So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ「セシルのもくろみ 」は真木よう子さん主演。7月13日木10スタート。第1話のあらすじ。 [ドラマ]



















セシルのもくろみ ドラマ

ドラマ「セシルのもくろみ」は
7月13日フジテレビの木10スタート。


原作は30代から50代の主婦層に絶大な
人気を誇るファッション誌「STORY]で2
008年から2010年にかけて連載され、
主婦層から多くの共感を呼んだ
唯川恵さんの同名小説。





SPONSORED LINK











運命のいたずらで読者モデルとなった女性が
一流のモデルとして成功の階段を
駆け上がっていく物語。
読者モデルが表紙を飾ることなど
あり得なかった時代に書かれた作品です。



連載終了から6年後、その「STORY」の表紙を、
人気読者モデルの稲沢朋子さんが
読者モデルとして初めて飾ることに。
そんな現実を当時から予言していたような
本作を手がけた唯川恵さんは、
直木賞受賞作「肩ごしの恋人」(2001年)ほか、
30年にわたって様々な女性を
リアルに描き続けてきた。







ドラマのテーマである”女性の生き方”、
”人から幸せそうに見られることの虚栄心”など、
視聴者へ問いかけ投げ掛けるシーンも登場するなど、
これまでのドラマとは異質の演出も見どころ。












真木よう子さんは
2015年1月期の連ドラ「問題のあるレストラン」で主演。
今回も同じ木10ドラマに2年ぶりの主演。








第1話のあらすじはフジテレビの
オフィシャルサイトから。

宮地奈央(真木よう子)は、金型仕上げの
エンジニアである夫・伸行(宇野祥平)、
中学生の息子・宏樹(佐藤瑠生亮)と
北春日部に暮らす主婦。


息子に少し多くご飯を食べさせることや、
パート先の総菜店のお手製ポテトサラダ
人気なことなど、日々の小さな幸せが
自分の幸せだと満足している。
体育会出身の威勢の良い女性だ。


























ある日、奈央は、人気女性ファンっション誌
”ヴァニティ”の編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)から
読者モデルとしてスカウトされる。
南城彰(リリー・フランキー)が編集長を
務める”ヴァニティ”は、”ハマユカ”の愛称で知られ、
絶大な人気を誇る浜口由華子(吉瀬美智子)が
カバーモデルとして君臨。














情報番組のコメンテーターとして
活躍中の安永舞子(長谷川京子)も、
かつてはモデルとして在籍していた。



ファッションブランドのPRの職を失い、
今はファッションライターとして
大成しようもがいている沖田江里(伊藤歩)は、
洵子から奈央のことを聞き、北春日部まで会いに行く。
















そこで江里は、命がけで稼げるモデルにする、
と必死に説得し、一度は誘いを断っていた奈央を
オーディションに参加させる。
が、自分を美しく見せること自体に
抵抗を感じていた奈央は、撮影でも
上手く笑うことすらできない。



それでも奈央は、江里やカメラマンの山上航平(金子ノブアキ)、
カリスマヘアメイクの安原トモ(徳井義実)の力を借りて撮影に挑み…。






脚本はひかわかよさん。
最近の作品では香里奈さん主演の
「嫌われる勇気」です。





SPONSORED LINK













nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

映画「僕だけがいない街」のあらすじと感想。犯人は悟の担任教師だった八代先生(及川光博) [映画]









僕だけがいない街 映画

映画「僕だけがいない街」
フジテレビで7月11日(火)地上波初放送
されました。
(ぼくだけがいないまち、略式:僕街)

2016年3月19日公開された映画。
監督は平川雄一朗さん。
脚本は後藤法子さん。




平川雄一朗さんは「JIN-仁」
「天皇の料理番」「とんび」
などのヒットドラマ作品を手がけて
おられます。



SPONSORED LINK





事件を止めなければ、時間が巻き戻り続ける
”リバイバル”という現象に巻き込まれた男。
大切な人を守るため行きついた先は、18年前の世界だった。













原作は「このマンガがすごい!」3年連続ランクイン。
「マンガ大賞」3年連続ノミネート
「これ読んで漫画RANKING」1位。
作者・三部けいさん。



あらすじなどは映画「僕だけがいない街」の公式サイトから。

現在(2006年)と過去(1988年)を
行き来する「時間逆行ミステリー」の傑作。
三部けいさん原作の大人気コミック
「僕だけがいない街」の実写映画化。






過去に行ったり現在にかえったりする作品は
あまり好きではなかったのですが、
連ドラ「JIN~仁」とは少し違った
ミステリー要素もあり本当に面白かったです。






4月期TBS金10ドラマ湊かなえさんの
「リバース」で主演をされた藤原竜也さん。
同じように10年前の事件の真相を
探ろうとする作品で気の優しい深瀬を
演じました。
今回はアルバイトをしながら漫画家を
目指し、大切な人の命を守る為に
正義の味方・悟を演じました。






同じくTBS火10ドラマ、大ヒットした
「逃げるは恥だが役に立つ」に主演の
新垣結衣さんの叔母役の石田ゆり子さんが
藤原竜也さんの母親役で出演。
石田さんが母親役?と思いましたが
素敵なお母さんでした。




























売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、
アルバイトのピザ屋で配達中に何度も
同じ時間が巻き戻る”リバイバル”という現象が起きる。
違和感を探すしかない。
何が起こるかは分からないのだ。

周囲の違和感を察知した悟は、交差点で
暴走するトラックから小学生を助けるが、
その代償として自分がはねられてしまう。
暴走するトラックの運転手は
心臓発作で亡くなっていたことを
愛梨から聞く。
どうしてトラックが暴走するって
分かったの?


病院に付き添ってくれたのは
バイト仲間の愛梨(有村架純)。
他人に対して距離を置く悟に対し、
なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。
悟さんは心を開かなさそうだねと愛梨に言われる。








ある日、母と買い物をしていると、
またリバイバル状態に。
母さん、何か変な感じしない?
何言ってるの?


母さんは何か見つけた。
女の子を初老の男が車に乗せようと
したのを見つけたのだが悟には
話さなかった。
又戻った。
事件を未然にふさげたことなのか?





なんでバイトしてるの?と悟。
夢があるの。
その時はどんな夢か聞かなかった悟。
言葉って口に出していってると
本当にそうなる気がする。
絶対にそう、と愛梨。










数日後、誘拐未遂を目撃した悟の母・
佐知子(石田ゆり子)が何者かに殺害され、
愛梨も命を狙われる。









警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、
またしても”リバイバル”巻き戻った先は18年前、
同級生の雛月加代が被害者となった
連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。
29歳の意識のまま、10歳の体に”リバイバル”した悟は、
連続誘拐殺人事件と母親殺害事件の関連性に気づく。
白鳥潤(林遣都)という人物が死刑執行人となっていた。
潤さんは犯人じゃないと10歳の悟は
母親に訴えていた。



過去にあったことを未然に防ぎながら
真犯人を突き止めるという話。


まだ終わっていなかったかもしれん。
と母・佐知子のテレビ局時代の同僚だった
澤田真(杉本哲太)に佐知子は報せる。
(今はジャーナリスト)

母親殺しで追われる身となった悟。
無実の罪を着せられながらも、
「愛する人を守りたい」
「もう二度と後悔したくない」と
いう思いに突き動かされ、真実を暴こうと奮闘する悟。



SPONSORED LINK

















真犯人を追い詰めるために、現在(2006年)と
過去(1988年)を行き来しながら、自身が
無実の罪を着せられ、犯人として指名手配中の
2006年の母親殺害事件と、18年前の
連続児童誘拐殺人事件の謎と真犯人に迫るミステリー。





















幼少期のある経験が原因で、人生に対して
どこか諦めつつあった悟が、29歳にして
自分に向き合う成長ストーリーでもある。
果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、
大切な人を救うことが出来るのか?


10歳に戻った悟は母さんを救える
のかもしれない。
母が殺されたのも
連続女子誘拐殺人事件が
関連しているのではないかと。

雛月加代が殺される前に僕は
リバイバルしたんだ。




悟の誕生会をすることになり
加代を誘う。
友達になって欲しんだ。
バカなの?藤沼って偽物でしょ?
人に好かれたいと思ってるでしょ?
本当の顔が見えない。
言葉って言ってるうちに本当になるから。



したっけな。
したっけ。
北海道弁、可愛いですよね。


自分の誕生日3月2日に加代の事件が
起きた。その日を未然に防げば…。
現在18年後に帰ると事件記事は3月3日に
変っていた。
雛月は3月3日殺される?


雛月が虐待されていることを担任の
八代先生に話す悟。
先生も気が付いていて児童相談所に
言ってるんだけどなかなか動いてくれなくて…。
俺とお前だけの秘密だという八代。
雛月の事を何とかしようと思っているよ。
お前が雛月の未来を救ってやってくれと。


この時点で先生が怪しいと思いましたね。


母からは途中で投げ出すんじゃないよと
いつも悟は言われていた。



3月2日当日。
ケーキが二つ。
悟と加代は同じ誕生日、11歳。
(加代の誕生日のことは矢代から聞いた)
悟から赤い手袋のプレゼント
加代は悟への手編みの手袋は
明日渡すねと。間に合わなかった。

これで加代ちゃんも殺されずに
母さんも殺されずにすむはずだ。

加代の持ち物をゴミとして捨てていた母親。
編みかけの手袋が入っていた。





警官に追われて時に現在に戻った悟。
手は血みどろ。
アパートにはパトカー数台。
そこから逃げようとして愛梨に会う。
愛梨が住んでいる叔母の家に悟をかくまう。


バイト先の店長にも分かってしまう。
悟を庇っていることが。

どうして僕を信じてくれるの?
愛梨が小さい頃、父親が万引きの冤罪が原因で
仕事も失い、母とも離婚することになった。
私の小さな手では何もしてあげれなかった。
私の信じたいは自分のためだよ。
この手で出来ることがあると思いたいんだ。



家に帰って食べるものを持ってくると愛梨。
しかし愛梨は戻ってこない。
暗くなって母の携帯から愛梨の携帯にメールが。
藤沼悟です。
その場を動かないで。
どういうこと?




慌てて愛梨の家へ。
火事になっていた。
悟を庇ったことで今度は愛梨が
危ない目に。
救いだしに悟は火の中に。
バイト先の店長も助けに来てくれる。
お前は裏口から逃げろ?
もう彼女を巻き込むな。



悟は母の知り合いの澤田真に会いに行く。
お母さんが殺される前に電話を貰ったんだ。
18年前の事件は息子が言ったように
真犯人がいるかも。
私、真犯人が分かったかもしれないと話していた。
愛梨ちゃんとお母さんは犯人に
会っているのかもしれない。
狡猾な奴で、自分の代わりに犯人を
用意するんだ。


スーパ―であった以外に会ってるかもしれない。
二人は口封じのために狙われたのかもしれない。



病院から抜け出した愛梨は
もしかしたら犯人に会ってるかもしれない。
と悟に連絡してくる。
警察は愛梨が動き出すのを待っていた。
悟の居場所が分かるから。


愛梨は最近、店に来る客・西園が
怪しいのではないかと悟に話す。
店長と仲が良いから
私たちのシフトも見えるはずだし。
愛梨を巻き込んで傷つけた。
私は傷ついてなんかいない。

僕も会いたかった。

そこへ警察が。
悟は逮捕される。
愛梨は悟さんは犯人じゃない。
悟さん、ごめんなさい。
私のせいで…。

信じてくれてありがとう!



パトカーに乗る前に又タイムスリップ。
加代の家の前に。
誕生日前日に。
もう失敗は出来ない。
後悔しないために。

正義の味方になりたい人。
賢也と意気投合し、
加代を助けることにする。
今からお前の事を誘拐するけど良い?
アイスホッケー部の部室だったという
廃バス(泉水小)に連れて行く。
3月3日まで守ろうとした。
そこには賢也がちゃんと待っていた。
俺らは加代の味方だから。

そんなある晩、加代が一人でいるところへ
入ってくる者がいた。
荷物を置きにきた。
長靴、スプレー、目だし帽、ロープ
次々と犯人の証拠品が出てくる。
ここを出よう。
悟、次のプランは?
結局、悟の家に加代を連れてくる。
途中で投げ出さなかったらこうなったと。
良くやったと佐知子。



八代に電話をする佐知子。



学校も休んでいた加代。
悟は児童相談所に連絡して下さいと
八代に頼む。
動いてくれそうだよ。
雛月の未来を救おうと八代は言う。




加代を家に連れて行くと
母親が怒ってスコップで…
物置に閉じ込めたり、
子どもがいなくなっても探さない親だからだろ?
そこへ児童相談所の人と八代がやって来て、
加代は救われた。


子役もしっかりした演技で
良かったですね。



お前たちの
勇気ある行動の結末が悲劇である
筈はないだろう?と八代は言う。
事件は解決したはずなのに
現在に帰っていない。
真犯人を突き止めないと母さんを
助けることはできないんだ。
加代の次のターゲットの少女が
行方不明になった。

澤田が家に訪ねてきていて
少女誘拐殺人事件の話をする。
廃バスへ連れて行くが証拠品はもう
消えていた。
澤田は殺された少女の共通点は
友達も居なくて一人でいる時間が
長い子が狙われていると悟に話す。

悟は八代先生を疑いはじめた。
クラスでいつも一人でいる美里に
声をかけていた八代。
それは悟をハメる為のものだった。
美里が車で連れ去られて行ったと
八代の車に乗り込み車を追うことに。



信じられんよ。
小学生でありながら先回りして
僕の計画を潰すなんてさ。
心配するな。
美里は家に帰っているんじゃないかな?
君はまるで未来でも見てきたみたいだな。
僕をここまで追い込むなんて。
君も僕もゲームオーバーだ。
橋から八代に突き落とされ…。
2006年に戻っていた。
車に轢かれ入院したところに。
愛梨ではなく診てくれているのは加代だった。




未來は大きく変わったのか?
愛梨と話していた河原にやって来る悟。
雨が急に降りだし…
そこで初めて愛梨に会う。
夢ってカメラマンだったのか?
えっ
僕も良くカメラ撮るんです。
漫画家さんなんですか?
私も自信がなくなった時に
好きな漫画を見て勇気を貰っています。

言葉って言ってるうちにほんとになる気がする。
昔、僕に言ってくれた人がいたんだ。
それって彼女ですか?とても大切な人。
会いたかった。
その人と会った時にそう伝えたかったなって。













クラスメイトだった小林賢也(福士誠治
に会いに行く悟。
弁護士になっていた。
なぜ弁護士になったか知ってるか?
親が弁護士だからだろ?
悟と決めたべや。
正義の味方だって。

これまでの18年間の少女誘拐殺人事件と
八代先生が今、どうなっているか
調べてくれないか?
八代先生が住んでいる地域で
行方不明になった少女がいるか
調べてくれないか?







八代先生は今、市会議員をしている。
市会議員の娘さんと結婚。
婿入りして西園学になっている。
それとこれだけの少女が亡くなっている。

これだけの小学生が殺害されている。
殺害方法はそれぞれ違っているけれど
共通点は1人でいる時間が多い小学生。
行動パターンは変わっていない。


少女に声をかけている八代の前に
悟が現れる。
やっぱり、変わらないんですね。
勇気ある行動の結末が悲劇である
筈はないんでしょ?八代先生。


結局なにも変えられない。
人間の欲望や悪意によって希望の糸は
いつだって断ち切られてしまう。
きれいごとだよ。
君は本当の孤独を知らない。
あの子たちは純粋でけがれていなかった。
けがれる前に救ってあげたかったんだ。
可哀そうなあの子たちを。

孤独からの解放。
努力への代償。
ふざけんな。
あんたに子供たちの未来を奪うなんて
これぽっちもないんだよ。先生。
もう終わりにしよう。

ナイフを出してくる八代。
これで本当にゲームオーバーだ。
自殺をしようとする八代を止めようとして
悟は首を斬られる。
そこへ賢也と警官が…。
未来を救えって言ってくれたよね。
オレに勇気を与えてくれたのは先生じゃない?
先生は正義じゃなきゃだめなの。



正義の味方は死なないぞ。
賢也に言う。
一人ぽっちで戦うのって辛くない?
前に進むために戦う。
生きるために。
本当の僕は弱虫だ。だから僕は仮面をつける。
いつかウソが本当になるように。
本物の勇気が持てるように。


2016年。
今年もこんなに集まってくれて…と
佐知子が悟の墓の前で友達に礼を言う。
僕が守りたいのは君だよ。
君たちだ。
たとえ僕がいない街でも笑っていてほしい。
辛いことや悲しいことがあってもきっと
僕は君のそばに居るよ。


悟のマンガを読み、カメラを構える愛梨。


10歳の悟を演じるのは中川翼さん。
悟が助けたいと奮闘する雛月加代を演じるのは
NHK朝ドラ「あさが来た」
大河ドラマ「八重の桜」などに出演した鈴木梨央さん。


悟の母親の元同僚で事件を独自に
追い続けるジャーナリストに杉本哲太さん。
悟の担任教師・八代学に及川光博さん。


































SPONSORED LINK












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ひよっこ」第87話のあらすじと感想。恋人成立。カップル誕生 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ

「ひよっこ」第87話のあらすじと感想。

時子から島谷さんがみね子は
好きなんでしょ?と言われる。
素敵な人だよ。だけど…。






SPONSORED LINK





早苗の提案で、時子の歓迎会を
開こうということになり
みね子がシェフに一度連れてきてもらった
バー「月時計」に行く。
店主の邦子さんは店に来る人の
方言を色々覚えて…
とみね子が話していると…



店の前で、ビートルズチケットを譲った少女に
再会した島谷に対して、複雑な気持ちを抱くみね子。
欲しがっていたビートルズのチケットを
手に入れるために苦労していたことを
知っていてなぜこの少女に譲ったのか?





早苗はこのまま気になったままでは
嫌だわね。
で、島谷君どういうことなのよ。
島谷はみね子ちゃんが歯磨きを買って
応募していたのに当たらなかった。
そんな時、実家から音楽関係の人からチケットが
手に入ったと送られてきた。
色々苦労している人がいるのに僕は…。
そういう人間だと思われたくなかった。
以前、みね子ちゃんが私は可哀そうな人だと
思わないで欲しいと話していた。
僕はそんな人間だと君に思われたくなかったんだ。
必死に弁解する島谷を見て、
周囲は”あること”に気づく。


祐二と啓輔がそれってそれって
島谷さんはみね子さんが好きなんじゃない?

お前が言うの?

両想いですねと時子。
恋人成立。カップル誕生。


島谷さん、一言。
「えっあのう~宜しくお願いします」
みね子はなかなか返事をしない。
失踪したお父さんの事が頭によぎります。

時子から「良いんだよ。良いんだよ。みね子
幸せになって良いんだよ。みね子」

「うん。こちらこそ宜しくお願いします」
おめでとうございます
時子はそんなみね子を見て泣きながら
みね子、私からもおめでとう!
早苗から「泣き上戸かっ」というツッコミも。



お父さん、どうやら私、恋人が
で来たみたいです。







第15週のサブタイトル
「恋、しちゃったのよ」ですね。
島谷とみね子はうまくいきますように。























SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ