So-net無料ブログ作成
検索選択

「ひよっこ」第65話のあらすじと感想。すずふり亭で働き始めて数日。はじめてお皿を割ってしまったみね子は…。 [ドラマ]










ひよっこ あらすじ


「ひよっこ」第65話のあらすじと感想。

すずふり亭で働き始めて数日。
夜が遅い分、朝は眠いです。
みね子の目覚まし時計の音が
やかましい。他の部屋にも聞こえます。

私の好きな開店準備の時間です。






SPONSORED LINK





お父さん、私
一つだけやってないことことがあるんです。
一度もお皿を割ったなかったんですが…。
割ってしまいました。

すずふり亭で働き始めて数日、
初めてお皿を割ったことに
激しく落ち込んでしまう。
他の人も気づいていた。




心配になった省吾は、休憩時間に店の皆を
集めると、自分の若い頃のことを話し始める。
そこで鈴子も知らなかったつらい経験も…。
省吾は忙しさにかまけて
みね子に大声で怒鳴ったことを
気にしているかと一人思っていた。
修業時代や軍隊の頃の話をする。
一番悲しかったのは、やられていた奴が
同じように下の者にやっていたことが
悲しかった。悲しくて嫌だった。
気づかないうちに嫌な思いをしていたらと
思ったんだと省吾は話す。
そんな思いをさせてしまって
すみませんとみね子。


お父さん、私は恵まれているなと思います。
本当に良い職場です。
お父さんはどんなところで働いていますか?


みね子は向島電機でもでしたが
本当に職場の人達に恵まれていますね。
一人くらいいやな感じの人がいるものですが…。
本当に恵まれていると思います。







SPONSORED LINK




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。