So-net無料ブログ作成

2018年1月7日日本テレビ日10半ドラマ「トドメの接吻」山崎賢人さん主演。第1話のあらすじ。 [ドラマ]













1月ドラマ 2018




2018年1月7日日本テレビ日10半ドラマ
「トドメの接吻(キス)」
初回夜10時スタート、30分拡大。

接吻から始まる、死のタイムリープ。
愛なんか求めようとするから人は不幸になる。
「欲しいのは愛なんかじゃない、目に見えるモノ――カネと権力だ」

愛が歪んだ”クズ”な主人公・堂島旺太郎。
顏は良いが”カネの切れ目が縁の切れ目”で
女を弄ぶナンバーワンホスト。


SPONSORED LINK



過去のある事件をきっかけに、誰も愛さず、
成り上がることだけを追う、孤高の男…。
彼の前に現れたとある社長令嬢――
それは日本企業のトップ、個人資産100億とも
言われるホテル王・並樹グループ社長の娘だった。

彼女は旺太郎にとって人生で最高の理想の女。
「今度のターゲットはこの女だ」彼の毒牙が、
彼女に迫る。が、そんな彼の前に”ある女”が現れる。
青白い顔に、真っ赤な唇…。
彼女が彼に贈ったものは――”死の接吻”。
女のキスで突如起こる、呼吸困難!
身体痙攣!異常な動悸!その果てに――彼は、死んだ。

しかし次の瞬間、彼は見覚えのある7日前の景色の中、
意識を取り戻す。


繰り返される出来事、場面、会話、これはもしや――
俺は、同じ時間を繰り返している…?
謎の”キス女”によって、何度も”死”と”時間”を繰り返す旺太郎。
なぜ、俺は殺されるのか――?
キス女の正体は――?”
死のループ”の謎を追い、カネと権力を追い求め、
ノンストップで物語が加速する”邪道ラブストーリー”が幕を開ける。





SPONSORED LINK






第1話のあらすじは日本テレビの公式サイトから。
愛が歪んだクズ男のキスと死。そして、100億の女。




歌舞伎町のホストクラブ「ナルキッソス」で
源氏名「エイト」を名乗るNo.1ホストの堂島旺太郎(山崎賢人)は、
偽りの愛で女性を夢中にさせ、金が尽きたらポイ捨てするクズ男。









外面はきらびやか生活を送る旺太郎だが、
実はある理由で大金が必要なため、
生活を切り詰め質素な暮らしを送っている。














クリスマスイブの日、同僚ホストの和馬(志尊淳)から
個人資産100億円のホテル王・並樹グループのご令嬢
・美尊(新木優子)が来店していると聞いた旺太郎は、
恰好の金づる・美尊に狙いを定める。

しかし、男子トイレに現れた真っ赤なルージュ―の
不気味な女(門脇麦)に突然キスを奪われ、
なんと命を落としてしまう。
























意識の戻った旺太郎の目の前に広がるのは
見覚えのある1週間前の景色で…。
すでに体験したことがデジャビュのように
繰り返される状況に混乱しつつも、旺太郎は
前回とは違う方法で美尊を落とそうとアプローチするが…。
















予測不能・神出鬼没の”キスで殺す女”によって
またしても殺されてしまうのだった。
以来、執拗に旺太郎の唇を狙うキス女に襲われる度、
旺太郎は時間をループしてしまうように…。

















3度目のイブの夜、キス女の奇襲から逃れ、
何とか朝を迎えた旺太郎の部屋に
興信所の根津(岡田義徳)が現れ、
旺太郎の母・光代(奥貫薫)から弟・光太の
捜索を頼まれたと知らされる。




















実は旺太郎にはトラウマとなっている過去のある事故があった…。
12年前、父の旺(光石研)が船長を務めるクルーズ船
「プロメテウス」のクリスマスクルーズに光太を連れて忍び込んだ際、
二人は運悪く沈没事故に巻き込まれてしまい…。

















そして大晦日。並樹家の乗馬倶楽部のパーティーに
和馬と共に参加することに成功した旺太郎は、
美尊が政略結婚のため気の乗らない見合いを
強要されていることを知る。













そんな中、馬房で暴れている馬に襲われそうになった旺太郎を
助けたのは並樹家の長男で妹想いの完璧人間・尊氏(新田真剣佑)だった。

並樹家を取り巻く社交界に足を踏み入れた旺太郎は、
美尊に思いを寄せる幼なじみの御曹司・長谷部(佐野勇斗)や
乗馬倶楽部の部員・布袋(宮沢氷魚)など
上流社会の人間から「ホスト」と見下されながらも
金と権力を手に入れるため美尊に近づくチャンスを伺う。


布袋役の宮沢氷魚さんは2017年10月期TBS金10ドラマ
「コウノドリ」に出演されていました。

















しかし、そんな旺太郎を邪魔するかのように
”キスで殺す女”が何度も旺太郎を殺しに現れて…!
再びループする時間の中で、旺太郎はキス女から
逃げるのに手を貸してくれたストリートミュージシャン・
春海(菅田将暉)にだけ自分の体験を打ち明ける。

春海は旺太郎の体験は「タイムリープ:だと話し…。
果たして謎に包まれたキス女の正体は何なのか。
そして執拗に旺太郎を邪魔するその狙いとは…














SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2018年1月13日日本テレビ土10ドラマ「もみ消して冬∼我が家の問題なかったことに」山田涼介さん(エリート警察官)×波留さん(医師)×小澤征悦さん(弁護士)の3兄弟。 [ドラマ]













1月ドラマ 2018



2018年1月13日日本テレビ土10ドラマ
「もみ消して冬∼わが家の問題なかったことに」

この一家は確実にトラブルを解決する…。








そしてその作戦会議は秘密の家族会議で執り行われる。
そこでは法律や常識よりも、「家族の幸せ」が優先されるのだ。






ヒットドラマ界の鉄板三大職業・
医者・弁護士・警視庁(主役)のエリート三兄弟が
一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決するという
バカバカしくも美しすぎる家族愛と、
主役の「エリート感が若干足りない末っ子刑事」が
「家族への愛情VS職業倫理観」で葛藤したあげくにひねくりだす。

SPONSORED LINK



「何でそうなるの?」的屁理屈を伴う活躍と
その人間的成長(?)を、笑いながら見る痛快
「どコメディ」ホームドラマ。





主人公次男でエリート警察官:北沢秀作(山田涼介
長女で弁護士:北沢知晶(波留
長男で医者:北沢博文(小澤征悦
3人の父親:北沢泰蔵(中村梅雀









北沢家の長男(医者)、長女(弁護士)、
そして末っ子となる次男(警察官)と
いうエリート3兄弟をメインに、それぞれの知識や
ノウハウを駆使して、社会の常識よりも
一家の幸せを優先して問題を解決していく
という姿を描くホームコメディー。







優秀な兄弟がそれぞれの役割を最大限発揮することで、
一家の事件を解決していく。
主人公である次男が、自信の正義感と家族愛との
狭間で悩みながら成長していく姿をベースに。
原作なしのオリジナルドラマ。






脚本は「ハチミツとクローバー」、
「プロポーズ大作戦」などを手がけた金子茂樹さん。












慶介は幼なじみの野田大地(高木雄也)とともに、
メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げていた。
そんな中、娘の心臓移植の為に「ザ・プレミアワイド」の取材を
受けたという母親・江藤喜美子(矢田亜希子)からの相談が寄せられる。


事実と異なる内容に編集され、放送されたという喜美子は、
プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)の傲慢な対応についても困惑していた。
かつて、井出、真崎久美子(水野美紀)、小池悠人(林遣都)、
皆川義和(やついいちろう)らに苛烈な取材攻勢を受けた慶介は、
再び同じ過ちを繰り返す井出を陥れるために動き始める。






一方、新宿中央署では、12年前の事件の捜査資料を
見ている副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)を姿があった。

そしてついに井出との対決の時を迎える慶介。
そこで突き付ける、公開されると井出の人生を終わらせる映像――
”ファイナルカット”とは?







SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

フジテレビ2018年1月18日水10ドラマ「隣の家族は青く見える」深田恭子さん×松山ケンイチさん。 [ドラマ]










1月ドラマ 2018


2018年1月18日フジテレビ新木10ドラマ
「隣の家族は青く見える」
どんな夫婦でも、悩みを隠して、笑っている。

深田恭子さんと松山ケンイチさんが妊活に励む夫婦に
コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と
成長をハートフルに描くヒューマンドラマ。



主演には、年齢を重ねるごとに魅力を
増していく女優・深田恭子さん。
数々のドラマで可愛らしく純真な役を演じてきた深田さんが、
家の購入を機に就活を始める女性をリアルの演じる。








SPONSORED LINK



その妻と共に妊活に向き合う夫役を務めるのは、
演技派俳優として名高い松山ケンイチさん。
深田さんとは、NHK大河ドラマ「平清盛」(2012年)で
清盛を演じて以来の夫婦役となる。
















脚本は中谷まゆみさんによるオリジナルストーリー。
中谷まゆみさんの過去作品は
「ラストシンデレラ」、
「ディア・シスター」、
「ウォーターボーイズ」…他。








”コーポラティブハウス”とは、様々な家族が
自分たちの意見を出し合いながら
作りあげる集合住宅のことで、一戸建てより安く、
マンションよりデザインにこだわりを追求できる
という理由で近年、注目されている。












しかし住人同士はいやが応でも密接な関係を
築くことになり、各家庭の秘密が徐々に
暴かれていくことに。



”子どもが欲しいカップル”奈々・大器夫婦と
”コーポラティブハウス”に住むのは
“子どもが欲しくない女性とバツイチ男性のカップル”、
”子どもと理想の家族像に執着する主婦と
会社を辞めてしまった夫のカップル”、
”子どもを持つことを真剣に考える男性同士のカップル”など、
それぞれ現代的な悩みを抱えた家族たち。










共同空間を共にすることからプライバシーが
保ちづらく家族構成や互いの問題が
あけすけになるという”隣の芝生は青く見える”状態の中で、
主人公の奈々は夫の大器とともに、
個性的な隣人たちや、大器の両親、
奈々の実の母親らが起こす大騒動に巻き込まれていく。



奈々の夫・大器役の松山ケンイチさんは演技派俳優。
あまり好きなタイプの俳優さんではなかったのですが
芦田愛菜さんと共演した映画「うさぎドロップ」(2011年)
を見た途端、ファンになりました。
良い映画でしたね。






SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ