So-net無料ブログ作成
検索選択

「遺留捜査シーズン4」第5話”陶器のかけら”の感想。第6話のあらすじ。僕に3分だけ時間をもらえませんか? [ドラマ]











遺留捜査4



「遺留捜査シーズン4」
初回の視聴率は13.1%。
第2話は8.8%、
第3話は10.9%、
第4話は10.8%、
第5話は?



舞台は月島中央署から京都府警捜査一課に移して、
上川隆也さんが
連続ドラマとしては
4年ぶりに風変わり刑事・糸村を熱演。
「おみやさん」「京都地検の女」
「科捜研の女」などのドラマと同様
京都が舞台なのに
登場人物がみんな標準語です。



SPONSORED LINK










シーズン1は2011年4月期水9ドラマとしてスタート。
シーズン2は2012年7月期木9ドラマ。
シーズン3は2013年4月期水9ドラマ。
以後はスペシャルドラマとして
2013年11月。
2014年8月、10月
2015年5月に放送。



第5話”陶器のかけら”のあらすじは
テレビ朝日の公式サイトから。
”鬼女”と呼ばれた女性社長が刺殺された
背景には彼女が仕掛けた森の売買ゲームが
翻弄された部下や陶芸職人に疑惑がかかる中、
遺留品の陶器のかけらが導いた真実とは



京都市内の森林で不動産会社東條エステート社長・
東條志津子(多岐川裕美)の刺殺体が見つかった。
志津子は業界では有名な不動産ブローカーで、
”鬼女”と呼ばれるほどのやり方で敵も多いようだった。


















やはり、仕事がらみのトラブルによる犯行なのか
現場の神無木の森は志津子の会社が所有していた土地で、
売却をめぐって志津子と部下の岩田直人(伊東孝明)が
対立していたことも分かった。
ホテル用地として契約までこぎつけていてのだが、
東條社長が1人で新しい売却先を極秘で進めていた。




岩田役の伊東孝明さんは伊東四朗さんの息子さんです。
先日は「おかしな刑事16」に刑事として出演。










だが、糸村聡(上川隆也)が着目したのは、
遺体の手元に落ちていた三角形の陶器だった。
志津子が身に着けているのは高級ブランド品ばかりなのに、
なぜこんなものを持っていたのか、気になったのだ。




















そんな中、神崎莉緒(栗山千明)と共に、
志津子の息子・達也(山中崇)を訪ねた糸村。
達也は現場の森のはずれにたたずむ清水焼の
工房で働いており、母親とは絶縁していたと話す。

20年前に家族を捨てて出て行ったと話す。



工房主の小澤康夫(河西健司)によると、
この工房も志津子から立ち退きを
迫られていたというのだが…。
達也の父・一馬とは友人だった小澤。
一馬は天才肌の陶芸家だったと話す。
一馬の過失致死を認めた小澤。


志津子の陶器のかけらを村木に調べて貰う。
工房で使っている土と同じだということが、
志津子のそばには線香の成分が。


陶器のブローチか何かのかけらかと思っていたら
志津子の息子・達也が幼い頃に作った
陶器で作った家のパズルの1ピースだった。
志津子にとっても家族の思い出だった。





志津子が殺された日、小澤は志津子に話があると
呼び出されたが、自分が行ったときには
殺されていたと話す。
志津子を殺したのは岩田とつき合っていた
部下だった。
凶器はマンションのモデルルームの
パンフレットに写っていたナイフ。
岩田の仕事がうまくいったら
このマンションに住めると思っていたが
志津子が自分たちの邪魔をしたと
思いこんでの犯行。






二条司法事務所から届いた書類は
茅戸山の権利書。
神戸の海浜建設に3000万支払っていた。


母は父と僕の夢を潰したのは
事実なんですからという息子の達也に、
3分で良いんです。
時間を貰えませんか。

そうではない。
茅戸山を買い取って工房に
するつもりだったんですよ。
あなたが作った家のパズルのように
元の家族に戻ろうとしたのではないでしょうか?
土という希望を残した。
あなたに残したかった。
泣き崩れる達也。



良質の土でいい作品を作っていくことが
両親の供養になることでしょう。

SPONSORED LINK



第6話のあらすじは
テレビ朝日の公式サイトから。

所轄署の警察官・西岡良平(岩松了)が殺害される事件が発生。
妻の真由美(国生さゆり)の犯行とにらんだ
捜査一課3係係長・八重樫剛(野村宏伸)らは連日、
彼女の事情聴取にあたっていた。









事件の1週間前、近所の住民が夫婦が
言い争う声を耳にしていた上、西岡が所持していた
カバンの中から、記入済みの離婚届が
出てきたことが決め手となったのだ。









西岡は元々優秀な刑事だったが、10年前、
女子大生が殺害された事件で真由美の兄が
逮捕されたことから、会計課に異動した過去を持っていた。













そんな中、科捜研研究員の村木繁(甲本雅裕)が、
西岡が殺された事件について力を貸してほしい
と糸村聡(上川隆也)に頼んできた。
なぜ村木がそんな依頼をしてくるのか、
事情を深く聞くこともせず引き受けた糸村は
現場に残された遺留品の中から、離婚届に目を留める。
記入された文字が所々、歪んでいたのだ。
さらに片隅に墨のような黒い汚れが
付着しているのも気になって…









警官殺しの捜査を開始した、糸村と村木。
2人はやがて10年前の事件の衝撃の真相にたどり着くことに…
いったいなぜ村木は糸村に捜査を頼んだのか…
そして離婚届に秘められた真実とは…






SPONSORED LINK










タグ:遺留捜査4
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。