So-net無料ブログ作成

土曜ワイド劇場の放送予定4月30日は”再捜査刑事・片岡悠介” [芸能]













土曜ワイド劇場 放送予定








土曜ワイド劇場の放送予定となるドラマ。
4月30日は”再捜査刑事・片岡悠介”
5月7日は”家裁調査官・山ノ坊晃~紛争解決100%の男”
5月14日は”逆転報道の女⑤”です。




SPONSORED LINK






30日の”再捜査刑事・片岡悠介”は
第1作は2010年、第2作は2011年、
2012年には第3作第4作、
2013年、2014年には第5,第6,第7作、
2015年には第8作を放送。
今回ので第9作目となります。

「死を呼ぶプロポーズ~結婚詐欺連続殺人
美人容疑者が刑事をナンパ
マフラーを絶対外さない女の謎を
X線と野沢菜が解く!!」













片岡悠介(寺島進)は警視庁の
”お荷物”部署・再捜査班に追いやられた
”鼻つまみ者”の刑事で、口うるさい母・
美知恵(吉行和子)と2人暮らしをしているバツイチ男。











”カタブツ美女”の奥村澪刑事(原沙知絵)と、
いじめられることで潜在能力を開花させる
”ドM"な浅野直樹刑事(金子貴俊)、
事なかれ主義で”定時退勤”がモットーの
姉川恵津子班長(あめくみちこ)と共に、
エリート刑事たちに解けなかった
迷宮入り事件の謎を解き明かしてきた。













ある日、街で女性の悲鳴を聞きつけた悠介。
駆け付けると、路地に美しい女性が倒れていた。
女性はジャーナリストの関川朋美(星野真里)と名乗り、
自転車にぶつかって転んでしまっただけだと謝罪。
しかし、悠介が再捜査班の刑事だと聞くと、
急に話したい事があると言い出す。











朋美は現在、”男と女の事件簿”という
特集記事を担当しているが、
過去の事件を調べていくうち、
どうしても腑に落ちない殺人事件に
行き当たったという。











朋美が疑問を抱いたのは、5年前、
同棲中の男女、椿山太(福島彰吾)と
落合久瑠実(佐藤詩子)が死亡した事件で、
椿山が久瑠実を絞殺した後、
自分の胸を刺して命を絶ったとして、
被疑者死亡で幕を閉じていた。








しかし、
朋美が調べたところ、2人の関係は良好で、
かつ椿山は自殺するようなタイプの
男ではなかったという。


「私にも、真実を見逃してはならないという
正義の心があるんです!」という朋美の
まっすぐな言葉を聞いた悠介は、
すっかり彼女に心酔。



SPONSORED LINK










朋美の役にたちたい一心で、澪や浅野を
巻き込んで5年前の事件を調べ始める。
まず現場の写真を確認した悠介は、
久瑠実の遺体の首に奇妙な傷跡が
ついているのを不思議に思う。












写真を見た科捜研の一二三祐希(吉田羊)は、
久瑠実がネックレスを着けており、
その上から凶器のマフラーで
首を絞められたのではと推測するが、
遺体にはもちろん、現場にもネックレスなど
見当たらなかったようだ。















一二三はさらに、久瑠実の傷の形状が、
3日前に公園で見つかった男の遺体が
身につけていたブレスレットのチェーンと
酷似していることを指摘する。








被害者は、ウェディング会社の専務・
井出文雄(ガンビーノ小林)で、
同社長の磯部小百合(渡辺梓)によると、
井出は近々、とても美しい女性と
結婚すると話していたという。




しかし、相手がどこの誰だか全く分からず、
捜査本部は井出が結婚詐欺にあった末、
相手の女が彼を殺害したのではと
考え始めていた。




ところが、その井出を騙した結婚詐欺師の女が、
なんと朋美とそっくりだとわかって…









SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ドラマ”私結婚できない じゃなくて、しないんです”第3話のあらすじと感想 [芸能]












結婚できない ドラマ






ドラマ”私結婚できないじゃなくて、しないんです”
第3話のサブタイトルは
「逆に楽しいデート」










十倉(藤木直人)の教えで”仮氏”を作ろうと
したみやび〔中谷美紀)へ、知り合ったばかりの
サラ―リーマン・石田(鈴木浩介)が交際を申し込んできた。



SPONSORED LINK





しかも「結婚を前提に」だが本命は
あくまでエベレスト男子・桜井(徳井義実)。








十倉曰く「エベレスト登頂の為の
高地トレーニング」を積むため、
みやびは少し申し訳なく思いながらも、
石田と付き合う事にする。











会社で「ミスターアベレージ」と呼ばれている
という石田は、何から何まで見事に平均的。



梨花(大政絢)から「普通がいかに貴重か」と
背中を押され、みやびはとりあえず食事をしてみる。








だがいちいち石田の気に入らない部分が
目に付いてしまう。
十倉の店で愚痴るみやびに、
十倉はデートの極意を伝授する。
その名「ライフ・イズ・ビューティフル」
デートの極意。
デートを楽しむ。
デートは最初の共同作業。
魔法の言葉で楽しくなるのだ。
目から鱗言葉とは、
「逆に楽しい!」
デートは常にプラス思考で。
















暫くして、石田から次のデートに母親を
連れて行きたいとメールが入った。
あまりに突然の”母親登場”にみやびは面食らうが、
仕方なく自分の母親・昭子(夏木マリ)を
連れてまさかの4者面談に臨む。











一方、優里(平岩紙)の家でクラス会が
開かれることに。優里の計らいで、
みやびは桜井と待ち合わせて行くことになり、
ワクワクのみやび。






優里役の平岩紙さんは、NHKの朝ドラ
”とと姉ちゃん”の森田屋の照代役で出演中。






バーベキューをし始めると、
橘さんって、昔は高橋先生が
好きだったんだよね。
手紙渡したんだよね。確か。



実は桜井くんに出した手紙だとは言えなかった。


皆でお好み焼き屋に寄って
桜井は橘に失恋したと思い
失恋ソング”M"(プリンセスプリンセス)を
歌ったんだと話す。





昔の話だから気にしないで。
今はそういうんじゃないから。



高校2年の回想シーンの曲、
今回は”M"でした。
私の大好きな歌です。



SPONSORED LINK









クリニック開業5周年記念パーティー
優里の家でクラス会をした
同級生も来てくれる中、
母親が勝手に石田も呼んでいた。

みやびは挨拶の中で
なぜか石田を婚約者として
紹介してしまう。
桜井が元カノとよりが戻った事を
同級生から聞いてしまったからだった。









十倉が店を出ようとしている桜井に
高校2年の時の手紙の話をする。
店に来たみやびとバッタリ桜井。
手紙のこと、ありがとう
分かってたらMを歌う事はなかった。
私も桜井君に失恋したと思ってた。
そこへ石田がやって来て
「お幸せに!」と桜井は帰っていく。









桜井に手紙の事を話したことを抗議すると…。
十倉は理想の男か
結婚できる男か
悩んで選びとれ!



”M"がバックで流れる。







みやびは石田にパーティーの席で
婚約者として紹介してしまった事を詫び、
好きな人がいることを打ち明けます。
すると石田は急に上から目線で。
あなたにとってラストチャンスですよ。
僕に貰われなかったらもう結婚出来ませんよ。



みやびは
結婚できないんじゃなく、しないんです!








桜井に告白しようとするみやび。
見かけたので声をかけようとすると
桜井に飛びついていく若い女性。

みやび「若ぁ~い」





SPONSORED LINK
































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”とと姉ちゃん”視聴率・第5週あらすじ「常子、新種を発見する」 [芸能]










とと姉ちゃん 視聴率







”とと姉ちゃん”の視聴率は
初回22.6%ではじまり20%を切ることなく
第3話と第20話が20.7%で自己最低、
第21話では26.4%と自己最高記録を出しました。


民放連ドラでは10%台を出すのにも
四苦八苦しているのに
羨ましい数字ではあります。



SPONSORED LINK






第5週「常子、新種を発見する」










干していた筈の鞠子(相楽樹)の制服がなくなった。
翌日、常子(高畑充希)は富江(川栄李奈)の部屋の前で、
見慣れないボタンを拾う。









学校で綾(阿部純子)の制服を見て、
常子は事情を察する。
配達帰りの富江に尋ねると、
衝動に駆られて着てみたら、
裏地が破れてしまい、
誰にも言えずにいたと告白する。















森田屋の皆に内緒で直そうと、
滝子(大地真央)のミシンを借りに行くも、
富江が制服を盗んだことが皆に知れ渡ってしまい…。














第5週のサブタイトルが
「新種を発見する」とあるので
帝大生・星野武蔵(坂口健太郎)が
出演するということなのでしょうね。














坂口健太郎さんが演じる星野竹蔵は
(漢字が違うが常子の父親と同じ名前)
青春時代の常子を支える青年。
帝大の植物学研究室で学ぶ大学生で、
植物学者を目指し、日々、新種探しに没頭している。

植物の話になると我を忘れるほどの
学者肌だが朴念仁で、恋愛下手(というより気付かない)。

互いに鈍感な常子と、とんちんかんな話になることも。
故郷の両親の期待を一身に背負っている。







SPONSORED LINK







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”とと姉ちゃん”第24話の感想 [芸能]
















とと姉ちゃん 感想






”とと姉ちゃん”第24話の感想。
不正を疑われて再試験を受けることに
なった常子。
意地悪なクラスメイトというのは
何時の時代でもいるものなんですね。



SPONSORED LINK








クラス成績一番の中田綾(阿部純子
と二人の勉強会が始まりました。
不正を疑いをはらす為にはクラス一番になること。
森田屋で仕事をしながら勉強を頑張ります。
不正の疑いを晴らすことに必死になっていました。









綾が間借りしている部屋にも教えに来てくれます。
お茶を持ってきた君子に綾は「常子さんは
物覚えが悪いですから。でも不正をはらすためには…」

「不正ってどんな事?」





常子が疑われた事を君子に話しているのを
美子が聞き、森田屋の大将に話します。





お手伝いの日ですからと常子が調理場に入ってきても
大将をはじめ森田屋の皆が勉強して来いと
応援してくれます。









夜勉強してた常子は調理場で照代(平岩紙)と
かかが野菜の下ごしらえをしている姿を見て奮起する常子。














再試験の結果が発表される。
第1位は中田さん、第2位は小橋さん。
意地悪をした、常子にカンニングの汚名を
きせようとしたクラスメイトは、口々に
中田さんのをみたのではないか?と教師に。






教師は中田さんが解答していない応仁の乱の
ところに小橋さんは書かれてあり正解だったのですから
それは絶対にありません。
これは小橋さん、本人の努力の賜物です。









学校の帰り道、常子は
約束破っても良いかな?
試験が終わったら一切声をかけないという約束。
もうすでに破ってるじゃない?と言う綾。
常子にも良いお友達が出来て良かったです。











私の制服が無くなっていたと常子に
言いに来る鞠子。
このことが森田屋に
大きな出来事を巻き起こすのです。
さてどんな出来事何でしょう?

富江(川栄李奈)が何か怪しげでしたね。
常子や鞠子が女学校に行っているのを
羨ましく思っている気がするんですけどね。



SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”お迎えデス”の視聴率・第2話のあらすじ [芸能]


















お迎えデス 視聴率



"お迎えデス”初回の平均視聴率は10.3%でした。
原作は田中メカさんの”お迎えです”



第1話で円の高校時代の同級生・緒川千里(門脇麦
は不慮の事故で死んでしまったがなぜか幸の家に匿われている。
四十九日まではこの世に居ることが出来るが…。
円に対して何か心残りな事があるらしい。
恨み?





SPONSORED LINK






第2話のサブタイトルは
”幽霊の片思い…言えなかった言葉を今”







あらすじは日本テレビの公式サイトからです。

円(福士蒼汰)は突然、幸(土屋太鳳)に告白。
一体何を考えているのか…。
そんな中、円と幸はナベシマ(鈴木亮平)から、
新しい仕事を頼まれる。
今回のターゲットは、14歳の和弥(加部亜門)。
彼は、心臓の病気で長く入院した末に亡くなった。












円と幸は、病院内をさまよう和弥に
成仏できない理由を聞こうとする。
しかし、和弥は大人を信用せず、
心を閉ざしていた。
そんな和弥の心残りは、
担当看護師・瑞江(比嘉愛未)との約束だった。













瑞江は心を閉ざす和弥にも
一生懸命に接していた。
生前に和弥は瑞江と、
退院したら病院の窓から見える観覧車に
一緒に乗ると言う約束をしたので、
それを守りたいのだという。














幸は和弥が円に憑依して瑞江と
観覧車に乗るという形で約束を
果たすアイデアを提案。
和弥は幸のアイデアを受け入れ、
もう一つ頼みごとをする。
メッセージを書いた大きな垂れ幕を用意して、
瑞江と乗るゴンドラが一番高い所に着いた時、
彼女に見せたいという和弥。














直接メッセージを伝えすに、
なぜわざわざそんなことをしなければ
ならないのか円は不思議に思う。











円が瑞江と二人きりで観覧車に乗るには。
彼女とデートするような関係性を作らなければならない。
とはいえ、女心が全く理解できない円には至難の業。
尻込みする円に幸は、この仕事をやるなら
円との交際について考えても良いと言う。
円は、自分なりに女心を研究し、
あの手この手で瑞江に近づこうとするが…。



反って怪しまれますよね。
さてこの計画は成功するのでしょうか?





SPONSORED LINK










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

テレビ朝日木9ドラマ”グッドパートナー最強の弁護士”竹野内豊さん [芸能]













竹野内豊 ドラマ テレビ朝日








テレビ朝日木9ドラマ竹野内豊主演の
”グッドパートナー無敵の弁護士”

第2話のサブタイトルは
”大逆転、鍵は300枚の領収書”




SPONSORED LINK








神宮寺法律事務所の顧問先である
「シンヨーメディカル」という会社が、
元社員から不当解雇で訴えられ、
咲坂健人(竹野内豊)と熱海優作(賀来賢人)が
当該案件を担当することに。












解雇理由は「会社の経費で飲み食いするばかりで
期待したほどの働きをしなかった」というものだったが、
解雇された元社員・小西勝也(野間口徹)は
「シンヨーメディカル」と”年棒1200万円の3年契約”を
結んでおり、1年で解雇されたのは
「労働契約法」に反する、というのが相手側の言い分だった。













小西側の言い分はもっともで、熱海は勝ち目がないと
判断するが、咲坂は「シンヨーメディカル」の依頼を引き受け、
小西の代理人・宮前克美(モロ師岡)と交渉を開始。




SPONSORED LINK








すると小西は1年での解雇を認める代わりに、
残りの2年分の給与・2400万円を支払う事を求めてくる。















一方、夏目佳恵(松雪泰子)と赤星元(山崎育三郎)は
顧問先「チドリ電工」の合併案件を扱っていた。
合意を目前にして、合併相手の「唐松物産」から
「白紙にしたい」という申し出があったことで、
佳恵は「唐松物産」側の代理人と直接交渉を試みる。









しかし約束の場所に現れた代理人は宮前だった!
なんと佳恵と咲坂は別々の案件で
同じ代理人と戦う事になってしまった。









ボスの神宮寺一彦(國村隼)から
「同じ代理人に2人とも負けたりしたら、
ウチはレベルの低い事務所だと思われる」と
発破をかけられた咲坂と佳恵。












仕事においてライバル心むき出しのふたりは、
自分の案件だけは負けまいと、
我先にと宮前との交渉を開始する。
だがそんな咲坂たちをあざ笑うかのように、
手玉に取る宮前。神宮寺は一言「遊ばれてる」
















遂にしびれを切らした咲坂は、
反則技と分かりつつも、宮前の依頼人である
小西に会うという挑発的な行動に出る。


挑発的な事を言ったりする時は、
弁護士バッチを外し「ひとりの人間として…」と話し始めます。

「何とでも言え!オレは法が守ってくれるんだ」
という小西。













宮前からは事務所の神宮寺に咲坂が
直接依頼人に会った事の抗議の電話。
さらに小西の経費使用履歴の整合性を確認することに。















咲坂は小西の事を「ああいう世の中をなめた自信家は
必ずどこかで油断する」と言う。








300枚の領収書を手分けして調べ始める。
一枚一枚の領収書に書いてある相手と
月日、時間、店を確認していく。
見つかる。
なんと何軒かは宮前弁護士との会食だった



咲坂と夏目の娘・みずき(松風理咲)が夫婦のカギに
なっていますね。
元の家族に戻って欲しいと思っているようですね。



福田靖さんの脚本は本当に面白いですね。





SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ドラマ”早子先生、結婚するって本当ですか?”第2話の感想 [芸能]











早子先生 ドラマ 感想










ドラマ”早子先生、結婚するって本当ですか?”
第2話の感想。
毎回ほっこりするドラマです。






SPONSORED LINK







松下奈緒さんが良い!
今までにない役柄、キャラクターで。











早子(松下奈緒)は、ダンディーな雰囲気の
男性・月島遼一(坂上忍)とお見合いする。
初めてのお見合い。




その席でちょっとしたトラブルが発生したが、動じずに
落ち着いた対応を見せる月島。
早子はそんな月島に好感を抱いていた。












ミカ(貫地谷しほり)とデパートに
早子の服を買いに行くが、当の早子は
マネキンと遊んでばかり。笑ってしまいました。











月島役の坂上さん、面白すぎ、気持ち悪すぎました。
私はもう会った途端にNOです。
月島のグッジョブが聞こえてくる。






ストレートに断らず、橋が苦手だと言いこんな醜態を見せて
しまって、早子さんの方からお見合いを断って下さいという。
そんな人居る?女性から断りやすいようにもっていった事なん
でしょうけど…。極端?
結局、付き合っていた女性が居るという事を
早子は目撃することになる。
最初から断るつもりだった?
優しい嘘と悲しい現実、
どちらが早子さんは良いですか?と
言う質問を思い出す。
優しい嘘をつかれたという事に気づかされました。
私も月島さんに嘘をついたんだよね。
カレーの話。



脚本は”ホテルノヒカリ”などを
手掛けた水橋文美江さんです。












逆上がりが苦手だった千駄木(八嶋智人)は、
港(間宮祥太朗)の指導の下で練習を重ねる。
やがて逆上がりをマスターした千駄木は、
自分のことをからかっていた児童たちの前で披露した。



SPONSORED LINK








そんな千駄木のもとに、目黒〔足立梨花
という女性から電話が入る。
職員室でその電話を受けた早子は、
もうすぐ約束の誕生日だから会いたいと
いう彼女の言葉を千駄木に伝えるが…。













ミカ、梅子(佐藤仁美)、早子は
トイレの落書きを見つけます。
除光液で消しますか?













アルバイト先で一緒だった目黒に千駄木は
会いに行くが目黒は結婚すると聞く。

ショックを受けたらしく一人牛丼を食って
一人泣いていましたと
早子に電話をしてくる港(。













一方、ミカ、梅子、舞(舞羽美海)は、ひとり
一品料理を持ち寄ってピクニック合コンに出かける。
舞はスーパーで出来合いのお惣菜を買い、
重箱に詰めている所を早子は目撃する。








が、途中で激しい雨に見舞われてしまい、
合コン相手の佐賀俊介(田中圭)たちとともに、
ピクニックの場所から近かった早子の家へと避難してくる。
早子の母・尚子(松坂慶子)と
父・辰志(尾藤イサオ)は、ミカ達を歓迎した。








佐賀さん役の田中圭さん、良いですよね。
大ファンです。
最近出演したドラマではTBS日曜劇場の”家族ノカタチ”
フジテレビ月9”5時から9時”







貫地谷しほりさんも良いですよね。
テレビ朝日の”おみやさん”スペシャルに出演されていたので
"おみやさん”の連ドラが始まったら良いのにと思っています。









真面目にやっていたらきっといい事があると
思っていたんですがと言う千駄木は、
元気がありません。
元気がない千駄木をミカ、早子、梅子の3人が元気づけようと
あの落書きがあったトイレに閉じ込めます。
落書きを見た千駄木は涙し、
国分寺三姉妹の落書き、メッセージで
元気になり婚活同盟に入ると言います。
断っていた港まで。







さて婚活同盟を結んだ先生たち、
誰が一番に結婚することが出来るのでしょう?
第3話には吉岡秀隆さんがゲスト出演されます。




SPONSORED LINK











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”とと姉ちゃん”第23話の感想・中田綾と親友になれる? [芸能]











とと姉ちゃん 感想



"とと姉ちゃん”第23話の感想。
帝大生の星野(坂口健太郎)と偶然、
又会う事になった常子でした。これから坂口さんの
出番が増えてくると思うと楽しみです。
学者肌の星野とどういった感じになるのか?




27日に放送された21話の視聴率が26.4%と
自己最高記録を出しました。
26日の20話が最低の20.7%で自己最低タイだったが
一日で最高を出しました。
第21話のお話はこちらです。
http://terebi-dorama-jyohou.blog.so-net.ne.jp/2016-04-27-1




SPONSORED LINK







星野はひまわりを見ています。
「会った事ありますよね」と常子に。
「絶対忘れたい事がないのに悔しいです。
どこで会ったかを忘れるなんて」
笑いながら常子は
「印象の薄い女で。
おかげで気分が晴れました」











ひまわりの花の話しを星野から聞いた
常子は心を一新して学校へ。が、
それを陰で見ていたクラスメイトが
大学生とベタベタしていたわよ。
と陰口を叩かれます。

異性と話していただけで
そういう風潮のあった時代。













試験中、後ろからカンニングペーパーを
常子の席に投げ込まれそれが先生に見つかり、
そんなことはしていませんと常子と押し問答。
そこで成績一番の中田綾(阿部純子)が
時間が勿体ないです。
再試験をしたら良いのではないでしょうか?と
先生に提案。














お礼を綾に言いに行ってもツンデレされます。
そんな事より勉強をなさったら?













叔父・鉄郎(向井理)が訪ねてくる。
青柳商店に居ると思ってやって来たらしい。
融資を受けようと思ってな。
叔父さんって進歩がないわねと鞠子。


問題を起こさなければいいのですが…。











中田綾の家に行き、
勉強を教えて貰うよう懇願する。
勉強でずるしたと思いたくないのでクラス一の
中田さんにお願いして一番になりたいですと頭を下げる。



一番になるってことは私を抜いて一番になるおつもり?
あっ!?そうかっ!それは…
もし試験がうまくいったら中田さんには
もう話しかけません。





二人の勉強会が始まりました。






SPONSORED LINK

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ドラマ”捜査一課長”第3話の感想。犯人役・小野了さん [芸能]










捜査一課長 ドラマ







ドラマ”捜査一課長”第3話は
”誰かが誘拐された空飛ぶ3000万円と
伸縮する東京タワーの謎”


あらすじの方はこちらの方に
http://terebi-dorama-jyohou.blog.so-net.ne.jp/2016-04-28




事故現場で動揺を見せた牧野由梨(大路恵美)は
以前、教師をしていて夫・滝沢(林泰文)が人から
盗んだ物とは知らずそのブローチをしていた事から
教師をしていられなくなり、離婚した。


SPONSORED LINK










平井真琴こと大福(斉藤由貴)は
牧野由梨の娘・奈々について調べると、
風邪で2,3日休んでいるという。







由梨の所へ確かめに行き、
誘拐されたということが分かり、
中川夏美の殺人容疑で
捕まっている滝沢とは元夫婦だと。












事故で亡くなった萩原(黒石高大)が
描いたと思われるメモには
「午前10時、下北沢稲荷神社前」
更に二つのタワーが並び、一つには輪っかが、
下の方には「×10:20」
平井の直感で「待ち合わせ場所ですかね?」












鑑識課の協力も得て東京タワーと
スカリツリーが同じ高さに見えて、
東京タワーが左側に見える位置。
突き止め防犯カメラの確認。
意外な人物が!写っていた!
五十嵐社長だった。












由梨の会社社長・五十嵐(小野了)に
娘の身代金3000万円の代わりに
殺人の罪を被るからと頼み込んだ。
その話を聞いた滝沢が自分が犯人になると。











五十嵐が仕組んだことだった。
由梨と滝沢の娘を誘拐して
自分が殺した中川夏美の犯人に
しようとしたというのが真実。


3年間も不倫を続けた結果、夏美を
殺してしまった五十嵐。
自分が滝沢たちの娘を誘拐し、
自分の罪を免れようとするなんて。





この事件がきっかけで又夫婦として
家族としてやっていきそうでしたね。











”相棒”では刑事役の小野了さんが犯人。



今回も大岩(内藤剛志)の妻・小春(床嶋佳子)の何気ない話が
きっかけで事件解決の糸口を見つけました。


SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

"警視庁捜査一課9係season11"第4話の感想・第5話に伊東四朗さん出演 [芸能]











警視庁捜査一課9係 11








"警視庁捜査一課9係season11”第4話の感想。
犯人は思ったとおり、ゲスト出演の
篠田麻里子さんでした。
悲しいお話でした。
ラストに直樹(井ノ原快彦)と倫子(中越典子)の食事シーン(毎回ありますね)。
父親(倫太郎)の事を倫子は
「刑事だからって家庭を疎かにして欲しくないの」
と直樹に言っていましたね。
父親に結構厳しい倫子です。




SPONSORED LINK






ベンチャー企業社長・高見沢(金子昇)の妻、
美咲(篠田麻里子)は逃げていく男の後姿を見たという。
動揺する美咲はまともに歩くことも出来ず、
抱きとめた矢沢(田口浩正)の胸にすがるように嗚咽をもらすと
泣き崩れた。
この事が事件を解決する糸口となりました。


田口のジャケットから硝煙反応が。











高見沢は10年前、振り込め詐欺をやっていた男。
土橋(須田邦裕)の父親は振り込み詐欺にあっていた。
その主犯が高見沢である事を突き止めた土橋の追及に
高見沢は時効を盾に開き直ったと。
取調室で事件があった時、
現場に居た事を認めた土橋。
高見沢美咲に面通しして貰うが
違いますと答える。









同じ拳銃で高見沢の社長仲間の西田が殺された。
殺された現場にキリヤマという姓のカードが
落ちていた。西田=キリヤマだった。
西田は高見沢と振り込み詐欺仲間。










高見沢の足を撃ったのは西田。
銃声を聞いた美咲が落ちていた拳銃で
高見沢を撃ったのだった。

西田が高見沢が撃たれたことを知り
美咲に銃を返せと脅してきた。
銃を返しに行った時に争う形になり
西田を撃ってしまった。











倫太郎(渡瀬恒彦)は
高見沢の遺体と共に美咲が
事件があった日に着ていた服も
焼いたという事にひっかかっていた。











土橋が釈放される時、
事件で使われた銃を探すために
関係者の家に家宅捜査に入ることにしたと
わざと土橋に話す倫太郎。
きっと美咲に知らせるだろうと。




一番の決め手は田口のジャケットだった。









美咲は土橋と知り合い。
面通しで違うと言ったこと。
美咲も振り込み詐欺の被害者関係だった。
美咲は高見沢からDVを受けていた。





第5話は警視庁捜査一課season10第3話に
登場した鑑識官・猪狩役の伊東四朗さんが出演。
楽しみです!
伊東四朗さんといえば
亀さん(十津川警部で渡瀬さんと)、
鴨志田さん(おかしな刑事で羽田さんと)。
どれもシリーズ化された長寿ドラマ。










SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能