So-net無料ブログ作成

「わろてんか」第79話のあらすじと感想。安来節乙女組の初高座は大成功!第15週”泣いたらあかん”のあらすじ。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」の第79話のあらすじは
NHKの公式サイトから。





ついに乙女組が風鳥亭の高座で踊りを
披露する日を迎える。


藤吉ら家族と乙女組は一緒に
朝ごはんを食べるようにしていました。
藤吉は高座に上がる前に
手のひらに人という字を書いて
飲み込むことを教える。



SPONSORED LINK






風太は先日のトキへの失言を
謝りたいとトキに口紅を渡す。
もろとくわとトキ。
何かいい感じになってきました。






緊張と期待を胸に開演の瞬間を待つてんや風太。
実は乙女組の娘たちはこの日の為に
秘策を用意していて、客をあっと驚かせる。
赤い腰巻を見せるというものでした。
まだまだ女性は着物の時代で
若い女性が着物の下の腰巻を
見せるなどとんでもないことと
思われていました。
客は驚きを隠せず…
途中からは観客にも声をかけ
客も一緒に踊り始めます。
乙女組、大成功。





リリコのおかげやと藤吉。
いつでもここに戻って来てもええんやで。
中途半端で辞める訳にはいかんわ。
女優やらせて貰います。





乙女組の初高座の成功のお祝いをする。
乙女組それぞれが感謝とこれからの夢。

風太は日本中に乙女組を広めることですと。
藤吉は日本一の笑いの殿堂にすることやと。
日本一やない世界一の芸人になることや。
世界一の芸人になることやとキース。
二人でやって来たアサリはキースに
食ってかかるが…。



それぞれが夢に向かって懸命に走っていました。


SPONSORED LINK






第15週”泣いたらあかん”
大正12年9月1日。
(現在、防災の日)
関東で大地震が起き、東京の寄席に出演中の
キース(大野拓朗)を心配した藤吉は、風太に
芸人たちへ救援物資を託して東京に向かわせた。





浅草の避け後で発見されたキースは
”東京のお母ちゃん”と呼ぶ記憶喪失の女性・志乃(銀粉蝶)を
連れ大阪に戻ってくる。
てんは志乃の会った時の伊能の反応が
何故か気になり、そのことを伊能に尋ねてみる。
すると伊能の口から意外な話が飛び出した。
志乃は中学の時に伊能を捨てた実の母親だというのだ。







SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。