So-net無料ブログ作成

「ひよっこ」第113話のあらすじと感想。”庭の千草”を歌いながら谷田部家の田植えも終了。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ

「ひよっこ」第113話のあらすじと感想。


久しぶりに実さんが帰ってきて
谷田部家の田植えが始まります。






田植えの日の朝、みね子らが準備を
していると、宗男がやってくる。
久しぶりの宗男登場でした。




弟だと固い握手。
ハグをする。






SPONSORED LINK


弟の自分を覚えていなくても、
実との再会を喜ぶ宗男。
元気で会えたことを喜んでる様子が
見てとれましたね。
口数多い宗男も今回は…。



そこに助川家や角谷家の面々が加わり、
にぎやかに田植えが始まる…。
きよが実さん、私が初恋の人だって
覚えてないっぺ?
えっ!?と一同。
冗談だよぉ~。
大笑い。
色んなことがあってもこうして
みんなで笑ってたら良いんだよ。


みんなが実を温かい目で見ていくなか、
ドンドン田植えをしていく実。
記憶を取り戻したかのように…。

思い出した訳ではなく身体が
覚えている実。
油断して倒れ込む実。
大丈夫けと実に駆け寄ろうとしてみね子が、
続けて宗男が…。
大笑いしながら田植えが進んでいく。
いつも通り女性群は”庭の千草”を
歌い始め…。(アイルランド民謡の1つ)





稲刈りの頃を思い出すみね子。
日本の原風景。

無事田植えが終わり、
祖父・茂は実に
ゆっくりでいいんだゆっくりで。





谷田部家の皆様、
今年の田植えお疲れさまでした。
とみね子、ちよ子…。
(これも恒例になっている)



ゆっくりと実も記憶を取り戻すでしょう。
きっと。


SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。