So-net無料ブログ作成
検索選択

「ひよっこ」第66話のあらすじと感想。第12週「内緒話と、春の風」のあらすじ。富の情報からそれぞれの住人のことを知ることに。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ


「ひよっこ」第66話のあらすじと感想。


仕事終わりは鈴子さん達と
銭湯に行きます。

眠前には、茨城の家族のこと、時子のこと、
乙女寮の同室だった仲間のことを
想いながら眠るみね子。



すずふり亭で遅くまで働くようになり、
朝起きるのが苦手になってしまったみね子。
目覚ましをかけるのを忘れていたみね子。

音にうるさい早苗はみね子の目覚まし時計
鳴る時間には目が覚めるようになっていた。




SPONSORED LINK



なり続ける目覚まし時計に毎朝
イライラしていた早苗(シシド・カフカ)は
いつもの時間になっても鳴らず気になり
みね子の部屋の戸を叩きに行きます。
両隣の大学生烏谷と漫画家新田はそのドンドン
叩く音で顔を出しますがみね子は起きません。
でも遅刻せずの出勤できました。
早苗さんのおかげなんですけどね。


おまけに休みの日にみね子は
目覚まし時計をかけてしまい…

共同炊事場で4人が偶然揃い、
それぞれが自分の事など
話していないのになぜか詳しく
知っていて…
早苗に「佐賀の御曹司なのに
こんな安いアパートに住んで…」
そういう金持ちとか御曹司とか言われることが
一番いやだと思っている烏谷は
早苗に「久坂さんはそんなにヅケヅものを言うから
お見合いを40回も断られているんだ」
「38回です」


みね子は「あのう、皆さんどうして
そんなに色々お互いのことを知ってんですか?」
という事は?
4人で管理室にいる冨のところへ。
電話中。
東京と佐賀とは違いますよ…」
「うちの母親だ」と烏谷。
「女性は2人居ますが一人は行き遅れで、
もう一人はただの田舎者ですから」
烏谷の女性関係を心配している母親に
冨は答えています。




冨さんは
美味しいものを目当てに住人たちの親に
電話をかけては色々情報を提供し、
提供して貰っていたのです。
住人のことを一番知っているのは冨さん。

うちに電話が無くてホントに良かったですと
みね子は思うのでした。


このことから4人の関係は良くなって
いくのではないでしょうか?
変わり者だらけのあかね荘の面々ですが
うまくいきそうですね。






第12週「内緒話と、春の風」のあらすじ。

すずふり亭の仕事にも慣れてきたみね子。
休みの日、早苗と烏谷、啓輔と料理
作って食べることに。
すると啓輔の相方・佑二(浅香航大)が
突然富山から帰ってくる。
なぜ2か月以上帰って来なかったのか、
その理由を聞いたみね子はがっかりする。



そんなとき、届け物をして欲しいと
省吾に頼まれる。
喫茶店へ行くと省吾の娘・由香(島崎遥香)が待っていた。

島崎遥香さんは2017年1月期ドラマ
「スーパーサラリーマン左江内氏」に
AKB卒業後初のドラマ出演。
朝ドラは初出演。
すずふり亭の料理長・省吾の娘・由香
”わがままで跳ねっ返り娘”を演じます。

同じく元AKBで女優業をしている
川栄李奈さんは2016年4月期朝ドラ
「とと姉ちゃん」に出演されています。






SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。