So-net無料ブログ作成

「わろてんか」第58話のあらすじと感想。団吾師匠が風鳥亭に逃げ込み、兄貴分である団真に [ドラマ]






わろてんか あらすじ

「わろてんか」の第58話のあらすじは
NHKの公式サイトから。


てんと藤吉は、万々亭で食い逃げをしようとした
″ニセ団吾”の正体が、お夕の夫・団真(北村有起哉)と
知って驚く。
こんな芸人がいるから警察から変な目で見られるんや。
笑いの神様の罰当たるでぇ~と万丈目。
笑いの神様なんか居てるかっと団真。








SPONSORED LINK







実は落語家という団真。
団吾さんよりアンタの方が上やと
信じてるさかいとお夕。

てんはうちの高座に上がって貰ったらと
藤吉に言うが団吾師匠のことで手いっぱいだと
聞く耳をもたない。


万丈目らの第三回団体交渉に
てんも加わり、席主に3つの要求します。
要求その一つ、家族と一緒に朝ごはんを食べること。
要求その二つ、愚痴をためず、お互い直ぐに吐き出す事。
要求その三つ、一日一回必ず家族三人で笑うこと。
もう遊びは終わりや。
そんなこと家で話したらええやろ?
家では話にならへんからです。
言いたいことはこないだ言うた。
いうことは無いわ。
これ以上話し合う意思はないと
万丈目、キースらは交渉決裂や。
これからストライキを決行し
寄席には出入りしません。以上と
出て行ってしまう。







夜、伊能が訪ねてくるが藤吉は留守。
また出直してくるとてんに言い、
家に帰りにくいという藤吉に会い、
一緒に飲みに行こうか?とリリコも一緒に。
栞は自分で活動写真を作ろうとしていて
企画書を見せ生き生きと話し始める。

歌舞伎役者の女形が女性を演じていたが
そんな時代ではないこれが新しい活動写真だと話す。
藤吉はリリコに活動写真
「乙女のささやき」に出して貰ったら?
藤吉や栞に勧められその気になっているリリコでした。


ダメ夫・藤吉を演じる松坂桃李さんには毎日
ブーイングの嵐。
それとは反対に伊能を演じる高橋一生さんの株は上がっていくばかり。
伊能と結婚していた方がと思われた方が
多かったのではないでしょうか?
団真も藤吉もお夕、てんというお嫁さんが
いなかったらとんでもない男たちですね。
お嫁さんたちの苦労を思うと…。


てんの計らいで藤吉に団真の芸を見せることに……。
おきばりやすとお夕。
団真は落語“崇徳院”を披露し始める。
二日酔いで起き上がりだちの藤吉の前で。
何も期待していなかった藤吉の反応は?
そんな時、男が1人入ってきて隠れる。
男は男たちに追われていたようだったが。
風鳥亭に隠れていた男は団吾師匠。
驚く藤吉。
団吾を見た団真は逃げ出す。
出てきたお夕に団吾は
あんな男、見限ったほうがええで、お夕。


お夕を巡って何かあったんでしょうね。
お夕はお笑いの神様から見放された(と団真は思っている?)
団真を選んだのでしょうね。



SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。