So-net無料ブログ作成

「わろてんか」第100話のあらすじと感想。リリコは流行歌漫才師。相方は?万歳大会を目指して…。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」第100話のあらすじは
NHKの公式サイトから。



伊能の会社は伊能商会となり、急成長していた。

てんはリリコを女優漫才師として売り出そうと決意。
その熱意で伊能の承諾を得ようと何回も
伊能の会社にリリコと訪ねる。

映画はもうやり切った。
高座に上がれると聞いてワクワクしたんや。
女優が芸人に、失敗したら笑いもんになるぞ。
うちは笑いが好きやねん。
が、成功したら話題性は抜群だろうな。
認めよう!
予定通り今、撮ってる映画には出て貰う。
もし芸人として成功しても、又映画を1本撮ってもらう。
伊能にさすが転んでも起きんなとリリコ。
てんはリリコを北村笑店に移籍させる。






SPONSORED LINK


男性陣を追い出して
トキ、歌子、リリコとリリコを
売り出すために色々とアイデアを出す。
流行歌漫才。
台本は?
リリコさんの相方は?
絶世の美男美女というのは?
男たちがなんやかんやというので
追い出して女だけで…。



そこへ楓がやって来る。
記者やっている杉田楓(元藤吉の許嫁)に台本?
少しでも藤吉さん、てんさんの役に立ちたいと。
新聞記者でも男社会だと話す楓が台本書くことに。
台本を書いて貰う人、リリコの相方
をてんとトキは面接したり…。



てんは、トキや楓(岡本玲)らの力を借り、
リリコの漫才デビューに向け動き出す。

笑いが好きな人達で万歳作家になれるような人を選び
北村笑店が抱える芸人300人の台本を書く文芸部を設けるてん。
文芸部部長は万丈目。
ドンドン活気づいていく。


女興行師として頑張っているてんを伊能は応援。





万歳大会で誰の台本が受けるか?
今、売れっ子のキースとアサリも
万歳大会にでて優勝を目指す。
リリコも万歳大会に出ると宣言。
流行歌万歳となると楽器が弾ける人が
良いのでは?
楽器の洋物にしたらと考えていると楓。
女性陣のアイデアをドンドンとわいてくる。

伊能も女興行師としてのてんを
応援してくれる。


トーキー映画に反対する弁士、楽士たちの列に
出くわしたリリコ。
その一人の川上四郎(松尾諭)に
ぶつかります。
四郎がリリコの相方になる人物
最悪の出会いが…。




SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

TBS火10ドラマ「きみが心に棲みついた」吉岡里帆さん連続ドラマ初主演!第3話のあらすじと感想。第4話のあらすじ。 [ドラマ]












君が心に棲みついた




TBS火10ドラマ
「きみが心に棲みついた」
自分を変えたいんです…奇妙で歪な三角関係!



三角関係ラブストーリーは
”キュン”のドキドキと”ゾクッ”のドキドキが
共存する新感覚ラブストーリー!
久しぶりにイライラするドラマ。



吉岡里帆さん連続ドラマ初主演!
桐谷健太さんは厳しい中にも優しさが溢れる”熱い男”を
向井理さんはこれまでのイメージを覆す”冷酷な男”を演じる。





冬の恋は三角関係!
恋ヘタ女×超誠実男×支配男の恋☆
2人の男性の間で揺れ動く、
一筋縄ではいかない三角関係ラブストーリー。



吉岡里帆さんんは
2017年1月期火10ドラマ「カルテット」にも出演。



「逃げるが恥だが役に立つ」
「あなたのことはそれほど」など中毒性のあるラブストーリーで
いま最も注目を集める火曜ドラマ枠。


原作は女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」で
連載中の天堂きりんさんによるコミック
「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」
(祥伝社フィールコミックス)。




第1話の視聴率は9.4%。
第2話は8.5%。
第3話は?
「カルテット」も評判とは裏腹に
ひと桁視聴率で推移。
第9話のみ11.0%でした。
リアルタイム視聴率より
タイムシフト視聴率が良いという
ドラマなのでしょうか?




SPONSORED LINK





自己評価が極めて低いがために
他人の前で挙動不審になってしまう
主人公・小川今日子(通称:キョドコ)が
2人の対照的な魅力を持つ男性の間で
揺れ動くさまを描いている。



第3話のあらすじ。
約束をすっぽかしただけではなくボロボロの状態で
目の前から逃げ出した今日子を吉崎はメールで問い質すが、
今日子は上手く答えることができない。
直接会って謝らなければと思っている今日子なのだが…。









過去の非運な仕打ちがあっても、どうしても星名と
つながっていたいと願う自分の気持ちに気付いてしまったのだ。
今日子にはついていけないです。
全然意味が分からないです。
こんな男とつながっていたいと思うでしょうか?
最低な男です。




会社では相変わらず八木とは衝突してばかりで、
一緒に組んでいる新プロジェクトの企画が進まない。
しかも、星名からは実際に企画が通るのは
今日子のチームと堀田のチームのどちらか1つだけだと
告げられてしまい不安が募っていく。












そんな時、新作下着の発表会が開催された。
堀田から誘われた吉崎らは取材もあり
担当作家のスズキ(ムロツヨシ)と共に会場を訪れる。

今日子も忙しく動き回っていたが、星名に呼ばれ紙袋を手渡される。
中に入っていた意外な物を見て戸惑う今日子に、
「俺のために生きるって言ったよな?」という星名の言葉が突き刺さる。
星名はとんでもない試練を仕組んでいたのだ。
大学の時、「今日子は頑張らなくて良いんだ。ありのままで」
ある時は泣きながら「俺の為に生きてくれ」と星名。
元気をなくした友達の為にと裸になり、
何人もの男性の前で…。
星名は他の女と手を切ると言い、
今日子は星名が私だけの者になると
何も知らずに裸になった今日子に
汚い手で触るな。
人前で簡単に脱ぐ女となんかと星名。
とんでもない男。
性懲りもなく同じようなことを言って堀田班の
新作ランジェリーを着てランナウェイを歩くことに。

お前、あの時俺の為に生きるって言ったよな。
会場の皆さんの前でお披露目しろよ。
俺の為に償えよ。
意味が分かりません。
星名、お前は何者なんだ?」






何やってんだ?あいつと驚く吉崎たち。
途中で転げてしまい、その場をつくろう為に
スズキと吉崎はマイクを持ってランウェイにあがる。
それを見た星名は「余計なマネしてんじゃねぇ~」
その時の悪そうな顔、向井理さん、
ウザかったですね。
大学の時もあんな目に遭っているのに
星名の言うこと聞きますかね。今日子。
とにかくイライラするドラマです。

「カルテット」の時の有朱のように「人生、ちょろかった!」
と言ってみて今日子さん(吉岡里帆)
あのドラマとは正反対の役柄に驚いております。
あの強かさはどこへ。って全然違うドラマでした。
ある意味、このドラマにはまっていることなのか?








吉崎に星名は「フォローまでして頂いてすみませんでした」
「彼女はいつもあんな調子何ですか?」
「僕もあまり知らないんです」
スズキが星名のあの笑顔の裏には何かあると
言った事を思い出す吉崎。








今日子は吉崎に
「してくれたことは余計なことです。
私は罰せられなければいけない。
許して貰えないんです。誰にも話したくありません」
「仕事じゃなかったってこと?」
「関係ありません」
「関係ないって何だよ」
「もう私なんかに関わらないで下さい」






星名に褒めて貰おうと会いに行くと、
飯田が星名の家のカギを受け取っていた。

あの時と同じ、何をしたって星名さんは
振り向いてくれない。


八木からは堀田班の新作を来てステージに
上がってどうすんねん!
新しい企画考えろと。
八木さん、私に時間を下さい。
思わず抱きしめたくなるような
ランジェリー。見せ下着とは違う
男受けするランジェリーか?
男の人に媚びたいものを身につけたいと
思うのはダメですか?
男受けするデザインを作れっちゅうんか?
勝ちましょう。
メンズ部門にいた経験を活かしましょう。
見せつけてやりましょう。
八木さんのサポート頑張りますから。
一緒に夢を見させてください。
どんなランジェリーなら?
休憩に外に出る今日子。
吉崎が成川映美(中村アン)と
キスをしているところに出くわす。




成川映美:
人気ライトノベルを執筆している売れっ子作家。
吉崎の大学の後輩であり元カノ。



星名の部屋では飯田が待っていた。
ダイレクトメールのチェックを星名。
その1通谷山祥子。
「お母さんの出所する日が決まりました…
本音を話しませんか?」
星名の母が出所
星名にDVしていた父親を母親が
星名の前で殺したのか
それが星名の心が歪んだ理由






SPONSORED LINK




第4話のあらすじ。
星名に命じられ下着姿でランウェイを歩いた今日子は、
翌日、星名に優しい言葉をかけられて舞い上がってしまう。
その勢いで新企画が通ったらデートするという
約束を取り付け、意気揚々と生地探しに励むのだった。












しかし、八木が納得する生地を見つけられず、
星名が今日子を担当から外そうとしているという噂を耳にする。
慌てて星名に詰め寄る今日子だったが、
反対に威圧的な言葉を受け震え上がる。



















その頃、今日子に元恋人・映美(中村アン)との
キスを見られた吉崎は、仕事に集中できないでいた。
訝しんだスズキ(ムロツヨシ)の質問攻めに合い、
洗いざらい話しているうちに今日子が気になる
存在であることを自覚し始める。










仕事の不調からか、今日子はエキセントリックな
メールを吉崎に送ったことを激しく後悔していた。


心配した吉崎からの電話に謝りながらも、
吉崎の言葉に勇気づけられ、再度プロジェクトに取り組む。
そして、完成した試作品を発表することになるが…。









SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

関西テレビ火9ドラマ「FAINAL CUT」亀梨和也さん主演。第4話”母を犯人にした男”のあらすじ感想。第5話のあらすじ。 [ドラマ]














ファイナルカット ドラマ



関西テレビ火9ドラマ「FINAL CUT」
主演は亀梨和也さん。


第1話の視聴率は7.2%
第2話は6.5%。
第3話も6.5%。
第4話は?




母のための復讐×許されざる恋。
メディア新時代に斬りこむ、切なくも痛快な復讐劇が幕を開ける。
誰もがSNSなどで映像を発信できる”コンテンツメーカー”となり、
指先ひとつで簡単に誰かを傷つける
「加害者」にも「被害者」にもなり得る今、
”メディア”に人生を翻弄されてしまう人々がいる。




あらすじは関西テレビの公式サイトから。








SPONSORED LINK



中村慶介(亀梨和也)は、ある女児殺害事件で
母親を犯人扱いされ、亡くした過去を持つ男。


12年後の現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、
母を追いつめた者たちへ復讐に動き始める。
複数の矛先に向けられるのは、当時、先陣を
切って事件の取材・放送に関わったテレビ番組の司会者、
スタッフたち、そして事件の真相の鍵を握る姉妹。

慶介の行動を鋭く見つめる12年前の捜査関係者。
慶介は、素性を隠してターゲットに近づき、
公開されるその人の人生が終わる致命的な映像
”ファイナルカット”を突き付けることで、
彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていく。
しかし、しまいに近づくうちに、慶介は初めて人を深く愛してしまう。
それが復讐のシナリオに狂いを生じさせていくことに…。
慶介の復讐に隠された「ある目的」とは?
そして、許されざる恋愛の行方は――。


第4話”母を犯人にした男”のあらすじ。

慶介は、高校生の頃、あるテレビ番組を
きっかけに母・京子を女児殺害事件の犯人扱いされ、
無実の罪で亡くした男。









12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった
番組関係者に次々と”ファイナルカット”という
致命的弱点を捉えた映像を突き付けて制裁し、
”ある目的”のため言いなりにしていく。






当時、人気司会者・百々瀬塁率いる番組「ザ・プレミアワイド」が、
「若い男を見た」という京子の目撃証言を放送せず、
小池が作った犯人候補者リストも追及せずに
終わっていたことを突き止めた慶介。












なぜ番組は当時、警察よりも早く、
恭子を犯人扱いし始めたのか?
ある日、慶介が運営するメディア被害の通報サイトに、
今度は「ザ・プレミアワイド」のカメラマン・
皆川義和(やついいちろう)に関する相談が寄せられる。

















慶介は、かつて自宅に押し掛け、執拗にレンズを
向けて母を追いつめた皆川をターゲットにし、動向を追い始める。
今度はお前を追ってやるよ。
















一方、慶介は、「ザ・プレミアワイド」が母を
犯人扱いし始めた背景に警察が絡んでいるのではないかと考え、
12年前、事件を捜査していた上司の高田に疑惑をぶつける。
母のハンカチは志穂ちゃんに貸したもの。
ハンカチが出たことで犯人扱いに?
重要参考人としてあの番組だけが
真っ先に母を犯人扱いした。
無認可保育園の園長が
重要参考人死亡で事件未解決事件として終わった。
それが全てなんだ。



その頃、慶介からファイナルカットをかけられた
小池(林遣都)は12年前放送されたビデオを
もう一度確認中だった。
第1報は2006年3月14日。
第2報は3月15日。
警察発表よりテレビの方が早い。



その頃、慶介が扮した”マモル”との恋に夢中な若菜は、
マモルとの食事にサプライズで雪子を同席することを思いつく。
雪子が思いを寄せる”吉澤”がマモルと同一人物だとは知らず、
マモルを待つ2人。
そうとは知らない慶介は、姉妹が待つ店へと向かい…。
店に入る前に電話あり、姉妹と会うことはなかったが…
ドラマ最後に偶然の出会いで3人が
鉢合わせすることになる。






子役の成田光喜の母親・佳代から、
ライバルの子役・藤井ゆめを
突き落としたということにされているという情報が。
「ザ・プレミアワイド」で取り上げることに。
カメラマンの皆川は執拗に光喜を
追い続け出す。
それを慶介の復讐のサポートをしている
野田大地(高木雄也)が
皆川を隠しカメラで負い続ける。




光喜が怪我をしたようだと連絡があり
光喜のところへ。
カメラマンにカメラで追い詰められて
「ゆめちゃんを押しましたか?押しましたか?」
何度も聞かれ…。
「押しました」と光喜は答えてしまったことを
慶介に話す。
光喜に話しを聞くと母親に反対され内緒で
ハムスターを飼っていたこと。
ハムスターが逃げたので追いかけると
セリフを覚えていたゆめちゃんが
ハムスターを見て驚いて階段から落ちた事。
転んだのは僕の責任だから。
光喜くんは仕事好き?
僕の夢だから。
ミュージカルドラマに出演すること。
今の人に押しちゃったと言っちゃった。
好きなようにさせないから。






ネタがあると皆川を競馬場に呼び出し、
いつもように皆川に不利な録画を見せ、
これが世間に出ると、首だね。
間違いなく。
子どもを恫喝した上にケガをさせ、
そのまま放置した。


今回だけ?昔からだよな。アンタ。
いつも見てるのはこの四角の中。
12年前、うちの母を追ってくれたよね。
あんときの?
忘れたって?
あんなに追ってたのに。毎日毎日。
うちの母を疑惑の犯人と追い立てて
カメラで捉えたもの以外見えたものが
あった筈だ。
極悪人だったか?
見逃してくれ。テープを処分してくれ。
クビになる。終わりになる。
何で追った?
犯人だと聞いていたから。
早川恭子だと断言していたんだ、うちの顏が。
ある筋から情報を得たと。
直接、うちの顏とやらに聞くよ。
クリック一つでお前は終わる。
人の人生、切り取ってきたんだろう?
次に切り取られるのはアンタだ。
これがアナタのファイナルカットです。




雪子は自宅で母親・夏美が電話をしているのを聞く。
相手は兄らしい。
兄は生きている。
相談も兼ね吉崎(慶介)に会う。
お兄さんが生きてるってこと?
姉が男性と居るところを見つけた妹・若菜は
雪子に声をかけ寄ってくる。
「守!?どういうこと?」
慶介はどのように答えるのか?





次のターゲットは百々瀬?
なかなか強敵だがどうなる?




SPONSORED LINK



第5話のあらすじ。

慶介は、高校生の頃、あるテレビ番組を
きっかけに母・恭子を女児殺害事件の犯人扱いされ、
無実の罪で亡くした男。


12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった
番組関係者に次々と”ファイナルカット”という
致命的弱点を促えた映像を突き付けて制裁し、
”ある目的”のため言いなりにしていく。








カメラマンの皆川(やついいちろう)から、当時、
今日子を犯人だと断じたのが司会の百々瀬(藤木直人)だと聞き出し、
ついに首謀者を突き止めた慶介。
















一方で、12年前の真犯人とにらむ男の妹・由紀子(栗山千明)と
若葉(橋本環奈)に別人を装って接触していた慶介は、
とうとう雪子と会っている時に若葉と
鉢合わせしてしまい絶体絶命の窮地に。





















12年前、何故警察が発表するより先に、
百々瀬は京子を犯人と断じたのか。
慶介は百々瀬の行動や経歴を洗い始める。












その矢先、「ザ・プレミアワイド」が好評企画の第2弾を
突然中止にしたとの情報が入る。
百々瀬が裏で関与していると直感した慶介は、
百々瀬のバックに何者がいるのか確かめようと、
プロデューサーの井出に揺さぶりをかける。




















翌日、百々瀬が井出と共に出席した会食の場に
同席していたのは、慶介の警察の上司・高田(佐々木蔵之介)だった。









ついに百々瀬と対峙した慶介は、人気司会者の
思いもよらぬ弱点を突き付ける。
そして当時、百々瀬が犯人扱いすることを
決定づけた裏には意外な人間関係があったことが明らかに。











さらに慶介のもとへ、鉢合わせして以来、
会っていなかった雪子から、「兄が帰ってきた」と連絡が入り…。










SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

フジテレビ月9ドラマ「海月姫」芳根京子さん月9初主演。第3話のあらすじと感想。第4話のあらすじ。 [ドラマ]












海月姫 ドラマ




フジテレビ月9ドラマ「海月姫」の
第3話、第4話のあらすじはフジテレビの
オフィシャルサイトから。


第1話の視聴率は8.6%。
第2話は6.9%。
第3話は?

東村アキコさんの超人気漫画を
月9で完全ドラマ化。
初の月9主演となる芳根京子さんが
新境地”オタク女子”に挑む。

原作は同タイトル「海月姫」
(講談社「kiss」所載)
東村アキコさん「東京タラレバ娘」も
ドラマ化されました。





「女の子は誰だってお姫様になれる」
コンプレックスを持つ全ての女性を幸せにする、
新感覚シンデレラ・コメディー!



SPONSORED LINK



第3話のあらすじ。
”祝・初デート。
暴かれたシンデレラの魔法と嘘”



倉下月海(芳根京子)は、クラゲのドレスを作ろうと
言い出した鯉淵蔵之介(瀬戸康史)を信じられなかった。
しかし、蔵之介は本気。
月海の部屋で図鑑を見た蔵之介は、
早速ドレスのデザインをスケッチする。
すると月海は全然違うと、自分が描いた
ハナガサクラゲのデッサンを見せた。










蔵之介は思わず、こんなドレスがあったら欲しいと言う。
そこに、ばんばさん(松井玲奈)が、
風呂が空いたと月海を呼びに来た。
男の恰好だった蔵之介は姿を消す。


















蔵之介が家に帰ると修(工藤阿須加)が部屋に来た。
修は月海と会いたいがどうすれば
良いか分からないでいた。
月海と付き合わせると言った約束が
まだ有効かと蔵之介に問う修。
すると蔵之介は修に月海に声をかけると請け負う。




















「天水館」に行った蔵之介は修とデートするよう月海に告げた。
月海は行きたくないと即答。
修と稲荷翔子(泉里香)が交際していると思っていたからだ。
蔵之介は直接修に聞いてみれば良いと言うが、月海には無理。



さらに男性とデートなどしたら「天水館」に
いられなくなると続ける月海に、
蔵之介は強引にメイクを施して出かけさせる。

















月海と修は無事に落ち合うがギクシャクしたデートが続く。
会話に困った時とりあえず「そうですね」と
蔵之介から言われていた月海は曖昧な
「そうですね」で乗り切ろうとするが…。
メガネをかけるなと蔵之介から言われていて
視覚はぼんやりのまま。
食事の最中に緊張のあまりあたふたして
グラスを割ってしまう。
そんな中、眼鏡をかけた月海を見た修は
「天水館」で気色悪いと言ってしまった女性だと気づく。
気付かれてしまったと月海。


メガネをかけたままでデートをすれば
問題なかったと思うのですが、ここはドラマだから。






一方、蔵之介は”尼~ず”にクラゲのドレスを作ると宣言。
気乗りしない面々に、蔵之介はドレスで
儲けた金で「天水館」を救おうと言い出す。





生地を買い込んできた蔵之介。
蔵之介は裸になり生地の上に大の字になる。
ええぇ~裁断!
大胆だな。
型紙を作らないの?
少し洋裁をかじった私は驚いた。
アバウトな感じで生地をカットし
蔵之介に合わせて待ち針でそれなりに
ドレスにしていく。
千絵子にミシンをかけて貰う。




遅々と進まないので蔵之介は
自分の家にきてくれと
気乗りのしない月海と生地などを載せ
和物オタクの千絵子と枯れ専のジジ様は
鯉淵家にやって来る。






嫌がっていた月海は蔵之介の部屋にある
真珠のネックレスを見てハナガサクラゲの
ひらひらと長い部分をとネックレスをバラしてしまい、
一粒ずつ繋げてスカートにつけていく。
素敵なクラゲのドレスが完成。
尼~ずの人海戦術で完成させた。


着替えをするからと千絵子とジジ様を部屋から
出て貰い…。
リビングで鯉淵家の祖先の写真に
ジジ様は興奮。(枯れ専ウォッチ)写真を撮っていると
蔵之介、修の父‣慶一郎が入ってくる。
ジジ様、リアル慶一郎を見て興奮。
結局、蔵之介のことがバレてしまう。
男性だったのだと。
男性禁制の天水館に男性を入れていたことに
千絵子らは…。
蔵之介を呼び出し、抗議。






クラゲのドレスを着た蔵之介、
瀬戸康史さん綺麗でしたよね。
美脚でスタイル抜群。

次はオキクラゲのドレスを。







鯉淵家を訪ねてきた地上げ屋の稲荷のことを
慶一郎は運転手の花森に聞く。
修が朝帰りしてきたことを聞いた慶一郎は
稲荷のことを調べるようにと頼む。
レクサスのアルミホイル、レクサスを買っても良いぞと。
運転手なのでそのようなことはと断っていた花森は
即、杉本に調べるように手配する。
稲荷は修と一緒にベッドにいる写真を
切り札に地上げをすすめようとしていた。
修は稲荷に会うが、写真を見せられ、
あなたと心まで結んだ覚えはありません。



月海を傷つけてしまったことを悩んでいた修は
兄・蔵之介に相談する。
好きかどうかも分からないのに
どうして月海をあの時、抱きしめたんだよ。
これ以上月海を傷つけるな。
直接、月海に伝えた方が良いと蔵之介。




蔵之介は千絵子とジジに呼び出され、
あなた男ですよね。






修は天水館を訪れ、ばんばとまややに
止められながらも月海に聞こえるように話し出す。
僕、女の人を抱きしめたことはありませんでした。
水族館で月海さんを抱きしめたのが初めてでした。
可愛かっただからではなく、あなたのことを
守りたいと思ったからです。
もう一度会って下さい!






さてさてどうなる?
蔵之介も月海のことが好きみたいだし…。






SPONSORED LINK



第4話のあらすじ。
倉下月海に想いを届けようと、鯉淵修は
「天水館」に行くが、ばんばさん(松井玲奈)と
まやや(内田理央)に追い帰される。




ばんばんたちが月海に武勇伝を語っていると、
ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰ってきた。
こちらは蔵之介が男だと知り「天水館」や
月海に近づかないよう言いに行ったのだが様子がおかしい。
千絵子は蔵之介が「ベルサイユのばら」の
オスカルだったと泣き崩れる。
政治一家に女として産まれたが男として育てられたと
蔵之介がついた嘘を二人は信じたのだ。
















ジジ様たちが北京ダックを奢ってもらったと
知ったまややは蔵之介に電話。
蔵之介が「バタフライ」というクラブにいると聞くと、
まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。
月海とばんばさんを伴い自分たちも奢ってもらおうと
「天水館」を後にした。


















蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちに
クラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。
そこはオシャレなクラブ。
月海たちは浮きまくり琴音たちにバカにされる。
蔵之介は月海たちを連れ出すが傷ついた”尼~ず”は帰ってしまった。















ばんばさんとまややは二度と蔵之介
とは関わらないと宣言。








後日、蔵之介は琴音からクラゲのドレスを
作って欲しいと連絡を受ける。
琴音が担当するミュージックビデオの監督が、
蔵之介からもらった写真を見てアーティストに
着せたいと言い出したのだ。
蔵之介は月海たちに話をするのだが…。




SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「わろてんか」第99話のあらすじと感想。しゃべくりも上手くてぱぁーと花が咲くような銀幕の大女優リリコに白羽の矢が…。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」第99話のあらすじは
NHKの公式サイトから。

藤吉が亡くなって4年。
準也はアメリカへ。
風太とトキと飛鳥と毎朝、
藤吉に挨拶するのが日課に。




300人もの芸人を抱える
総合商社・北村笑店となっていた。

キースとアサリもしゃべくり漫才で売れっ子に、
万丈目も人気放送作家となっていた。






全国漫才大会をしたらどうやと風太が提案。
伊能取締役がそれはどうかな?
いちいち自分の意見に水を差すと風太。
寄席を一つ締めて歌謡ショーなど
やってみてはどうかな?と提案する。







SPONSORED LINK


伊能や風太に支えられ、てんは経営者として
奮闘するが、一方で世間から”お飾り”と見られ、
自分自身に自信を持てないでいた。


そこで伊能は、女性ならではの視点で新しい
スター芸人を発掘するべきだとてんをたきつける。

藤吉くんだけではないおてんさんが
いたから北村笑店が大きくなったんだ。
女興行師ではないと出来ないことが
あるのでは?


この人らの次のスタアか?
スタア芸人さん見つけなあかんな。
そこに柳々亭燕団治(桂文治)が来て
意外なところに輝く星はあるもんでっせ。



トキはてんの手伝いとしたいと言い出す。
てんの力になりたいと。
ほんまは誰かに手伝って貰いたかったんや。
ありがとう、おトキ。
女子が女子に憧れる様なスタア?


女子主役の漫才はどうやろ?
女子が女子に憧れる女子芸人はどうやろ?
高座に立つだけでぱぁーと花が咲くような女の人。
そこへリリコが藤吉さん拝ませてとやって来る。
てんはひらめきます。
しゃべくりがうまくてぱぁーと花が咲くような
銀幕の大女優。

リリコなら舞台慣れもしてるし…
きっと藤吉も賛成するでしょうね。




SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

日本テレビ日10半ドラマ「トドメの接吻」山崎賢人さん主演。第4話のあらすじと感想。第5話のあらすじ。 [ドラマ]











トドメの接吻 あらすじ






日本テレビ日10半ドラマ
「トドメの接吻(キス)」
第3話、第4話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。

脚本は「仰げば尊し」などを手がけた
いずみ吉紘さんです。

第1話7.4%
第2話6.5%
第3話7.1%
第4話6.7%と
ひと桁視聴率で推移。



接吻から始まる、死のタイムリープ。
愛なんか求めようとするから人は不幸になる。
「欲しいのは愛なんかじゃない、目に見えるモノ――カネと権力だ」

愛が歪んだ”クズ”な主人公・堂島旺太郎。
顏は良いが”カネの切れ目が縁の切れ目”で
女を弄ぶナンバーワンホスト。


SPONSORED LINK





過去のある事件をきっかけに、誰も愛さず、
成り上がることだけを追う、孤高の男…。
彼の前に現れたとある社長令嬢――
それは日本企業のトップ、個人資産100億とも
言われるホテル王・並樹グループ社長の娘だった。

彼女は旺太郎にとって人生で最高の理想の女。
「今度のターゲットはこの女だ」彼の毒牙が、
彼女に迫る。が、そんな彼の前に”ある女”が現れる。
青白い顔に、真っ赤な唇…。
彼女が彼に贈ったものは――”死の接吻”。
女のキスで突如起こる、呼吸困難!
身体痙攣!異常な動悸!その果てに――彼は、死んだ。

しかし次の瞬間、彼は見覚えのある7日前の景色の中、
意識を取り戻す。




繰り返される出来事、場面、会話、これはもしや――
俺は、同じ時間を繰り返している…?
謎の”キス女”によって、何度も”死”と”時間”を繰り返す旺太郎。
なぜ、俺は殺されるのか――?
キス女の正体は――?”
死のループ”の謎を追い、カネと権力を追い求め、
ノンストップで物語が加速する”邪道ラブストーリー”が幕を開ける。
やはりこの手のドラマは苦手ですね。
「JIN~ 仁」は好きでしたが…。


早くも4月期ドラマが発表されましたね。
「崖っぷちホテル」
三代目JSBの岩田剛典さん連ドラ初主演。
ヒロインは戸田恵梨香さん。



第4話のあらすじ。
成り上がるための”キスの契約”。
プロポーズを阻止して100億を落とせ。





並樹家の養子である尊氏(新田真剣佑)は、血の繋がりに
関係なく本当の家族だと思っていた父・尊(山田明郷)が、
会社の跡継ぎを妹の美尊(新木優子)に決めていることに
長年複雑な思いを抱いていた。
12年前に沈没事件の真相も明らかになった。
12年前に尊と京子(高橋ひとみ)が美尊に跡継ぎをと
話しているのを聞いた尊氏が船の機械室に行って
物を投げつけたせいで爆発を起こしたのだった。
その現場が映った防犯カメラを尊が持っていて
これは処分するので跡継ぎとなる美尊の力になるんだと話す。


一方、そんな尊氏に、叔父で社長秘書の郡次(小市慢太郎)は、
養子を解消して血の繋がっていない美尊と結婚し、
会社の後継者となるようプレッシャーをかける。
テープは処分されず郡次が持っていた。
副社長の椅子を狙う郡次が尊氏の前にちらつかせる
ビデオテープには12年前の沈没事故の真相が。


旺太郎の父親・旺(光石研)は無実。

































並樹家の金と権力を手に入れるために
宰子(門脇麦)のキスによるタイムリープを
利用したいと旺太郎(山崎賢人)は、自分が望む時に
キスをすればその度に願いを一つ叶えるという
”キスの契約”を結ぼうと持ちかけるが、
旺太郎のクズぶりを嫌う宰子に逃げられてしまう。





















尊氏が美尊にプロポーズし婚約話が進もうとする中、
旺太郎が宰子にキスされるために考えたのは
自分の命を賭けたとんでもない作戦だった!
ビルからの飛び降り。
血みどろの旺太郎を見て宰子は…。








無事に尊氏がプロポーズする前の過去に戻った旺太郎は、
尊氏に先手を打ち美尊にプロポーズをする。
さらに、尊氏が美尊に近づこうとするチャンスを潰しながら、
少しずつ美尊の心に取り入っていき…。
尊氏が尊の付き添いをしている時に、
尊が急変するが、尊は助ける。
旺太郎がタイムリープしている時のこと。
実際には苦しみ出した尊をほっていた尊氏。
このまま尊が亡くなれば、美尊と結婚し
尊の跡継ぎになれる。












そんな中、美尊は旺太郎が落としたある結婚式の招待状を拾う。
それは旺太郎の幼なじみの結婚式のもの。
幼少期に良い思い出がないので出席したくないと白状する旺太郎に、
美尊は自分も一緒に行ってあげるので出席した方が良いと提案する。

そして結婚式の日、旺太郎の幼なじみの新婦(大西礼芳)から、
旺太郎が不幸な境遇の中で1人生きてきた苦労人だと聞いた美尊は、
ただのチャラいホストだと思っていた旺太郎の孤独な一面を知り、
強く惹かれるのだが…。
旺太郎が考えた筋書き。
幼なじみというのも嘘。


















その頃、宰子は育ての親である祖母が介護施設で
亡くなったという連絡を受ける。
美尊との関係が軌道に乗り浮かれる旺太郎の前に
現れた宰子は、路上で突然キスを奪う!
倒れる二人に周囲が驚く中、
その様子を見ていた春海(菅田将暉)だけはなぜか冷静で…。
春海は何者なのか?





想定外のタイムリープに宰子を責めつつも、
祖母の死を受け入れられない宰子の力になる旺太郎。
この機に乗じて宰子の信頼を得ようと
軌道修正しようとするものの、
一方でなぜか並樹家のことは前回のようにうまくは進まず…。


旺太郎の幼なじみが話していたことはウソで
12年前の沈没事故を起こした犯人の息子だと
尊氏から聞かされた美尊。
そして尊氏は養子縁組を外し、
美尊と結婚し会社を継ぐと役員会議で発表。
だんだんと尊氏が変わっていく…。











SPONSORED LINK



第5話のあらすじ。
キスでは変えられない過去。
母親の命と尊氏を潰す証拠のテープ。
旺太郎の選択は…






宰子からのキスで想定外のタイムリープをしてしまった世界で、
旺太郎は自分に惹かれていたはずの美尊の態度が
突然冷たくなったことに戸惑う。
さらに、病床で目を覚ますはずだった美尊の父・尊(山田明郷)が亡くなり、
尊氏が美尊にプロポーズして会社を継ぐ宣言をする
シナリオに変わっていて…。











尊氏が意図的に父親を助けなかったと疑う旺太郎は、
挽回を狙って祖母と熨斗別を繰り返したくない
宰子にキスを迫り再びタイムリープをする。
しかし、それでも尊が死に美尊にプロポーズ
する運命を変えることは出来ず…。












さらに、旺太郎の正体を知る尊氏が、
12年前の沈没事故を引き起こした
船長の息子であることを美尊の前で暴露。
旺太郎はそこで初めてあの日クルーズ船に
乗り合わせていた幸せそうなお金持ちが並樹家と
その取り巻きだったことを知る。

















同情を買うために生い立ちを偽っていた
旺太郎に失望した美尊は、父の死後結婚に向けて
ひょう変した兄・尊氏に戸惑いつつも、
会社のために自分の気持ちを割り切ろうとする。




















たった7日のタイムリープでは変えられない
自分の運命を呪う旺太郎だったが、尊氏のプロポーズの
本当の理由について何かを隠している様子の長谷部(佐野勇斗)に思い当たり…。
そんな中、旺太郎を心配した母・光代(奥貫薫)が
家まで食事を作りにやって来る。







しかし、弟・光太を沈没事故に巻き込んでしまった
罪悪感のあまり、今でも光太は生きていると
信じる母を疎ましく感じる旺太郎は、
冷たい言葉をかけ追い返してしまう。




















美尊と尊氏の婚約の準備が進む中、旺太郎は
長谷部の美尊への思いを利用し、郡次(古市慢太郎)が
何かのビデオテープをネタに尊氏を脅していることを聞き出す。

婚約披露パーティーの混乱の中、
テープを盗み出そうとするが、あと少しという時に
光代が転倒して意識不明の重体だという連絡が入り…。
自分の運命を変えるチャンスと母親の命を
天秤にかける旺太郎がとった行動とは…
そして、旺太郎の孤独に触れ、宰子が考えた意外な行動とは


SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

TBSドラマ日曜劇場「99.9∼刑事専門弁護士シーズン2」松本潤さん主演。第3話のあらすじと感想。第4話のあらすじ。 [ドラマ]













99.9 ドラマ 感想



TBSドラマ日曜劇場
「99.9~刑事専門弁護士シーズン2」
あらすじと感想を。
第3話も面白かったです。
ダジャレがすごい!


あの、超型破りな弁護士・深山大翔(松本潤)が
日曜劇場に帰ってきた。
再び0.1%に挑むために。


第1話の視聴率は15.1%。
第2話は18.0%。
第3話は16.2%。




松本潤さん&香川照之さんの名コンビが0.1%に
隠された事実を再び解き明かす
さらに、新ヒロイン・元裁判官役に木村文乃さん。
「99.9?刑事専門弁護士シーズン1」のヒロインは
榮倉奈々さんでした。








SPONSORED LINK





彼女の過去が新たに事件を呼ぶ!
前作では描かれなかった裁判官とも激しい攻防戦にも注目!
木村文乃さんが演じるのは、元裁判官の尾崎舞子。
舞子は東京大学法学部在学中に司法試験に合格し、
司法修習を経て裁判官に任命。
刑事裁判の担当としてキャリアを重ねていったが、
ある事件がきっかけで裁判官を退官することに。









退官後は司法の世界から距離を置いていたが、
ある日親友の弁護依頼の付き添いでやってきた
班目法律事務所で、裁判官を退官するきっかけと
なったある事件の裏には、元上司にあたるエリート裁判官
・川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)の存在があった。
なかなかのクセモノ。







第3話”前代未聞の出張法廷”のあらすじ。
佐田の弁護士生命にも
元裁判官・舞子が挑む最初にして最大の難事件!
犯人を証明する動かぬ証拠を打ち崩せ!
立ちはだかる裁判官の思惑…。
超人気ロック歌手が殺人容疑。



人気ロック歌手・ジョーカー茅ケ崎(宇崎竜童)が
ジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、
及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の
殺人未遂容疑で逮捕された。









茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、
焦った様子で何かを隠している模様。
接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、
新たに班目法律事務所の一員となった
舞子(木村文乃)を担当に任命。



















事件を追う中で、茅ケ崎の賭博行為のネタを
掴んだ安田から、茅ケ崎が揺すられていたこと、
そして佐田の指示でその事実を警察に言わず
内緒にしていたことが判明する。


















最終的にその事実が警察にバレてしまい、
茅ケ崎には安田を殺害する動機があったため
故意に隠ぺいしていたとされてしまったのだ。
”依頼人の利益”を守ろうと策を講じた佐田のせいで、
依頼人がピンチに立たされてしまったことを
佐田に指摘し、責め立てる深山たち。
しかも、殺人事件では目撃証言、
目撃証人の殺人未遂事件では、
凶器に茅ケ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!
凶器はモアイの写真立てを見たこともないという茅ヶ崎。
どのようにして茅ヶ崎の指紋を付けたのか?
モアイはイースター島。
モヤイは新島。
深山は舞子に「モアイ?モヤイ?」と何回も聞く。


















そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。
舞子の立場が変わり、今までの態度からひょう変する山内に、
舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。
裁判官をしていた頃の行きつけのうどん屋”うどん鳳亭”で
山内と川上に偶然会う。
鳳亭って笑いますよね。

「99.9」のシリーズ1からプロレスラーが出演してましたが
シリーズ2になってもプロレスラーのオカダ選手、外道選手、
ヨシタツ選手らが出演。
ヨシタツさんはうどん屋で出演。






舞子の元上司で、山内の上長である東京地検・
所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は「お互いの立場で、
対等にガンガンやり合えば良い」と激励するが…。
裏がある人物。
用心しなくては。
裁判官は検察側から出されて資料を見るだけ。
被害者に加害者に直接会って調べる訳ではない。
深山はそんな裁判官を嫌っている。
深山の父親も冤罪だった。



















崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は
茅ケ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことができるのか?
ジャーナリスト安田の殺人容疑で逮捕された茅ケ崎を
事件があった日にビルから出てくる茅ケ崎を見たという
石川敦子は意識不明の重体だったが、
意識を取り戻し証言を聞くことができるように。
病室にて”出張法廷”をすることに。



モアイの写真立ては彼・村野正義(長岡卓也)とお揃いで
買ったものだと話す敦子。
その際に、彼がどこにいるか探す素振りを見せる敦子。
見逃さない深山。
服は覚えてないのに
顏を覚えていた。???


茅ヶ崎より大きなネタを持っている人物がいたのでは?
週刊”ダウ”の清水かずきに大きなネタを
持ち込んだものはいないかと聞きに行く深山。




防犯カメラを貸し出してもらう為に
明石おなじみの土下座寝。
久し振りに見た。
舞子が引いていましたね。
せっかく明石が土下座寝をしたのに
防犯カメラには何の役にも立たなかった。




明石の逆てるてる坊主のおかげか
雨だという天気予報を見て裁判所に電話。

事件当日は1時間に10ミリという雨。
同じ条件の雨の日に
敦子を茅ケ崎を目撃したという喫茶店に。
カメラを設置。
明石が茅ヶ崎役で傘をさして登場。
どの人でしたかと顔写真を見せる。
近くに幼稚園がありましたね。
幼稚園の名前は?
王泉幼稚園です。
王泉幼稚園で間違いありませんか?
はい。
録画していたものを敦子に見せる。
王泉幼稚園ではなく奈ッ楠幼稚園。
(大泉洋さん?大泉洋さんが所属しているナックス?)
目撃者の証言は崩れた。
敦子は白内障を患っていた。
茅ヶ崎だと証言することは不可能。



舞子のゲコッという独り言は腹話術だという。
大学の時、腹話術部にいて
上手くなるよう日常的に練習していた結果。
腹話術部
そんなのあるの?



敦子の婚約者・村野の家に深山と舞子。
敦子と同じモアイの写真立てを見つける。
舞子に何杯もコーヒーをおかわりさせて
その間に写真立てを確認。
写真立ての裏側に”相思相愛”と”も”の文字。
も愛ということ。それは敦子が書いたもの。
凶器に写真立てには書いていない。
村野のものだから。
茅ヶ崎のサイン会でサインを貰い
茅ヶ崎の指紋を採取し自分の写真立てに
茅ヶ崎の指紋を。



ボケなくてフォーと(フォト)したら…
しゃしんを撮るときはしゃしん(初心)忘れずべからず。
合いそうモアイ
モーアイつ来るかな?
ダジャレ連発の深山。
タスケテタスケテ…




週刊ダウの清水から電話。
村野はインサイダー取引のことを
安田に知られ脅されていたらしいと。
法廷で茅ヶ崎は無罪で村野が犯人だと。
茅ヶ崎は「あんたあの子のなんなのさ」
敦子は寝言で「同情するなら…」


全て拾いきれないほど散らばめられているドラマ。



茅ヶ崎は無罪。
担当裁判官だった山内は北海道へ異動。
川上の仕業?
山内は栄転だというが…。
法と良心に従って頑張ると。






今回も勝訴。






第3話のゲストは
山内徹役の松尾諭さん、
石川敦子役の安達祐実さん、
ジョーカー茅ケ崎役の宇崎竜童さん、
村野正義役の永岡卓也さん、
元木役の保坂知寿さん、
安田役の伊藤高史さん。







SPONSORED LINK




第4話のあらすじ。
民事裁判で刑事事件の冤罪を晴らす



班目法律事務所に岩村梢(有森也実)が
刑事事件の弁護で相談にやって来た。
被疑者は、梢の夫で工場の社長・岩村直樹。
直樹が、取引先のタナハシ機械製作所専務・
棚橋幸次郎を殺害後、自殺したのだ。

その後、事件の被疑者死亡のまま書類送検されて、
不起訴処分になっていた。
さらに、梢は幸次郎の兄でタナハシ機械製作所の
社長・政一郎(迫田孝也)から3億円の損害賠償請求をされていた。








しかし梢はその日に届いたメールから直樹は
絶対に殺人を犯してないと確信していて、
何としても無実を立証して欲しいと依頼してきた。
佐田は、被疑者死亡の場合、裁判が開かれないから
これ以上の弁護は無理だと説明して、依頼を断る。

しかし、深山は、すでに事件現場に向かっていた。
舞子は連れ戻すよう佐田に指示されたが、
結局深山のペースに巻き込まれる。
しかし、細かく調べていく中で、警察と検察の刑事記録に
矛盾があることが判明する。
















一方、佐田は直樹がエンジンに関する特許を
個人で持っていて、莫大な価値があったことに気付く。
政一郎は、梢に相続を破棄させることで
莫大な価値があるこの特許を手に入れようとしていたのだ。
佐田は、梢の依頼を正式に引き受けて、
さっそく政一郎の弁護士・森本貴(近藤芳正)に会いに行く。







森本は、民事でやり手の弁護士で、
佐田とは面識はないが、お互い名前を知っている、
ライバル関係だった。

深山たちは状況証拠を揃えて、検察に再調査を依頼するが、
跳ね除けられる。すると佐田がある奇策を思いつく。
班目法律事務所のメンバーは、この絶体絶命の状況を
ひっくり返し、無実を証明することは出来るのか




第4話のゲスト。
森本貴(近藤芳正
足立靖男(塚地武雅
岩村梢(有森也実
棚橋政一郎(迫田孝也
田中裁判長(小須田康人
岩村直樹(ユリオカ超特Q)




SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

NHKの大河ドラマ「西郷どん」鈴木亮平さん主演。第4話”新しき藩主”のあらすじと感想。第4話”相撲じゃ!相撲じゃ!”のあらすじ。 [ドラマ]












西郷どん 大河



NHKの大河ドラマ「西郷どん」


原作は紅白歌合戦の審査員として
出演された林真理子さん。

脚本は大ヒットドラマ「ドクターX外科医・大門未知子」
NHK連続テレビ小説「花子とアン」などの数々の話題作を
手がけた中園ミホさんです。




「花子とアン」に出演された鈴木亮平さんは中園さんから
猛プッシュされ「西郷どん」の主演を引き受けたそうです。




不倫問題で始まる前からキャストの変更など
あった「西郷どん」でしたが、渡辺謙さんの
存在感、重厚さはさすがでしたね。



第1話の視聴率は15.4%
第2話も15.4%。
第3話は?




SPONSORED LINK





西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩の貧しい下級武士の家に育った。
両親を早くに啼くし、家計を補うため役人の補佐として働くが
、困った人を見ると放っておけず、
自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。
西郷家はますます貧乏になり、家族はあきれかえるが、
西郷は空腹を笑い飛ばす。
そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬が目を留めた。
「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く
主張する斉彬に、西郷も心酔する。

















西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。
薩摩のキーパーソンとなっていく。
生涯の師・斉彬の出会いと別れ。
篤姫との淡い恋。
仲間との友情と反目。
多感な青年期を経て、三度の結婚、二度の島流し…。









極貧の下士(下級武士)に過ぎなかった素朴な男は、
南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら朋友と出会い、
揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、
やがて明治維新を成し遂げていく。
素顔は、脇は甘く、愚直でうかつ。
彼に出会ったものは皆、西郷が好きになり、
愛嬌あふれる男の周りには、いつも”笑いと愛と波乱”が満ちていた。


「すべての民が幸せに暮らしてこそ日本国は強くなる」と信じ、
人を愛し、故郷を愛し、国を愛し、民を愛し…
”見返りを求めない愛”を与え続けた男は、
人は親しみを込めて、「西郷どん(セゴドン)」と呼んだ。

第4話”新しき藩主”のあらすじ。
捲土重来
斉彬を藩主に担ごうとする人たちを、
斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)が一気に粛清する
「お由羅騒動」が起こり、吉之助が先生と慕う
赤山(沢村一樹)に切腹の沙汰が下る。

さらに、処罰は大久保家にもおよび、
大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)は島流しとなり、
正助も謹慎処分を受ける。
島流しは喜界島。

赤山の介錯は吉之助の父・吉兵衛(風間杜夫)が行うこととなり、
吉之助は、赤山の無念の最後に立ち会うことに。
1850年3月5日。
前日には吉之助らが慕う赤山からの呼びかけに
集り酒を酌み交わす。
吉之助は薩摩の実情を江戸にいる
斉彬に書状で知らせていたが、
斉彬に藩主になって貰いたいと思っていた者は
大半処罰される。





謁見しに薩摩から江戸に斉興がやって来る。
老中・阿部(藤木直人)は殿からだと茶器を斉興に渡す。
茶器を渡されるということは隠居勧告。



吉之助の何通もの書状、赤山の血の付いた
白装束を持ち、斉彬は父・斉興に会いに。
鹿賀丈史さんと渡辺謙さんのシーンは
迫力がありましたね。
江戸で産まれ江戸で育った私に薩摩の現状を
教えてくれるものがあり、何も知らなかった自分に
一路の望みを私にかけてくれた者たちの為に。
と斉興に話すが…
斉彬が藩主になることを許さない斉興。
お前が嫌いだという。
そこで斉彬はメリケンの銃ですと出してくる。
これは父上と私の最後の戦です。
と斉興の近くに、由羅が出てきて、
斉彬の前に立ちはだかる。
斉彬は弾を一発だけ込めます。
天の声を聞きましょう。
生き残った者が薩摩藩主。
馬鹿げたことを、殿おやめくださいと
由羅は止めようとしますが…。
斉興の番。
引き金を引けなかった斉興。
涙を流す斉彬。
こんなことまでしないとこんなことまでして
薩摩藩主になれないのか?
そんなに自分を藩主にしたくなかったのか?
色んな気持ちが斉彬にわいてきたと思うのですが…。
父親として斉興はどうなのかと思ってしまいますね。
そんなにしてまで由羅との息子・久光を薩摩藩主に
したかったのか?
自分を超えた、自分より思慮深い斉彬に譲りたくなかったのか?
由羅との息子・久光なら決断力もなく
好きに動かせると思ったのか?

父上には従三位が叙任されます。
斉興はお前と茶でん飲んで安楽に暮らすか?と由羅に。
しぶしぶ隠居届けを出した斉興。
斉彬は43歳で薩摩藩主に就任。

薩摩では吉之助らが赤山の墓に報告しに行く。
嘉永4年5月8日。
11代薩摩藩主がお国入りをはたした。
おおよそ300名のそれはそれは立派な行列。
子どもが駆け寄り、新しい殿様じゃ。
家来どもが止めようとすると馬を止めて
斉彬は「子は国の宝じゃ。新しい殿さまは
こんな顔じゃ~」

吉之助の雄たけび!
今宵はここらでよかろかと
西田敏行さんのお決まりのナレーション。











西郷どんの目線:
やはり最大の事件は、赤山先生に下った切腹の沙汰。
吉之助が初めて大切な人の無念の死に触れ、
人生のトラウマともなる大きな出来事を
見守ってほしいですね。
でも、それだけじゃないですよ。
見どころがあり過ぎて、ものすごく濃密な回になっています。
斉彬さまが大勝負をかけた父との対決、
そしていよいよ新しい藩主となった瞬間の
僕らの喜びをぜひ見て欲しいですね。









SPONSORED LINK





第5話”相撲じゃ!相撲じゃ!”のあらすじ。
藩主に就任した斉彬は、父・斉興派の重鎮たちを
罰せず重用すると宣言。






父が流罪で未だ謹慎中の大久保正助は、
斉彬のやり方に憤る。
正助のため西郷吉之助は、藩主と会える
御前相撲で勝ち上がり殿の真意を問いただすと息巻く。

さらに、岩山糸に縁談話があり、相手は
相撲大会にも出場する上級藩士・海老原重勝(蕨野友也)だと言う。
糸に恋い焦がれる正助の無念を晴らすため、
吉之助は絶対負けられない試合に臨む。








島津家の姫・於一(北川景子)が見守る中で、
相撲大会に大波乱が巻き起こる。






西郷どんの目線:
第5話はとにもかくも御前相撲!桜島が見える世界遺産の地に、
驚くほど立派な土俵セットを作って貰って
撮影することができました。
この日の為にずっと相撲の稽古を続けてきたので、
その取り組みをぜひ楽しみに、
そして迫力に驚いていただきたいですね。
僕自身、そりゃあ驚く展開があったので…
それは放送後にたっぷり語りもす。






SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「わろてんか」第98話のあらすじと感想。生前の藤吉と伊能(高橋一生)が交わした約束をてんに報告。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」の第98話のあらすじは
NHKの公式サイトから。




北村笑店のことを、隼也のこと、
頼むな~。
大丈夫大丈夫と言って亡くなった藤吉。



亀井がやって来る。
お香を焚くと亡くなった人が
現れるという”反魂香”という噺をする。
藤吉から貰った鈴を鳴らしたら…。

岩さんもやってくる。
芸人を引退することを報告するとてんは
岩さんはこれからも北村笑店の家族やで。


キースやアサリも。
しゃべりくり万歳100年続くよう
精進していくから安心せい!


万丈目は台本書き一本でやっていくと
藤吉に誓いを立て…
リリコはアンタと友達になってくれ、てんの
助けになってくれと藤吉に頼まれたんやけど
アンタには悪口しか言われへん。
わてもかもしれまへんえ。
遠慮のう言わせてもらうわと言って
てんに抱きつき大泣きするリリコ。








SPONSORED LINK



藤吉の葬儀は終わっても、弔問客は後を絶たず、
伊能は藤吉と約束した通り、北村笑店の役員と
なって社長のてんを支えていくと伝える。
北村笑店と僕の会社は業務提携した。
藤吉くんと交わした契約書だ。

何で?
うちは伊能さんところに比べて小さいのに。
藤吉くんは僕の初めての親友です。
そんなのくさくらえと思って生きてきたが
藤吉くんと出会って人を信じようと思った。
藤吉くんとの誓約書なんだ。

伊能と藤吉との友情は本物でしたね。
藤吉は伊能とてんの結婚も
望んでいたのかもしれませんね。

おてんさん、僕はあなたを支えていきます。
これから沢山笑って行けるように。
おおきに。


藤吉はん、おおきに。
ありがとう!


半年後、
風太とトキに待望の子どもが生まれました。
女の子。
藤吉はんと考えた名前やとてん。
男の子でも女の子でも大空を飛んでいけるように
"飛鳥”
北村笑店の新しい家族になりました。












SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2018年1月28日にテレビ東京の日曜ミステリー「刑事ガサ姫∼特命家宅捜査班」主演戸田恵子さん。あらすじ。 [ドラマ]








日曜ミステリーテレビ東京


2018年1月28日にテレビ東京の日曜ミステリー
「刑事ガサ姫?特命家宅捜査班」
2012年1月に放送されたものです。
シリーズ3まで放送されている。



”その物証必ず見つけ出します!
エステサロンで起こる母娘骨肉の争い&連続殺人
どんな所に隠された物でも見つけ出す
物探しのプロが暴く驚愕事実と哀しい結末”
主演はアンパンマンの声を演んじている戸田恵子さん。











SPONSORED LINK




警視庁特命捜査対策室第五係、
通称「ガサ入れ班」は、係長の姫野瑶子(戸田恵子)、
通称”ガサ姫”を筆頭に、
竜崎昇(的場浩司)、
服部浩一郎(竜雷太)、
本宮明美(misono)らが所属し、
主に家宅捜索を専門にしている捜査班だ。















そんな五係のもとに、事件発生の一報が飛び込んできた。
とあるマンションの一室で、不動産会社を
経営している杉崎佳子(山下裕子)が殺害されたのだ。
現場へ急行した瑶子は、そこであることに気づく。
周囲にはグラスなどを使った形跡が無いのに、
テーブルの上にはグラスを置いたかのように
水滴が輪の形をして付着していたのだ。
さらに、ゴミ箱からは切り裂かれた
「エステサロンシロキ」の会員カードが、
財布からは「ビューティクリニックナルセ」の会員証が発見された。
「ナルセ」も会員証に記されていた入会日に
杉崎が殺害されたことに、瑶子は引っ掛かりを覚える。




SPONSORED LINK




「シロキ」と「ナルセ」は、東京・青山に隣り合う形で
出店しており、サービスや価格を異常なまでに
競い合って会員争奪戦を繰り広げていた。
しかも、それぞれの社長である城木雪枝’沢田亜矢子)と
鳴瀬友美(遠野なぎこ)は義理の母と娘であることから、
マスコミからも注目を集めており、瑶子は複雑な思いに駆られる。














実は瑶子にも、昨年結婚した姫野健夫(黒田アーサー)である、
由加里(荒井萌)という義理の娘がいたのだが…。
被害者の部屋のテーブルに残っていた水滴の成分を分析した結果、
サプリドリンクのものであることが判明した。
エステサロンにもサプリドリンクが置いてあるのではないかと
考えた瑶子は、「シロキ」と「ナルセ」、
2つのエステサロンの捜査を開始する。














それぞれのエステサロンに聞き込みをしたところ、
「シロキ」からは何の情報も得られなかったが、
「ナルセ」に行った際、瑶子たちは料金の事で
女性客がクレームを付けに来ている場面に出くわす。
クリーム対応は友美の部下・手塚雅也(宮川一朗太)が
一手に引き受けていたが、その時瑶子に同行していた竜崎は、
あることに気付き、その女性客を尾行し始める。


















実は女性客のクレームの付け方が、
以前追っていた犯罪者のそれとよく似ていたのだ。
やがて、竜崎が睨んだとおり、その女性客は
企業に対する恐喝の前科がある木村和夫(永倉大輔)と
同居していることが判明した。
しかも、木村と殺害された杉崎佳子は
かなり親しくしており、最近木村が
杉崎の会社に頻繁に出入りし、
何かを探している様子であることも掴む。
そこで、瑶子たちは杉崎の会社へのガサ入れに踏み切るが…。





脚本は三上幸四郎さん。
監督は藤尾隆さん。










SPONSORED LINK



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ