So-net無料ブログ作成

「遺留捜査シーズン4」初回のあらすじと感想。第2のあらすじ。僕に3分だけ時間をもらえませんか? [ドラマ]











遺留捜査4


2017年7月期木曜ミステリー枠(木8)に
「遺留捜査シーズン4」スタートしました。
初回の視聴率は13.1%でした。

舞台は月島中央署から京都府警捜査一課に移して、
上川隆也さんが
連続ドラマとしては
4年ぶりに風変わり刑事・糸村を熱演。




SPONSORED LINK










シーズン1は2011年4月期水9ドラマとしてスタート。
シーズン2は2012年7月期木9ドラマ。
シーズン3は2013年4月期水9ドラマ。
以後はスペシャルドラマとして
2013年11月。
2014年8月、10月。
2015年5月に放送された。











あらすじはテレビ朝日の公式サイトから。
初回は2時間スペシャルです。
神戸港を周遊する遊覧船・”ルミナス神戸2”
のエンジンルームで爆発が起き、
乗員乗客を人質に取られる事件が起きた。

犯人は陸上から船内の動きを
監視していると無線を使って警告。
爆発されたエンジンルームにすぐ
見に行く糸村はそこで燃えカスの
紙切れを拾う。
この紙切れこそが事件に
関係する大事な遺留品となる。

糸村が怪しい赤い車の発見するが…。
犠牲者を出したくなければ、
1時間以内に2億円を用意しろと、
運航会社”黒沢興産”を脅迫する。
乗客の携帯電話を回収し海に投げ込め。
スタッフ・有村が防水袋を持ってくる。
このスタッフが実は事件のネックとなる人物。






衆議院議員の長部麗子(財前直見)も
一緒に乗船していた。
この時点で怪しいですね。
事件に関係あると思いますよね。
12年前に脳梗塞で亡くなった早坂幹雄は
選挙運動中、選挙スタッフだった森野静香から
暴行されたと訴えられ、不起訴にはなったが、
選挙には出られなくなり、長部麗子が立候補したという。
早坂と黒沢は友人で、残される娘・のぞみのことを
頼まれていた。
黒沢の息子・雄大は長部を押していた。
早坂の事件も長部が議員になるために
仕組まれたことだった。
早坂を陥れるために雄大の恋人だった静香を
雄大が送り込んでいた。
静香が警察に話しに行くというので
雄大が屋上から落とした。
その様子を長部は携帯で録画していて
政治資金はもちろん、雄大に脅しをかけていた。
静香は自殺とされていた。










黒沢興産の本社が京都にあることから、
特別捜査対策室も動き出す。
その”特対”、メンバー、神崎莉緒(栗山千明)は神戸港に急行。
双眼鏡で遊覧船を確認すると、
謎の男がデッキから自分に向けて
手旗信号を送っていることに気づく。
「あ、か、い、く、る、ま」
















実は、手旗信号を送った男こそ、
警視庁月島中央署刑事の糸村聡(上川隆也)だった。
糸村は旅行中に偶然この事件に
巻き込まれたのだが、船上から見えた
ある”不審点”を莉緒ら捜査員に
伝えようとしていたのだった。




要求通り、時間内に黒沢興産から
2億円が用意され、無事に解放された乗客たち…。
その中から、手旗信号の男を見つけた莉緒は、
彼が刑事だと知り、ビックリ。












しかも、その男・糸村は爆発現場で
燃えかけの細い和紙を拾ったから、
科捜研にまわしてくれと頼んできた。
捜査に役立つ遺留品とも思えず、
糸村のことをかなりの変わり者だとあきれる莉緒。








二つにカバンに分けられた
2億円は犯人の指示で電車の中から
村瀬興産の社長・黒沢雄大(東根作寿英
が落とす。









そして、京都府警に派遣されてきた
科捜研係官・村木繁(甲本雅裕)は、紙片の鑑定を依頼され、
「まさか、あの男?いや京都にいる訳がないし…」と
糸村のことを思い出し、身震いしていた。
糸村が月島署でいつも個人的に無理難題を
押し付けてくるので村木は糸村は苦手。







まもなく事件の指揮を任された
特別捜査対策室室長・桧山亘(段田安則)は、
黒沢興産と、遊覧船に乗っていた
代議士・長部麗子の間に、知られざる繋がりが
あるのではないかと睨み、
特対刑事の佐倉路花(戸田恵子)や雨宮宏(永井大)らに
彼らの周辺を探らせる。




黒沢興産を辞めさせられた加藤、
一緒に会社を辞めた東田、吉村と3人が
今回の2億円事件に関わっている。
が、営業畑で働いてきた3人には
爆弾は作れない。
もう一人いる。




雄大の恋人・森野静香の父親が浮かんでくる。









一方の糸村は、例によって遺留品の和紙の事
ばかりを調べている始末だったが…、
その線でたどり着いた人物が、
なんと黒沢興産の創業者である黒沢恒之助だった。
早坂に娘が生まれた記念に早坂に
しおりに書いて贈ったものだと話す。








高校で教師をしている
早坂の娘・のぞみに会いに行く糸村。
父のことがあったことで人生を狂わされたと
言われる。
どこの学校でもすぐに辞めさせられていた。



雄大は殺された。
森野静香と同じビルの屋上から
落とされた。
加藤たちが捕まるが、私の一存で
話すわけにはいかない。
雄大さんは殺していないと話す。




森野は工学部出身。
黒沢興産に勤めていた。
爆弾を作れる。





恒之助は長部が病室に来た時、
恒之助は長部の味方を装い
ICレコーダーでふたりの会話を
録音していた。


長部麗子の挨拶の途中、
森野は恒之助から預かった
ICレコーダーに録音されたものを流す。
早坂のことは息子の雄大が仕組んだことだった。
全て息子に罪をかぶせるおつもりですか?

ICレコーダーの指紋はひとりは
森野のもの、ひとりは恒之助。




一連の首謀者は恒之助さんだった。
自らの手で雄大さんを告発しようとしたんです。
息子が犯した罪はとうてい許されるものではなかった。
結果的には森野を殺人者にしてしまった。
今回の事はのぞみさんの為でも
あったのではないですか?
のぞみさんの夢を守ろうとしたんです。


のぞみさんを見守る資格はないと思った。
だからこのしおりを処分するように
頼んだんだ。



12年間辛い思いをさせて悪かったと
恒之助はのぞみの前に土下座する。



早坂には清原元輔の歌を
契りきな かたみに袖をしぼりつつ 末の松山 波越さじとは

早坂の娘には清少納言の歌を
夜をこめて 鳥の空音は 謀るとも よに逢坂の 関は許さじ


親子の幸せを守りたいと本気で
思ったからではないでしょうか?



2億円は加藤が経営するビリヤード店の
ビリヤード台の下から見つかる。





京都府警に赴任が決まっていた糸村。
佐倉と神崎は知らなかった。







SPONSORED LINK





第2話のあらすじは
テレビ朝日の公式サイトから。

放火殺人の容疑で逮捕された赤木一雄(近藤公園)が
所轄署から逃走、糸村(上川隆也)をはじめとする
特別捜査対策室のメンバーも捜索に奔走する。













その翌日、会社員・坂田治(山田アキラ)の刺殺体が発見される。
赤木の捜索のため付近にいた糸村は、現場に急行。
遺体の近くに将棋の駒が1枚、落ちているのに気づく。
その駒は一部が焦げ、血痕が付着していた。
しかも、”銀将”なのに、裏が”角将”であることに、
糸村は疑問を抱く。
























その後、将棋の駒や坂田の衣服から
赤木の指紋が検出され、なんと坂田は
赤木の放火殺人事件の目撃証人だったことがわかる。
証言され逆恨みをした赤木が、坂田を殺害したのか
だとすると、赤木はもう一人の目撃証人を狙うかもしれない。
















糸村と神崎莉緒(栗山千明)はその目撃者、
西崎みちる(酒井若菜)の元を訪れる。
みちるは、かつて赤木が勤務していた町工場で
働くシングルマザーで、一人息子の優太(寺田心
と暮らしていたが…








SPONSORED LINK











タグ:遺留捜査4
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ひよっこ」第89話のあらすじと感想。島谷との初デートの話でアパートでも柏木堂でも盛り上がり…。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ

「ひよっこ」第89話のあらすじと感想。


茨城の実家から話は始まります。
みね子から手紙が来ました。
返事を書いています。
義父に女だけの秘密の話ですという美代子。

島谷のことを手紙に書いていた手紙
だったのでしょう。











SPONSORED LINK



大学で島谷の同級生に会う。
「島谷の彼女?」
「そう、恋人」
「どこの大学?」
島谷は同じアパートに住んでいて
レストランで働いているとみね子を
紹介する。








恋人と紹介してくれてありがとうございます。
恥ずかしくなかったですか?
私のような子で。
大学にも行ってなくて…
すむ世界が違うっていうか…。
島谷さんのような人と私が…。
島谷さんのようなってどんな人?
僕がお金を持っている訳ではない。
大学のお金も親が出している。
みね子ちゃんは、お父さんがいなくなって
働きに出てきた可哀そうな子なのか?
違うでしょう?
俺が好きなのは谷田部みね子さんだよ。
もう二度と言わない。
今みたいなこと。
約束だ。
みね子は幸せな気分になりました。




お父さん、
私は素敵な人を好きになりました。
島谷さんが素敵すぎて怖いです。
幸せって怖いです。




アパートに帰ると
美代子から手紙が来ていました。
今まで貰ったみね子の手紙の中で一番
嬉しい手紙です。
みね子はとても可愛らしい素敵な女の子です。
自信を持ってね。





帰ってきた時子に島谷さんとの
デートを報告する。



島谷も秀俊にみね子とのことを話す。
恋人になったって事?
おめでとうって言うのか?
こういう時ってと秀俊。
でもありがとうと島谷。
良い奴だよ。あの子は。
ああ、好きだ。
みね子ちゃんに哀しい思いとか
させるなよ。
職場の仲間としての頼みだと秀俊は
島谷に話す。








初デートを終えたみね子は、柏木堂で鈴子や高子に、
島谷と交際をはじめたことを嬉しそうに報告する。
初めての恋人か。
楽しいよね。恋は。
でも、みね子、大丈夫なの?と鈴子。
大丈夫?何が?
島谷の実家の事でしょうか?
実らないのかな?
みね子の初恋は。




出かけようとした島谷に富が
声をかける。









SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

松本清張特別企画「渡された場面」2017年7月16日あいテレビで放送。主演・三浦正和さん。 [ドラマ]
















松本清張 渡された場面

松本清張特別企画「渡された場面」は
2005年4月17日にテレビ東京BSJAPANで
放送された作品です。
2017年7月16日午後1時54分から
あいテレビで放送されます。
主演は三浦友和さんです。




先日は東山紀之さんと中山美穂さんの
「果実のない森」が放送されました。
やはり松本清張さんの作品は
面白いですね。
テレビ朝日では木9ドラマとして
「黒革の手帖」が放送されます。
主演は武井咲さん。
主役は歴代の女優さんの中で最年少。
さてどんな原口元子を演じるのか?
こちらも楽しみですね。





SPONSORED LINK






松山強盗殺人と唐津の仲居失踪事件~
2つの事件を1つに結ぶ恐ろしい偶然!
刑事の執念が暴く欲望の点と線。










玄界灘に面した漁港の町の旅館・鶴屋旅館に、
作家の小寺康司(寺田農)が滞在していた。
係女中の真野信子(高岡早紀)は、小寺の不在中に、
好奇心に惹かれて未完の原稿を読み、書き写した。











恋人の下坂一夫(佐野史郎)の役に立てばとの
思いからであった。
下坂は小寺の文章を陳腐・古臭いとして、
まったく興味を示さないように見えたが…。






























四国の県警捜査一課長・香春銀作(三浦友和)は、
好きで時々文芸雑誌を拾い読みしていたが、
ある時、下坂一夫という人物の作品が
同人雑誌評で取り上げらているのを目にする。
読み終えて、起訴になっている未亡人・
山根スエ子殺害事件の実況見分調書の一部と、
下坂の文章の一部がそっくりであることに気づく。
香春は下坂一夫が作品捜索のために現場付近に
行った事があると考え、懸案の山根スエ子殺害事件解決の
手掛かりになればと、下坂に確認をとろうとするが…。





































10月末、愛媛県松山市郊外の戸倉地区で、
ひとり暮らしの未亡人・山根スエ子が自宅で
絞殺されるという事件が起きる。
現金が盗まれており、強盗殺人と思われた。



捜査に当たった愛媛県警察本部・
捜査一課長の香春銀作(三浦友和)は、
この事件が予想外の難事件になることを
予想もしていなかった。












その年の暮れ、九州・佐賀県唐津市の玄界灘を
臨む林の中に、一組の恋人(下坂一夫と真野信子)がいた。
下坂(佐野史郎)は信子(高岡早紀)の首に手をかけ、絞め殺した…。
四国と九州で起きた2つの事件。



全く別の2つの事件が、一つの「渡された場面」に
よって巧妙に繋がっていく…。





























SPONSORED LINK














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ