So-net無料ブログ作成

「わろてんか」第80話のあらすじと感想。大正12年9月1日関東大地震。アメリカにいると思っていたキース(大野拓朗)が東京に無事なのか? [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」の第80話のあらすじは
NHKの公式サイトから。
第15週”泣いたらあかん”に入ります。




安来節乙女組は大人気。
北村笑店の東京進出をもくろむ藤吉とてん。

大正12年。
立秋も過ぎても暑い日が続いていた
そんなある日、
藤吉は東京の浅草に寄席をと
交渉に出かけていった。



SPONSORED LINK




キースがアメリカに行くと北村笑店を
出て行かれたアサリはひとり、
文句をいつも言っていた。
相方を何人か変えてもうまくいかなかった。




伊能はチャリティー運動をやっていた。
リリコから損して得取れということ?
ちゃんと寄付するだけえらいわ。
チャリティーさんや。
なんやかんやと言いながら伊能のことを
認めているリリコ。


風太とトキの仲は相変わらずで、
そろそろ結婚したらどうなんでしょう?




万丈目と歌子の夫婦漫才も順調。
東京の寄席に出る時のネタを考えていた万丈目は
歌子に反対されるが、風太は万丈目が書いたネタを
面白いと思っていた。




足しげく東京の寄席を訪ね回っていた藤吉は
ある日、アメリカへ旅立ったはずのキースと
偶然、再会する。
キースは浅草の寄席で、物まね芸人を
やっていた。
浅草の小料理屋に住み込みしているという。
アメリカから帰って来てたんやったら
知らせてくれたらええのにと藤吉。
アサリはキースが居なくなって相方を4人も
変えたという話をする藤吉。

今は大阪へ帰られへんとキース。






1923年大正12年9月1日。
7.9の大地震があった。
10万人余りが犠牲に。
浅草の12階建てのビルは8階で折れた。


てんたちは東京に行った藤吉を
心配していると無事に帰ってくる。
キースが東京にいるんだと。
浅草の寄席で会ったのだと話す藤吉。








SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。