So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ「東京タラレバ娘」ヤフーの感想と第7話のあらすじ。三人娘、伊豆へ。そこに待ち受けていたものは!?恋だけではなく、仕事でも転機を迎えた倫子に、衝撃の展開が訪れる。 [ドラマ]












ドラマ タラレバ娘 感想

ドラマ「東京タラレバ娘」
ヤフーのみんなの感想は40%☆5、
みんなの評価は☆3.24点。
東村アキコの大ヒット漫画
待望のドラマ化

第7話のあらすじは日本テレビの公式サイトから。



SPONSORED LINK



三人娘、伊豆へ。
そこへ待ち受けていたものは
恋だけではなく、仕事でも転機を迎えた倫子に、
衝撃の展開が訪れる第7話。







恋も仕事も崖っぷちだった倫子(吉高由里子)に、
早坂(鈴木亮平)から仕事の依頼が舞い込む。
それは、早坂の地元でもある北伊豆町の
町おこしPRドラマの脚本だった。















小さな仕事のため、正直気乗りがしないまま
香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と一緒に
北伊豆へ向かう倫子。
だが、ドラマを企画した早坂の
恩師・田口(田山凉成)たちの
「ドラマを通して町の魅力を1人でも多くの人に届けたい」
という熱い思いに心動かされ、
一度書いた脚本を捨てて新たに書き直すことに。



















翌日、撮影現場にはADとして
生き生きと働く倫子の姿が…。
倫子は仕事の楽しさを思い出し、
仕事への意欲を取り戻していた。


















そして、そんな倫子の姿に
KEY(坂口健太郎)は何かを感じる…。

















一方、小雪は、丸井(田中圭)との
不倫関係を父・安男(金田明夫)に
知られてしまう。


















SPONSORED LINK





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「相棒15」ヤフーと第16話感想と第17話”ラストワーク”のあらすじ。殺人予告ともとれる凶悪な投稿動画動画投稿者の目的は? [ドラマ]










相棒15 感想

「相棒15」ヤフーのみんなの感想は
38%☆5、33%☆1。みんなの評価は☆3.15点。
「相棒13」三代目相棒・成宮寛貴さんの
卒業をあんな形にしたせいか、ヤフーの感想、評価は
あれ以来微妙ですね。
視聴率は相変わらずふた桁で推移しています。


SPONSORED LINK









「相棒14」第12話で登場した
快楽殺人犯・北一幸が
「相棒15」第16話にも登場しました。

陣川警部補(原田龍二)が又淡い恋心を抱き
(とにかく惚れっぽい)、
プロポーズまでしたのに相手が
殺されてしまって犯人を突き止め、
殺してしまう寸前で右京たちが止めに入る
といった話を覚えていらっしゃいますか?













その時に、自分の犯行にしてあげるからと
犯人を逃がし犯人隠避で捕まった
快楽殺人犯の北一幸。






伊丹が一年前に逮捕した快楽殺人犯。
特命係も因縁深いシリアルキラーの話。
北一幸を演じた野間口徹さんの凄いですね。
何でもないサラリーマンから
こういった殺人犯まで幅広い。















末期がんで入院中の北一幸が
治療中の病院から見張りの
潮崎巡査を殺して逃亡。
北が殺したのではなかったのだが。




見張りの潮崎巡査はゲイであることを
同僚に暴露され、辱めを受け自殺。
入院中の北に色々と話をしていた潮崎巡査。
北は自分の為に殺人はしない。
人の為に殺人を行う人間。
殺人は絶対にいけないのだが…。
もともと人を殺したいという
気持ちを持っているのかもしれない。
名古屋大学の元女子大生のように。
怖い話だ。
現実にそういった人がいることが怖い。



















第17話「ラストワーク」のあらすじは
テレビ朝日の公式サイトから。
凄惨な監禁現場を映した映像は虚構か犯罪か
ネットを介した不気味な事件に特命係が切り込む














SPONSORED LINK








”スガチー1888”と名乗る若い男が、
数日後に投稿した「ラストワーク」と
いう動画がネットで話題を呼んでいた。
動画には、拳銃を持った謎の人物に脅され、
恐怖におびえながらステーキを
食べる初老の男性(渡辺哲)が映っており、
フィクションかリアルな犯罪動画か
物議を醸しているのだ。




















警察としては、放置してしまうと後で
責任を問われかねず、かといって
この段階で”捜査”を始めると
「表現の自由の侵害だ」と批判されかねないため、
捜査権のない特命係に”調査”の指令を下す。
























それを受け、さっそく動画の投稿者に
ついて調べ始めた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、
青木(浅利陽介)からスガチー1888が
中嶋(尾上寛之)という若い動画クリエイターで
あるという情報を得る。
青木によると、中嶋は事故や事件の現場に赴き、
その映像に自作のラップや音楽などを
付けてネタにするという不謹慎な動画で
話題を呼んでいる人物だという。




















まずは本人から事情を聞こうと、
中嶋の行方を捜し始めた右京と亘だったが、
自宅マンションは家賃滞納で引き払っており、
行きつけの動画スタジオにも最近は
来ていないらしい。

















そんな中、中嶋が「ラストワーク」の第2弾動画を投稿。
そこには、クロロホルムをかがされて
昏倒する初老の男性が映っていた。
いよいよ、リアルな犯罪動画の可能性が高まる中、
右京と亘は背景などから動画が
投稿された場所を特定。
手分けして”調査”を勧めると、
初老の男性の意外な過去が
明らかになっていき…














世間を騒がし始める、
殺人予告ともとれる凶悪な投稿動画
動画投稿者の目的は?
そして初老の男性の運命は
ネット動画を追求する特命係を
待ち受けるのは、喜劇か、悲劇か?










脚本は森下直さんです。


SPONSORED LINK

タグ:相棒15 感想
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「べっぴんさん」第123話のあらすじと感想。仮店舗”ベビーショップあさや”開店初日。 [ドラマ]













べっぴんさん あらすじ



「べっぴんさん」第123話のあらすじと感想。

さくらたち若手社員は、老朽化が
進んだ「キアリス」の本店を改修する期間、
仮店舗を任されることになり、
健太郎はリーダーシップを発揮する。



SPONSORED LINK



すみれたちは、不安を覚えながらも
見守ることに…。

どういったお店にするか?
キアリス以外の商品を置いても?
と色々意見が出始めるが…。
経営者の身内がいることで
ぎくしゃくする。
阿部がこういうのやめませんか?の
一言で。




オライオンの潔に相談。
キアリスの商品以外に
ストッキングなどを置いてみるが、
客は来ず、
初日は2つしか売れなかった。

お坊ちゃんの思い付きで
振り回された気分やわ。





狭い店に6人も人居るか?
売るためにどんな努力をした?と
勝二が健太郎、さくら、阿部に話す。




そんな時、栄輔が紀夫、すみれの
元にキアリスに協力を求める話を持ってくる。







健太郎とさくらは宣伝のための
ベビーショップあさや”のポスター
夜遅くまで作っていた。
二人だけでいることを聞いた紀夫は…。
気がきではない。

さくらは付き合っていることを
両親に話そうと健太郎に話すが…。




子離れと親離れが同じ時期だと
問題はないのですが…。

私ごとですが、うちは一人息子。
いつの間にか、子離れ、親離れ
してました。
大学から親元を離れた事が
大きかったと思います。

娘だと特に父親の方がなかなか子離れ
出来ないのではないでしょうか?
割と母親の方が子離れ上手なのでは
ないかと思うのですが…。









SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ「カルテット」第7話のあらすじ。夫婦の恋物語後編妻の決意、夫の後悔…決死の逃亡・涙の決別…怒涛・急展開 [ドラマ]

















カルテット ドラマ



TBS火10ドラマ「カルテット」
激動の第7話のあらすじはTBSの公式サイトから。

ひと桁視聴率ですが評判は良いですね。
タイムシフト視聴率は良いのではないでしょうか?
リアルタイムで見て録画をしておいて
又見直すという事をしている私です。



SPONSORED LINK












夫婦の恋物語後編
妻の決意、夫の後悔…決死の逃亡・
涙の決別…怒涛・急展開

「こんな人間の人生なんかいらない」
終わりの始まりそれぞれの結末。




















なぜ、すずめ(満島ひかり)は縛られていたのか?
なぜ、有朱(吉岡里帆)が別荘へ来たのか?
なぜ真紀(松たか子)のヴァイオリンを盗もうとしたのか?
その真相が語られていく。

















真紀の夫・幹生(宮藤官九郎)が真紀のヴァイオリンを
取り戻そうとして有朱が別荘のベランダから
落ちてしまった。
有朱は大丈夫なのか?













別府(松田龍平)が会社の倉庫に閉じ込められた。
家森(高橋一生)は青いすぐりを持った猿を
捕まえるというバイトは成功するのか?


真紀は義母・鏡子に幹生との離婚
決意したことを話す。
一方的に嫁が悪いと思っていら鏡子だったが
真紀の気持ち、女の気持ちが分かって…。


第6話で真紀の夫さん・幹生の登場で
一気にミステリードラマに。
どうなる?カルテットのメンバー。




SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「嘘の戦争」第8話”愛憎の裏切り”のあらすじ。浩一(草彅剛)の壮絶な復讐劇もクライマックス突入! [ドラマ]










嘘の戦争 あらすじ

「嘘の戦争」
第8話”愛憎の裏切り”のあらすじは
フジテレビオフィシャルサイトから。

30年前、一家心中に見せかけて家族を
殺された浩一(草彅剛)は、事件の首謀者で
復讐の最終目標でもある興三(市村正親)に
近づくため、娘の楓(山本美月)と婚約


SPONSORED LINK















一家殺害のきっかけを作った長男の晃(安田顕)も
破滅させ、着実に興三を追い詰めていく。
さらに、仁科家の周辺で怪しい動きを
見せる六車(神保悟志)も30年前の実行犯だと
にらんだ浩一は、六車を陥れるための罠を仕掛けることに。



















危険な計画を前に浩一の身が心配になった
ハルカ(水原希子)は、「死ぬところなんて
見たくない。浩一が好きだから」と、
思わず自分の思いを口にしてしまう。
しかしそんなハルカの身に六車が忍び寄っていた。
























病院ではわずかに言葉を取り戻した興三が
千葉陽一の名前を口にしていた。
聞き覚えのない名前に浩一との関係を疑う楓。
しかし隆(藤木直人)は、浩一こそが千葉陽一だと気づく。


















隆は、自分や晃に仕掛けられた
USBウイルスで2000万円をだまし取られた事で、
浩一を警察に突き出せるだけの証拠を持っていた。


























浩一に会いにやって来た隆は金で
解決しようと話しを進めるが、
浩一は興三が”30年前の事件の隠蔽”を語る
録音テープでニシナコーポレーションの
弱みを握っていた。

録音テープが最後の切り札。
浩一は首謀者の興三に
復讐することが出来るのか?
























張りつめた空気の中で二人が取引をしていると、
そこにある人物が現れて…?







いよいよ浩一の壮絶な復讐劇も
クライマックスに突入し、
一刻を争う事態に発展していく…!




SPONSORED LINK





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

月曜名作劇場2017年から夜9時から変更。「刑事夫婦」第3弾!警視庁エリート女刑事と現場一筋所轄刑事が織り成すハートフル刑事ドラマ。 [ドラマ]

















月曜名作劇場 2017


月曜名作劇場の放送時間が
2017年から変更されました。
夜8時からに。
2月27日は「刑事夫婦3」放送されます。
2014年2月にスタートした「刑事夫婦」シリーズ。







SPONSORED LINK









警視庁のエリート女刑事・涼子と
現場一筋所轄刑事・太郎のの夫婦が
織り成すハートフル刑事ドラマ第3弾!






あらすじはTBSの公式サイトから。
警視庁捜査一課のエリート女刑事・
加賀美涼子(鈴木砂羽)はある日、
高校の同窓会に出席。
そこで同級生だった麻美(葉月里緒奈)と
24年ぶりに再会する。
外科医となっていた麻美と昔話に
花を咲かせていたが、そこに涼子の夫で
城南署の刑事・太郎(石黒賢)と
部下の亀田(迫田孝也)が現れる。





















強盗犯が同級生を装って会場に逃げ込んでいたのだ。
涼子の咄嗟の行動で被疑者は逮捕され、
大事にはならず会場は再び和やかな雰囲気に戻った。












そこへ、高校時代野球部のエースで涼子たちの
憧れだった神谷祐介(加藤虎ノ介)が入口に姿を現した。
投資コンサルタントをやっているという神谷は、
涼子が会場内へ促すも麻美から差し出された封筒
受け取るとすぐに去ってしまった。
























翌朝、涼子が太郎に高校時代の麻美や
祐介の事を話していると、太郎に
窃盗事件の連絡が、その直後には
涼子に殺人事件の連絡が入る。
事件現場である公園にやってきた
涼子は部下の美香(星野真里)から階段上へと誘導され、
オーロラホテル社長の白井美彌子(大沢逸美)の遺体と対面する。







SPONSORED LINK
















美彌子はホテル業界の革命児・
やり手女社長と話題になっていた有名人だ。
彼女の携帯電話の着信履歴を調べてみると、
最後の着信に元夫で有名小説家の漆原謙三(清水紘治)の名前が。



























涼子と美香はさっそく漆原邸を訪れて話を聞くが、
早々に追い返される。
帰り際、涼子は、玄関に医療用の杖があるのを見つける。
捜査一課ではアリバイがなく
動機も十分であることから
漆原が最重要人物と睨むが、
涼子はどこか引っかかる。





















自宅にいても気になる涼子は、
寝ている太郎を起こして一緒に
現場を歩き回るうちに涼子は気づく。
杖をつかなければ歩けないほど足の悪い漆原が、
階段を上がらなければいけない場所に
人を呼び出すはずがないと。




























犯人は別の人物の可能性が高いと確信する涼子と太郎。
その後、涼子と美香は右腕として
白井社長を支えてきた唐木田(新井康弘)に
話を聞くためオーロラホテルを訪ねる。















社長室を調べていると、引き出しの中から
涼子の同級生・神谷の名刺が出てくる。
すぐに名刺の電話番号に連絡してみるが、
現在は使われていないというアナウンスが。
しかし、この番号から白井社長の携帯
電話をかけていることも判明。




















殺人事件の容疑者の一人として浮上した神谷。
信じたくない涼子だったが…。
一方、太郎が担当している窃盗事件を調べていくと、
前科のある熊田(森下能幸)という男が
容疑者として浮上した。





















能田は、しばらく自宅には戻っていないようだったが、
最近は羽振りが良く派手に遊んでいるとの事だった。
同じく、涼子が事件を調べ勧めていくと、
白井社長殺人事件に太郎が追っている
容疑者の能田が関わっている可能性が出てきた。
そんな時、涼子たちの元に、
能田が遺体で発見されたという知らせが入った。





SPONSORED LINK






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「A LIFE∼愛しき人」第7話のあらすじと感想。深冬(竹内結子)のオペ方法見つける沖田(木村拓哉)。 [ドラマ]







愛しき人 感想


「A LIFE~ 愛しき人」
第7話のあらすじはこちらの方に。
http://terebi-dorama-jyohou.blog.so-net.ne.jp/2017-02-26

深冬は沖田にも壮大にも
「障害が残っても生きていたい。
娘のそばにいたいの」と話す。
しかし、沖田は腫瘍を完治させる
オペ方法を諦めず探すからと。





SPONSORED LINK












そんな時、小児科に14歳の少女・茜が
入院してきて、乳がんの疑いを抱く沖田。
しかし、乳腺科の児島は
「14歳で乳がんの前例はない」と
それ以上検査することを拒否。







諦めきれない沖田は少女の乳がんについて調べる。
10歳の症例があることを見つけ
児島に報告し、生検等の許可を得る。

初期の乳がんと診断され、児島と
沖田で手分けして手術をすることに。
乳腺科の児島は「可能性がゼロなら
追求すべき。本当ですよね。おかげで
早い段階でオペが出来た。
勉強になったわ」と沖田に礼を言う。

深冬は論文を書いて残す。
























沖田の実家の寿司屋に井川と
オペナースの柴田由紀を連れていく。
井川のずけずけした質問に
答える沖田の父・一心。
寿司屋を継ごうと思わなかったんですか?
なんで一浪してまでそれも
日邦大の医学部ですもんね。
(三流大学

でもオペの腕は良い。
センスと才能


一心は「それは母ちゃんが死んだおかげだな」
母の死で医者になることにした
沖田だったのだと知る井川たち。

















深冬の病気のことはまだ父・院長にも話していない。








SPONSORED LINK









榊原実梨は壮大と愛人関係復活、
檀上記念病院の顧問弁護士で戻ってくる。
しかし、壮大が深冬と沖田のことで嫉妬し、
自分の手に入らないのならいっそ、
沖田が手術を失敗すればと思ったりと
壮大の気持ちを知レバ知るほど、
自分のことなど都合の良い女くらいに
しか考えてない壮大だと気づく実梨。































桜坂中央病院との合併がうまくいった事で
銀行からの融資を受けれることに。
小児科をなくすつもりだと羽村に話す。
手に入らなければ潰せばいい。









深冬のことも自分に気持ちがないのなら
いっそ死んでしまえばいいと
思ってますよね。と榊原に言われる。















シアトル中央病院からのメール。
”自分のモットー”を贈ることしかできない。
初心に帰れ。
今まで自分が関わってきた
手術記録を読み直す沖田。
深冬のオペ方法を見つけ出すために。



心臓のオペに使う方法を脳に
置き換えて…
沖田は深冬のオペ方法を見つける。






自分が思っている以上に
医者だったと深冬。
オペ方法が見つかったと深冬に報告。
絶対ここに戻ると深冬。
沖田と深冬の手術室でのシーン。
それをモニターで見ている壮大。
嫉妬心メラメラでしたね。
浅野忠信さん、怖いです。
自分は顧問弁護士を愛人にしているのに。
男性のそういう勝手な所が
分かりませんね。



壮大にも深冬のオペ方法を報告。
やっぱりお前を信じて良かったよ。
いやいや、心では思っていないくせに。
壮大の微笑みの裏を思うと怖いですね。
男の嫉妬ほど醜いものはないです。







顧問弁護士として檀上記念病院に
残ることになった榊原。
反撃に出ましたね。
深冬が脳腫瘍があるにも
かかわらず外科的治療を行っていた。
事実を知りながら働かせていた
副院長の責任問題だと発言。
顧問弁護士なのに。
守秘義務もなんもあったもんじゃない。


深冬の病気を知っている沖田、井川、
柴田がそれぞれアップされ…。
深冬の父である院長の驚き。
壮大は副院長の椅子を追われるのか?



SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「べっぴんさん」第122話のあらすじと感想。仮店舗での営業はうまくいくのか若手社員の結束力を高めるために。 [ドラマ]









べっぴんさん あらすじ



「べっぴんさん」第122話のあらすじと感想。
第22週「母の背中」に入ります。

「キアリス」で
阿部と健太郎は開発宣伝部に
配属される。
さくらは念願のデザイン部に
配属される。




SPONSORED LINK





が、デザイン案を
すみれたちに却下され、
”キアリスらしさ”に
ついて思い悩む。
具体的に指摘しないすみれたちに
さくらは?
キアリスらしさとは?



何十年もあんなんでようやってこれたなと
思うわとさくら。
経営の勉強をしてきた健太郎は
開発宣伝部に配属されたことで…。




開発宣伝部に配属された阿部と健太郎。
経営陣の身内が入社したことを
快く思わない社員たちが居て、健太郎には
なぜか冷たい視線。




勝二の喫茶店に何か食べるもんないの?と
いう客が来て、万博で食べたハンバーガー
美味しかったと話す。
龍一は買い物に行き、ハンバーガーを作り
客に出すとこんな感じやったわ。美味しいわ。と。
きっと、ハンバーガーとコーヒーの店になるんでしょうね。







1か月後、
キアリスの本店が雨漏りし始め、
改修工事に2、3週間かかるという。
健太郎は仮店舗で商品を売らせて下さいと
紀夫たちにお願いする。

さくらは健太郎くんは経営の勉強をして
きたんです。チャンスをあげて下さい。
さくらは母・すみれのことを
「すみれさん」と呼んでいましたね。
親子でもそこは違うと思うのですが…。
上司だし、役職名で呼ぶとか…。
そういうところが他の社員に
良く思われない所なのではないでしょうか?






紀夫は健太郎1人ではなく
開発宣伝部の皆でやってくれと提案。
経営者の身内が開発宣伝部に入ったことで
快く思っていない社員たちと
上手くやっていけるのか?




紀夫は健太郎のそういった立場を
分かっていて許可をだしたのだが…。
仮店舗での期間限定の売上は?






SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「突然ですが、明日結婚します」第6話のあらすじ。名波と同棲生活を始めたあすかは? [ドラマ]














突然ですが、明日 あらすじ

「突然ですが、明日結婚します」
第6話のあらすじはフジテレビもオフィシャルサイトから。
第5話では、あすかの実家で名波(結婚したくない訳あり男)と
神谷が鉢合わせすることになり、
神谷の方はかなりライバル意識してました。
神谷が乗ったタクシーがたまたま、
あすかの父・新太郎(古舘寛治)だったことから
うちに来て下さいということになったという。



SPONSORED LINK










キャリアアップにもつながるという
いずみ証券と始める共同プロジェクトも
受けることにしたあすか(西内まりや)。
これからもいずみ証券の
神谷(結婚に利益を求める男)とは
仕事上でも一緒になることが増えるということだが…。

第5話の視聴率は6.2%。
第4話よりまた0.4%下げ
月9史上最低を更新。






月9ドラマ4月期は嵐の相葉雅紀さんで決定。
2015年に「ようこそ、わが家へ」以来
2回目の月9ドラマ出演。
さて視聴率を取り戻すことが出来るのか?
月9ドラマ自体が危ういフジテレビ。













あすかは、名波(山村隆太)と
同棲することになった。
莉央(中村アン)と交際を始めた小野(森田甘路)が
彼女の部屋に引っ越すことになり、
小野のマンションを使えることになったのだ。


SPONSORED LINK


















あすかは、名波たちにも手伝って
貰って引っ越しをする。
ところがそこに、典子(石野真子)
、新太郎、奏(葉山奨之)が現れる。
家族には莉央、桃子(岸井ゆきの)と
3人で暮らすと嘘をついていたあすかは、
とっさに名波と小野をバルコニーに追い出し、
なんとかその場をしのいだ。





























あすかは、毎日深夜2時に家を出る
名波を見送ろうと張り切るが、
起きることが出来ない。
それを知った莉央は、同棲のコツは
無理をしないことだと助言する。





















実はあすかは、名波に心配をかけまいと、
夕子(高岡早紀)に誘われて一緒に
食事をしたことも打ち明けられずにいた。










名波は、「モーニングYELL」の
ゴールデン特番の準備や、
メインキャスターを務める
報道特番のための勉強で多忙を極める。















名波から、あすかと同棲を始めたとの
報告を受けていた三上(沢村一樹)は、
彼のことが心配でならない。
一方、神谷(山﨑育三郎)は、
バスケットボールの試合チケットの
ことで奏に電話する。




そこで神谷は、あすかが同僚と
ルームシェアを始めたと教えられる。
ある夜、会社にマンションのカギを
忘れてきてしまったあすかは、
名波に連絡して鍵を借りに行く。
だが、そんな二人の姿を見つめる人物が…。



SPONSORED LINK





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

山口幸三郎さん小説ドラマ化。「視覚探偵・日暮旅人」第6話のあらすじ。旅人が雪路に近づいた理由 [ドラマ]












日暮旅人 小説 あらすじ


山口幸三郎さんの小説
探偵・日暮旅人」シリーズをドラマ化。

「視覚探偵・日暮旅人」第6話のあらすじは
日本テレビの公式サイトから。



SPONSORED LINK




第5話で増子たちが集めた「ロスト」に関する
資料をこっそり漁っていた白石刑事は、
20年前に監禁し死んだと思っていた
子どもが旅人であることに気付き、
旅人の計画の前に立ちはだかろうと…。



20年前に両親を殺害し、
5歳だった自分を「ロスト」と呼ばれる
ドラッグの実験台にした犯人を
突き止めるため、旅人(松阪桃李)は
当時事件に加担した一人である
刑事の白石(吹越満)を脅迫する。






白石刑事役の吹越満さんは
テレビ朝日の水9「相棒」のあと、
4月期ドラマ「警視庁捜査七係」12シリーズに
青柳刑事でレギュラー出演が決まっています。















しかし、帰りがけに探し物探偵事務所
一階に入っているキャバクラ「全治3か月」の
新人ホステス・ハルカ(ともさかりえ)の顔を
偶然視た途端、旅人はなぜか意識を失ってしまうのだった。

















一方、雪路(濱田岳)はドラッグの
密売ルートを探る刑事・増子(シシド・カフカ)から、
旅人が幼少期に誘拐・監禁されたこと、
旅人の父・日暮栄一が雪路の父で
政治家の雪路照之(伊武雅刀)の秘書
していたことを聞かされ、今まで旅人が
正体を隠したまま自分に近づいていた事に
ショックを受けていた。
























その頃、気を失っていた旅人が運び込まれた
キャバクラ「全治3か月」で目を覚ますと、
店の縄張りを巡って鳥羽組のヤクザ・
今林(池田鉄洋)と客として来店していた
権藤会の間で構想が起き、店内は騒然としていた。





SPONSORED LINK

















権藤会の会長・権藤博(永島敏行)が発砲し、
皆が散り散りに隠れる中、ハルカと同じ
物陰に隠れた旅人は店内の状況を気にしつつも、
なぜかイライラと貧乏ゆすりをする
ハルカの様子を注意して窺っていた…。



























そんな中、たまたま来店していた
増子の相棒・土井刑事(和田聰宏)が
入り口に立ち塞がり、対立するヤクザ2組と
警察の間で複雑な状況に。
時を同じくして雪路と増子は、
生前旅人の父とも親交の深かった
ジャーナリスト・山田快正の娘である
一恵の元を訪ねる、政財界のあらゆる
巨悪を暴く情報が書いてあるという
通称「山田手帳」の在り処を
探ろうとする増子だったが、
一恵の話から旅人が2年半も前に雪路の兄・
勝彦(眞島秀和)の弟を装って一恵の元を
訪ねていたことを知る。




















2年半前といえば旅人と雪路がまだ
出会ってもいない頃…。
旅人の過去が明らかになるにつれ、
それまで固く結ばれたと思っていた
旅人と雪路の絆は大きく揺らぎ始める。
そして、謎の女・ハルカの正体、
追い込まれた白石の不穏な動き…
旅人の計画を巡り、事態はさらに大きく動き出す。





そこここに堤幸彦さん独特の
演出が見れるドラマ。


SPONSORED LINK






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ