So-net無料ブログ作成
検索選択

「おんな城主直虎」第9話の感想、第10話”走れ竜宮小僧”のあらすじ。 [ドラマ]












おんな城主直虎 あらすじ


「おんな城主直虎」
第9話「桶狭間に死す」のあらすじはこちらの方に。
http://terebi-dorama-jyohou.blog.so-net.ne.jp/2017-03-04-2

桶狭間の戦いで今川軍が大敗。
直盛も討ち取られ、直盛の供をしていた
奥山孫一郎から直盛の最後の様子が語られる。




SPONSORED LINK














桶狭間の戦いで井伊家の為に
亡くなられた家来の家族あてに
直盛の妻・千賀(財前直見)は手紙をそれぞれ一文一文、
丁寧に書き届けます。




残された者に対しての千賀の心配り、
思いやりは素敵でしたね。

次郎(柴崎コウ)は母には誰もそういった文を
書いてくれる人は居ないのだと
寂しく思っていると自分宛ての手紙を見つける。


生前におとわ(次郎)のことを
可愛いと千賀に話していて、月よりも綺麗だと。
いつか辻の花を着せてみたいと、何色が良いかな…。
いつか…と言う父の話の続きを聞いていなかったおとわは
この事だったのかと思います。


父が娘を思う溢れんばかりの愛情が
書かれてあり、とても良いシーンでしたね。




しのの懐妊が判明し、喜びの笑顔がこぼれる。
直盛の生まれ変わりだと千賀は涙します。






























井伊家の重臣で、孫一郎としの、
なつの父・奥山朝利は小野家に
嫁がせたなつを、取り戻そうと
政次に文を出すが、なつは小野家に
残りたいと政次に話す。
その事を奥山に伝えに行き、承諾する奥山だったが
突然政次に斬りかかり、驚いた政次はとっさに
朝利を斬ってしまい、次郎のもとへ傷ついたままやってくる。












SPONSORED LINK















第10話”走れ竜宮小僧”のあらすじはNHKの公式サイトから。
奥山朝利(でんでん)を殺してしまった
政次(高橋一生)が次郎法師のもとを訪ねる。
次郎法師は手負いの政次を寺でかくまうことにする。






















父を討たれたしの(貫地谷しほり)は悲嘆にくれるが、
小野家に嫁いでいた妹のなつ(山口紗弥加)の口から
意外な事件の真相が語られていく。
一方、松平元康(阿部サダヲ)は今川家に反旗を翻すが、
駿府に残された妻の瀬名(菜々緒)は
窮地に立たされてしまう。
今川と松平が戦を始めたと聞いた次郎法師は
駿府に残された瀬名の事が心配になり…。























第10話のKEYパーソンは”なつ”
しのの妹で、政次の弟・玄蕃(井上芳雄)に
嫁ぐが、夫を桶狭間の戦いで亡くす。
玄蕃亡き後も嫁ぎ先に留まると、
父・朝利に政次を通して
伝えたことから惨事がおこる。

父の死を悲しむも、なつは
井伊家家中たちが驚くことを言い出す。



SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「嘘の戦争」第9話のあらすじ。最終章突入15分拡大SP! 暴走する復讐の標的はまさかの恩人 [ドラマ]
















嘘の戦争 あらすじ

「嘘の戦争」第9話のあらすじは
フジテレビオフィシャルサイトから。
〈天才詐欺師の復讐劇〉
最終章突入15分拡大SP!
暴走する復讐の標的はまさかに恩人…。
宿敵一族との激化する騙し合いは全面戦争へ!
詐欺師を騙す一族の切り札は衝撃アノ人。





SPONSORED LINK


















30年前の一家殺害事件に関わる人物を次々と
ワナにはめ、ついに最大の標的である
興三(市村正親)に復讐するチャンス
つかんだ浩一(草彅剛)だったが、
30年前に生き残った”千葉陽一”と
同一人物だとバレてしまう。


























浩一は事件の証拠となる録音テープ
ネットでばらまき、ニシナコーポレーションの
粉飾決算をバラすと脅し、会長に謝罪を要求。




























その一方で興三の手下である六車(神保悟志)と
激しい攻防戦を繰り広げる。
そんななか、浩一は亡き父が一家殺害の
元凶となったOL殺害事件の証拠を守(大杉漣)に
託していたことを知り、愕然。

























守にも復讐しようと、離婚して以来
疎遠になっている娘・七沢由美子(国仲涼子)に
接触をはかる。
恩人にも決して容赦はしない―――
復讐の鬼と化した浩一を心配する
ハルカ(水原希子)は…?
一方、浩一の策略で30年前の事件が
晃(安田顕)や楓(山本美月)の知るところとなり、
さらに会社の粉飾決算の事実も浩一に
知られてしまった仁科家は、窮地に陥る。





























そして家族と会社を守りたい一心の隆(藤木直人)は、
晃のミスに見せかけ、浩一が2000万円を
強奪した詐欺の証拠を握り、
警察に突き出そうとする。
さらには百田(マギー)に接触し、
浩一に反撃しようと動き出す。
詐欺師・百田は隆に手を貸すのか?





















正体がバレ、恩師への復讐も果たそうとする浩一は、
この最大のピンチをどう切り抜けるとか


フジテレビ連ドラの中で唯一
ふた桁視聴率。
月9、木10、日9もひと桁視聴率。
この分だとフジテレビの
連ドラ枠が無くなるのでは?
テレビ朝日のように
フジテレビで視聴率が取れた連ドラを
シリーズ化した方が早いと思うのだが
フジテレビさん、ガンバレ






SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「べっぴんさん」第128話のあらすじと感想。結婚は家と家との結びつきなのだろうか? [ドラマ]









べっぴんさん あらすじ


「べっぴんさん」第128話のあらすじと感想。

すみれたちは、さくらと健太郎の
結婚を受け入れようとするが、
跡取り問題で坂東家と村田家は
意見が対立してしまう。

一人娘と一人息子の結婚。



SPONSORED LINK




君枝夫婦は普通、女性が男性の家に
入るのが普通でしょ?と。

さくらと健太郎は、両親たちの考えが
古いと主張するが、聞いてもらえず…。
結婚とは家と家との問題や。


あの時代ではそういった問題が
当たり前にあったでしょう。
健太郎やさくらが言う、
両親の考えが古いというのが
今の時代ではあっさりと受け入られた
ことがあの時代では難しかったでしょう。
一番に2人の幸せを考える。
親の思いは色々あるでしょうけど…。





坂東家を継がないと言ったら?
健太郎くんとの結婚話は白紙だと紀夫。




みんなで育てたら良いとさくらが言って
くれたことを良子は君枝に話し
私たちって、キアリスって
家族なんだなって思ったと。



長女のゆりは好きに潔と結婚し
坂東家を継ぐのはさくらになった
ことを悪いと思っていたとさくらに謝る。




ゆりと潔(坂東家に入り婿するよう言われ
育っていた)との結婚の時のことを
潔は紀夫たちに話し、
潔が幸せになるんだったらと潔は父から言われ、
五十八はゆりに「潔くんの所へ嫁に行け」と
言ってくれた。
潔は紀夫くんのお父さん
話を聞いてみたらどうだろうかと提案する。





結婚とは家と家の結びつきと
言われているが、
何と何を繋げたら良いのかと
分からない紀夫でした。







SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

月曜名作劇場3月6日放送予定「みなと署落とし物係・秘密捜査官危険な二人」浅野ゆう子さん、遠藤憲一さんダブル主演 [ドラマ]













月曜名作劇場 放送予定

月曜名作劇場3月6日の放送予定は
「みなと署落とし物係 秘密捜査官危険な二人」
あらすじはTBSの公式サイトから。



SPONSORED LINK




80億円錬金術師の開始事件。
落とし物係が特命捜査で巨悪を討つ!
失踪した刑事を捜せ!なら~神戸開港150年。
夜空に響く殺人汽笛
浅野ゆう子さん、遠藤憲一さん主演サスペンス




















秘密捜査官。警察組織として
表沙汰に出来ない難事件を秘密裏に
捜査するプロフェッショナル
その特命を受けるのは、元捜査一課エリート刑事で、
今は落とし物係の里崎直美(浅野ゆうこ)と、
叩き上げの肉体派刑事星野翔(遠藤憲一)。
義理の姉弟で犬猿の仲である二人が、
極秘捜査で巨悪に迫る。



















詐欺まがいの商法で巨万の富を得たまま、
姿を消していたエコノミスト・京極龍園(佐野史郎)が、
復活を銘打った講演の最中に倒れ、死亡した。
























翌日、みなと署の星野翔ら
刑事課の刑事全員が集められ、
極秘任務が与えられた。
京極の講演会場にいたのを最後に、
行方不明になった捜査一課の刑事・
古室(桐山漣)を捜せというものだった。


その理由を明かさぬ本部からの命令に、
星野は違和感を覚える。
同じみなと署の落とし物係に、
元捜査一課の頭脳派刑事・里崎直美がいた。
正義感が強く、署内一のプロファイラーとして
将来を嘱望されていたが、組織に背いて
警察内部の犯罪に迫ろうとして課長と衝突し、
1年前に落とし物係に配転されたのだった。


















里崎は星野の亡くなった妻の姉で、
10歳の息子・進(鈴木福)と2人暮らしの
男所帯を気遣い、何かと進の面倒を見に来ていた。
が、星野にとってはありがた迷惑。
頭脳派と行動派、性格も水と油のごとく
反りが合わない二人だからだ。



SPONSORED LINK
















その里崎が元上司で警視庁の警務部長・
西郷(高橋英樹)に呼び出された。
失踪した古室刑事が里崎の元部下で、
警視庁刑事部が密かに古室を捜している
ことを知った西郷は、京極事件の裏に
巨大な闇があるのを感じ、警視庁の捜査員・
塚本亜季子という偽名で捜査を行なうよう、
里崎を秘密捜査官に任命する。
























こうして、はからずも里崎は星野と
同じ事件を追うことに。
たった一人で、捜査を開始した里崎は、
変装して京極が講演した会館の担当者・
津野田(石橋保)を訪ねるが、その姿を
星野に目撃されてしまう。
そんな時、古室が長峰(隈本晃俊)という男の
殺害事件現場の防犯カメラ
映っていたという情報を得る。



















現場を訪ねた里崎は、暴走してきた車に
轢かれそうになるが、間一髪、星野に助けられる。
特命捜査が危険を伴うと感じた星野は、
対立しつつも、里崎に協力を申し出る。
現場主義の星野は、京極が亡くなった時に傍にいた、
司会の大村エリ(森尾由美)、薬剤師の名高(曾我廼家文童
撮影担当のカメラマン・多田(内場勝則)を訪ね、
当時の状況を聞いていく。



名高役の曾我廼家文童さんは、NHK朝ドラ「べっぴんさん」に
坂東家の執事・井口忠一郎・忠さん役で出演されました。





















一方、里崎は京極の死体検案書から、
内ポケットから泥のついた旧一万円紙幣が出てきたこと、
体内からある成分が検出されたことに引っかかる。

















里崎に頼まれ、古室の部屋を捜査した星野は、
部屋の中から古室の出身地・奈良の加里屋町に
まつわるものを発見し、古室の故郷へ向かう。
そこには古室と京極、さらに殺された長峰との接点が
20年前、京極に騙され、町にあった
小さな商店街が消滅したという事件があった…。




SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ