So-net無料ブログ作成
検索選択

6月5日月曜名作劇場の放送予定は「警視庁機動捜査隊216Ⅶ∼悪意の果て」沢口靖子さん主演を務める好評シリーズ第7弾! [ドラマ]















月曜名作劇場 放送予定

6月5日月曜名作劇場の放送予定は
「警視庁機動捜査隊216Ⅶ?悪意の果て」

連続ドラマ「科捜研の女」などで
人気の女優沢口靖子さんが主演を務める好評シリーズ
「警視庁機動捜査隊216」の最新作第7弾!

酔っ払いの暴漢騒ぎに始まり、
殺人事件、傷害事件の逃亡犯の追跡と
24時間勤務の中で目まぐるしく事件に
遭遇する機捜・沢村班
多くの事件と人々との
巡り会いの中から見える真実とは


SPONSORED LINK












あらすじはTBSの公式サイトから。
殺されたネイリストの裏の顔…
セレブ美人モデルの秘密と、
母子を尾行する謎の男の真意とは?
暴走トラックと深夜のカーチェイスで
事件は意外な展開へ!
危険な犯人を追う緊迫の24時間!















警視庁第二機動捜査隊目黒分駐所に籍を置く
警部補の沢村舞子(沢口靖子)は、相棒を
務める金子(赤井英和)と朝9時からいつものように
管轄の密行パトロールへと出動する。



















開始早々、とある商店街で鉄パイプを
振り回している男性がいると通報が入り、現場へ急行。
すでに到着していた沢村班の富田(松尾諭)、
佐藤(斉藤祥太)と合流した舞子と金子は
酒に酔って暴れていた男・戸部(ホリベン)を速やかに確保。




捕まえた戸部を所轄の担当刑事に引き渡し、
舞子たちは再びパトロールに戻る。
再開早々、今度は管轄内の立体駐車場で
女性が倒れているとの通報が入り、
舞子たちは現場に急行する。
現場の駐車場に到着すると、駐車中の車の横で
後頭部を血に染めた女性が倒れており、
すでにこと切れていた。
一目で事件性があると判断した舞子と金子は
検視官と鑑識の臨場を要請。

















遺体が所持していた免許証と名刺から
女性ネイリストの今井瑠璃子(富樫真)と判明し、
舞子は金子と富田、佐藤と現場近隣の捜索を開始する。

舞子と金子が近隣の雑居ビルにある
瑠璃子のネイルサロンを訪れると、
瑠璃子は出勤前に被害に遭ったらしく
サロンはまだ閉じられたままだった。
そこで舞子たちは店先でサロンに
予約を入れていたという女性客・
和田真奈美(矢田亜希子)と遭遇する。


SPONSORED LINK
















現場に戻った舞子は、連絡を受けてやって来た
瑠璃子の夫・今井幸雄(林泰文)に身元確認を
行うと初動捜査を終え、捜査の担当をする
捜査一課の刑事たちに引き継ぎ、再びパトロールへと戻る。









密行を再開すると、朝、商店街で暴れる戸部に
怯えて立ち竦む通りすがりの母子を
少し離れた場所から見ていた男の姿を再び目撃する。
朝と同様、素行が怪しいと感じた富田は
職務質問をしようと声をかけると、
なんと相手の男は茨城県警の刑事・加納(中本賢)だと名乗り、
自分は内偵中なので邪魔をするなと
言い放ち立ち去ってしまう。























昼休憩で一旦、分駐所に戻った舞子たちは
矢島(モト冬樹)から加納が3日前に
茨城県内で強盗傷害を起こして
逃亡している小島勉(山口翔悟)という男を追って、
小島の妻・敦子(黒川芽衣)と娘を
張っているのだと聞かされる。
と、そんな矢先、パトロール中の舞子たちに、
敦子の娘が通う保育園付近で小島らしき男が
職質を受けて逃走したとの通報が入る。


















現場へ急行した舞子たちだったが、
すでに小島は姿を消していた。
一方、舞子は新聞記者の土居(西村まさ彦)から、
殺された瑠璃子がネットで「るっこの日記」と
言うブログを書いている有名なカリスマブロガーだったが、
その内容は虚栄だったと聞かされる。

西村雅彦さんは改名されました。







舞子は事件の捜査本部で管理官・坂出(榎木孝明)や
担当刑事たちに瑠璃子がブログの中で
まったく別の生活を装っていたことを報告するが…。



SPONSORED LINK










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「おんな城主直虎 」第22話”虎と龍”の感想と第23話”盗賊は二度仏を盗む”のあらすじ。 [ドラマ]


















おんな城主直虎 あらすじ


「おんな城主直虎」
第22話”虎と龍”の感想
第23話”盗賊は二度仏を盗む”の
あらすじはNHKの公式サイトから。

SPONSORED LINK





直虎(柴咲コウ)は材木の商いを始めるため、
龍雲丸(柳楽優弥)率いる一団を
井伊谷に受け入れることを決める。









家臣の中野直之(矢本悠馬)は龍雲丸がかつて
領内の木を盗んだことを指摘し猛反対するが、
直虎は井伊家の将来の為に彼らの
専門技術が必要だと主張する。













しかし、直虎の期待は裏切られる。
龍雲丸の手下であるモグラ(マキタスポーツ)が
博打場を開くなど、領民との間でトラブルが
次々と起こる。
領民VS気賀の一団。


彼らの腕を買い、領内に受け入れた直虎の
もくろみはうまくいくかに見えたが、
領民から平穏な生活が脅かされたと
いう訴えが相次ぐ。
八助の酒がなくなった。
冨介の娘がゴクウに追いかけられた。

それぞれに疑いをかけられた手下たちは
「身に覚えがない」とふんまんやるかたない様子。


時々龍雲丸達、気賀の一団の仕事ぶりを
見に行く直虎。
やってみるか?と龍雲丸に言われ
六左衛門とやってみるが…。
龍雲丸に後ろからこうやるんだと
直虎の手に乗せ、「よいしょ、よいしょ…」
ノコギリのひき方を教えて貰う。
なぜか女に戻ってしまう直虎はそんな
自分に驚き…。

直親のことを思い出し、
直親が龍雲丸に代わって
自分の前に現れたのでは?と
さえ思うようになり…
いやいや、あんな甘いことを囁いた
直親には娘がいたのだぞと思い直す。




もめごとがあるたびに龍雲丸に話しに行く
直虎だが、早めにもう仕事をやめて井伊から
出ていっても良い。決めるのはご領主さまだ。




いきなり瀬戸村、祝田村の百姓と龍雲丸の一団の
数名と宴を開くのでイノシシを仕留めて来いと直虎は命令。
なんでお前たちと一緒にイノシシをとらないけないのだと
お互いに文句を言いながら山へ。
百姓のイノシシの仕留め方と気賀の一団のとり方は
違っているが一緒にイノシシをとろうという気は一致。





猪を待って宴の準備を残った者たちだけで
する直虎。
そこへイノシシ狩りに行った者たちが帰ってくる。
イノシシはとれなかったと。
角太郎が足をケガをして帰ってきた。
気賀のモグラ、力也、カジの話では
イノシシを射止めるための穴に
落ちたという角太郎。
彫った穴の位置を忘れて落ちたんだと大笑い。


冨介の酒を飲んだのは福蔵。
モグラは追いかけたのではなく
冨介の娘のお守りを拾ったので
渡そうとしただけだった。
お互いの誤解は解けて
百姓、気賀の一団も
和気藹々と賑やかな宴となる。



直虎と龍雲丸が楽し気に飲み交わしている様を
みた政次は…。
政次も直虎とあのように仲良く
飲み交わすことも出来たのに…。
今川の犬として生きることにした政次
にはできなかった。






井伊家は木を伐り出し商売にするために
領家の木が盗まれた時の犯人を使っていると
危機つけた近藤(鈴木じゅん)は、
政次の家にやって来る。


TBS[あなそれ」に主人公・美都(波留)が勤める
歯医者さんとして橋本じゅんさんは出演中。




第22話の”KEY"パーソン。
直虎と龍雲丸。
一度目は木綿作りの人手を集まる為のヒント、
二度目は虎松を寺に来させるための
アイデアを直虎に授け、
三度目は木を盗んだ犯人、
四度目は気賀の町で直虎を監禁した
盗賊の頭として登場し、謎多き存在だった龍雲丸。
龍雲丸は武家の出である事を知る。







日本テレビ「フランシュタインの恋」に
出演中の柳楽優弥さん。
これからの直虎にどう関わっていくか
楽しみですね。































SPONSORED LINK






第23話「盗賊は二度仏を盗む」のあらすじ。
龍雲丸(柳楽優弥)たちとの宴の翌朝、
直虎(柴咲コウ)のもとに政次(高橋一生)と
近藤康用(橋本じゅん)がやって来る。









近藤の菩提寺から本尊が盗まれたというのだ。
龍雲丸たちを犯人と疑う近藤は、
直虎に身柄を引き渡すように要求する。
直虎は直之(矢本悠馬)に命じ、
龍雲丸たちを逃がそうと画策する。





















一方、南渓(小林薫)はこの件について
近藤と手打ちをするため、代わりの本尊を
寄進しようと直虎に持ち掛けるが…。


























第23話の”KEY"ポイント
消えた本尊。
以前、領内の木が盗まれた際に
井伊家に乗り込んできた近藤康用が、
今度は菩提寺の本尊が盗まれたと
再び井伊家にやってくる。
井伊家が盗賊一味を罰するどころか、
木の伐採を任せている事を嗅ぎつけ、
追求し始めたのだ。
果たして真実はいかに?













KEYポイント。
南渓和尚の知恵。
領民たちと気賀の一団のイザコザが
無事に治まり、平穏な日々が戻るかに見えたが、
息つく暇もなく次の問題が持ち上がる。
近藤家から持ち込まれた新たな苦情に対し、
直虎に「手打ちをした方が良い」と
進言する南渓和尚。
いつも直虎に問題解決のヒントを
授ける南渓和尚だが…。


SPONSORED LINK






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ひよっこ」第55話のあらすじと感想。第10週「谷田部みね子ワン、入ります」澄子に仕事を譲ったみね子は? [ドラマ]










ひよっこ あらすじ


「ひよっこ」第55話のあらすじと感想。
第10週「谷田部みね子ワン、入ります」
に入ります。

一人一人去って行き
愛子、みね子、澄子と3人で寂しく
食事をしている所へ
みね子と澄子の転職先の石けん工場の社長・
原田(諏訪太朗)が乙女寮にやってくる。
こんな時間にどうしたんでしょう。





SPONSORED LINK



お父さん、社長さんは何か
言いにくいようで…。
きっと雇えなくなったと
いう話だと思います。
石けんを卸してた所が1軒
減ったので一人しか雇えなくなったと
いう話。
6000という企業が倒産している頃でした。
25万という失業者。

「会社の状況が変わって1人しか雇えなくなった」と
告げる原田。
いっそ2人共雇えなくなったと
言ってくれた方が…。
急な話であっけに取られるみね子だが、
澄子と2人だけで話し合うことにした。



オレよりみね子さんの方が
ちょっと仕事が優秀だし…。
ちょっとって。
こんな可愛い妹を押しのけてお姉ちゃんが
行くわけないでしょ。
でも…。
でもじゃない。
後ろめいたとかそういうのやめよう。
私たちは一生の仲間だっぺ。

仕事は我慢しなくて良いけど頑張りなさいよ。
私はちょっとは優秀なんだから
これから仕事を探すとしても私の方が
見つけれると思う。ちょっとだけだけど…。
えへへっ…と澄子。



優子の母がお土産で持ってきた
秋田の大きなかりんとうを紅茶と一緒に
愛子の部屋で食べるみね子と澄子。



お父さん、身体に力が入りません。
この年の瀬に失業者です。
原田が迎えに来て…
頑張っからな。みね子さんの分も。
今日までありがとう。
みね子さ~ん。と澄子。


又乙女寮の5人の仲間と会えますように。
楽しみにしています。


ついに二人になってしまいました。
すっかりしょげているみね子に
今更、何言ってるの。しっかりする!
気晴らしにどっかに行って来なさい

こんな時、つい足が向くのが
やはりここです。
すずふり亭の前。
財布をあけていくらあるかな?と
人にぶつかりぶちまけてしまいます。
通りかかった素敵な男性











SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「遺留捜査シーズン4」7月期木8ドラマに糸村(上川隆也)が帰ってくる!あらすじ。 [ドラマ]











遺留捜査4


2017年7月期木曜ミステリー枠(木8)に
「遺留捜査シーズン4」スタートします。
4月期は「捜査一課長シーズン2」でした。


舞台は月島中央署から京都府警捜査一課に移して、
上川隆也さんが連続ドラマとしては
4年ぶりに風変わり刑事・糸村を熱演。




SPONSORED LINK










シーズン1は2011年4月期水9ドラマとしてスタート。
シーズン2は2012年7月期木9ドラマ。
シーズン3は2013年4月期水9ドラマ。
以後はスペシャルドラマとして
2013年11月。
2014年8月、10月
2015年5月に放送された。











あらすじはテレビ朝日の公式サイトから。
初回は2時間スペシャルです。
神戸港を周遊する遊覧船で爆発が起き、
乗員乗客を人質に取られる事件が起きた。
犯人は陸上から船内の動きを
監視していると無線を使って警告。
犠牲者を出したくなければ、
1時間以内に2億円を用意しろと、
運航会社”黒沢興産”を脅迫する。

















黒沢興産の本社が京都にあることから、
特別捜査対策室も動き出す。
その”特対”、メンバー、神崎莉緒(栗山千明)は神戸港に急行。
双眼鏡で遊覧船を確認すると、
謎の男がデッキから自分に向けて
手旗信号を送っていることに気づく。
「あ、か、い…?」
















実は、手旗信号を送った男こそ、
警視庁月島中央署刑事の糸村聡(上川隆也)だった。
糸村は旅行中に偶然この事件に
巻き込まれたのだが、船上から見えた
ある”不審点”を莉緒ら捜査員に
伝えようとしていたのだった。







SPONSORED LINK













要求通り、時間内に黒沢興産から
2億円が用意され、無事に解放された乗客たち…。
その中から、手旗信号の男を見つけた莉緒は、
彼が刑事だと知り、ビックリ。












しかも、その男・糸村は爆発現場で
燃えかけの細い和紙を拾ったから、
科捜研にまわしてくれと頼んできた。
捜査に役立つ遺留品とも思えず、
糸村のことをかなりの変わり者だとあきれる莉緒。


















そして、京都府警に派遣されてきた
科捜研係官・村木繁(甲本雅裕)は、紙片の鑑定を依頼され、
「まさか、あの男?いや京都にいる訳がないし…」と
糸村のことを思い出し、身震いしていた。
糸村が月島署でいつも個人的に無理難題を
押し付けてくるので村木は糸村は苦手。







まもなく事件の指揮を任された
特別捜査対策室室長・桧山亘(段田安則)は、
黒沢興産と、遊覧船に乗っていた
代議士・長部麗子の間に、知られざる繋がりが
あるのではないかと睨み、
特対刑事の佐倉路花(戸田恵子)や雨宮宏(永井大)らに
彼らの周辺を探らせる。










一方の糸村は、例によって遺留品の和紙の事
ばかりを調べている始末だったが…、
その線でたどり着いた人物が、
なんと黒沢興産の創業者である黒沢恒之助で…



SPONSORED LINK











タグ:遺留捜査4
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ