So-net無料ブログ作成

朝ドラ「半分、青い」第11週”デビューしたい!”のあらすじ。律から別れを告げられる鈴愛。 [ドラマ]








朝ドラ 半分青い


朝ドラ連続テレビ小説「半分、青い」
第11週”デビューしたい!”のあらすじは
NHKの公式サイトから。




律から喫茶・おもかげに呼び出された鈴愛。
律は自分の留守中に鈴愛と清の間にあった出来事について、
話を切り出す。
物心ついた時から自分を頼って来た鈴愛のひと言で
恋人が傷ついてしまったことに、
もう幼なじみのままでいられないと語る律。
そして鈴愛は律から別れを告げられる

鈴愛の話も聞いたんでしょうか?
清だけの言い分を聞いて恋人を傷つけたと
言っているのなら律も大したことない男だ。





SPONSORED LINK




鈴愛にとっての律の存在の大きさを知っている
ユーコとボクテは失意のどん底にいる
鈴愛の姿を見ていられない。







オフィス・ティンカーベルでは、秋風が漫画を描くことで
自分自身が救われるのだと、鈴愛に力説。

一時は気力が薄れるものの、やがて鈴愛は
ものすごい勢いで漫画を描き始める。
ところが、いくら描いても鈴愛の漫画は、
秋風からダメ出しを受け続け…。






捨てて欲しい…
律との一件から一年が経ち、アシスタントとして
成長した鈴愛だったが、律を呼ぶ笛はまだ捨てられずにいた。
七夕が近づいたある日、意を決した鈴愛は
ユーコとボクテに、笛を捨てて貰うようにお願いをするが…。










秋風羽織の育成論。
デビューしたユーコに散英社の担当編集者がつく。
普通、漫画は編集者と漫画家の二人三脚で
つくられるものだったが、彼女の原稿は
秋風がチェックをした後、担当にみせることに。
そこには秋風の熱い思いがあり…。




ガーベラ新人賞。
鈴愛はガーベラ新人賞への投稿作品を、
今まで書き直してきた作品から別の作品へ変更すること決意する。
そのことをボクテに告げると、ある頼みごとをされ…。
書き直した作品を僕にくれないっていうのでは?
プライドはないのか?
自分より後で入っていた鈴愛の作品を
自分のものとするのでしょうか?

















鈴愛のみどころ:第11週は「ボクテ」

アシスタント仲間から、ユーコが一足早くデビューします!
喜ぶ鈴愛でしたが、ボクテは素直に喜べない様子。
私もきっと鈴愛と同じように「おめでとう!」と喜ぶと思いますが、
内心では、やっぱり落ち込むかもしれないです。
一緒にやってきた仲間のデビューを嬉しいと思う気持ちと
同時に「自分はまだ…」という気持ちも出てきてしまうので、
ボクテの気持ちもすごく分かります。
第11週はボクテの葛藤にご注目下さい。






SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。