So-net無料ブログ作成

「ひよっこ」第91話のあらすじと感想。愛しちゃったのよ~♪歌いながら相合傘を描くみね子。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ

「ひよっこ」第91話のあらすじと感想。

第16週”アイアイ傘とノック”に入ります。
先週のおさらいから。
島谷とみね子の初デート。




SPONSORED LINK



みね子に会いに何回も来ていたが
会いづらくて…
向島電機が倒産してから
小田原の弟家族のところにいたんだけど
居づらくて仕事が見つかったからと
東京に。でも40歳も過ぎての就職活動は
難しくて…。
愛子はみね子に話をしている時、
厨房から省吾が出てくる。
自己紹介し、みね子も愛子のことを
紹介するが、愛子は
省吾に一目ぼれし、その場に倒れ込んでしまう。
コーヒーでも店でどうですか?と誘われ…。


高子にも前にお世話になっていた舎監さんだと
紹介する。
愛子さんのことを不審がっていました。
なかなかうまくいかなくてね…。
辛いことあった後は、もう幸せなことばかり
しか来ない。これから大変よ。幸せなことばかり
やってきてって愛子さんが
言ってくれたじゃないですか?
忘れたわ。
ありがとう。みね子ちゃん。
じゃあ、言っちゃおうかな。


本人を目の前にし、省吾に一目ぼれしたと
打ち明ける愛子。
恋する気持ちがまだあったと
思い出させてくれた省吾に
お礼を言う。
一同驚く。
こんなんで良かったらどうぞと鈴子。
どうなの?省吾?
いや~。


その日のうちにすずふり亭の近くに
仕事を決める愛子。
すずふり亭にも食事に来る愛子。
「愛子さん、オムワン!」とみね子。
厨房も「愛子さん、オムワン!」
省吾はまんざらでもないのでしょうか?


愛子さんの恋もうまくいったら良いですね。







久しぶりに三男お仕事場、米屋。
三男の仕事ぶりに善三は満足していて
いずれはさおりの婿になって貰おうと
三男を雇ったんだと話す。
私は好きになった人と結婚する。
あんたにすすめられた人とはしない。
しかし三男が私は好き。
えっ
三男はあたふた。
私はさおりなんかじゃない。
えっ
米屋だからって米子、何て名前つけて。
親がつけた米子って名前を
勝手にさおりって自分で変えたんだと善三。

そんなゴタゴタしている所へ
三男の兄・太郎と時子の兄・豊作が
安部米店にやって来る。

お兄さんですか、三男さんを下さい。
宜しくお願いしますとさおり。

茨城のお米を取り扱ってもらう為にでも
やってたのでしょうか?














島谷も帰ってきていましたが
何か深刻な顔をしています。




愛しちゃったのよ~♪
愛しちゃったのよ~
歌いながら相合傘を描くみね子。


一番幸せな時期ですね。
省吾と愛子。
三男とさおり。
島谷とみね子。
さて恋の行方は?










































SPONSORED LINK





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0