So-net無料ブログ作成

「わろてんか」第136話のあらすじと感想。北村商会の映画部では検閲にかからないような映画をと”忠臣蔵”を思いつく。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」第136話のあらすじは
NHKの公式サイトから。


てんは風太の家族と伊能と一緒に朝食を。

力になれるなら北村で使って欲しい。
新しい家が見つかるまでこちらに
おいて欲しいんだが…と伊能。
こちらこそ宜しくお願いします。




北村笑店に映画部が発足し、
伊能が顧問に就任する。





SPONSORED LINK



てんたちは。早速、恋愛映画を作ろうと意気込むが、
検閲は日々厳しさを増すばかり。
またお蔵入りは嫌だと慎重に進めることに。

映画法が成立するので台本にも検閲が入る。
もっともっと厳しくなる。
映画の中に人情や恋愛が分からないように入れるには?

女の楓さんではないと書けない台本で
男の人の目には気付かない台本だったら
書けるのでは?





夕食の支度は伊能がトキと一緒に。
独り暮らしが長かったのでひと通りのことはと
手際が良い。
賑やかに夕食。
伊能さんのお嫁さんになると飛鳥。
あかん!と風太。





新世紀シネマの工藤社長に
伊能が北村商会の映画部に入ったと
報告する伊能商会の山下専務。
又何か悪だくみを?




このまますんなりいけばいいのだが…。
国の為に命を捧げるという時代に
恋愛映画というのは難しい。
忠義とか自己犠牲にしてまでも
国を守るという時代。
なんやお侍さんみたいですなぁ~。
そこでてんは、検閲をかいくぐる為の
秘策を思いつく。
「忠臣蔵」はどうやろ?
忠義や自己犠牲の話や。
検閲官を出し抜けるかもしれない。
次々と女性陣の好きなシーンを
キースたちに話す。
忠臣蔵の中に恋愛を入れたら?



伊能(高橋一生)とてん(葵わかな)の
堀部安兵衛と通りすがりの娘のシーンに。
娘に借りたしごきでたすき掛けし
叔父の仇を見事に打つという一コマ。
赤いしごきが縁結び。口説き落とされて
赤穂藩堀部家の婿になるという。
四十七士の一人となる。




そんなある日、
週刊誌で勲章も貰った北村てんは金の亡者だと
いう記事が出る。
新世紀シネマの工藤社長なのか?
出る杭はうたれると言われますが
こういう輩がいつの時代にもいるんですね。







通天閣が売りに出されていると聞いた風太は
北村が買わな他の誰かがこうたら
どないなる?とてんに。
北村笑店が通天閣を買おうと進める。







SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。