So-net無料ブログ作成

2018年6月9日15時から愛媛朝日テレビで再放送される犬養隼人シリーズ「刑事・犬養隼人」あらすじ。 [ドラマ]















犬養隼人シリーズ




「刑事・犬養隼人」は2015年にテレビ朝日で
テレビドラマ化し2016年9月にドラマシリーズ第2弾が放送された。
2018年6月9日15時から愛媛朝日テレビで再放送される。





原作は「さよならドビュッシー」で
第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した
人気作家・中山七里さんの”刑事犬養隼人”シリーズ。




脚本は山岡潤平さん。
監督は本田隆一さん。


SPONSORED LINK




現代社会に潜む問題浮き彫りにしながら、
絡み合う人間ドラマを活写していく社会はミステリー。
今作では、犬養が一筋縄ではいかない
登場人物たちの裏側を暴きながら事件の真相へと
迫っていくスリルとサスペンスと共に、
組織内の上司と部下、父と娘、夫婦と
いった繋がりや絆の大切さもテーマとして描かれている。







主演は、寡黙でウソはすべて見抜いてしまうという
ミステリアスな凄腕刑事・犬養隼人を演じる沢村一樹さん。
今作では沢村さんが「アクション要素を盛り込みたい」と自ら提案。
ひとり娘・沙耶香に危害を加えようとする
謎の覆面集団に、たった一人で立ち向かうシーンでは、
武器を持った相手に素手で立ち向かう。
犬養のバディ役で若手刑事の古手川和也役を
前作に続き瀬戸康史さんが好演。


嘘を見抜く男VS劇場型誘拐事件!
消えたアイドル身代金3億円
テレビ局を巻き込む犯人との攻防!
タイムリミット48時間…予測不可能な衝撃ラスト。








SPONSORED LINK











あらすじはテレビ朝日の公式サイトから。
朝。真夏の日差しが差し込む公園のベンチで、
胸にナイフを突き立てられた遺体が発見された。
被害者は有名ロックバンドのボーカルで、
処女小説が文学賞を受賞し話題になっていた
篠島タク(吉川純広)だった。












捜査会議では、有名人が殺害された事件とあり、
鶴崎管理官(堀部圭亮)が色めき立つ。
生前、篠島が受賞した小説の評判はひどいもので、
「受賞は出来レースだった」という噂が巻き起こり、
書評家のみならず一般人からもかなりのバッシングを
受けていたのだという。
















被害者の人間関係に注目が集まる中、
警視庁検挙率ナンバーワンの犬養隼人(沢村一樹)は、
刺殺されながら、遺体からほとんど血が
流れていなかったことに違和感を抱いていた。














捜査員たちがあわただしく捜査を始める中、
一人の男が「俺が殺した」と捜査本部に
置かれた所轄へと自首してきた。







小説家を自称する嵐馬シュウト(遠藤雄弥)は、
出来レースで文学賞を受賞した篠島への
恨みから殺害に及んだと自供する。







しかし、取り調べに当たった犬養と古手川和也(瀬戸康史)は、
その稚拙な発言を信用しようとしない。
一方、犬養には別れた妻との間にひとり娘・
沙耶香(桜田ひより)がいた。沙耶香は
重い腎臓病を患っていたが、
3ヶ月前に受けた移植手術が成功し、現在は退院。
たまたま通い始めたスポーツジムで
人気アイドル志倉楓と知り合っていた。
長い入院生活で友達の少なかった沙耶香は、
楓と仲を深めていく中で、楓が殺害された
篠島と同じ芸能プロダクションに所属していることを知る。









犬養と古手川は、殺害された篠島の妻、
そして篠島が所属していた芸能プロダクション社長・
高森英雄(加藤雅也)、さらには出来レースの疑念が
起こっている文学賞を主催している出版社の
ビブレ社へと聞き込み捜査を続けていた。







そんななか、関東中央テレビに「志倉楓を誘拐した」と
いう犯行声明が届く。
中にはガムテープで縛られた楓の写真と携帯電話が!犯人は、
全国放送されるニュース番組を通じて
人質交渉を行うと要求。
その交渉相手に犬養を指名する。
果たして、犯人の真の思惑とは?
そして、犯人の糸口さえ見つけられない中、
犬養父娘に危機が迫る。





SPONSORED LINK


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。