So-net無料ブログ作成

ドラマ「今からあなたを脅迫します」第4話のあらすじと感想。第5話のあらすじ。 [ドラマ]









脅迫します ドラマ 感想





ドラマ「今からあなたを脅迫します」
のヤフーのみんなの感想は56%☆1、
みんなの評価は2.34点。
パーセンテージだけ見ると今一つですが
高評価の書き込みが多いです。


原作は藤石波矢さんで
「今からあなたを脅迫します」(講談社タイガ)ドラマ化。


第1話の視聴率は8.0%。
第2話は5.7%。
第3話は6.4%。
第4話は5.9%でした。






SPONSORED LINK


第4話のあらすじ。


千川は依頼人の犬(アンジェリカ)を脅迫していた。
依頼人は愛犬を叱って愛犬に嫌われたくないんだそうだ。






澪は7年前に交通事故で亡くなった両親の墓参りで、
教師だった母・七海(石田ひかり)の教え子・
國枝友基(森田甘路)に会う。
母の隙だった花を持って。
花言葉は情熱”
問題児だった自分を救ってくれた七海に
恩義を感じているという國枝は、澪に
「7年前の交通事故で本当に悪い奴は別にいる」
という意味深な言葉を残す。
本当に悪い奴








事故の真相が気になる澪は迷いつつも脅迫屋を訪ね、
千川ではなく、栃乙女に自己の調査を頼む。
おはぎが好きなポンコツ女子大生、
何しに来た?という千川。
大学のサークルと勘違いしてないか
脅迫屋に出たり入ったりといわれる。






一方、今まで澪に親切な顔を見せていた
アパートの隣人・カオル(鈴木伸之)は、
裏では澪の部屋を盗聴し、行動を監視していた。
誰の指示で?
第5話で分かる。










そんな中、國枝が傷害事件を起こして逃走する。
國枝にメールを送っていたことから、
任意の聴取のため警察に呼ばれた澪。

そこで、國枝が襲った男が7年前、
澪の両親を轢いた車両に同乗していた
添島邦昭(前田公輝)だと知らされる。






その頃、ただの世間知らずの女子大生だと
思っていた澪の不幸な生い立ちを知った千川は、
本心では澪の力になりたいと思うものの素直に行動に移せずにいた。

また澪は警察に迎えに来た新渡戸(袴田吉彦)の計らいで
久々に祖父の轟雄之助(近藤正臣)と顔を合わせるが、
國枝とはかかわるな、
余計なことに首を突っ込むなと釘を刺され、
険悪なまま決別してしまう。
母の命日にもお墓参りに来ない人に
あれこれ言われたくありません。
お金も手紙も送って来ないで下さい













栃乙女の調査の結果、7年前の事故の犯人として
服役を終えた大西隆は添島の父が経営する会社
SJマテリアルで異例の出世をしていることが判明。
今はシンガポール支社にいる。
千川は男が真犯人の添島の身代わりとなって
服役したのではないかと推測し、澪に副島の脅迫を持ちかける。
しかし、脅迫という手段を拒む澪は7年前の事故のことを
直接添島の話を聞きに行く。
あの交通事故のせいではないですか?と聞いた時に、
1か月前に自分の車を盗んだ外国人が
ひき逃げしたんだ事故だと…
両親が衝突された娘です。
そっち?
両親の名前を言っても全然覚えていなかった。
すると添島は俺が運転したよ。
新車を買ったばかりで
当時飲酒運転をして両親を轢いたと
たまたま運が悪かったよねアンタの両親と冗談ぽく話す。
証拠はない。犯人は罪を償ったんだ。



あなたは償うべきですという澪に
何様のつもりだ。
ごちゃごちゃ言うのなら親の所へ送っちゃうよ。

千川が脅迫屋ですと二人の前に。
仲間か?
ゆすりに来たのか?
営業しに来た。國枝を脅迫しないか?
裏稼業の知り合いなら間に合っていると添島。











反省の色も見せない添島にショックを受けた澪を
連れて千川は添島の後を追う。
そこで2人が見たのは、待ち伏せていた國枝がナイフで
添島を再び襲おうとするところだった。
澪は、咄嗟に國枝を止めなかった自分に衝撃を受ける。
でも迷った澪は「國枝さん!」



ひき逃げのことを調べると
被害者は60代の男性。信号無視してひき逃げ。
防犯カメラには外国人が運転していた。
車は盗まれ乗り捨てられたと添島。
プロが後始末をしただけ。
裏稼業の知り合いはいると話していた添島。

















新たに明らかになった余罪も含め、
改めて添島を脅迫しようとする千川に、
澪は母の教えを守って人を憎みたくないと話す。
正しいことをして優しい人でいて
弱い人を助けてねと母はそういって死んだのと。



しかし、千川は自分の中の憎しみを
押し殺そうとする澪を不健康だと一蹴。
澪は添島を許したいと思いつつも、
千川の言葉が耳から離れず…。
果たして、澪のため千川が考えた解決策とは…



裏社会を知っている不破組組長・
不破鉄男(小沢仁志 第1、2、4、5ゲスト出演)に
添島が使っている掃除屋のことを聞くために
依頼主が連れていた犬(アンジェリカ)と
組長が写った写真で脅迫する千川。
添島が隠ぺいした事故を調べ上げ
飲酒をして運転しようとした添島を
千川たちの事務所に拘束。



お前を脅迫する。
7年前と1か月前の事故を金で解決したことを認めろ!


國枝が勤めていた修理工場に
事故った車を添島が持って来て
「口止めしているから大丈夫だ」と添島が
電話しているのを聞いた國枝。
反省の色が見えないですね。
掃除屋を雇って事故死にするから。
酒を飲ます。
注射を打とうとする。
自分でやりたいんだろ?と千川は澪に。
お母さんの無念を晴らしたいんだろ?
自分の気持ちに正直になれよ。
許せないと思いました。
どうして死ななければならなかったのか?
本当の犯人だと分かって憎かった。
そしてそれを自分で認めるのが…
恨んじゃダメと母に言われているようで…
添島さんがいなくなれば楽になるのかもしれません。
憎いです。でも両親が生き返ってきません。
命は命で償えませんから。
未来は自分で選べます。
間違った未来を選ばないで下さい。
國枝さんは私と同じくらい母の好きなものを
知っていてくれた人です。
思い出をもっともっと聞かせていただきたいんです。

添島、自分の罪をを認めて自首しろ。
罪を償って父と母のことを一生忘れないで下さい。


添島も國枝も自首。

お母さん、國枝くんを助けてくれてありがとう!

隣のカオルがリンゴを沢山持ってやって来る。
部屋の中まで持ち運んでくれるが…
澪は部屋で…
新戸部とカオル




SPONSORED LINK






第5話のあらすじ。
お嬢様が消えた
誘拐したのは優しい隣人


澪の祖父・轟雄之助(近藤正臣)から呼びだされた千川は、
「自分の代わりに澪を守らなければ脅迫屋の仲間ごと消す」
という”脅迫”を受ける。
栃乙女と目黒は脅迫屋が脅迫されたことに呆れてしまう。










急に連絡が取れなくなってしまった、澪のアパートへ
向かった千川と目黒だったが、部屋は鍵が開いたままで澪の姿は無く…。
澪の部屋にあったぬいぐるみに盗聴器が
仕掛けられていたことに気づいた千川は、
栃乙女の解析を頼りに隣室のカオル(鈴木伸之)が盗聴犯だったと
特定するが、すでにカオルの部屋はもぬけの殻…。


























その頃、カオルは気絶した澪をとある実験室に運び込んでいた。
一方、ガラス張りの実験室で目を覚ました澪は、
カオルが差し出したスマホごしに新戸部と轟の
交渉の様子を見せられる。

新戸部は、この後参加するトークイベントで轟が
狙撃されるようプロを雇ったことを告げた上で、
轟の全財産が自分に渡る遺言書を残して
死ななければ澪のいる実験室の酸素濃度を
下げていくという脅迫をする。
















祖父の身を案ずる澪だが、その声は届かず…。
そんな中、千川は轟邸にしかけておいた盗聴器から
轟を脅迫する新戸部の話の一部始終を聞いていた。











栃乙女は盗聴した情報から実験室が
澪の大学の一室にあると特定。
一同は大学へと急ぐが、新戸部が轟を暗殺しようと
しているイベントまでの時間もすぐそこまで迫っていた…

果たして、新戸部の陰謀を阻止し、
澪を救うことは出来るのか

SPONSORED LINK



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。