So-net無料ブログ作成
検索選択

「ひよっこ」第110話のあらすじと感想。奥茨城に帰ってみようと言った実(沢村一樹)。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ

「ひよっこ」第110話のあらすじと感想。

お父ちゃんと暮らし始めて
1週間が経ちました。
5月かぁ。
田植えの季節だな。
と、みね子。



みね子は実に、”記憶をなくす前の父”が
どんな人だったのか、ゆっくり時間をかけて伝える。
建設現場で働いていたんだよ。
みね子は新しい靴を父がみんな子どもに
買ってくれたこと。
まだ今も大切に履いているんだよ。

SPONSORED LINK


お父ちゃんは私たちのほっぺをむぎゅーとしてたんだよ。
私は、娘としての谷田部実しか、話してあげれない。

話を聞いて「みね子ちゃん、みね子、
茨城に帰っても良いかな?どうかな?」と言う実。
「わがった。帰ろう」
実が茨城弁で話しましたね。








愛子の部屋で一緒に暮らすことになった時子。
寝言で歌っていたと冨、早苗に話す。
あら、私なんて踊るわよ。
えっ!?時子、愛子、早苗は寝た状態で
踊るって!?それは…。

そういえば漫画家たちが居なかったですね。

そんなところに仕事に出るみね子は
みんなに話す。
昨夜、お父ちゃんが茨城に帰ってみよかなって。
田植えのシーズンだし、日帰りは無理だし…
で、みね子はなんで浮かない顔してるの。
人手不足のすずふり亭を思い…。
鈴子さんに話してみなさいよ。

私なら体空いてるけどと富。
みんなはシーンとしてしまいました。





すずふり亭に仕事に出たみね子に
鈴子は何も心配することないよ。
お父さんと一緒に茨城に帰り、お父さんが
上手く生きて行けるかどうか見届けておいで。
みね子がいなかったら大変になるけど、
大切な仲間だからそれは大丈夫だ。
省吾らも賛成してくれ、茨城へと気持ちよく
送り出そうとしてくれた。
えっ!?今日?
そうだよ。お父さんがそういう気持ちに
なってくれたんだ。早い方が良い。

あかね荘に走って帰ったみね子は
「お父ちゃん、帰ろ」
「うん」





田植えした田んぼに映った青い空を見て
実の記憶が戻ってくれれば良いですね。






SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「コードブルー∼ドクターヘリ緊急救命シーズン3」第4話”笑顔の効能”のあらすじ。第5話のあらすじ。 [ドラマ]














コードブルー あらすじ



「コード・ブルー∼ドクターヘリ
緊急救命シーズン3」
第4話”笑顔の効能”のあらすじは
フジテレビのオフィシャルサイトから。
第4話も面白かったですね。
笑顔は大切!


初回視聴率は16.3%。
7月期ドラマの中で断トツ
視聴率です。
第2話は15.6%、
第3話は14.0%、
第4話は13.8%でした。




道は違っても、思いは同じ。


2008年7月期の月9ドラマで初登場し
2009年新春スペシャルドラマ。
2010年1月期の月9シーズン2。



医師として10年以上のキャリアを
持った彼らは仕事もプライベートも
自分の人生と向きあい始める年代に達し
それぞれの道を歩み出していた。



シーズン3の脚本は林宏司さんから
安達奈緒子さんに。
安達奈緒子さんが手掛けた月9ドラマは
「大切なことはすべて君が教えてくれた」(2011年1月期)
「リッチマン、プアウーマン」(2012年7月期)
「失恋ショコラティエ」(2014年1月期)
です。
私はスペシャルにもなった
「リッチマン、プアウーマン」が大好きです。





SPONSORED LINK



周産期センターの帰れなくなった緋山は
白石にぼやいていた。
緊急救命にいたらどうですかと
教授に言われたと。


医者は突然窮地に立たされる。
あらゆる事態に備えて準備していたとしても
現実は予測を上回る。
そして医者はたいてい負けず嫌いだ。
予測を上回る現実にさえ勝ちたいと思う。
だから手を動かし考え続ける。
きっと何か方法はある。







藍沢耕作に、天野奏(田鍋梨々花)は
けいれん発作で入院したという報告が
新海広紀(安藤政信)から入る。
新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。
奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。
望みは藍沢の説得なのだ。
しかし、奏に藍沢もなんと声をかけて良いか分からない。
術後、ピアニストとしてやっていけなくなると
思うと手術に踏み切れないでいた奏。
しかし脳腫瘍は3.5センチと大きくなってきている。





手術をすれば後遺症が残るのはゼロではない。
後遺症が残ればリハビリをすれば良い。
長い時間かかる。
でも君ならできると思う。
君はとても強い。
だから大丈夫だ。
ピアノも弾けるようになる。



久しぶりに見た。藍沢先生が笑ったの。
何か大丈夫な気がしてきた。
私、手術を受ける。
手術は先生がして。




新海は安易に患者に大丈夫だというのは
どうかなと藍沢にいう。
とにかく救いたかったんだ。
俺たちには医療を提供することが出来る。

命を救う方法はある。
彼女が生きている方が良い。
いつからだろうな。
医者が患者に大丈夫だと言えなくなったのは。



奏が急変する。














そんな中、河川敷でバーベキュー中に
ケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。




同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から
長男、優輔(歸山竜成)の容態が急変したという連絡が。
橘はドクターへりを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。
すると優輔の口元には吐血した痕跡。
三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。
橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、
急きょ、初療室で優輔の処置にあたる。
胃炎。
移植を待つのはストレスも多い。
人工心臓を3年もつけてると何かが起こる。
時間がなくなってきたと循環器内科の
井上(滝藤賢一)は橘と三井に話す。



そんな時、心肺停止になったと連絡が。
佐倉暁人が心不全に心筋梗塞を合併していた。
井上が呼ばれ緊急手術。
暁人くん、頑張れよ頑張れよと橘。
暁人くんは移植登録して635日目だった。
大体1000日待つんだよ。
いろんなことを乗り越えて
順番が回ってくるんだ。しかし、
僅かの体調の崩れで生きるチャンスを
失うんだ。




優輔と同じ病気・拡張型心筋症で
入院していた優輔の友達・
佐倉暁人が亡くなった。
助けられなかった。

三井は優輔に亡くなったことを言えず…。
橘が暁人くんは亡くなったよ。
頑張ったよ。凄く。
ゲーム機から目を離さずに聞いていた優輔。

僕は大丈夫だよと、親のことを気遣っている。
だからお前は笑っていてやってほしい。
オマエの笑顔が好きなんだと三井に言う橘。





雄輔が落ち込んでいると思った橘と三井は
病室から優輔を花火が見えるところまで
連れ出した。

暁人と一緒に花火見たかったな。
と涙を流す優輔。
泣いちゃいけない。
心拍数が上がっちゃう。
小学生の時、花火が怖いって泣いたよね。
いつの話?怖くないよ。
笑っているお母さんが良いなという優輔。





医者は負けず嫌いだ。















一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、
雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。
事故現場を目指し花火大会に向け集まっている
大勢の野次馬たちを駆け抜け、
たどり着いた患者の姿を発見し驚く。

冴島の代わりに雪村はヘリーに乗り込むことになった。
ちょっとした気遣いがまだまだ足りない雪村。
笑顔がない。
あんな看護師にはみて貰いたくないですね。
冴島が雪村にアドバイスしていた。














8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。
現場での処置は難しいとの名取の判断で、
少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。
そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。
藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は
少年の治療にあたる。
白石恵たちも加わるが、少年の治療には
あらゆる困難が立ちはだかっていた。
脳外科医の新海と藍沢が難しいバイパス手術をして
バーべキューの串を無事抜く。
あんな風に手術が出来るようになれるかな?
あんなになる必要あるかな?
名取は横峯に話す。





料理人の緒方は包丁が持てるようにはならないと
オーナーが緒方の弟子に店を任せると言われたと
いう話を偶然聞いてしまう緋山。
ポジティブな緒方に周産期センターに帰れないことで
落ち込んでいた緋山は元気を貰う。
緋山先生は自分の仕事に誇り持ってるんじゃないの?
先輩の代わりに救命に入ったことで
周産期センターに帰れなくなったと話す。




緒方におにぎりの御礼をとおにぎりを買って
持っていく緋山だが、緒方のところには
奥さんが来ていて…。
既婚者だったんですね。








医者は負けず嫌いだ。
患者に適した医療が見つからない時、
それは医者の負け?と緋山。
負けじゃない。
医者が患者に提供するのは医療だけじゃないから。
誰かを勇気づけようと思った時は笑ってあげれば良い。

勇気づけようと思ったら笑ってあげれば良い。
医者の笑顔は手術より患者を癒すのかもしれない。


SPONSORED LINK




第5話のあらすじ。
藍沢耕作は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと
別の患者の急変への対応に夜通し追われ
珍しく医局でぐったりしてしまう。








そこに藤川一男がトマトの箱を腕に一杯に抱えて出勤してきた。
妊娠中の冴島はるかが今唯一食べられるのがトマト。
藤川は、冴島がほかの食べ物を受け付けないので
トマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。













緋山美帆子は友達の話として、気になる男性に
妻がいた場合について白石恵に相談。
しかし、白石は不倫はいけないと大声で返されてしまい、
緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。



















そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が
増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も
負傷しているとドクターヘリの要請が入った。
白石、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)が
ヘリーに乗り込む。
現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のある
ベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、
白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、
吉崎孝二(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。














初寮室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子が
おかしいことに気づく。
と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。

一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が
急変し翔北センターに戻された。
倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。






SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ