So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

ドラマ「貴族探偵」第11話最終回のあらすじと感想。フィナーレとなる推理対決。女探偵の逆襲と明らかになる全真相仰天の貴族の思惑と衝撃のラストに… [ドラマ]










貴族探偵 最終回 11話


ドラマ「貴族探偵」
第11話最終回のあらすじは
フジテレビのオフィシャルサイトから。

ひと桁視聴率なので早めに打ち切りに
なるかと思いきや11話まであるとは?
2話に話がまたがるとは思いもしなかった。

視聴率もふた桁は
第1話のみ11.8%
第2話8.3%
第3話9.1%
第4話8.9%
第5話は8.0%
第6話は7.5%
第7話は7.8%
第8話7.0%
第9話8.4%
第10話8.0%
最終話9.8%
月9は結局、6作品続けてひと桁。
残念な結果になりました。
7月期のドラマにかけるしか。




フジテレビの日9ドラマも10月期で
ドラマ枠から撤退。
月9ドラマはどう生き残るのでしょう?




SPONSORED LINK





貴族探偵 最終回 11話のあらすじは
フジテレビのオフィシャルサイトから。

フィナーレとなる推理対決
女探偵の逆襲と明らかになる全真相
仰天の貴族の思惑と衝撃のラストに…
貴族の正体はひも解かれるのか?





「私の前で事件を正しくひも解くことが出来たなら、
彼女、喜多見切子(井川遥)の死の真相を
お教えしましょう」。と言う、貴族探偵(相葉雅紀)と
約束した高徳愛香(武井咲)は、
まるで導かれるように探偵依頼を受け、
日本有数の門閥・具同家の別荘、
星見荘で行われる具同真希(矢作穂香)の
誕生パーティーへと向かった。












パーティーに集まっていたのは、
具同家の後継者、弘基(桐山漣)、
弘基の従兄弟の佳久(辰巳雄大)と妹の真希、
国見奈和(佐藤めぐみ)。
そして、佳久の大学の先輩、有岡葉子(南沢奈央)と、
具同家の使用人、平田早苗(高橋ひとみ)だった。

使用人の早苗さんが怪しいと思っていたのに
推理をしない普通の使用人でした。
視聴者には怪しいオーラ―を出してましたね。











しかし、この集いには脅迫状が届いていた。
そのため、女探偵の愛香に玉村依子(木南晴夏)を
介して真希が依頼を出していたのだ
(貴族探偵には依頼を断られた)。




脅迫状は、1年前の同じパーティーで
ジェットスキーでの事故死として処理された
緒方修(小松勇司)の死の真相を知っているというものだった。


















参加者の葉子は、緒方の恋人だったという。
脅迫状を読んで驚愕する葉子。
いったい誰が脅迫状を送ったのだろうか?
自分の恋人を殺した犯人を見つけ出す為に
葉子が脅迫状を出していたのだった。





葉子は弘基の部屋で奈和が話しているのを
ICレコーダーで録音した。
昨年の緒方の事件のことは
誰にも話していないし、他に目撃者も
いないんだから…。
このICレコーダーに録音されたものも
犯人によって肝心な所が消されていた。












その夜、弘基と葉子が殺害されてしまったのだ。
発見した愛香も、何者かに襲われて昏倒。
その後、愛香を抱き抱えて運ぶ貴族探偵の姿が…。
葉子と愛香を殴った凶器はおとめ座の彫刻。
各部屋に星座の彫刻の置物が置かれたあった。
弘基はしし座の彫刻で殺されていた。






鼻形らが官憲がやってきて捜査する中、
貴族探偵の使用人ズ、山本、佐藤、田中が
推理を始める。
犯人は御前様しかいません。
愛香はそれは違います。



1年前の事件が発端となって葉子が
恋人を事故で殺した弘基を殺した。
録音したICレコーダーから、真希も
その事故を目撃していたことを知り、真希の部屋へ。
真希は問い詰められ葉子を殺してしまった。
葉子の部屋へ葉子の遺体を戻そうとして
証拠隠滅しようとしたところへ貴族探偵が現れ、
とっさに葉子の部屋が自分の部屋だと偽った。
真希はおとめ座が好きだったので
自分の部屋にはおとめ座の彫刻が置いてあった。





愛香の推理が正しかった。
わざと推理を間違えたのでしょう?と山本に愛香は言う。
試したのですか?








貴族探偵に約束だから師匠の死の真相を
話すようにと愛香は迫るが、貴族探偵は
真相を語るという雑事はしないとは話してはくれなかった。





SPONSORED LINK

















探偵事務所に戻った愛香は師匠・切子に
褒められ去って行く。
去ったあとには飲みかけのワインとプレゼントが。
プレゼントは「高徳愛香探偵事務所」の看板。
師匠の看板と取りかえたところで、使用人ズが。
事件の真相を話す雑事は使用人の仕事だと
いつものように再現ビデオを愛香に見せる。




















切子はシンガポールで事件を解決したために
政宗是正から命を狙われるようになった。で、
貴族探偵に私を殺してくれと依頼した。
私がこの世にいれば愛香も危ないと
愛香を守る為にと頼まれた。
使用人ズがさり気なく愛香を守っていたことも
鈴木がギリだったことも判明する。

鈴木=ギリ役の仲間由紀恵さん、
今回が一番長く出演。






師匠の切子(井川遥)もやはり生きておりましたね。
幽霊でも何でもなかった。










最後に愛香は師匠に会うことが出来る。
師匠はイタリア貴族と結婚すると愛香に話す。
愛香は事件を解決したのは自分だというが、
貴族探偵から、高額で依頼したのは誰だと
思っているのか?つまり貴族探偵は、
愛香を雇っていたのだから、事件を解決したのは自分だと話す。








怒って出ていこうとしたとこで、愛香から質問が。
「アバンチュールのお誘いですか?」に
「はい」と答える愛香。二人は良い感じで…。
最後に鼻形が入って来るが誰もいなかった。
ダジャレを言っておりました。
「ダジャレが過ぎるぞ、鼻形」と
貴族探偵が言うところでしょうか?




話の中でコッタボスという聞いたことのない言葉が。
調べてみました。

コッタボスとは、古代ギリシャや
エトルリアで行われたという飲み会余興の1つ。
的に向かってワインかすをぶつけると
いう訳の分からない貴族のゲーム。













































SPONSORED LINK










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ひよっこ」第74話のあらすじと感想。宗男からみね子に電報が届く。「ビートルズガヤッテクル」 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ


「ひよっこ」第74話のあらすじと感想。

何処へ行っちゃったんだろうね。
お父ちゃん。
みね子は電話で母の美代子と父・
実について話をする。
あかね荘の住人は聞き耳を立てて…。

SPONSORED LINK


泣きながら電話を切ったみね子。

早苗ちゃんの田舎からと大家の富が
みね子の口にお菓子を入れてくれる。
「不味くはないでしょ?」



みね子の父親が行方不明と
知った早苗(シシド・カフカ)は、
今まで自分たちに黙っていたことを腹を立てていた。

思いっきり泣いて気持ちを切り替え
みね子が炊事場に行くと、
住人が揃っていて…。
何か怒ってんですか?と早苗に。
なんでお父さんのこと話さなかったのよと早苗。

電話、聞こえていたんですね。
とみね子。
でもなんで黙ってたことで
怒っですか?


謎めいた秘密を醸し出している私は
これで良いけどアンタみたいな何でも
話しそうな子が、それも皆のことは
アンタは聞いていて自分の事は
なんで話さなかったの?



友達になったと思っていた早苗さんは
お父さんの事を話さなかったみね子ちゃんに
腹を立てているんだと島谷。




普通の女の子でいたかったんですよ。
最初から言えば良いですか?
どうやっていうっちゅうんですか?
可哀そうだなんて思われたくなかったんです。

すずふり亭のみなさんはお父さんの事で
知り合ったんでわざに言わなくても良かったんです。



じゃあアンタは
お父さんが見つからなかったら、
これからずっと働いていくの?
これから家に送金して生きてくの?

この広い東京で見つかる確率は低いけど
このマンガ家志望の二人が売れる確率よりは
高いと思う。



早苗とみね子の話を
黙って聞いていた島谷は
みね子ちゃんの勝ちだね。



焼きうどんをみんなで食べながら…。
島谷が心配そうにみね子を見るので
みね子は私、可哀そうじゃないですよ。







茨城では、宗男がやって来て、
父・実の話をする。
いつものように採れたわらびなどを
新聞紙に包んで美代子の家にもってきてくれた宗男。

滋子(山崎静子)はなんで、
今日の新聞に包むかな?
包むなって言ってんのに。


わ、わ、わ、わ、…。
新聞を見た途端、宗男は…
わ、わ、わ、わ、…



第13週のタイトル
ビートルズがやってくる」なので
直ぐ分かりましたね。




みね子に電報が届く。
宗男からでした。
「ビートルズガヤッテクル」

父の情報が少し分かった時だったので
紛らわしい電報でしたね。
宗男らしいといえば宗男らしいですけど…。
電報で知らせなくても。











SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

2017年6月29日夜8時からテレビ朝日木曜ミステリースペシャル 「法医学教室の事件ファイル43」 [ドラマ]














ミステリースペシャル テレビ朝日



テレビ朝日の木曜ミステリースペシャルは
2017年6月27日夜8時放送。
「法医学教室の事件ファイル43」

名取裕子さんが法医学者・二宮早紀を
演じる人気シリーズ第43弾!

1992年と1993年に木9ドラマ枠で
放送された連続ドラマ2作を経て、
1994年から2016年まで2時間ドラマ土ワイで放送。
タイトルは「法医学教室の事件ファイル」(第1シリーズ第2シリーズ)
「新・法医学教室の事件ファイル」(第1作~第4作)
「法医学教室の事件ファイル」(第5作~)
テレビ朝日の長寿人気ドラマの1つである。
日ワイで放送かと思っていたら
木曜ミステリーで放送される。









SPONSORED LINK






あらすじはテレビ朝日の公式サイトから。

息子を失ったかつての”ママ友”…。
早紀は彼女の無実を証明しようと誓うが、
衝撃の真相が明らかに…

二宮早紀(名取裕子)は港南医大・
法医学教室の准教授である。
夫の一馬(宅麻伸)は横浜東署の刑部で、
2人の間には新聞記者の息子・愛介(佐野和真)がいる。


愛介は1年ほど前、早紀の法医学教室の
助教・伊吹南(中村静香)にプロポーズしたが、
進展がない様子。
そんな状況を、一馬の叔母・七海(由紀さおり)が
心配と称してひっかきまわすため、
早紀は日々やきもきしている。

















その愛介が、”容疑者”となる殺人事件が起きた…。
愛介がガラス張りのカフェで、ビル管理会社社長の
柳田不二子(藤吉久美子)とその長男の
裕也(斉藤祥太)を取材していたところ、
ガラスの向こうで店へフラフラと近づいてきた
若い女性が突然倒れ、そのまま絶命したのだ。




疑われた理由は、愛介が前日、
その若い女性が路上で高齢の女性に
ぶつかって転倒させたにもかかわらず
無視して去った所を目撃。
とがめたところ、突然彼女からキスをされ、
その時が生前の彼女が目撃された最後の姿だったからである。



























現場に駆けつけた早紀は、不二子の秘書
石川妙子(南野洋子)の顔を見て、ハッとする。
実は、早紀は、妙子とは、愛介が小学校の時の
父母会仲間で、知り合いだったのだ。



そして3年前のこと。妙子の息子・光(永嶋柊吾)は
当時、大学院に通っていたが、女子大生の部屋に
住居侵入したとして現行犯逮捕されたのだ。
その際、早紀は、息子の無実を信じる妙子から
所轄署へ橋渡しを頼まれたことがあった。



SPONSORED LINK











光は当初から何者かに仕組まれた罠だと
容疑を否認しており、妙子は再捜査を熱望していた。
しかしながら一馬の管轄ではないこともあり、
早紀が断ったところ、3日後は光は留置場で
首をつって自殺してしまったのだった。







そうして過去を思い出し、胸にうずくものを
感じながら検視に当たった早紀は、
死んだ女性の爪に浮かんだ”ミーズ線”から、
彼女が人体に有害な”ヒ素化合物”を継続的に
飲まされていた状況を見抜く。

また、彼女は監禁された状態で
後頭部を鈍器で殴られ、虫の息で現場まで歩いてきて、
そこで倒れた際に息絶えた事も突き止めた。























その矢先、監禁されていた場所が、
元ボクシングジムと判明。
家具を取りに来たリサイクルショップオーナー・
滝沢登(山﨑樹範)と店員・鈴木花絵(美保純)によると、
被害女性はこのジムの元経営者の娘・
国枝祥子(かでなれおん)。















レストランオーナーの夫・国枝慎太郎(本宮泰風)とは
離婚協議の真っ最中だった。
そんな中、驚愕の真実が浮上する。
なんと祥子は、光を自殺に追い込んだ
住居侵入事件の際の”通報者”であり、
裕也と密かにつきあっていたのだ。


















3年前の事件はやはり何らかの罠で、
首謀者は祥子と裕也なのか…
それを知った一馬は、祥子に恨みを抱いているで
あろう妙子への疑いを強める。


その妙子から「あなたが手を差し伸べてくれたら、
息子は死なずに済んだ」と激しく責められた早紀は、
彼女の無実を証明すると誓うが、
直後、また新たな事件が発生して…








脚本は今井詔二さん。



SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「フランケンシュタインの恋」最終話のあらすじと感想。120年の恋を貫いた深志研(綾野剛)と津軽(二階堂ふみ)。 [ドラマ]













フランケンシュタインの恋 最終話




「フランケンシュタインの恋」
最終話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。

視聴率は
初回11.2%でスタート。
第2話7.3%
第3話8.4%
第4話8.0%
第5話6.1%
第6話6.6%
第7話6.7%
第8話6.3%
第9話7.0%と
ひと桁で推移。
第10話の視聴率が発表されれば
追記します。





SPONSORED LINK





昏睡状態の津軽(二階堂ふみ)の手に深志研(綾野剛
触れると、彼女が目を覚ました。
深志研の持っていた菌が津軽の遺伝子に
何らかの影響を与えて、奇跡が起こった。
稲庭は家に電話して津軽さんが助けったことを
話す。
稲庭工務店の仲間は深志や津軽のことを
心配していたので喜ぶ。






目覚めた津軽が脳の精密検査を受けると、
脳の出血が無くなっていた。
医師も見たことのない症状だと驚く。
深志研の起こした奇跡によって、
津軽はこれまで苦しめられていた病気から解放された。











深志研は、自分が山部呼六という名で
津軽の先祖・サキと恋をしていた
120年前の記憶を津軽に語る。
サキさんのために博士が伝染病で死んだ
僕を蘇らせたことを話す。
僕は博士の恋から生まれたんです。
だけど怪物になった僕は120年前、
サキさんを死なせてしまいました。
その罪は消えません。
その分、津軽さんを研さんが救ったんだ。
化学的には証明できないけど…。

稲庭先輩のおかげです。
ありがとうございます。
おめでとう!と稲庭。

深志研と津軽は、お互いの気持ちを確かめ合う。




















ラジオでの深志研の告白に、世間は賛否両論。
深志研の持つ菌を危険視する声、
深志研を支持する声など、さまざまな意見が
ラジオ局に寄せられる。
天草は自分の言葉を届けただけだ。



僕は利用してたんですよ。怪物を。
でも最後まで怪物が好きだったんですよ。
と天草。






天草に連絡する稲庭。
津軽さんを研さんが救ったんです。







教授のところへ挨拶に行く津軽と深志研、稲庭。

120年を経てようやく君の恋人の命を救ったんだ。
いや、博士が君と恋人を救ったんだ。
鶴丸教授のおかげです。
ありがとうございます。








遺伝子の力だ。
遺伝子の革命を起こしたんだという
教授にご迷惑をかけているのでは?と
津軽は心配する。











お地蔵さんを拝みに行く津軽と深志研。
これからどんなに大変でも
僕にやれることをやろうと決心しました。
あなたは小六さんであり研さんです。
私は津軽継美でありサキさんです。
あなたが好きです。
120年前から。





遠くから稲庭は幸せそうな二人を見て
幸せな気持ちになる。





SPONSORED LINK









稲庭工務店の面々は、二人を温かく迎える。
引き続き職人として生きていきたいと
一同に話す深志研。

しかし、深志研を恐れた顧客が続出し、
稲庭工務店への注文は次々とキャンセルされていた。

深志は直ぐに出ていきますからというが
棟梁(稲庭先輩の父)


希望があるからの現実だ。
人間がいるからの仕事だ。
人に寄り添わなくて
家が建てられるか?
と棟梁・稲庭恵治郎は言う。
めんどくせぇ~!



みんなが幸せになることが僕の幸せです。
津軽さんは幸せになって下さい。
私は幸せですよ。













翌日、深志研たちが仕事に出かけようとすると、
工務店の周りがマスクをした人々に取り囲まれていた。
近所の住民が深志研を調べに来たのだった。

ラジオに出た以上覚悟をしていたと話す深志研。
仲間に挨拶する深志。
皆さんの幸せを願っています。
今まで本当にありがとうございました。



深志研は、保健所に連行されることになり…。
行く必要ないと稲庭先輩が声をかけ
工務店の皆が連行される深志を止め
室園美琴が運転する車で逃がす。
稲庭先輩に美琴と呼ばれて良かったですね。

美琴さんに会えて幸せでした。
それは仲間の挨拶か?
はい。

森に帰っていた深志研。
津軽さんには知らせるなと言われたと
稲庭に話す。
美琴、帰るそ。
こっちはどう呼べば良いんだ?
坊っちゃん?
殺すぞ。





津軽は工務店に来る。
森に帰ったんですね。





ラジオの天草のコーナーも終わることに。
怪物みたいな番組作りたかったんです。
天草さんも準備しておいて下さい。
牛久から言われる天草。


森でラジをを聴いている深志研。
森に探しに来る津軽。
遠くで見ている深志研。
足元に赤いキノコが…。


一年後、
赤いキノコが発見されたとネットで。
きっと研さんだと稲庭。
赤いキノコを採りに津軽は行き
谷に転げ落ちる。
深志研に抱き留められる。

キノコを探しに来たんです。
あなたの事が好きです。
会いたかった
津軽さん。
深志研は津軽を抱きしめる



稲庭先輩と鶴丸教授が待っていた。
菌の培養が出来るとキャンピングカーを
用意されていた。
これだと全国に行け色んな菌を
培養できる。どうだ?
君も博士になるんだ。
優しい菌を沢山作って貰いたい。
研究員の一員として。
一緒に革命を起こしましょう。
僕が人間の役に立てるんですか?
必ず証明するから。
うれし涙を流す深志研。



天草もラジオに復活していた。


深志研と津軽は、120年の恋を貫くことが
出来ました。





数十年後、
深志研が培養した新しい菌を取りに来る稲庭。
良い薬を作りますから。
またお願いします。


120年前に伝染病で亡くなった深志研。
人を病気から救いたいと思っていた。
今、やっと人の役に立つことになり
幸せを噛みしめる深志研。
めでたしめでたし。













SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ひよっこ」第73話のあらすじと感想。綿引が行方不明の父の新たな情報を。万引き犯に殴られた実はどこへ行ったのか? [ドラマ]










ひよっこ あらすじ


「ひよっこ」第73話のあらすじと感想。

第13週「ビートルズがやって来る」に入りました。
私は中学生でした。
みね子の妹・ちよ子と同じ年頃だったんですね。
遠い昔のことです。

昭和41年2月。
中学生になった妹のちよ子(宮原和)に
通学カバンを贈ったみね子、制服はみね子のお下がり。
ちよ子からお礼の手紙をもらう。
頑張って良かったなと思います。


SPONSORED LINK






ある日、警察を辞めて茨城・高萩に帰っていた
綿引正義(竜星涼)がすずふり亭にやって来て、
行方不明の父・実(沢村一樹)の新たな情報をもたらす。



綿引は高萩に帰る時、
同僚にみね子の父のことを頼んでいた。
赤坂署に捕まった万引き犯から聞いた話だと。
送金しようとした金を盗まれ、
万引き犯に頭を棒で殴られたのがお父さんらしいんだ。
しばらくして心配になった万引き犯が
現場に戻ったんだがお父さんはいなかったらしい。
救急車を呼んだ記録も
病院に行った記録もなかった。
その後、実さんがどうなったか、さっぱり分からない。
お父さんは
「家族の為のお金なんだ」と何度も何度も
言ったらしいんだ。
お父さんは、出稼ぎが嫌になっていなくなった
わけではなかったんだ。

お母さんにも直接会ってお父さんのことを
話そうと思う。
あまり良い報せでなかったことを謝る綿引に
みね子のお父さんの事を知らせに来てくれた
ことにすずふり亭全員が頭を下げます。

時間はありますか?
綿引に弁当をと省吾が厨房に。
みね子も私にも何か手伝わせて下さい。




本当に綿引さんは良い人です。

つらい時は目の前にある事に
集中するのが良いと秀俊から言われるみね子。





あかね荘に帰ると
茨城の母から電話。
怖がっただろうね。
痛がっただろうね。
何処へ行っちゃったんだろうね。
お父ちゃん。



みね子が帰ってくる時間に合わせて
食事を作っていたあかね荘の住人は
聞き耳を立てていた。





早く見つかると良いですね。
お父ちゃん。






SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「おんな城主直虎 」第25話”材木を抱いて飛べ”のあらすじと感想。第26話”誰がために城はある”のあらすじ。 [ドラマ]


















おんな城主直虎 あらすじ


「おんな城主直虎」

第25話「材木を抱いて飛べ」のあらすじは
NHKの公式サイトから。

井伊の材木を纏めて買い取りたいと
いう商人が見つかり、張り切る直虎(柴咲コウ)と
方久(ムロツヨシ)。


SPONSORED LINK









一方、井伊を去った龍雲丸(柳楽優弥)たち一味は
気賀に戻り「龍雲党」を旗揚げしていた。
流れ者に仕事の世話をしたり…
今や気賀のまとめ役でございます。
これも直虎さまのおかげと中村屋(本田博太郎)は話す。













駿府では今川氏真(尾上松也)が同盟を
破った武田への対抗策として「塩止め」を行い、
武田家と通じる商人の取り締まりを強化していた。









そんな中、井伊家の材木の商い先である
「成川屋」が三河の徳川に材木を
流していることが発覚する。
直虎は預かり知らぬ事だったのだが。
そこへまた、今川氏真は
井伊家がまた謀反とばかり政次を
呼び出し今川の家臣・関口と共に
井伊谷にやって来る。
直虎は駿府へ出向くようにというお達しが。
時間を稼ぎたい直虎は劇薬を飲み床にふせる。
流行り病だと関口様にご迷惑をと
政次が直虎の様子を見に来る。
政次が来るのなら薬は飲まなかったら良かった。
駿府へ行く前に時間を稼ぎたかったのだと
政次に直虎はその内容を話す。
策がうまくいかなかった時は井伊を頼むと。

この政次と直虎のシーンも良かったですね。
直虎は今はもう政次のことを
信頼していた。
政次は井伊家の為に自分が壁になって
井伊家の守ってくれているのだと。






直虎が臥せっている間、気賀に方久と奥山六左衛門らを
つかわし、成川屋に売った材木を買い戻せ。
それが叶わぬ時は、気賀でできるだけ多くの材木を
買って井伊の焼き印を押すように。
それが叶わぬ場合は成川屋の材木を取り戻してくれ。
気賀では材木も集まらず六左らは慌てます。
成川屋は材木を載せ船が出てしまっていた。
そこで請負屋の頭・龍雲丸に頼みに行く。
奪い返してくれと。











駿府へ来た直虎。
成川屋が三河と通じていたことは
井伊も中村屋も知らなかったことだと
申し開きをします。
新野家の桜が今川家の重臣・庵原朝利との
有り難い縁談を頂いたばかりで
井伊が離反などを企んだりしないと弁明。

井伊を潤すことは今川をうるおすことだと
思ってやって来たのに謀反とは?
悔しゅうございます。


しかし、最も早く三河と通じようとしておったからのうと
直親の時のことをチクリといわれる。
直虎は、内心煮えくり返るような怒りに
震えていたが、家督を継いでからこれまで
弓を引こうと思ったことは一度もない。





間者と気づかなかった事は、自分にも落ち度がある、
しかし、このようなやり方は本当に
忠義を持って仕えてきた者を失うことに
なるとはお考えにならないのか?とそう鋭く言い放つ。







そこに、龍雲丸たちが井伊家の井の焼き印を
押した材木を運んでくる。


家臣に三河より木を1本も残らず
取り返すように命じていたのです。
これが今川に対する井伊の忠義だと話す直虎。
井伊の心だと。
いちゃもんをつけていた氏真も
具の根も出なかったですね。









なつと政次のシーンも良かったですね。
なつが政次のことを好きだというのは
政次も分かっているのだろうが…。


政次の能面のような顔をする演技は
本当に能面を見て研究すると「鶴瓶の家族に乾杯」に
出演されていた時に話されていました。






第25話のKEYポイント
”龍雲党”
直虎から士官の誘いを断り井伊谷を
去った龍雲丸と子分たちが、
気賀で「龍雲党」の名乗り旗を揚げる。
盗賊一味から一転、流れ者を集めて
よろず請負を始めたのだ。
直虎との出会いで大きく生き方を変えた龍雲丸と
一党の今後に注目。








KEYパーソン
”今川氏真”
「塩止め」や井伊家と今川家の縁組など、
戦乱の世を切り抜けようとする氏真が
次に目を向けた策とは…。
良くも悪くも井伊家にとって大きな転機を及ぼす。












































SPONSORED LINK







第26話”誰がために城はある”のあらすじは
NHKの公式サイトから。

龍雲丸(柳楽優弥)が井伊の材木を取り返したことで、
直虎(柴咲コウ)の謀反の疑いは晴れる。







しかしその材木は数日後、今川の手によって
気賀に運び込まれることになる。
今川氏真(尾上松也)は商人の自治が
許されてきた気賀に城を築き、
家臣の大沢元胤(嶋田久作)に治めさせようと
しているのだった。

商人の町・気賀はどうなるのか?
武家を嫌っていた龍雲丸は?























この動きに激怒した龍雲丸は、築城反対派とともに
かく乱作戦に出る。
混乱を鎮めるため、直虎は気賀に乗り込むが…。


















第26話のKEYポイント
”材木の流れ”
気賀の商人・成田屋から寺の普請用にと
請われて卸した井伊の材木が三河に流れていた。
今川から謀反を疑われた直虎は、
龍雲丸の力を借りて材木を奪還。


駿府に運び込み、今川への忠誠心を示す。
その材木が、今度は気賀に運び込まれた。
どうやら城の普請に使われるようなのだが































KEYパーソン
”気賀の町衆”
かねてから直虎と商いをしていた中村屋の
中村与太夫(本田博太郎)を筆頭に、
伊勢屋(松尾貴史)、
熊野屋(小倉一郎)、
舞阪屋(春海四方)、
鈴木屋(前田淳)ら気賀の町衆が勢ぞろい。
一癖も二癖もある町衆たちは、
城の普請をめぐってそれぞれ思惑を
異にしているようで…。

















SPONSORED LINK






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

6月30日金曜ロードショー・映画「藁の楯 」のあらすじ。殺人犯・清丸(藤原竜也)を無事護送出来るか? [映画]















藁の楯 あらすじ

映画「藁の楯」のあらすじ。
2013年に公開された映画「藁の楯」の原作は
2004年木内一裕さんが書いた警察小説
「ビー・バップ・ハイスクール」で
知られる漫画家・きうちかずひろさんが
本名の木内一裕名義で発表し、
小説家デビューを果たした。




三池嵩史監督により、アクション・スリラー映画
として2013年に映画化。
2013年4月26日全国似て公開。
日本テレビ放送網開局60周年記念作品。
第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に
正式出品された。
脚本は林民夫さん。



SPONSORED LINK













「この男を殺して下さい。名前・清丸国秀(藤原竜也)。
お礼として10億円をお支払いします」という
衝撃的な広告が全国の主要な新聞
一斉に掲載された。
掲載主は元・経済連会長である
経済界の大物・蜷川隆興(山崎勉)で、
自分の愛しい孫娘を殺した清丸の首に
懸賞金をかけたのだ。










条件は
「一、清丸国秀に対する殺人もしくは
傷害致死で有罪を受けた者。複数可」
「二、国家の許可を持って清丸国秀を殺害した者」















福岡で潜伏していた清丸は匿って貰っていた
人物に殺されそうになり、恐れをなして警察に出頭した。
警視庁の上層部は、福岡⇔東京の清丸移送に
厳重な警護(SP)をつける。














清丸の身柄を48時間以内に東京に護送すべく、
警視庁警護課第4係の銘苅一基警部補(大沢たかお)と、
同じく第3係の女性SPの白岩篤子(松嶋菜々子)が選ばれた。















また、警視庁捜査一課の刑事である
奥村武井警備補(岸谷五朗)と神箸正樹巡査部長(永山絢斗)も
同行し福岡を発った。
しかし清丸への憎悪と懸賞金に目が
くらんだ一般市民だけでなく、警察官・
機動隊員までもが清丸をつけ狙う。













福岡県警の護送メンバーである
関谷賢示巡査部長(伊武雅刀)と合流し、
清丸本人と対面、護送が始まる。
150人もの機動隊もつけられるが、
逆に彼らをも敵にまわす可能性のある懸賞額だった。
幾度か護送方法の変更を余儀なくされ、
チームメンバーの死、メンバー内の蜷川への
内通者など様々な障害を銘苅は乗り越えた。












清丸と誤認され殺された人間が全国で10人を超え、
蜷川はついに懸賞金による復讐を断念する。
銘苅は警視庁まであと一歩のところまでたどり着いた。





先日まで湊かなえさんの「リバース」に
ダサい深瀬くんで出演されていた
藤原竜也さんが殺人犯。
西野めぐみという少女を殺害した罪で服役。
その仮出所から数か月後、
蜷川知香を世田谷の用水路で
暴行の末に殺害するという殺人犯の役。




SPONSORED LINK












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ドラマ「みをつくし料理帖」第6話”う尽くし”のあらすじと感想。第7話”ふっくら鱧の葛叩き” [ドラマ]








みをつくし料理帖 評価

NHK時代ドラマ「みをつくし料理帖」
ヤフーのみんなの評価は☆4.30点。
みんなの感想は75%☆5。



心を尽くし、身を尽くし、いつかきっと…。





主演は「天皇の料理番」「重版出来」など
ヒット作品に出演された黒木華さんです。




SPONSORED LINK




NHKの公式サイトから。
再放送は6月27日(火)午前1時45分(月曜深夜)


第6話”う尽(づ)くし”のあらすじは
NHKの公式サイトから。
再放送は7月3日(月)午前1時(日曜深夜)
スポーツ中継のため、通常の放送日時が
異なります。





佐兵衛(柳下大)の失踪の謎を知っている
富三(大倉孝二)は、芳(安田成美)から
かんざしを預かり、それを質に入れて
手にしたお金で吉原に行き、
佐兵衛の行方を調べるという。
しかしそれは息子を心配する母心に付けこんだ嘘だった。




芳から口止めされていたおりょうは
澪だけにはと話す。
種三さんが買い戻した簪を
富三に渡していたと。




又次が青梅の蜜煮を作って欲しいと
澪に頼みに来る。
今すぐには出来ません。
そうかいと言って帰る又次に
客から「味が気持ち悪い」と
言われたと話すと、
この包丁ではいけない。
包丁の臭みが料理にうつる。
手入れをしていない包丁だ。
なんでこんな料理人を雇ったんで?
女将さんの息子さん(佐兵衛)が遊女殺しをして
江戸のお店を閉めることになり
息子さんも行方知らずに
なっているので事情を知っている
富三さんにしか頼れないんです。
その遊女は青葉だと話す。



出来上がった青梅を取りに来た又次に
野江ちゃんに何かあったのか?と澪。
野江ちゃんは青梅の密煮は嫌いなんです。
でも具合が悪い時にだけ口に合うと言ってたんです。
離れていてもお見通しか。
廓で菊乃という遊女が
襲われた時にあさひ太夫が
菊乃を庇って斬られた。
野江ちゃんに会せて下さい。
看病させて下さい。
廓にいる自分をアンタに見られたいと
思ってんのか?
見られたくないだろう?



又次と澪の話を聞いていたふきは
う尽くし膳に蜜煮も一緒に出したら
どうかと澪に話す。
あさひ太夫が早く良くなります様にと。
心優しいふきを抱きしめる澪。



う尽くし膳の献立は
卯の花和え、(鰺の酢じめが
梅土佐豆腐、
瓜のくずひき、
うずめ飯、
梅の蜜煮。





つる家の常連客、
清右衛門は膳にケチをつけるが
坂村堂嘉久は「目に美し、口に旨し、心に嬉し…」
と”う尽くし”で褒める。





澪のことを話す又次。
澪ちゃん、こんこん。
涙は来ん、来ん。
蜜煮が芯から癒してくれる。



酔っぱらって店に包丁を取りに来た
富三を信用していなかった澪(黒木華)は、
芳のかんざしを返せと迫るが富三は相手にしない。



そこに又次(萩原聖人)が現れ、富三の嘘を暴く。
佐兵衛が店の金を使い込んで吉原の遊女に貢いだ挙句、
その遊女を殺して失踪したというのは作り話で、
店の金を使い込んでいたのは富三本人だった。
青葉という遊女はぴんぴんしていると。




そんな富三が許せない又次は馬乗りになって
富三を殴り続けるが、それを止めたのは芳だった。
佐兵衛が人殺しではなかったことが
分かっただけでも良かったのだと…。




釣り忍売りをしているらしい芳の息子・佐兵衛。






小松原の竹馬の友で小松原の妹の嫁ぎ先でもある
駒澤弥三郎のうちで妹・早帆が作ったウナギを
食べる気にもならず、つる家に出向く小松原。
何か食べさせてくれ。
う尽くし膳を。
甘いものは苦手なので梅煮は遠慮しておくと
いうが澪がすすめると上手いと食べる。
その様子を永田源斉が見ていた。
澪のことを好きな源斉は?






小松原もつる家の放火事件の時、
つる家に手を出すなと付け火をした者たちを
やっつけていたのを見ていた源斉。
采女相馬(登龍楼の主人)の指図ということも
知っていた小松原。
源斉は小松原のことを恋敵だと
思っているのだろうか?




SPONSORED LINK



第7話「ふっくら鱧の葛叩き」の
あらすじはNHKの公式サイトから。

澪(黒木華)は源斉(永山絢斗)から
吉原に来て欲しいと頼まれる。
翁屋の花魁・あさひ太夫(成海璃子)あてに、
大阪から鱧が届いたが、鱧はどう猛で
誰も扱いを知らないので、
澪に料理をして欲しいという。



澪は、自分の料理を幼なじみの
野江ちゃん(あさひ太夫)に食べて
もらえるかもしれないと思い、
その話を引き受けるが…。




NHKの公式サイトに
原作者・高田郁さんのちょい足し料理帖、
直筆のイラスト付きも楽しみに見ています。



SPONSORED LINK









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

2017年6月25日の日曜ワイド劇場は「人類学者・岬久美子の殺人鑑定」の新作第7弾のあらすじ。 [ドラマ]









日曜ワイド劇場 新作

2017年6月25日の日曜ワイド劇場は
「人類学者・岬久美子の殺人鑑定」の新作第7弾。

大塚寧々さん主演の人気シリーズ最新作!

殺人事件の被疑者が、白骨死体となって見つかった。
彼は自殺なのか、他殺なのか。
人類学者・岬久美子が、衝撃の真相を暴く!


SPONSORED LINK



「人類学者・岬久美子の殺人鑑定」は
2010年から放送。
1年に1回のペースで放送されてます。
大塚寧々さんはこの作品が
土ワイ初主演ドラマです。




あらすじはテレビ朝日の公式サイトから。

長らく放置されていた廃倉庫から
白骨死体が見つかった。
倉庫の支柱には輪になったロープが
かけられており、一見して首つり自殺を
はかった人物のものと思われた。















警視庁捜査一課の班長に就任した
加治川法雄(渡辺いっけい)の指示で、
人類学者・岬久美子(大塚寧々)が
鑑定を行うこととなり、捜査一課刑事の
二階堂達也(戸次重幸)が研究室まで
骨を届けにやってきた。





















久美子の鑑定の結果、遺体の身元は
1年前から失踪していたガラス工房経営者・
高倉徹郎(寺泉憲)と判明するが、
舌骨が折れていただけでなく頭蓋骨に陥没骨折があり、
窒息死のほかに、頭部を殴られて死亡した可能性も浮上。

















結果を聞いた二階堂は「骨鑑定の第一人者なのに、
死因の特定も出来ないのか!」と悪態をついて去っていった。
そんな二階堂に、なんだか見覚えがあると感じる久美子。






















まもなく久美子は、高倉が1年前、
取引先の”ロゼッタ硝子”社長・龍野祥一(団時朗)を
殺害した事件の被疑者として追われていたことを知る。
高倉は事件直前、瀧野から契約打ち切りを宣告されており、
それを恨んでの犯行と思われたようだ。










しかも高倉は瀧野の妹でガラス工芸作家の彩乃(毬谷友子)に
「私亡き後、工場と職人たちをよろしく」という
遺書めいた手紙を送っており、二階堂らが、
高倉が瀧野を殺害した後、自殺をはかったものとして
事件の処理を進めようとしていた。









しかし、高倉の首の骨が変形していることから、
久美子は彼が生前、”頚椎症”を患っていたことを見抜き、
高倉には首を絞めて龍野を殺害するほどの力は出せない筈だと主張。



















久美子の聞き込みにより、妻の豊美子(市毛良枝)らも
高倉が死の1年ほど前から痺れに悩んでいたことを証言。
高倉は瀧野殺害に関与していないことがハッキリする。














さらに、なんと彩乃と高倉はかつて恋人同士だったと
いう衝撃の事実も判明する。




そんな中、二階堂がなんと久美子と
幼なじみだったことが発覚!
小学生時代、子分のように久美子の後を
ついて回っていた二階堂は、ひそかに
久美子に対抗意識を燃やし、反発していたのだ…。




















その後、高倉の頭がい骨のある”異変”に
気づいた久美子は、それを手掛かりに
二階堂と共に事件を調べることに…!
さらなる殺人も起き、事件はますます混迷の度合いを
深めていくが、果たして久美子たちがたどり着いた
衝撃の真相とは…






















SPONSORED LINK











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ひよっこ」第72話のあらすじと感想。由香がワガママになった理由。第13週”ビートルズがやって来る”のあらすじ。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ


「ひよっこ」第72話のあらすじと感想。


省吾に連れられ、省吾の幼なじみの邦子が
切り盛りするバー「月時計」を訪ねたみね子。

変な奴だったろ?
何から話せばいいかな?
嫌だったら私は。
いや、みね子に話したいんだよ。



SPONSORED LINK




鈴子は戦時中の東京大空襲を
思い出していた。
そこへ和菓子屋の柏木一郎がやってくる。
街も立派になった。
でもね。私思うの。
戦争で沢山のものを無くした。
そこからみんな無くしたもの取り返す為
頑張って頑張って…そこでまたみんな
いろんなものを無くした。
何が残ったんだろう?
もはや戦後ではないとえらいさんが
言ってたけど…私の戦争は終わっていない。
元には戻らない。
まだずっと借金を払っている
ような気分だと鈴子は話す。
無かったものにしたいんだろうね。
無かったものに出来ない人もいるよ。




その頃、省吾からは由香がなぜわがまま放題に
なってしまったのか、ゆっくりと
これまでのいきさつを話し始める。
戦争から帰ってきた省吾に
残されたものはおふくろとドビーソースだった。
店を立て直すためにおふくろと一生懸命
働いた。そこに口数の少ない大人しい
節子と結婚し由香が生まれた。
本当に働き者で、しんどかったんだろうな。
無理がたたって10歳になった由香をおいて
節子は死んでしまった。
借金を返してこれからという時に
節子は死んでしまった。

由香は母が死んだのは鈴子と
父親のせいで亡くなったと
思い込みわがままになった。
自分が由香から母親を奪ったと思うと
由香にきつく言えなくなった。
由香、可愛い顔してたろ?
母親似なんだ。
元気にしてたか?



一郎は鈴子に話す。
お金がない訳じゃない。
由香ちゃんは時々迷惑かけたくなるんだって。
ヤスハルが言うんだからほんとだ。

由香も分かって省吾や鈴子に
連絡してきてお金を要求してくるんでしょう。
連絡してくるという事は鈴子や省吾と
繋がっていたいということなのだから。
きっとそのうち由香も「すずふり亭」に帰ってくるでしょう。




みんないろんなことがあっげど
生きています。
お父さん、お父ちゃん、
みね子はこの街でお父さんに会いたいです。



SPONSORED LINK



第13週「ビートルズがやって来る」
あらすじはNHKの公式サイトから。
1966年6月29日ビートルズ来日。
私は中学生でした。
大ファンだった友人は学校を休み
東京へ行きました。
半世紀前のお話。


みね子のもとに突然綿引(竜星涼)が訪ねてくる。
実(沢村一樹)について新しい情報がわかったという。



父が行方不明だと知らなかった早苗は
今まで黙っていたことに怒り、みね子に
理由を説明するよう迫る。















そんなときビートルズの来日公演が発表され、
宗男(峯田和伸)は浮き足だっていた。
コンサートのチケットをプレゼントしたいと
考えたみね子は、抽選に応募するため
大量の歯磨き粉を買い込む。









SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ