレストランでも一組限定で
院長夫妻が食事を。
その庭で一人で”アベマリア”をハンドベルで演奏している
兄・博文を秀作は見る。
院長らには聞いて貰えることもなく、
善財にレストランのカーテンを閉められる。


博文役の小澤征悦さん、今までにない役で
笑ってしまう。







絵画を奪うように知晶から頼まれていた尾関
だったが、出来なかったことを謝る。
-100ポイント。
尾関から知晶にキスをする。
今のは?200ポイント。
あらあら尾関(24歳)と知晶(27歳)の恋の始まり!?






里子さんはお前をふったわけではない。
お前が男らしくなかったからだ。
フラれた訳ではない。
里子さんの所へ行ってこい。
意を決して里子の家へ。














SPONSORED LINK





第8話のあらすじ。

里子(恒松祐里)とついに恋人関係になった秀作が、
彼女を北沢家へ招待して泰蔵に紹介することになった。




その晩、北沢家には泰蔵しかいないはずだったが、
友達の所に泊まりに行っていた知晶が早々に帰宅。
遅くなる予定だった博文は、尾関と手毛綱を
引き連れて帰ってきた。





嫌な予感しかしない秀作をよそに、
北沢家のリビングでは、知晶にキスをした
尾関の公開裁判が開かれる。





そんな中、里子が履いてきた靴が玄関から
消えていることに気が付く秀作。
誰かが隠したのでは?と有罪判決を受け
執事部屋に拘束されている尾関に相談し、
一人一人問い詰めていくが、
犯人はなかなか見つからない。










そうこうしているうち、秀作に幼い頃の
知晶の靴をめぐるとある記憶がよみあがって…。



SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ