So-net無料ブログ作成

テレビ朝日水9ドラマ「相棒16」第8話”ドグマ”のあらすじと感想。第9話”目撃しない女”のあらすじ。 [ドラマ]







相棒16 テレビ朝日


テレビ朝日の10月期水9ドラマ
「相棒16」



第1話の視聴率は15.9%
第2話は16.6%。
第3話は14.2%。
第4話は16.4%。
第5話は14.6%。
第6話13.8%。
第7話は13.5%。
第8話は13.6%
堂々のふた桁視聴率で推移。


水谷豊さん×反町隆史さん新シリーズ突入。
連続殺人犯が右京と亘を脅迫罪で告訴。
権力者の陰謀が特命係を追い詰める。
反町隆史さんは4代目の相棒。
(シーズン14から)


SPONSORED LINK





第8話”ドグマ”

外来種”ジゴクバチ”の発見から始まった
連続殺人事件は想像を超えた事態に!
公安、法務省、テロ組織、そして右京…
それぞれの「正義」が激突!


外来生物を使った連続殺人にテロリストが関与
公安や法務省が特命係に圧力をかける真意とは?
国を超え様々な思惑が絡んだ事件に特命係が切り込む


右京と亘が発見した外来種”ジゴクバチ”が
殺人の凶器捜査に乗り出した特命係を国家権力が追い詰める!






警視庁公安部に、「中央アジア系テロ組織のメンバーが
日本に潜入した」という情報がもたらされ、緊急手配が敷かれる。












そんな中、右京と亘は偶然、中央アジアに生息する
”ジゴクバチ(※1)”という外来生物を発見。
駆除の手伝いをすることになった2人は作業中、
民家で中年女性の腐乱死体を見つける。
遺体には、ジゴクバチに刺された無数の跡があり、
状況から殺人の可能性も浮上する。
刺される時に地獄のような痛みがあるのに
何か所も刺されていたことから殺人と。
















捜査に乗り出した右京は、遺体の女性が中央アジアに
出かけた際に撮ったと思われる1枚の集合写真に注目。
蝶の収集家・小関豊子、NGOの清水正、菅谷あゆみ、
撮影者である藤本(岩井秀人)というカメラマンから話を聞くと、
小関と一緒に写っているのは九斗美商社の社員たち(日比紘一、夏焼)、
外国ビジネスマン3人だという。
夏焼が今は九斗美の社長になっているという。


すると、その内の1人がジゴクバチに刺されて死亡したという情報が。
日比紘一ということは夏焼社長が危ない。











九斗美商事は武器売買を行っていた。
外事三課のデーターベースを青木に頼んで
出してもらう。
青木は特命係がやっていることを日下部に
逐一報告。





”ドグマ"
「宗教や宗派における教義」「独断的な説」



特命係の協力をしてくれていた外事課特捜部の黒崎も
日下部によって高松に左遷される。
トルジスタンという国の内紛戦争の敵味方、両方に
武器売買をしてマネーロタリングをしていること、
恩恵を受けた者が次々と殺されている。
圧力をかけた運上人は国そのものだと。
国の意向によって、国策として武器売買






連続殺人を疑う右京だったが、公安部の外事三課と、
法務事務次官の日下部(榎木孝明)から、
相次いで脅しめいた圧力を受ける。
いっぽう、捜査を担当している外事課の
中央アジア担当官は、右京に通じる経歴や正義感を持った人物だと
大河内からの情報を。
右京と同じスコットヤードで研修をした嗣永重道だという。





夏焼をマークすることに。
夏焼社長に会おうとするがなかなか、
誰でも行くところ、トイレで待ちぶせ。
警察には日比のことならもう話した。
夏焼の尾行をしていた右京らの前に
外事三課の者がやって来て
外事三課へ連れて行かれる。
協力してくれないかという嗣永。




夏焼は植木屋の車で家を出たことが分かるが
遅かった、夏焼はジゴクバチにやられて死んでいた。


外国のビジネスマン3人の安否が
気になるところ、ヨーロッパで
暗殺されていた。
ジゴクバチではなく銃殺。


次はNGOの清水と菅谷は又海外に行くという
情報を得る右京らだったが…。
集合写真をもう一度見て気が付く右京。
トルジスタンの少年の首元を見て思い出す。
私としたことが…。




そうあの写真を撮ったという藤本の首元には
少年と同じものがあったことを思い出す。
そして藤本は外事三課の嗣永だった。
出港前に間に会って良かったですと嗣永に会いに。
スコットヤードで同じく研修したことを話し始める。
事前にスコットランドで研修中の陣川に
問い合わせていた。
セシルストリートのカップケーキが好きでした。
僕もです。古本屋のおばあちゃんはあなたの事を
覚えているそうですよ。
”ドグマ”翻訳されたものが捜査に
役立ちました。
あなたが作ったものですね。
”ドグマ”決定とか命令が正義と訳されていました。
アルマズルが国外へ逃亡したというのは
嘘ですね。殺害方法が違う。
テロリストはまだ日本に居ます。
夏焼氏が自ら交渉としようとしたというのはウソ。
私達を外事三課に呼んだのは自分の指揮下におき
コントロールしようとした。
掟に忠実な犯人ではないかと思うのです。
警察官として3人を殺害した。
ここまでの事をしたんですか?
少年・タヒルは亡くなる時、医者になりたいと言った。
少年の未来を奪ったんだ。
嗣永の腕には3つの黒丸が…。
銃を出して貰おうかと嗣永。
捜査権がありませんから。
拳銃を持たない、特命係のドグマです。
保身のために丸腰の警察官を殺せますか?
ご自分の正義に従って下さい。
腕を出嗣永に亘は手錠も持っていないんです。

カッコ良かったですね。
右京と亘。
拳銃も手錠も持っていない、捜査権を
持っていない刑事2人が事件を解決。
カッコ良すぎですね。






※1「ジゴクアチ」はドラマで設定した架空の生物。



脚本は真野勝成さん。
監督は兼崎涼介さん。





SPONSORED LINK


第9話”目撃しない女”

殺人事件の鍵を握るのは”目撃しない女”
彼女を守ろうと奔走する亘を凶刃が襲う!


目撃者の女性はなぜ犯人を見なかったことにしているのか?
右京が気づいた”目撃しない女”の意外な秘密とは
彼女に好意を寄せる亘の決死の捜査が衝撃の結末を生む!







スナックの店主の男性が殺害され、捜査一課では
強盗殺人として捜査を開始。
犯人らしき二人組の男と遭遇したのは、
亘がひいきにしているキッチンカーの店主
・芽依(朝倉あき)だったが、証言が不自然に
あいまいだったため、伊丹(川原和久)は
彼女にも疑いの目を向ける。




浅倉あきさんは現在NHK大河ドラマに高瀬役で
出演中です。
最近では月曜名作劇場内田康夫サスペンス(11月27日)
「警視庁岡部班~倉敷殺人事件」に草西英 役で出演されました。





いっぽう、逃走した二人組の男は、被害者から
奪おうとして奪えなかった”ある物”について、
芽依が知っているのではないかと、
警察をかたって接触し始める。




しかし、男たちを間近で見たはずの芽依は、
なぜか目撃などしなかったかのようにふるまう。






そのころ、亘と共に捜査に乗り出していた右京は、
彼女がある問題を抱えている可能性を察していた。
そんな中、殺害された男性が、不動産詐欺グループと
繋がりがあったことが発覚。






右京と亘は、犯人たちが探している物が、
殺人の動機になったと見て、独自の捜査を続ける。
そして、芽依に危険が迫っていることを察した亘は、
身をていして彼女を守ろうとするが…





脚本は山本むつみさん。
監督は杉山泰一さん。


山本むつみさんはNHKの朝ドラ”ゲゲゲの女房”
大河ドラマ”八重の桜”などの脚本を手がけられています。

SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。