So-net無料ブログ作成

「ひよっこ」第63話のあらすじと感想。ホールの仕事で大切なのは頭を使うこと。が、初ホール係のみね子の頭は真っ白に。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ


「ひよっこ」第63話のあらすじと感想。

料理を運ぶだけの簡単な仕事と
思っているかもしれないけど…
大事なのはここと頭をさす。



高子からホールの仕事で大切なのは
「頭を使うこと」と教わるみね子。









SPONSORED LINK







トレーの持ち方から、メニューや水の置き方まで、
一つ一つ真剣にメモをとるが、
開店までの慌ただしいさに
ついていくのが精いっぱいで…。


瞬時に考えること。
頭に入れといて。
食べに行ったら
ホールで働いている人を良く
観察するのよ。
お皿の置き方、お皿の片づけ方、
メニューの注文を厨房に伝え方、
細々したことまで高子から教わるが…。


開店前に全員そろってまかないで
食事をします。

鈴子さんは今までに出会ったことのない人です。
さばさばして気持ちが良いです。
東京の人って感じです。
年上とか年下とかここでは関係ないと話す。
間違っていたら私にも「鈴子さん、違ってますよ」と
言って良いのよ。
「一度も間違ったことないけどね」
「そうなの。一度も間違ったことがないの鈴子さん。
間違ってますと言いたいのに」と高子は話します。


偉そうにしている人が大嫌い。


仕事にはやり方や決まりごとがあって…
そういうことで社会が成り立っていると思うと
本当に社会って面白いなあと思います。
楽しくてとても面白いです。
このまま開店しなければ良いんだけどなぁ~。



お父さん、いよいよ開店です。
緊張します。



赤坂には色んなお客さんがいます。
永田町関係の人、芸者さん、会社員…




注文した人のところへ注文したものを
持っていくのも一苦労のみね子。
みね子の頭はもう一杯一杯になってしまい…。
お父さん、すでに頭の中が真っ白です。


みね子が慣れるまで少し時間がかかりそうですね。
向島電機でも慣れるまでいつも
ブザーを鳴らされていましたから。
頑張れみね子




仕事は片づけをして22時頃までかかります。
大変なお仕事です。


SPONSORED LINK




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ「クライシス公安機動捜査隊特捜班」ヤフーとモヤモヤ感残る最終回のあらすじの感想。結城(金子ノブアキ)を救えなかった稲見(小栗旬)。 [ドラマ]












クライシス ドラマ

ドラマ「クライシス公安機動捜査隊特捜班」
ヤフーのみんなの感想は52%☆5。
みんなの評価は☆3.59 点。
視聴率は13.9%
第2話11.2%
第3話12.0%
第4話8.4%
第5話10.3%
第6話10.2%
第7話8.7%
あと味の悪さに第4話、第7話は
視聴率がひと桁になったのでしょうか?
第8話10.5%
第9話15.0%と第8話より
4.5ポイントあがりました。
最終回はふた桁にいかず
5.4ポイントも下げ9.6%でした。
あの終わり方はひと桁でしょう。





SPONSORED LINK





最終話は15分拡大で。
最終話のあらすじは
関西テレビの公式サイトから。
すっきりしなくてがっかり。
特捜班の誰一人亡くならなかったのは
良かったと思いましたがそれも
「クライシス2rd」ありきの
最終回にしたかったのでしょうか?
金城一紀さんは。




標的は総理大臣
最強の敵・結城の暴走を食い止めろ!
特捜班が崩壊の危機に
自身の過去を知るかつての友との激闘の末、
引き金に手をかけた稲見は…。



稲見(小栗旬)の自衛隊時代の同期で、
特殊部隊員の結城(金子ノブアキ)が隊を抜け出し、
テロを企てていることが判明。





鍛冶(長塚京三)は結城の射殺を辞さないで
任務に当たる様に命じるが、稲見は
かつての仲間に銃口を向けることをためらう。
過酷な任務を一緒に遂行してきた二人ならではの
分かり合える気持ちが演じている
金子さん、小栗さんから伝わってきました。



そんな稲見の気持ちをよそに、結城は
特捜班のオフィスの侵入し、
大山を脅して閣僚の個人情報を入手。
さらに、パイプ爆弾を使って、
駆け付けた特捜班のメンバーもろとも
オフィスごと吹き飛ばし、宣戦布告。















怒りに震える稲見は、結城と戦うことを決意する。
やがて、大山が仕掛けたワナから
(結城のUSBをパソコンに差し込むと
大山のパソコンから遠隔操作ができる)
結城の居場所を突き止めた特捜班。
九十九里オートキャンプ場。
現地へ向かった稲見は自らの命を
引き換えに結城を制止しようとするが、
間一髪のところで田丸(西島秀俊)に助けられる。
車で稲見に突っ込んできた結城。
自衛隊員だった頃の結城ではなくなっていた。
自分を罰するために死のうとするなと田丸。














特捜班のオフィスでは、大山が入手した結城の
パソコン内データーから、あるものを見つけていた。
テロの動機解明につながるかもしれない…
誰もがそう思った矢先、吉永(田中哲司)のもとに
結城が総理大臣の岸部(竜雷太)を狙撃したとの
情報が飛び込んでくる。

早速、稲見は田丸と現場へ急行するが、
現場の状況にはある違和感が。
結城なら必ず仕留める距離だし
腕があるのに・・・なぜ外した?

標的は岸部総理大臣ではないのでは?
標的が岸部でないのなら…。
アメリカから息子を呼び戻すために
結城が岸部を襲った。



結城の標的を探すために大山が
遠隔操作で取り込んだ結城のデーターから
標的になる人物探し。
結城と恋人と思われる女性との
写真を見つける。
ウエイトレスの若尾悠美。
稲見は今までに見たことがない
幸せそうな結城の顔だった。

1年前の東京駅セントラルホテルのカフェ
ガス爆発事件の新聞記事。
被害者の写真の中から結城の恋人を
見つける。恋人の復讐!?
ガス爆発ではなかったのではないか?
調べていく内に岸部総理大臣の息子・大介(長田成哉)が
1年前のガス爆発に関係していることが分かる。
自分の父親が内閣総理大臣だということで
反発しテロに加担していたらしいと。
駅の構内を爆破する予定だったのに、
おじけづき、カフェに爆弾を置いて立ち去った。
事故ではない。過激な組織の一員だったバカ息子。
それでアメリカへ逃がしたのだ。
権力者の罪を隠蔽しただけでしょ?と大山。
倫理や道徳を語るなら教師になれ。
鍛冶が特捜班にそのバカ息子の大介の
警護の指令を。
結城が現れたらためらうことなく
引き金を引け。



岸部総理大臣のバカ息子・大介を
演じたのは長田成哉さんでした。
「科捜研の女」に相馬涼として5年間
出演されました。



特捜班に指令を出す前に
鍛冶は岸部総理大臣に会いに。
だれが1年前の事件の真相を
話したのかな?
あの時に事故処理に向かった結城のチームの
上司を脅して結城が知ることになったのでしょう。
頼みたいことがある。
元自衛官を放っておくと
国家にとって脅威となる。
言いたいことはわかるね。
しかし、息子さんも危険にさらされるという事も。
もう一人息子がいるのでどうにかなるよ。
自衛官をを吊り上げるために息子をエサとして…。






空港に迎えに行く特捜班5名。
2台の車に分かれて…。
マスコミがバイクなどでついてくる。
事務所に一旦寄ってからにしよう。
大介を庇いながら車から降ろそうとした時、
バイクに乗った結城が爆発物を投げてきて
田丸のその爆発物を持って投げ
爆風で飛ばされ…。
大山は殴られ、樫井は撃たれ、吉永もやられる。
樫井はポケットのカッターに
銃の弾がめり込み助かった。




稲見は大介を連れビル5階へ。
追いかけてくる結城。
ここから金子さんと小栗さんの
素晴らしいアクションシーン。

左腕を刺され、右手だけで闘う小栗さん。
大介に銃を向ける結城、結城を銃を向ける稲見。
こんなやつ殺す価値がないと稲見。
何も知らされずこいつが爆破した現場に入った。
婚約者が生きてくれているよう願いながら、でも
最初に見たのは愛しい人の指だった。
オレの手作りの指輪をしていた。
国家にとって不都合な出来事だった。
オレにとって残されたのは復讐だった。
初めての愛だったんだ。
無実の人間を殺したあの日から
俺もお前と同じ生きるしかばねだ。
俺はは一瞬だってキチンと生きた心地がしなかった。
お前もそうだろう?
俺がお前を解放してやる。
バ~ン!
涙を流す結城。
俺がうらやむくらい生きることを楽しめ。



外に出た途端、結城は射殺される。




青沼は鍛冶に逃走犯のメンバーたちの
これからはどうしますか?
ああいう精神状態が続くと国家機密に
関わることのは難しいのでは?
少し休ませて…転ぶようだったら…。


あいつ(稲見)が撃っていたら丸く治まったんだと鍛冶。



樫井は標的・警視庁と書いた
爆弾の設計図を書き
田丸は教会で佐藤に会い、
吉永は上司に…。

この国を国民を守る為に戦っていたつもりでした。
俺が戦っているのはこの国や国民のためじゃなくて
国家のためなんじゃないかと。
という田丸のセリフ。


逃走犯にとっては何とも言いようのない
虚しさを感じる事件でした。


特捜班5人で又活躍することはあるのか?
規格外の事件を
















緊急ニュースが入りました!
ニュースキャスターでドラマは終わりました。
スッキリしない!
モヤモヤする。
続編は早めにお願いします。

















































SPONSORED LINK






SPONSORED LINK





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ「貴族探偵」ヤフーと第9話のあらすじと感想。喜多見切子(井川遥)を殺したのはあなたですね。政宗是正さん。 [ドラマ]













貴族探偵 感想 ドラマ

ドラマ「貴族探偵」
ヤフーのみんなの感想は59%☆1、
みんなの評価は☆2.33点。


第1話の視聴率のみ11.8%
第2話8.3%
第3話9.1%
第4話8.9%
第5話は8.0%
第6話は7.5%
第7話は7.8%
第8話7.0%
第9話8.4%


月9ドラマ大丈夫でしょうか?
嵐の相葉雅紀さんで視聴率UPを
狙っていたのに残念な結果に。



7月期は山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん…の
「コード・ブルー∼ドクターヘリー救急救命3rd」が
7年ぶりに帰ってくるので楽しみにしています。




SPONSORED LINK




嵐の中でも松本潤さんの
「99.9∼刑事専門弁護士シーズン2」
が2018年1月期TBS日曜劇場に決定。
高視聴率を出したドラマ。
フジテレビもこういった高視聴率を
出した連ドラをシリーズ化すれば
良いのではないかと思うのですが。
7月期の「コード・ブルードクターヘリ―救命救急3rd」は
高視聴率間違いないと思うのです。
10月期月9ドラマは篠原涼子さん、
今超人気の高橋一生さんで決定。
テレビ朝日の10月期は「相棒シーズン16」
「科捜研の女シーズン17」
「ドクターX∼外科医大門未知子シーズン5」
と人気シリーズで勝負。
さて高視聴率を出すのはどの局でしょう。













第9話のあらすじは
オフィシャルサイトから。

喜多見切子(井川遥)の死の真相、
そして貴族探偵(相葉雅紀)の関わりを
追う高徳愛香(武井咲)は、政宗是正と
いう人物にたどり着く。












愛香に頼まれた鼻形雷雨(生瀬勝久)が、
政宗を警察庁のデータベースで調べると、
シンガポールを拠点に黒い活動をする人物という以外、
一切が貴族探偵と同じように謎に包まれた人物だった。








SPONSORED LINK









愛香は鼻形と、切子の遺体が発見された
渓谷に花を手向けに行く。
切子は上流の山道から転落して
流された事故死とされていたが、
当時の関係者は遺体には目立った
外傷がなかったと証言していた。















鼻形は近くの喫茶店に後輩の警官を呼び出し、
当時の資料を持ちだすよう頼む。
その喫茶店に、作家の大杉道雄(古市慢太郎)が
いることに鼻形が気づく。
鼻形は、大杉の妻で、元女優の
本宮真知子(高岡早紀)のファンだったのだ。
愛香が止めるのも聞かずに鼻形は大杉に
サインを求めに行くが、あっけなく断られてしまう。
そんな時、鼻形の携帯が鳴る。
貴族探偵の執事・山本(松重豊)からだ。

大杉は左耳を触る癖があった。





























山本によると、貴族探偵が珍しいあかね古式蝶を
探していると愛犬のシュピーゲルが
女性の他殺死体を発見したという。


そのあまりに美しい遺体の姿に
貴族探偵は目を奪われる。
頭に花冠がのせられていた。


愛香たちが指定されたキャンプ場に行くと、
貴族探偵の天幕が張られている。
貴族探偵はまたしても事件の謎解きを
愛香に求めてきた。













殺害されたのは水橋佐和子(田中千絵)。
真知子の妹だ。佐和子は夫の洋一(山本崇)、
大杉夫妻、友人の堂島尚樹(中村俊介)と
キャンプ中に殺害されたのだ。
燻製が出来るまで時間があるということなので
大杉はカフェに。
真知子以外はあかね古式蝶を探しに行くことに。
その前に堂島が特製スムージを作っていて
スムージを全員の服に飛び散らせていた。


佐和子は堂島と半年前、付き合っていたという
恋多き女性。
堂島は佐和子と別れる時に運命の人に出会ったからと
話していたという。
佐和子の今の彼は誰なのか?

夫の洋一は佐和子が恋をするたびに
やきもきしていた。




犯行時間は12時からの30分間。
大杉はカフェに。
真知子はキャンプ場に。
アリバイがないのは洋一と堂島。








真知子と佐和子の両親は早くに亡くなり、
真知子が佐和子を育て、音大にまでいかせたという。
堂島と佐和子は男女の関係にあったことも分かってきた。
貴族探偵がタバコを取り出すと、
夫婦そろってタバコが苦手なので
控えて欲しいと真知子が言った。

カフェにいた大杉はタバコを
もっていたのを愛香も鼻形も見ていた。




自由奔放で別の男性の陰が絶えなかったと
いう佐和子だが、最後は自分のところに
戻って来てくれていたので我慢していたと
話す洋一は2週間前に別れを突然切り出されたと。
「永遠の愛を誓える運命の人を見つけた」と
佐和子が話していたと。













愛香の推理。「犯人は佐和子さんが
花冠の話を聞いていた人物。つまりここに居る人物」





現場にはワインが飛び散っていたため、
犯人の服にはワインがついている筈。
飛び散ったスムージが服についたままであることから、
洋一と堂島は着替えていない。
ワインのシミがなかった。
大杉と真知子は服を着替えていた。

大杉にはかつてマスコミで騒がれるほど似ている
そっくりさん・貴生川がいた。
喫茶店にいたのは貴生川。
カフェで鼻形がサインを頼んだ色紙の指紋を
調べればカフェにいたのは大杉でないということが分かると
自信たっぷりの愛香。だが
鑑識から電話があり大杉本人の指紋だというのが分かる。










「佐和子さんを殺したのは大杉さんです」
代わりに佐藤が推理を始める。
大杉がカフェから買ってきたリンゴのタルトが
洋酒が効いていたと話す。
今ここに居る大杉自身が貴生川だった。
もともと佐和子を殺した大杉は貴生川と
入れ替わる予定だった。
そのポイントから、田中と山本が中継を始める。
2人の入れ替わりポイントで本物の大杉は
何者かに殺されていた。
「誰かもう一人共犯者がいる…」












入れ替わりポイントにて入れ替わろうとした貴生川と大杉。
そこへ共犯者が現れ、大杉を演じ続けることを強要。
犯罪の片棒を担いでいた貴生川には断る術はなかった。
真知子は妹の佐和子と大杉が不倫関係に
あったことを知っていた。
大杉は不倫とは程遠いピュアな恋愛小説で売っている作家。
真知子と別れなければ、佐和子はマスコミに
不倫を公表すると脅していた。
大杉は真知子にそのことを話すと
「殺して、佐和子を殺して」
すべてを計画したのは真知子だった。


















妹だけを殺すつもりだったが、
大杉が花冠を佐和子の頭にのせていたことを知り、
夫の心までをも妹に奪われたのだと
いうことを真知子は思い知る。
で、入れ替わりポイントで夫の大杉を
刺し殺してしまった。










自ら命を断とうとした真知子を貴族探偵は抱きしめ、
あなたは妹と夫という最愛の人を殺めてしまったのです。
あなたは一生をかけてその罪を償っていかなければならないと言う。




















愛香と鼻形は切子の捜査資料を
鼻形の後輩から受け取った、その封筒には
貴族探偵の家紋の封印が使われていた。
「1年前に本庁の人が来て纏めて
いったらしいんですよね。…鈴木さん?(仲間由紀恵)」
「ただの転落事故に本庁が?」鼻形が驚く。












切子の遺体が発見された現場に行った際に、
そこに手向けられていたもう一つの花束。
月見草。花言葉は無言の愛情。
これから後悔の念を抱え、一生償っていかねばならないと。
あれはあなたの気持ちじゃないんですか?
あなたが喜多見切子を殺したんですね?政宗是正さん」

貴族探偵は立ち上がり、愛香の頭に花冠をのせた。






SPONSORED LINK










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ