So-net無料ブログ作成
検索選択

「ひよっこ」第112話のあらすじと感想。谷田部家は久しぶりの賑やかな食卓。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ

「ひよっこ」第112話のあらすじと感想。

こごで取り戻してぇ~。
宜しくお願いします。と実の言葉に
谷田部家の家族は喜ぶ。

実の父・茂役の古谷一行さんの顔が
良かったですね。

みね子に頼んで帰ってきてしまって
ごめんねと美代子。
ううん。楽しかったよ。
お父ちゃんと暮らして楽しかったよ。
お父ちゃんはやっぱりお父ちゃんだよ。
違う人になったわけじゃないよ。





SPONSORED LINK



進と一緒にふろに入る実。
浴衣を着て、「ぴったりだ。ありがとう」
「お父ちゃんのだもん」



みね子たちが数年ぶりに家族そろって
食卓を囲む。
実の好物ばかり作って食卓に。
きんぴらごぼう、うめぇ~。
父ちゃん好きだったものね。

進が
ほんとに何も覚えでないのけ?
じゃあおねしょのこど知らないのけ。
自分から言ったらダメでしょとちよ子。







美代子は、実がかつて好きだった料理
喜んで食べる姿を見て、胸がいっぱいになる。
そして茂は、実に明日の田植えの話をする。

本当に久しぶりに谷田部家に賑やかな
食卓が返ってきました。



ちよ子は勉強が出来ると聞いたけど…
まあね。予習より復習が大事ね。



ちよ子と進に自分のことを話してくれと頼む実。










ちよ子、進、実が就寝した後、
祖父からもみね子にお礼を言う。






みね子は稲刈りの前のことを思い出します。
みね子が働きに行く方が良いのでは?と
実に相談した時のことを。
高校を出たら、うちの仕事手伝ってくれと
父から言われた事。





田植えの日。
雨だった。
お父さん…父ちゃん、
実って良い名前ですね。
と出かける父・茂に言う実。
この時の古谷一行さんも良かったですね。
涙が出そうになりました。






ちよ子、進、実と3人で苗を載せて運ぶ。
後から美代子とみね子。
頑張っぺ。




実の記憶もゆっくりとこののどかな
奥茨城で戻ってくるでしょう。


SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。