So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年6月19日の月曜名作劇場は再放送作品「追悼野際陽子さんを偲ぶ弁護士二重丸承子」 [ドラマ]














月曜名作劇場 再放送

2017年6月19日の月曜名作劇場は再放送作品
「追悼野際陽子さんを偲ぶ弁護士二重丸承子」
2005年11月「月曜ミステリー劇場」で放送された作品。


6月13日に81歳で亡くなられた
野際陽子さんの追悼特別番組が放送されることに。
TBSの月曜名作劇場より一日早く6月18日には
野際陽子さん出演の作品をテレビ朝日
放送されることになっています。
「旅の香り、時の遊び」(2002年4月)と
「DOCTORS3最強の名医」(2015年3月)最終話の2部構成で。





SPONSORED LINK





あらすじはTBSの公式サイトから。
事件は弁護ミスから始まった!
依頼人の目的は承子(野際陽子)へ復讐なのか?
それとも…?
殺人容疑者のアリバイは
別の人間を殺していたことだった!
















二重丸承子(野際陽子)は弁護士。
といっても、
今は引退を決め込み、娘の玲子(森口博子)と
その夫・俊樹(沢村一樹)に弁護士事務所を
継がせて、自分は教習所に通っている。























ペーパードライバーを返上し、
亡き夫・孝之(竜雷太)のキャンピングカーで
日本全国を回るのが夢。
承子が教習所で態度の悪い教官と
バトルを繰り広げた直後、玲子から電話が入った。
















殺人事件の容疑者である水村早苗(原沙知絵)と
いう娘が承子に弁護を依頼してきたというのだ。
承子はその名を聞いて愕然とした。
15年前のことだが、承子には決して
忘れられない事件だった。


承子は力を尽くしてある殺人容疑者の
無罪を勝ち取った。
ところがその男が別の殺人の現行犯で
逮捕されたのだ。

早苗は殺された女性の娘だった。










早苗は、不動産会社社長・大谷卓治(不破万作)殺しの
容疑をかけられていた。
長嶋幾(石井トミコ)という女性が
事件の後に公園で手や服に付いた血を
洗い落としている早苗を目撃していたと証言した。
しかも早苗の出したゴミ袋の中から
犯行に使われたナイフが発見されたのだ。






















接見に赴いた承子に、早苗は挑戦的な態度をとる。
大谷が殺された時刻のアリバイはあるが言いたくない。
だが15年前に殺人犯を無罪にした承子なら、
アリバイを言わなくても自分を
無罪に出来るだろうというのだ。
承子は早苗の無実は信じるが、
自分を信頼してアリバイを話して
もらえないなら弁護は出来ないと告げた。
押し黙る早苗。
承子があきらめて帰ろうとした時、
早苗の唇が動いた。その言葉を聞いて承子は
慄然と立ちすくんだ。


早苗は犯行時刻に、被害者とは
別の人間を殺していたというのだ。



脚本は今井詔二さん。








SPONSORED LINK







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0