So-net無料ブログ作成

「警視庁捜査一課9係シーズン12」第8話”9時41分の殺意”の感想と第9話”事件を解く鍵は20年前”のあらすじ。 [ドラマ]















警視庁捜査一課9係感想


「警視庁捜査一課9係シーズン12」
第8話”9時41分の殺意”の感想。
放送時間と同時間で進行するドラマ、
爆発時間が刻々と迫る。
走り続ける浅輪直樹(井ノ原快彦)

第8話”9時41分の殺意”のあらすじは
テレビ朝日の公式サイトから。


爆弾魔が仕掛けた究極のトリック
都会を走る浅輪、爆弾を探す矢沢、
犯人を追う志保と村瀬、そして青柳は…。
青柳が監禁









SPONSORED LINK









夜9時。東京の街を必死に走る浅輪(井ノ原快彦)は
息を切らせながら電話ボックスに駆け寄ると、
ベルが鳴る公衆電話の受話器を手に取った。
「約束だ…第2の…爆弾のヒントをくれ」
電話の主は連続爆弾魔。














一つ目の爆弾は直樹が男から電話で聞いた
ヒントをもとに矢沢(田口浩正)が回収、
9係では志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)が
回収した爆弾の形式などから犯人を割り出そうとしていた。
ネットカフェで爆弾の作り方サイトから
爆弾を作ったのでは?
ネットカフェで川崎という大学生にしぼるが
爆弾サイトは閲覧リストがあるのに
本人は閲覧してないという。
その時間帯に川崎に代わって閲覧したものがいる


一つ目は見つかるが、
起爆装置が二つ。
遠隔式と時限式。
浅輪が間にあっても間に合わなくても
9時41分になれば爆発するようになっていた。










男が直樹に伝えた第2のヒントは
「日本で一番大きな犯罪集団」。
犯罪集団と言えば暴力団?
ならば青柳(吹越満)の得意分野だが、
その青柳は非番で妙子(遠藤久美子)の
ライブに出掛けているのか連絡がとれない。














直樹は男が指定した次なる公衆電話ボックスへ、
矢沢は第2の爆弾が仕掛けられているであろう
「日本で一番大きな犯罪集団」を探し、
志保と村瀬は集められた情報をもとに犯人を追う。
本郷で160人を従えていた人物
竜丸会本城組に矢沢は急ぐが…。

















そのころ青柳は見知らぬ小屋でふと目を覚ます。
何者かに殴られたのか、後頭部の傷みを
抑えながら懐を探るが携帯電話がない。
そして、手の届かないところには、
時限爆弾のついた爆弾らしきものがセットされており…。

















志保と村瀬は爆弾情報を知らせる
公衆電話への発信元となっている
携帯電話の契約者を割り出し、取り調べを始める。
しかし、契約者の久世(古野陽大)という男は、
わずかな金欲しさにさっさと携帯電話を転売、
わずかな望みも空振りに終わってしまった。














志保らは、携帯電話の基地局の情報から
犯人の動きをつかんだかに見えるが…。

浅輪が最初ここで電話を受け
日比谷公園の公衆電話へ。
基地局
井荻8:30
高井戸8:40
八幡山8:50
用賀9:00
環八を移動しながら?いや環七
羽田空港へ行き逃走するのか?






二つ目も間に合うが加藤副総監の家。
旅行中で留守。
加藤副総監は15年前、本郷署の署長だった。
犯人は警察に恨みを持っている。
15年前、青柳も本郷署に在籍。
「日本で一番大きな犯罪集団」は警察のこと。


本郷署に恨みを持つ男。
松野博(中西良太
建設現場で工員が2人爆死した事件の犯人として
15年服役をし出所している。
警察への逆恨み

発信元を特定。
晴海ふ頭。
浅輪は急ぐ。
松野からメルアドを教えろ?

晴海ふ頭に着いた浅輪は
送られた動画を見ると
拘束された青柳が映っていた。
話をする浅輪。
爆弾は3つじゃない。4つだ。
松野は自殺するつもりだ。
止めてくれ。
なんで、なんで、青柳さんをそんな目に
合わした奴を何で…。

腹を痛がっていたことを皆に話すなよ。
井ノ原さん、この時、本当に笑っていましたよね。




松野を助けに浅輪は屋上に。
自爆しようとする松野を止め
爆弾を空高く投げ飛ばす。
松野におい被さる浅輪。
空中爆発。
9時41分。
なんでだよ。なんで。青柳さ~ん!
なんだよ。浅輪。
後ろから青柳の声。
えっダメなの?
青柳の所の爆弾は爆発しなかった。




建設会社に恐喝まがいなことをしていた。
他社にもそういった恐喝をしていたことと、
建設現場ぼゲソ痕から松野のと一致。
威力妨害罪の前歴があった。
逮捕したのは俺だったのよ。青柳。
平成13年5月2日9時41分逮捕。
爆破予告の時刻と同じ。
調べなおした青柳だったが、
松野が自白したと聞き、
自白強要したかとも思ったが…。
ずっと気になっていた。
爆弾など作ったことがない松野。
ではえん罪?



第1の爆弾は浅輪が間に合うと分かっていた。
第2の爆弾は留守宅だと分かっていた。
第3の爆弾、あんた人を殺すつもりなかったでしょ?
こうすることで15年前の事件を訴えたかった。
15年前の事件を真澄に洗い直してもらっていた。
手のひらに熱傷があったと記録されていた。
誤爆だったのではないかしら?
爆弾を作ろうとしたのは死亡した工員2人だった。




離婚したけど手術を受けないといけない
身体の弱い娘がいた。
娘のためにどうしても手術を受けさせたかった。
逮捕され取り調べされている間に
娘は死んだ。
もうどうでも良くなった。
青柳さんが事件を調べなおしてくれているのは
知っていた。
アンタを巻き込んだのはアンタなら
気持ちを分かってくれると思った。
すまなかった。





青柳さん、お腹大丈夫ですか?
忘れていたのに~。
矢沢がやって来る。
妙子さんから頼まれていてお腹の薬を。



最後は笑いありの9係。








ゲスト俳優は「西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ」
(第20作?第54作)にレギュラー出演されていた中西良太さんでした。

















































SPONSORED LINK



最終話”殺人カーテン”の
あらすじはテレビ朝日より。
第9話で最終話。
刺殺放火事件に隠された真実とは
救済施設で働く女性に秘められた過去
心の再生か?
究極の復讐か?




渡瀬恒彦さん不在の9係。
どこからかフッと「浅輪くん」と言って
登場しそうでした。
他のメンバーだけで本当に頑張りました。



事件を解く鍵は20年前。

スナック経営者・長峰(稲荷卓央)の
刺殺体が店内で見つかった。
犯人は遺体を燃やそうとしたのか、
被害者のズボンには焼け焦げた痕がある。











ビルの所有者・正川(不破万作)によると、
長峰は最近店を開けることもなく、
妻の乃梨子(藤田瞳子)をキャバクラで
働かせていたという。













真澄(原沙知絵)の司法解剖で刺し傷が
8か所もあることが分かった。
犯人は被害者に対して強い憎しみを
抱いていたのか、もしくは仕返しを恐れて
息の根を止めようとしたのか?



















青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)の調べによると、
妻の乃梨子はキャバクラ勤めを
強制されただけでなく、暴力まで
ふるわれていたという。














そんな生活に耐え兼ね、夫のもとから逃亡。
救済施設に逃げ込んだらしい。
男子禁制の施設を調べるため、
志保(羽田美智子)は嫌がる村瀬(津田寛治)に
顔を殴って貰いDV被害者を装って潜入。













乃梨子に近づくが、施設を管理する
アイリスと名乗る女性(七瀬なつみ)に怪しまれる。
志保が身分を明らかにすると、
アイリスは事件当夜、隣のベッドで
寝ていたと乃梨子のアリバイを主張する。


















長峰の奇妙な刺青を調べていた直樹(井ノ原快彦)は、
長峰が20年前に強盗殺人事件の犯人である可能性を見出した。















事件で犯人は夫を殺害、妻に重傷を負わせて逃亡、
現在も未解決のままになっている。
その被害者の妻の名前。
綾芽の英語名はアイリス被害者の妻が
アイリスであることがわかる。
綾芽=アイリスが夫を殺害した長峰を
見つけ出し復讐したのか?











志帆と村瀬はアイリスから
20年前の事件について話を聞くのだが…。








七瀬なつみさんは「おみやさん」
第1シリーズ?第4シリーズ/第6シリーズ
新春スペシャルに鑑識課員・
会沢桂子役で故渡瀬恒彦さんと長年にわたり共演。

第8話の犯人役の中西良太さんも。
鑑識課員の猪狩役の伊東四朗さんも。
渡瀬さんと長きにわたり共演された俳優さんが
次々と出演された「警視庁捜査一課9係シーズン12」と
なりました。




SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「母になる」第8話の感想と第9話のあらすじ。子どもを信じる力。2年前の事件を広(道枝駿佑)に話す結衣(江尻エリカ)と陽一(藤木直人)。 [ドラマ]
















母になる あらすじ



「母になる」の第8話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。
視聴率は第7話より1.3ポイントUPの
9.2%でした。

母になることが自然だと思っていた女性・結衣。
良い母になれないと悩む女性・莉沙子。
夫・太治が主夫になると宣言。
仕事に力を入れる莉沙子。
どうしても母になれなかった女性・麻子。
何回も中絶し、母になれなかった麻子。




SPONSORED LINK



結衣(沢尻エリカ)の元に、自分と広(道枝駿佑)の事が
記事になるかもしれないと麻子(小池栄子)から電話が来る。
もし2年前の事件を広が知ってしまっても、
今はウソをついて欲しいとお願いされて困惑する結衣と陽一。
あの子の為にと懇願される。



木野に相談する。
思春期なので難しいところではあると。
ウソをついてもネット検索すれば
自分で調べることも出来る。
施設でもその子その子によって
本当のことを話すこともあるし、
ウソをつくこともある。
広くんは大丈夫だと思うとは言われる。






学校へ呼び出しを受けた結衣は
成績も優秀。
特に数学が。
行儀も良くてお母さまの育て方による
ものですねと教師から褒められる。
数学コンテストに挑戦させてはどうでしょう?






麻子と言い争いをして時、
私が広をそのように育てたからです。
という自信たっぷりの麻子の顔が浮かぶ。


一方、2年前の事件を広に話すべきか迷う
結衣と陽一(藤木直人)は、昔、広が麻子と
良く行ったというお好み焼き屋に。




広が話していた麻子と一緒に住んでいたアパート近くの
お好み焼き屋さんのばあば(里恵)に似てるヨシさんに
会ってみたくなる結衣。
厳しくて、うるさくて、優しいヨシさんに。
小さい頃の広の様子が聞きたくて。
麻子に場所を陽一は聞き、結衣と二人で
出掛けて行きます。
しかしヨシは大阪にいる娘のところへ
行っていて留守。
息子夫婦がいて、ひょっとして広くんのお父さん?
似てる似てる。
結衣が母だと知り、広くんに
そういえば似てなかったわね。
数学の先生が店に来ていて良く
勉強をみていたわよ。
お行儀とかはうちの母ちゃんが
口うるさく広くんに言って。
自分たちの知らない広の話を聞く。


結衣は勉強も、お行儀も全て、麻子が
教えた訳ではないと思ったのではないでしょうか?






麻子からジャーナリスト・沢登に連絡し
会う約束を。待ち合わせの店から出てきた
愛美(大塚寧々)と
話している沢登を見かけ、隠れて話を聞く。

愛美は柏崎オートに取材目当てで近づこうと
していると知り、あとをつけていく。
しかし、その先で見たのは、育児放棄状態で
部屋に放置されている愛美の夫の連れ子
リュウ(間中斗環)の姿だった。
木野に連絡。
















木野(中島裕翔)は、今は亡き親友の母の行動に
ショックを受け、愛美を問い詰める。
ところが全く悪びれない様子に木野は…。
愛美の寛太郎の話をし始める。
カンちゃんはいつもお母さんを誉めていました。
母ちゃん今度、部長になったんだぞ。
凄いだろ?偉いだろ?
オレの為に頑張っているんだ。働いているんだ。
お母さんのことを一度も悪く言わなかった。
大好きだから全然さみしくないって。
そんなカンちゃんが一人で死んで逝ったと
思うと僕は、僕がカンちゃんを留めていたらと
後悔してました。

旦那の連れ子でどんなに頑張っても
産みの母親には叶わなかった。
ひどい母親がいます。最低の母親がいますって
ずっと言えなかった。
自転車の練習も寛太郎は一人で練習していて
ある朝、急いでいる時に、母ちゃん、
自転車乗れ出したんだよ。見てくれというので
見ていたら転んだ。
ついついイライラして…。
叱ったんじゃなくて怒ったんじゃないですか?
リュウくんは施設で預かります。
リュウくんに会いに施設に来て下さいますか?
やり直しがききますよ。
母親も子育てもやり直しがききますよ。
子どもを信じる力。




















同じ頃、広は繭(藤澤遙)から好きだと告白される。
しかし心の中には別の女の子の存在が…。
人生、終わった!と繭。



広が里恵に自分が施設に
預けれた2年間のことを聞かれたと
結衣と陽一は聞き…
決心して広に真実を話す。



結衣は麻子に広に2年間の真実を話したことを
打ち明け、もう会うこともないと思います。
そこへ、学校から結衣に電話。
心配した麻子も広に連絡を。
出たと思ったら女の子



結衣と麻子のバトル。







SPONSORED LINK



第9話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。


広(道枝駿佑)が学校をサボって、
女子高生の桃(清原果那)と一緒にいたことが
わかりショックをうける結衣(沢尻エリカ)。




聞きつけた里恵(風吹ジュン)が、家族会議を開くと言い出し、
広に関わる人みんなを柏崎オートに集める。
しかしそこには結衣に対する里恵の別の思惑があった。











そんな中、広は桃を花火大会に誘う。
心配する結衣は、木野(中嶋裕翔)に相談するが、
それでも落ち着かず、家族会議に呼ばれなかった
麻子(小池栄子)に思わず連絡してしまう。













広をめぐり再び言い争う二人だったが、
心配する気持ちは共有するのだった。
生みの母親、育ての母親。
息子を思う気持ちは同じだと思うので
柏崎オートで麻子にも働いて貰ったらと
思うのですが。
現実的には難しいかもしれませんが
ドラマならではとは思います。





麻子は働き口を見つけたので東京を離れると告げ、
お互いに連絡先に消去する約束をして別れる。













一方、結衣とは対照的に、陽一(藤木直人)は
広の恋を微笑ましく見守っていた。
しかし、約束の時間に帰ってこない広に対し
これまでみせたことのない父親の顔を見せる。





そしてようやく広が重い口を開き、
桃との事を語りはじめて…。









SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ひよっこ」第52話のあらすじと感想。工場閉鎖の日、工場に立てこもる冷静沈着な豊子(藤野涼子)。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ


「ひよっこ」第52話のあらすじと感想。

優子さんが居るうちに一回
コーラスやりましょうよ。
先に辞めていった仲間たちも
集りコーラスを。

優子が雄大に会いに行ったのは、
幸子さんにプロポーズして下さいと
頼みに行ったのだ。





SPONSORED LINK


乙女寮での最後のコーラスの場で、
雄大は幸子にプロポーズする。
プロポーズの瞬間です。
はじめてみましたみね子。
夢っこはただだからなと澄子。
幸子と二人で生きていきたいんだ。
結婚してください。
やったぁ~と豊子。
皆で大喜び。

幸せな瞬間に立ち会い、大いに盛り上がる
みね子たち。
走れトロイカ?♪。






そして優子は、仲間たちに
見送られて故郷の秋田に帰っていく。
また会おうね

お父さん、優子さんはお母さんと
秋田に帰っていきました。
優子さんの背中が切なかったです。



工場閉鎖最後の日。
いつもテキパキする豊子の様子が
少し変です。


お父さん、この作業も最後です。
初めて失敗をする豊子。
お父さん、豊子の様子が何だか
おかしかったです。
最後の一個。
みんな思いを込めて。
拍手。ご苦労様でした。


集合してください。
外にいる人たちは?
工場の機械を運び出すために
外には来ています。
少しでも会社の負債を少なくするために。



愛子は気にしない気にしないといつもの笑顔。
センター長の松下は皆さんが作ってくれたAR-64を
一人ずつお渡しします。
一人一人、一個ずつ渡してくれました。
ありがとうの言葉と共に。

私たちが作ったトランジスタラジオです。
それでは皆さん、ご安全に!
最後の挨拶でした。



豊子は一人いきなり作業場に立てこもります。
いやだ、いやだ。絶対嫌だ!

いつも冷静沈着な豊子が
どうしたんでしょう?








SPONSORED LINK








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ