So-net無料ブログ作成

日本テレビ水10ドラマ「anoneあのね」広瀬すずさん主演。第1話のあらすじと感想。第2話のあらすじ。 [ドラマ]











anone 広瀬すず




2018年1月10日水10ドラマ
「anoneあのね」初回10分拡大。
広瀬すずさん主演。






全てを失ってしまった少女は、
それでも生きようと思った。
でも、生きる術を知らなかった。
そして、ある老齢の女との運命的な出会い。
それはある事件がきっかけだった。




このドラマは、生きることの意味とは?
人が生きる上で本当に大切なものは何か?
を人々に問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語。

全てを失った少女が真実(ほんとう)の絆と出会う物語。
重たくて暗いドラマでしたね。
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
と同じような不遇の主人公。
今回の方が重いドラマなのかもしれない。
同じ脚本が坂元裕二さんなので、
似たようなドラマになるのかもしれない。

初回の視聴率は9.2%と
ひと桁でスタートしました。




SPONSORED LINK




脚本は「東京ラブストーリー」
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
「カルテット」などの作品を手がけた坂元裕二さん。
「いつ恋」は今、テレビ愛媛で再放送されています。
今日、1月11日は練(高良健吾)と音(有村架純)が
息の合ったアルプス一万尺をするシーンがあった。








第1話のあらすじはの日本テレビの公式サイトから。

林田亜乃音(田中裕子)はその日、自宅1階の
廃業した印刷工場の床下で、大量の1万円札の束を見つける。
その1万円札は?











一方、通称”ハズレ”こと辻沢ハリカ(広瀬すず)は、
清掃のアルバイトをしながら同年代の美空(北村優衣)と
有紗(碓井玲菜)と共にネットカフェに寝泊まりしている少女。
スマホのチャットゲームの中でだけ会える闘病中の
”カノン”さん(清水尋也)と日々の他愛のない会話を交わすのが楽しみだ。

金を見つけた有紗、それを自分が留学をするために
持ち逃げようとする美空。追いかけるハリカ。
そこで友達も失ってしまうハリカ。
美空から金を取り戻した亜乃音。



色んなところそこそこに伏線が引かれていて
なるほどと思う話の流れではあるが
あまりにも可哀想すぎる主人公・ハリカ。




















ある日、友人とのドライブ中に札束の入ったバッグが
捨てられているのを見たという有紗の記憶を頼りに、
ハリカたちは「柘(つげ)」という町を目指すことに。

「つげ」は、かつてハリカが祖母・
為貝真砂子(倍賞美津子)と暮らした幸せな記憶のある町の名前で…。
ところが祖母でも何でもなく、そこは厚生施設で
ツリーハウスに閉じ込められるような
幸せな思い出でもなく悲しい思い出だった。






















一方、医者から半年の余命宣告を受け店を
畳もうとしていたカレー屋店主・持本舵(阿部サダヲ)は、
店の客・青羽るい子(小林聡美)と意気投合し、
二人で死に場所を探す旅に出ていた。

カレー屋なのに焼うどんを注文。
お金も払わずに店を出ようとしたるい子。

死に場所を探しつつ自分のことを話し始める二人。
青羽るい子は刑務所に入っていたと持本に話す。







カレー屋のワゴンで二人が流れ着いたのは柘という町。
捨てられた大金がきっかけとなって、
出会うはずのない人達の運命の糸が
引かれようとしていた。
争奪戦。
しかし、亜乃音はニセ札と知り、ニセ札が
世間に出回らないよう取り返す。






ネットカフェで3人仲良く寝泊まりしていたが
偶然見つけた現金で友情もバラバラに。
ひとりネットカフェに戻ったハリカは
1万円札をポケットから出し、並べてみると
同じ番号の1万円札!
また柘にやって来るハリカ。
亜乃音を訪ねる。






幸せだった頃の祖母の家だと思っていた場所に
やってきたハリカは本当は幸せではなかった場所だと知り…。




この他の出演者は
林田亜乃音が事務員として勤務する法律事務所所長・
花房万平に火野正平さん。
亜乃音の亡くなった夫・林田京介に木場勝巳さん。
中世古理市に瑛太さん。
瑛太さんは坂元裕二さんとは5年ぶりとなります。
2011年7月期ドラマ「それでも生きてゆく」
(このドラマも暗かったですね)
2013年1月期ドラマ「最高の離婚」(ともにフジテレビ)
(このドラマが比較的明るい方でした)



SPONSORED LINK







第2話のあらすじ。
かつて更生施設で一緒だった”カノン”こと
紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、
お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、
「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。










そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていた
あの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。
さらに札束の出てきた床下の穴から、
15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、
死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝巳)と写っている写真が発見される。
探していた娘が、隠れて夫と会っていたことに
亜乃音はショックを受ける。


木場さんはNHK朝ドラ「わろてんか」に出演中。














一方、舵(阿部サダヲ)が幼なじみの西海(川瀬陽太)に
言われるままカレー店を乗っ取られようと
していることを知ったるい子(小林聡美)は、
札束を燃やして捨てる人間がいるくらいだから、
世界には裏メニューがあると、何かたくらみを抱いている様子。
見るからに人の良さそうな舵。
るい子がきっと助けてくれると信じている。



そして、写真の情報をもとに玲の足跡を辿る
ハリカと亜乃音が知るのは更に切ない現実で…。



切ないうえにまた切ないことが起こるんですよね。
坂元裕二さんのドラマって。
切なすぎる。
広瀬すずさんの暗い顔は
似合わないと思うのだが…。


SPONSORED LINK



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。