So-net無料ブログ作成
検索選択

”いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう”ヤフー感想・第3話のあらすじ [芸能]










この恋を思い出して 感想





”いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう”
ヤフーのみんなの感想は50%☆5、
みんなの評価は☆3.62点。



タイトルが長いので”いつ恋”と短縮されています。


SPONSORED LINK






第3話のサブタイトルは”思いがけないキス…今までで一番幸せな日”









第2話でやっと音(有村架純)は練(高良健吾)と再会を果たす。
音は練から携帯電話の番号を教えてもらっていた。










木穂子(高畑充希)は、練のために調理器具や食器、部屋のカーテン
などを買い揃える。練の部屋を訪れた木穂子は、勤務している広告代理店
で自分の企画が通った、と報告する。練は、それを聞いて喜んだ。










ある日、音は、勤めている介護施設「春寿の杜」で
再び朝陽(西島隆弘)と顔を合わせる。
朝陽は、本社から派遣されてこの春寿の杜で働くことになったのだという。








夜勤を終え、静恵(八千草薫)の家に
立ち寄ろうとした音は、木穂子と一緒にいる練に出会う。
練は、付き合っている人、と言って木穂子を音に紹介した。








音と別れた後、練は、「俺だけをみてくれないかな」といって
木穂子に交際を申し込む。
木穂子は、気持ちは嬉しい、と応えるが…。


木穂子は不倫をやめられないでいた。
高畑充希さんにはNHK朝の連続テレビ小説”ごちそうさん”の
のりちゃんのイメージが強く、このドラマの木穂子が
似合わないような気がします。
脚本家の狙いなのか?







一方、小夏(森川葵)は、晴太(坂口健太郎)に連れられて、
ヘアーサロンやセレクトショップを訪れる。
その際、小夏は、晴太から”儲かるバイト”を紹介してもらう。









そんな中、練は、木穂子にメールをして食事に誘う。
金券ショップでプラネタリウムのチケットを買い、木穂子を待つ練。
しかし、なぜか彼女は現れなかった。
諦めてバスに乗った練は、そこで仕事帰りの音と一緒になり…。







今話から朝陽の父親・井吹征二郎(小日向文世)が登場。
予告であったが朝陽は征二郎の実子ではない。


SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”家族ノカタチ”ヤフーの感想と第3話のあらすじ [芸能]









家族ノカタチ 感想






"家族ノカタチ”ヤフーのみんなの感想は54%☆5、みんなの評価は☆3.91点。









SMAP解散騒動と同時にスタートした草彅剛さん(テレビ朝日・スペシャリスト)と
香取慎吾さんのドラマですが皆さん、楽しんでますね。



SPONSORED LINK







第3話のサブタイトルは”亡き母からオヤジと息子へ最後の贈り物





母からの最期の贈り物とは?





ある日、大介(香取慎吾)は浩太(高田彪我)を学校に通わせるために、
同僚の佐々木(荒川良々)に頼んで、転校手続きの書類を取り揃えてもらう。
しかし、その見返りとして葉菜子(上野樹里)を交えての合コンを
頼まれてしまった。










佐々木は葉菜子がクレーマーハナコと同一人物という事実を知らず、
先日のパーティーで一目ぼれしてしまったのだ。











一方、葉菜子が勤め先の帝光物産で仕事をしていると、突然来訪者が。
その相手はなんと、葉菜子の元夫である和弥(田中圭)だった。
一方的に和弥を避けている葉菜子は、部下の莉奈(水原希子)に
頼んで居留守を使ってもらい、その場を何とか凌ぐが、そのお礼として
合コンのセッティングに迫られる。






莉奈を演じる水原希子さんはフジテレビ”心がぽきっとね”にも
同じようなキャラクターで出演されていましたね。
確かに仕事場に何処にでもいそうな女性ではありますが…。
葉菜子と同じ”赤毛のアン”が大好きという彼女は
これからどのように関わっていくのか?










その後日、マンションの近くで偶然出くわした大介と葉菜子。
合コンをセッティングしてほしいと、佐々木に頼まれたことを、
大介が葉菜子に伝えた。果たして葉菜子の返事は?







とその時、二人の前に和弥が現れた。
「どうしても話がしたくて」という和弥に対して、
葉菜子は大介とここで暮らしていると嘘をつく。
そのとき大介は…



大介の父親・陽三(西田敏行)、葉菜子の母親・律子(風吹ジュン
大介や葉菜子に煙たがられながらも二人のマンションに。




タイトルの”家族ノカタチ”
何時どんなカタチでみられるのでしょう。










SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”あさが来た”感想・第18週のあらすじ”ようこそ!銀行へ” [芸能]








あさが来た 感想






”あさが来た”ヤフーのみんなの感想は
60%☆5、みんなの評価は☆3.57点。





第18週のサブタイトルは”ようこそ!銀行へ”


SPONSORED LINK





第17週であさ(波留)は日本髪から洋風な髪形に、
和服から洋服に変わりました。








加野銀行の経営は順調で、あさは新聞に取り上げられる程、
実業家として名を知られるようになっていた。








そんなあさも、言うことを聞かない娘の千代(小芝風花)のことでは、
頭を痛め、千代と喧嘩ばかりしていた。
悩む千代によの〈風吹ジュン)は…。







そしてある日、はつ(宮崎あおい)の息子、藍之助(森下大地)が
加野銀行で働きたいとやってくる。
あさは、藍之助が働くことを許す。
喜ぶ藍之助にあさは…。






女性の進路について考えていたあさは、
銀行で女性を雇うことを思いつく。


SPONSORED LINK







それに対して新次郎(玉木宏)、榮三郎(桐山照史)、
平十郎(辻本茂雄)は反対する。
しかし、あさは、粘り強く説得し、女性を雇うことを決める。



あさ自ら面接し、女性の銀行員を雇う。








あさと喧嘩ばかりしている千代に、
新次郎は京都の女学校に進学することを提案する。



ある日、和歌山から加野銀行にはつがやってくる。




加野銀行は女性行員がいることで、店の雰囲気が
明るくなったと評判になり、客足が伸びていく。









それから数か月後、京都の女学校の寄宿舎に行った千代。


そして、新次郎はあさに2人で旅しようと話し、
その行き先に和歌山を提案する。


SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”怪盗山猫”の視聴率と第3話あらすじ [芸能]








怪盗山猫 視聴率


”怪盗山猫”の平均視聴率は
第1話14.3%
第2話13.6%と
ふた桁視聴率です。






日本テレビ土曜9時枠ドラマは昨年、ひと桁視聴率で
なかなか視聴率をあげることが出来なかったのですが
KAT-TUNの亀梨和也さん主演ドラマで
挽回したいところですね。


SPONSORED LINK




第3話のサブタイトルは”盗め10億!見えた山猫の本性”








山猫(亀梨和也)らはバー・ストレイキャットに訪れた
サラリーマンの滝川(浅利陽介)から行方不明になった
恋人・杏里(中村静香)を探してほしいと依頼される。







何やら大金の匂いがすると感じた山猫たちが
杏里の行方を追いかけると、なんと杏里は戸籍も
所在もないこの世に存在しない人物であるということが分かる。









少ない手がかりを頼りに杏里の正体を
追う山猫は、以前、杏里が働いていたと見られる
秘密クラブの従業員:達郎(加藤諒)という男を捕まえる。




達郎は杏里をセシリアと呼び、彼女が姿を消したので
捜しているのだという。
杏里=セシリアとは一体何者なのか?








謎が深まる中、突然、杏里本人から山猫の元に連絡が来る。
杏里は大金を盗み出すために、
山猫に「手を組まないか」と誘ってきて…。






謎めくニュースキャスター・藤堂健一郎(北村有起哉
と謎の繋がりがあると思われていた
捜査班長・関本修吾(佐々木蔵之介)は山猫チーム。
第2話では意外な展開に。
刑事が山猫と繋がっていた?!
では藤堂とは?


SPONSORED LINK





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”わたしを離さないで”第3話あらすじと感想 [芸能]









わたしを離さないで あらすじ



”わたしを離さないで”第3話のあらすじは?
第3話のサブタイトルは
”初恋の行方は…閉ざされた未来に見た儚い夢と希望”

SPONSORED LINK






もう見るのはやめようと思うのだが…
ついつい見てしまいますね。
どうなるのだろうと…。

原作者のカズオ・イシグロさんは
この物語にあなたの心が動かされ、
感動してくれることを願いますとコメントされています。







月日は流れ陽光学苑を卒業する年になった恭子(綾瀬はるか
たちは、次の生活の場・コテージに移ることに。
コテージへは学苑から2、3人単位で行けるため、
生徒たちはそれぞれ誰と行くかコテージの話題で学苑は持ちきりだった。







他の生徒たちと同様、どこのコテージにするか悩んでいた恭子に
花(大西礼芳)は一緒に居ても疲れてしまう美和(水川あさみ)と離れ、
自分たちと一緒に来ないかと恭子を誘う。


美和は仲間からなぜか嫌われている。
裏表のある子だと思われているのかもしれない。
反対に恭子は誰にでも優しく誰からも
好かれている。






そんな中、サッカーをしている友彦(三浦春馬)の元に
差し入れを持って行った恭子。コテージの話題になり、どこにするのかと
恭子が尋ねると「恭子の決めたところでいい」とこたえる友彦。
恭子は戸惑いながらも喜びを覚えるのだった。








ある日、友彦から将来サッカーのプロチームを
受けたいと告白される恭子は、友彦とともに
希望を夢見ていた。


SPONSORED LINK







すると突然堀江龍子(伊藤歩)が
現れ、「あなたたちは何者にもなれない」と聞かされる。
他の先生たちに強制的に連れていかれ
学苑から出されてしまう龍子。







あなた達を育てたら学苑に補助金が出るからよ。
あなた達はただの部品よ。
そのために学苑で育てられたのよ。





美術の先生・山崎次郎(甲本雅裕)からふられた
美和は恭子が友彦が好きだと分かっていて
友彦と付き合っていると恭子に告白する。


学苑を出てコテージに行く日、
真美(中井ノエミ)は恭子を呼び
これをあげると何か渡される。
発信機よ。靴の中に入れられているのよ。
どこにいても監視され続けるのと。


捨てられた靴を見てヒステリックに
叫ぶ神川先生(麻生祐未




提供の前に介護人になることを
教えられなかった。
提供の前に介護人になれば
直ぐに提供しなくてもすむ。




SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”相棒14”第13話の感想 [芸能]









相棒14 感想





"相棒14”ヤフーのみんなの感想は35%☆5、31%☆1、
みんなの評価は☆3.15点。
以前のような良い感想はきけませんね。


SPONSORED LINK








第13話のサブタイトルは”伊丹刑事の失職”








事件の真相を綴った犯人の手記を新聞がスクープ。

殺人を自殺と見誤った伊丹刑事がクビの危機に!









1か月前、伊丹(川原和久)が自殺として処理した
女性の転落死が、「実は殺人だった」と告白する犯人の
手記が新聞にスクープされた。








そこには、犯行動機や偽装の経緯、
さらには犯人しか知りえない情報も書かれていた。






責任を問われた伊丹は、新聞社に手記の
現物提出を要求するも拒否されてしまい、
はずみで柏田編集長(野仲イサオ)を
突き飛ばしてしまう。




「刑事が編集長に暴行をはたらいた」という記事が掲載。

それを問題視した内村刑事部長(片桐竜次)は
伊丹から警察手帳を取り上げ、
自宅謹慎を命じられるが、
謹慎処分を無視して特命係と捜査を続行。









自殺とみられた女性は詐欺に加担していた。

騙され自殺した母親の復讐をしたのかと
その息子が疑われ…。








その詐欺事件を調べていた編集者の今井(大場泰正)が
犯人だった!










何回もこの人が犯人?いやこの人?といった犯人探し、
ドラマの流れは相棒ではお手の物で
こういうのも少し飽きてきましたね。



SPONSORED LINK


タグ:相棒14 感想
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”ダメな私に恋して”第3話の感想 [芸能]








ダメな私に恋して 感想




"ダメな私に恋して”ヤフーのみんなの感想は49%☆5、
みんなの評価は☆3.69点。

SPONSORED LINK




ドラマの人気は可愛い深田恭子さんなのか
今、超人気のディーン・フジオカさんなのか?




ヒロインのミチコ(深田恭子)の心の声が時々
聞こえるのが面白いですね。







社内で仲の悪い二人からそれぞれ相談を持ち掛けられたリ
その一人の為に毎日のようにサービス残業をしている
ミチコはどうして良いのか?




元主任で喫茶店店主、同居人でもある黒沢(ディーンフジオカ)から
「自分が働くより、人を働かせる方が難しいんだぞ」と教えられる。








最上(三浦翔平)からデートに誘われたミチコは
黒沢から部屋に干されたミチコのパンツを指摘され
ランジェリーショップで紐パンツを購入。


ミチコが一句
「身に着けたい 指導力より 紐パンツ」








最上からプレゼントされたハンドクリーム
定時で帰っていく中島(内藤理沙)も同じものを
持っていて…。






女たらしだと最上のことを女子社員が噂をしているのに
ミチコは聞いていなくて…。






黒沢からは男を見る目がない。
アホに貢ぐお前は本当にプレミアムアホだと言われ…。





春子(ミムラ)は黒沢の兄の彼女だった。
黒沢は春子のことを想っているようだが…。





また最上にミチコは貢ぐのか?
本当に男を見る目がないミチコなのか?


SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ドラマ”スペシャリスト”第3話の感想 [芸能]









スペシャリスト ドラマ 感想




ドラマ”スペシャリスト"ヤフーのみんなの感想は68%☆5、
みんなの評価は☆4.20点で高評価です。








第3話は特に好評の書き込みが多かったですね。
ゲスト出演は鶴田真由さんでした。
犯人役は女優さんになられて初めてでは
ないでしょうか?
私は犯人役の鶴田さんを見るのは初めてでした。



SPONSORED LINK








第3話のサブタイトルは”時効寸前!殺人罪を消滅させるトリック”





とある倉庫に閉じ込められた我妻真里亜(夏菜)。
真里亜の前には二つのアタッシュケースとカメラ付きの
ノートパソコンが置かれていた。
二つのアタッシュケースにはそれぞれ爆弾と、その爆弾の
起爆装置を解除させるリモコンが…。
二つのうち正解の方のアタッシュケースを選べば、
爆弾を解除し倉庫の外に出られるが、
不正解の方を選べば、その瞬間
爆弾が爆発する、という仕掛けになっていた。









刻一刻とタイムリミットが迫る中、宅間善人(草彅剛)ら”総合事犯対応係(仮称)”
のメンバーたちは倉庫内の映像を見ながら必死に真里亜の救出法を模索していた。
事件の発端は、真里亜が過去の事件の調書ろ整理した
ファイルの中から何か発見し、その後パソコン動画を見た後、
部屋を飛び出していったことから始まった。
真里亜の慌てた様子を目撃した宅間は
そのファイルに真里亜の父・我妻公昭(羽場裕一)の死亡事故に関するものだと指摘。
そのファイルに挟まっていた写真に公昭とともに
写っていた女性・丹羽奈津美(鶴田真由)が、動画の中に
映っていることを発見。
真里亜は、その女性に会いに行ったのではないかと推測する。




SPONSORED LINK






宅間の推理通り、真里亜は奈津美を訪ねて行き、
逆に奈津美に拉致され、倉庫に監禁された。
真里亜にしていることは公昭の同じことをしたのだと
奈津美は言う。
奈津美は公昭を愛していてそのことを利用され
公昭から爆弾を作るよう頼まれたのだと真里亜に話す。









奈津美の部屋へ京都班の堀川耕平(平岡祐太)と松原唯子(芦名星)が
行き”女と虎”という本を見つける。



宅間は本を見て推理する。
男に女がいる部屋と虎がいる部屋の
前に立たせどちらかを選ばせるという。





今まさに真里亜が二つのアタッシュケースの前で
時刻が刻々と進んでいく中、どちらかを選ぶか…。








宅間は奈津美が来るだろうと思われるところへ行き
奈津美を確保する。
そこは真里亜の父が事故死した場所だった。








取調室で真里亜の様子が見えるパソコンを
奈津美の前に置き宅間は…。
(その時、真里亜は助け出されていた)
爆発時間は奈津美の時効時間。



真里亜の父は事故死ではなかった。
真里亜と父との最後の会話は録音されていて
真里亜とは関係のない言葉を発していた。
2人が会話している時に奈津美がその場にいたと証拠。
繋ぐ線をわざと嘘を教え爆発を起こさせ事故死に見せかけた。




SPONSORED LINK



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”科捜研の女15”視聴率と第10話の感想 [芸能]











科捜研の女15 視聴率




”科捜研の女”2016年視聴率は
正月スペシャル13.6%
第8話12.0%
第9話は9.2%と推移。



SPONSORED LINK






第10話のサブタイトルは”京都富士山
ストーカーは2度死ぬ!?必ず枯らす植木鉢の謎”










榊マリコ(沢口靖子)と涌田亜美(山本ひかる)は、
路上で男が女性に暴力をふるまう場面に遭遇。

男は亜美を突き飛ばして逃走、
マリコは被害者の水橋奈々子(大塚千弘)を保護し交番に連れていく。









奈々子によると、その男・後藤佑馬(鈴木裕樹)は
恋人だったが、別れ話を機に暴力をふるいはじめ、
ストーカー被害届を提出したところ逆上。職場に
押しかけられ、転居先も突き止めてきたという。







「あの男が生きている限り、一生おびえて暮らさなければならない…」
と震える奈々子は、交番巡査・織田将太(内野謙太)の紹介で
保護シェルターに入居することとなった。ところが2か月後、
後藤が鴨川べりで刺殺死体となって発見される。













事件直後から奈々子は姿を消しており、彼女の犯行が濃厚と思われた。
まもなく、行方不明だった奈々子が見つかり、彼女は犯行を認めたものの、
正当防衛を主張。
さらに、現場までの足取りについてはなぜか堅く口を閉ざす。


SPONSORED LINK








そんな中、マリコらの鑑定により、後藤の遺体から盆栽、
陶芸の材料となる葉や土砂が検出され、
彼が2か月程前から園芸店で働いていたことが判明する。






元保護観察官の店主・瀬戸内光彦(田村亮)は、
後藤はトラブルもなく真面目に働き、まるで自分自身と
向き合うかのように丹精込めて盆栽の手入れをしていたと話す。
信楽で植木鉢用に陶芸を熱心に習っていた。




後藤が小さい頃、母親が父親からDVを
受けていた事がそういった行為に走らせていたのではないかと
瀬戸内は話す。




マリコは、真面目に働きはじめた一方で、執拗にストーカー行為を
続けていたという後藤の行動の矛盾が気になって…!?








一方、土門(内藤剛志)は、瀬戸内が保護観察官時代に
担当した男が、更生しきれずストーカー殺人に
走ったという事実を知り、瀬戸内が第二の悲劇を防ぐために
後藤を殺害したのではないかとにらんで…


中学の同級生だった奈々子を守ろうとした
交番巡査・織田が犯人?
だが、とどめはさしていない。
奈々子に自首すると話すと私が正当防衛で
やったことにすると。
しかし、
息絶える前に抵抗した何者かがいた?

後藤は穴の開いていない鉢を作り
わざと盆栽を枯らそうとした。
盆栽は自分だったのでは?

瀬戸内が疑われるが
後藤自身が自分で刃物を押し込んだ。
他殺ではなく自殺だった。


本当に苦しかったのはあんたじゃない!
と奈々子は後藤の盆栽をぶちつける。



主題歌徳永英明さんの「君がくれるもの」


第11話の予告、マリコのお葬式!?

SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

”ヒガンバナ”第3話の感想 [芸能]






ヒガンバナ 感想




"ヒガンバナ”ヤフーのみんなの感想、又ポイントを下げました。
21%☆5、57%☆1。みんなの評価は☆2.28点。




書き込みでは渚を演じる堀北真希さんと組んでいる
檀れいさんが好評ですね。







SPONSORED LINK




亡くなった人とシンクロ出来る渚(堀北真希
捜査七課のメンバーが嫌がるヤギ汁を飲む渚。







今回、同時間帯枠フジテレビVS日本テレビ
どちらに軍配があがるのでしょう。










堀北真希さんは前ドラマ”まっしろ”でも
低視聴率で。ドラマに恵まれていません。

NHK朝の連続テレビ小説”梅ちゃん先生”以来
ヒットドラマに出演していないのではないでしょうか?



SPONSORED LINK




第3話はカリスマ主婦ブロガー・早紀(紺野まひる)が
犯人でした。
カリスマ主婦ブロガーの一人である雅子(安藤玉恵)が
一人息子・悠(須田瑛斗)を
可愛がっているのを見、悠も慕っているのを見て、
つかみ合いになり滑り台に雅子は。



公園で亡くなってたら二人に容疑がかかると思い
自分の古びたアパートまでふらふらになりながら
帰り”だいじょうぶ”とつぶやく。



母親を思ってウソをつく悠。
「おばちゃん、おばちゃん、ごめんなさい!」
あんな小さな子に嘘をつかせる母親が居るでしょうか?





渚は子どもの頃の自分の両親を思い出す。
そして謙人(DAIGO)と渚の繋がりが
だんだんと解き明かされる。

SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能