So-net無料ブログ作成

”相棒14”視聴率、第18話”神隠しの山”あらすじ [芸能]









相棒14 視聴率



"相棒14”平均視聴率は
第11話12.6%
第12話13.7%
第13話15.3%
第14話14.6%
第15話12.8%
第16話15.4%
第17話14.1%と推移。



SPONSORED LINK





第18話”神隠しの山”
強盗犯を追って山に入った右京がまさかの遭難。
迷い込んだのは”神隠しの山”と恐れられる秘境だった。









数千万円の宝石を盗み、警察官の拳銃を
強奪して逃げている指名手配犯が、3年ぶりに
姿を現した。
都内の質屋に宝石の換金で現れ、
通報されると拳銃を発砲して夕霧岳
という山に逃げ込んだという。










そこは”神隠しの山”と呼ばれ複数の行方不明者が
出ているいわく付きの場所だった。









捜査一課と共に山狩りに駆り出された右京(水谷豊)は、
山中で弾痕らしきものを発見して一人周辺を捜索。
しかし、足元の岩場が崩れ、崖下に転落してしまう…。




SPONSORED LINK






翌日、法務省の用事で山狩りに参加していなかった亘(反町隆史)が、
右京を探して夕霧岳のふもとへやってくる。
そこではじめて右京の失踪に気付いた伊丹(川原和久)たちは、
犯人に加えて右京の捜索も開始するが、亘はなぜか山に
入ることを拒否。









聞けば、数年前に夕霧岳を訪れた際に目撃した、
白いスーツの亡霊が恐いらしい。






一方その頃、意識を取り戻した右京は、見知らぬ民家の
一室に居た。ほかにケガはない。
さっそく家内を歩き回ると、住民の喜久子(山口果林)が
釜焼きの作業をしていた。
その家は、夕霧岳で神隠しにあった噂される
村井流雲(大槻修治)という有名陶芸家の工房だった。







現在は、流雲の弟子であった喜久子と
その夫・鉄朗(升毅)が2人だけで暮らしているという。
そこは、携帯が通じず、村からも遠く離れた山奥の一軒家。
無事を知らせたい右京は、山を下りようと行動を起こすが…。



SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ドラマ”お父さんと呼ばせて”第7話あらすじ [芸能]










ドラマお父さんと呼ばせて





ドラマ”お義父さんと呼ばせて”第7話のあらすじは
火事で自分のマンションに住めなくなった保(遠藤憲一)が
花澤家に転がり込んできた。

保の姉・留美子(秋野暢子)がアロマの近くに置いた
姉の書き置きメモが落ちボヤ騒ぎになった。
メモには「火消し役は帰ります」
火消し役が火をつけた!!

SPONSORED LINK










一時は保との距離を縮めたかに見えた紀一郎(渡部篤郎)だったが、
どこかガサツな保の振舞いに苛立ちを隠せず、静香(和久井映見)をはじめ、
自分以外の家族が思いのほか保を歓迎している事も気にくわない。









一方、保とのプチ新婚生活を楽しんでいた美蘭(蓮佛美沙子)は、
就職活動真っ只中の妹・真理乃(新川優愛)に恋人がいる事を知る。







しかも、偶然見かけた相手はどう見ても20歳以上年上!


兄・葉理男(中村倫也)の女装趣味の次は
妹の恋人発覚問題!


その情報は、砂清水(山崎育三郎)に真理乃の
交友関係を調べさせていた紀一郎の耳にも入る。











「まさか真理乃まで結婚」と胸がざわつく紀一郎は、
何とか真理乃から彼氏のことを聞き出そうとするが、あえなく失敗。








そこで、同じく事情を知っているらしい保と美蘭と手を組み、
情報を共有することに。
やがて、真理乃の彼氏について調べ始めた保は、
男の勤務先を突き止める。
しかし、聞き込みで分かったのは
男のとんでもない素性!それを聞いた美蘭は
すぐさま真理乃と話をしようとするが、保はそれを制し、
事を荒立てないために自分が話してみると言い出し…。


SPONSORED LINK





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

tbs日曜劇場”99.9”松本潤さん主演ドラマ4月スタート! [芸能]











tbs日曜劇場 99.9






TBS日曜劇場4月から”99.9”が始まります。
現在、香取慎吾さんが主演の”家族ノカタチ”の後枠。


SPONSORED LINK






日曜劇場といえば
”華麗なる一族”
”JIN-仁ー”
”半沢直樹”
”下町ロケット”など
数々のヒットドラマを出してきた日曜夜9時枠です。












4月からスタートする”99.9-刑事専門弁護士-”は
嵐の松本潤さんが日曜劇場初主演します。




刑事事件の裁判有罪率は99.9%。
絶対、逆転不可能な状況の中、残された0.1%の
可能性にこだわって事実を追求する超型破りな弁護士役に
初挑戦されます。









連続ドラマ史上初!刑事専門弁護士たちが難事件に
挑む姿を痛快に描く。
注目の共演者には香川照之さん、榮倉奈々さん、
青木崇高さん、奥田暎二さん、
岸部一徳さんら豪華俳優陣も出演されます。




SPONSORED LINK





家族ノカタチに引き続きジャニーズ事務所から
主役を出してきている理由は?







1956年12月「東芝日曜劇場」として
一話完結のドラマ枠として放映開始。


2002年9月、東芝がスポンサーを降板し
「東芝日曜劇場」としての放送は終了。
翌年の10月から複数社提供となり
「日曜劇場」に名称が変更され、現在に至る。






なお、東芝は2009年10月期”JIN-仁-”以降で、
複数のスポンサーのうちの一社として7年ぶりに復帰している。




SPONSORED LINK





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ドラマ”ダメな私に恋してください”感想、第8話のあらすじ [芸能]











ドラマ ダメ恋 感想





ドラマ”ダメな私に恋してください”
ヤフーのみんなの感想は59%☆5、みんなの評価は☆3.94点。
ミチコファン、最上ファン、黒沢ファンのそれぞれ好評な書き込みが多いですね。





SPONSORED LINK







第8話は最上(三浦翔平)から貰った婚約指輪を返した
ミチコ(深田恭子)は、晶(野波麻帆)の気遣いで再び
元主任・黒沢(ディーンフジオカ)と「ひまわり」で同居する事になる。
また、ミチコと主任の楽しいやり取りが聞けますね。









自分の本当の気持ちに気付いたミチコは、
黒沢の罵倒さえも心地よく感じていた。






そんな中、婚約破棄したことを家族に伝えていないミチコは、
母・奈津江(山下容莉枝)から婚約者について追及される。
ミチコは別れたと言い切れず、連れて行くと大見得を切ってしまう。











テリー(鈴木貴之)らバイトメンバーが婚約者の代役に
名乗りでるが、元ヤンの言動をどうしても捨てきれない。
黒沢が引き受けるはずもなく、結局ひまわりのメンバーにも代役を断られてしまう。
本当は黒沢に来てほしいと願う
ミチコだが、一人で帰省することに決める。









実家に帰ったミチコは、婚約者は仕事で来ることが出来ないと
家族へ言い訳をする。
妹の明日香(小島藤子)は姉・ミチコの婚約に半信半疑。
すると突然、柴田家の戸が開いた。そこに現れたのは…!






黒沢、登場でしょう。きっと。


SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”家族ノカタチ”第7話感想、中島みゆきさんのファイト~♪ [芸能]










家族ノカタチ 感想





”家族ノカタチ”第7話の感想は、
自分に自信が持てない人が見たら少しでも
力になる、一歩でも踏み出そうとしてくれるのではないかと
いうお話でした。良いセリフが沢山。






悪い人が出てこないドラマ、共感を得るドラマなど
好評の書き込みも多いですね。
平均視聴率はひと桁どまりで余り伸びませんが
ヤフーでの感想では66%と好評です。


SPONSORED LINK







大介(香取慎吾)の冒頭のセリフ。
人は嘘をつき秘密を抱える生き物だ。
そして嘘を信じることで幸せになれる人間もいる。
その嘘が嘘だと暴かれるまで。










陽三(西田敏行)が再婚相手・恵(水野美紀)の
息子・浩太(高田彪我)とのシーン。
良かったですね。
又どこかの学校へ変わるかもしれないと
思っている浩太は友達を作ろうとしない。
友達作っても無駄だと言う。







その浩太に陽三は、
春は良いなぁ~。
でも終わる。冬が来たら全部枯れる。
何でだと思う?
冬のおかげで古い葉っぱは土の上に落ちて
その葉っぱのおかげでドンドン肥えて栄養になるんだよ。
どんな小さな葉っぱでも虫でも。
学校や友達も無駄だと思っているかもしれないけどな。
そんなことねぇんだよ。
みんなお前の心の栄養になんだぞ。
お前がな心に蓄えた栄養はな、これから
お前が生きていくうえでの力になるんだよ。

つらいことも悲しいことも全部栄養になるんだよ。
無駄なもんなんて何もないんだよ。世の中には。
みんな繋がっているんだよ。
俺たちは古い葉っぱ、浩太は新しい葉っぱ。











西田さんは役作りなのでしょうか?
やつれた感じなのですが。
大丈夫なのでしょうか?






一方、会社のトラブルでインドネシアに飛ぶことに
なった葉菜子(上野樹里)は、プレゼンに間に合うかどうか
分からない状況に部下の田中莉奈(水原希子)に
プレゼンを代わりに高瀬和弥(田中圭)とするよう
指示するが、普段から仕事に自信が持てない莉奈は
おどおどするばかりで。



SPONSORED LINK






浩太の母・恵(水野美紀)と大介、陽三の3人で話すことに。
再婚することになったいきさつから恵が
陽三を騙してお金をとったという誤解も解ける。







陽三は自分の嫁・美佐代(浅茅陽子)に何も
してやれなかった事を悔いていて、息子を抱え
困っている恵の力に少しでもなれればと再婚したのだった。
看護師になりたいという夢を叶える為に
頑張ろうとする恵だが、どの試験も不合格。
自信を失い、陽三との約束も果たせないまま
どうしたら良いかと一人悩んでいた。






陽三との約束は看護師の資格をとったら
3人で暮らそうという約束だった。
陽ちゃんたちの期待に応えたいのにうまくいかない。
もうここまできたら努力しても無駄なのかなって。
自分に自信が持てない。









そこへ浩太が葉菜子の母・律子(風吹ジュン)と入って来て
無駄な事なんてないよ。
陽三さんと待っているからと浩太は言う。




今でもお母さんと歌ってた歌が好きなのよ。
中島みゆきの”ファイト”♪









陽三は大介にプロポーズをした時の話をする。
私なんかって言うなよ。
普通の人が普通に出来ることが出来なくて
自分に自信が持てないという恵。
少しでも結婚して力になりたいと言い、
ごめんな、こんなじいちゃんでと陽三。
良いシーンで涙腺が緩みました。







ずっと自分に自信が持てない恵だったが、
今年最後の試験に挑むことに。
大介は試験会場に浩太からだと介護学校へ入った時に使う
3人(陽三、恵、浩太)似顔絵入りのノートを渡す。








プレゼンが無事終わった和弥は飛行場に葉菜子を
迎えに。そのまま風邪と疲労で入院。
また、元ダン和弥と再婚したら良いのにと思いました。

こじれた仲を修復するパワーストーン。







ほんとに誰かを信じてたとしてもそれが報わられるとは
限らない。人はそう簡単には変われないから。
それでも自分を信じてくれる誰かの存在が自分を強くするのかもしれない。
人は様々な理由で秘密を持ち親しい人に
秘密があると知った瞬間、相手は苦しむ。
それがたとえ悪意のない秘密だったとしても…。



SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう”第7話のあらすじ [芸能]









いつ恋 あらすじ





”いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう”第7話のあらすじは?




音(有村架純)は、朝陽(西島隆弘)からプロポーズされる。
しかし音は、朝陽が差し出した指輪を受け取ることができない。
朝陽は、そんな音に、返事は今すぐでなくても良いと告げる。
音は、帰ろうとしていた朝陽に、練(高良健吾)と会ったことを切り出す。


SPONSORED LINK






第6話で朝陽からプロポーズされた時に、引っ越し屋さん(練)から貰った
白桃の缶詰を映す演出がされていたのでプロポーズに即答しないのでは?と
私は思っていました。









朝陽は、練に助けてもらったことがあるから力になって
あげたい、という音の思いを受け入れるが…。
別の日、音は、柿谷運送の佐引(高橋一生)に会いに行く。
そこで音は、練の祖父・健二(田中泯)が
他界した時のことを教えられる。
健二は、入院していた病院を抜け出し、
駅で倒れていたところを発見されたのだという。
練のオフィスへと向かった音は、静恵(八千草薫)が
会いたがっている事を彼に伝えた。
続けて、愛犬のサスケのこと、佐引のこと、
そして健二のことを話しだす音。











苛立ちを隠せない練は、健二の遺品が入っている段ボールの中
から汚れたパジャマを取り出し、会ったこともないのに勝手なことを
言わないでほしい、と言ってゴミ箱に投げ捨ててしまい…。










小夏(森川葵)の面倒をみる
練はどんなことで責任を感じているのでしょうか?






SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”家族ノカタチ”感想、第7話あらすじ [芸能]











家族ノカタチ 感想






”家族ノカタチ”ヤフーのみんなの感想は66%☆5、
みんなの評価は4.22点。
あまり期待してなかったのに
面白かったとかそういった書き込みが多いですね。

アラフォーの方、同世代の人に受けているドラマなのかもしれませんね。

人との関わりをなるべく持たないよう生きてきた
主人公・大介に共感が持てる人が結構いたのかもしれないと
思ったりします。

SPONSORED LINK









第7話のサブタイトルは
”オヤジがダメな女と再婚した本当の理由”







永里大介(香取慎吾)と葉菜子(上野樹里)の前に
突然現れた恵(水野美紀)は、息子の浩太(高田彪我)を
タクシーに乗せて走り去る。









大介はすぐさま陽三(西田敏行)に報告するが、
陽三は特に動揺した素振りも見せない。
そんな陽三の様子から、恵と連絡を取っていたことを悟る大介は
問い詰めるが、さっさと仕事に行ってこいと陽三は聞く耳を持たない。










大介はますます、陽三が結婚詐欺に遭っているのではと心配するが…。








一方、葉菜子の会社では、注文していたコーヒー豆と
別のものが取引先に届くというトラブルが発生。
国内の倉庫の問題か?
はたまた荷を送った現地の問題か?

取引先へ謝罪ほか、原因究明のために場合によっては、
葉菜子がインドネシアへ向かわなければならないというが、
翌日には大事なプレゼンが控えていた。



SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”怪盗山猫”第7話の感想 [芸能]












怪盗山猫 感想





”怪盗山猫”ヤフーのみんなの感想は57%☆5、みんなの評価は☆3.78点。
第6話より☆ポイントを落としました。



SPONSORED LINK






以前、結城天明の秘書をしていて都知事になった
藤堂健一郎(北村有起哉)の所にも
ウロブロスから脅迫状が届いたとマスコミに発表。
(藤堂の自作自演だった)





山猫たちは藤堂がウロブロスの黒幕だという
証拠をつかむために奔走。
そんな中、暴力団の侠武会、アジアマフィアのサーペントという
組織の関係が悪化していた。

ウロブロスを影で操っていたのは藤堂だった。









自らが東京に混乱を起こし、それを収めることで
救世主になり、さらにカジノの誘致に成功したら、
バックのアメリカから莫大の報酬を狙っていた?






殺人容疑をかけられて捕らわれていた勝村(成宮寛貴)は山猫に
へんてこな恰好をさせられていましたね。




ウロブロスの幹部5人(元刑事)に捕まった勝村。
捕らわれ身となった勝村を救いにさくら(菜々緒)だが。
その後、来た犬井(池内博之)に助けられる。


SPONSORED LINK





直接、藤堂に会いに行く山猫。
この二人のビッグ会談を盗聴し、ネットに流す。
区民たちの怒りをかう。
人が国を作るんじゃない国が人を作るんだ。
強い日本を作ろうとしたんだ。
それのどこが悪いんだ!
この山猫・亀梨さんと藤堂・北村さんの
迫真に迫るシーンは良かったですね。




薬を飲んで死のうとした藤堂に山猫は
自分の言ってることが間違っていないというのなら
生きて証明しろよ!



その後関本刑事(佐々木蔵之介)がやって来て
自首するのなら送っていくぞ。
「俺の夢も潰えた」
「今、誰に会いたい?」
「俺の母ちゃんかな?」
信号で急ブレーキ。
ダッシュボードには銃。
「生きてこそだと思うけどな」






真央(広瀬すず)と山猫は廃工場へ。
細田さんのラストメッセージ。
本当に合ったんだ。地下通路。
真央を残し一人、入っていく山猫。
まる福銀貨が一枚。
「久しぶりだな。山猫」と声がかかる。
何者?


SPONSORED LINK








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

"あさが来た"感想・第22週”自慢の娘” [芸能]











あさが来た 感想




”あさが来た”ヤフーのみんなの感想は58%☆5、
みんなの評価は☆3.49点。


SPONSORED LINK





第22週目は”自慢の娘”






あさ(波留)のもとには、かつて加野屋の大番頭だった
雁助(山内圭哉)から家族みんなが元気で
暮らしているという手紙が届いていた。
そんな中、亀助(三宅弘城)の悩みとは…。
亀助のお嫁さんになったふゆ(清原果那)はまた
大阪に帰ってくるのでしょうか?









一方、千代(小芝風花)が女学校を卒業してからのお嫁入り先のことで
盛り上がるよの(風吹ジュン)と榮三郎(桐山照史)。
その時、新次郎(玉木宏)は…。
あさは千代から相談を持ち掛けられる。
その相談の話をしていると…。
そして、あさは新次郎に、千代のことを相談する。
新次郎は優しく答えると…。










一方、和歌山のはつ(宮崎あおい)は、寝たっきりに
なってしまった菊(萬田久子)の面倒をみていた。
はつは菊に、今までの言い出せなかったある思いを打ち明ける。



そして、菊、はつ、惣兵衛(柄本祐)は、みかんの花咲く
山々を眺めていた。







大阪で両替屋として栄えた山王寺屋を思い返し、菊は…。
すると今度は、あさとはつの母、梨江の体調が優れないという。
東京の今井家に向かうあさとはつ。
母を見舞ったあさと新次郎、はつに父・忠興(升毅)はある考えを話す。
あさは、その話を聞いて改めて感謝をする。



スペシャルゲストに高橋由美子さんが出演されます。



SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”怪盗山猫”視聴率、第7話のあらすじ [芸能]











怪盗山猫 視聴率




”怪盗山猫”平均視聴率は
第1話14.3%
第2話13.6%
第3話11.1%
第4話10.0%
第5話9.5%
第6話12.4%と推移。
第5話だけ視聴率を落としましたが
順調にふた桁視聴率で安定しています。


そろそろ都知事の藤堂の本当の正体が
分かっても良い頃だと思うのですが…。
結城天明との関わりは?


SPONSORED LINK







第7話のサブタイトルは”遂に決着!巨悪の正体を暴け!”





山猫(亀梨和也)は、殺人容疑をかけられて捕らわれていた
勝村(成宮寛貴)を救い出した。
犬井(池内博之)は、逃亡した勝村を血眼になって捜す。
彼の狙いは、勝村と一緒にいる山猫だった。










東京では、暴力団の侠武会、アジアンマフィアのサーペントという
2つの組織の関係が悪化。
その裏には、武装集団ウロブロスが絡んでいた。
山猫はウロブロスの黒幕が都知事の藤堂(北村有起哉)だと断言。







しかし、藤堂は、自分の命を狙うウロブロスからの脅迫状が届いたことを
マスコミに発表する。
そんな中、侠武会とサーペントはいつ抗争が
起こってもおかしくない一触即発状態に。
山猫は、藤堂がウロブロスの
黒幕だという証拠をつかむために奔走するが…。


SPONSORED LINK


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能