So-net無料ブログ作成
検索選択

「緊急取調室シーズン2」第5話タイトル”ブラックジョーク”の感想と第6話のあらすじ。 [ドラマ]














緊急取調室シーズン2 視聴率

「緊急取調室シーズン2」初回からふた桁視聴率で推移。
初回17.9%
第2話14.2%
第3話12.4%
第4話12.4%
第5話13.2%



第5話、第6話のあらすじは
テレビ朝日の公式サイトから。






SPONSORED LINK





通勤時間帯のオフィス街に、大量の血を浴びた男が現れた。
捜査一課の刑事・渡辺鉄次(速水もこみち)と
監物大二郎(鈴木浩介)が職務質問すると、
男はあろうことか包丁を取り出し
「朝起きたら、この包丁を握っていた。
誰かを殺してしまったかもしれない」と言いだす。
ナイフを出した時、渡辺の前に監物が
渡辺をかばうよう前に出る。












まもなく男は旅行会社トラベルコレクト
の社員・水越辰也(塚本高史)だと判明する。
だが、夜10時に退社してから、包丁を握った状態で目覚めるまで、
水越の記憶は白紙。
肝心の被害者も特定できない。
夜10時に退社したというが上司の木村が
真壁らに見せた会社の出退記録には7時半となっている。






捜査一課長・沢渡巌(三上市朗)は早急な事件解決を求め、
真壁有希子(天海祐希)ら緊急事案対策取調班(通称・キントリ)に
取り調べを一任する。
ところが、水越を確保した渡辺と監物が、
取り調べも自分たちでやりたいと申し出るが
上手くいかず、結局、キントリに任される。
やがて取り調べの最中、ほんの一部であるが、
水越の記憶がよみがえる。








詳細は不明だが、退社後に舵輪(=船の舵)を見たというのだ。
僕は船に乗ったかもしれない…水越の証言を受け、
渡辺と監物はナイトクルーズまわりを捜査することに。
一方、有希子と取調官・小石川春夫(小日向文世)は
水越の身辺を洗うため、勤務先を訪問。
新入社員の福永絵梨(入山杏奈)を捕らえて話を聞くと、
2時間以上働くなとサービス残業を余儀なくされた。
新入社員が皆、会社を辞めると言った時、
みんなを助けてみんなを笑顔にしてあげると
水越は上に掛け合うからと言ってくれた。
後輩の面倒見が良かったと。





まもなく、水越が断片的な記憶を新たに取り戻した。
舵輪を見た、ピアノを見た。
舵輪と聞き、デイクルーズ、ディナークルーズなど
当たってみるが、舵輪など乗客に見せることはないと言われる。
ピアノを載せているクルーザーもない。



一方、被害者が見つからない中、救急搬送された
人物が居るかどうか?
そんな時、刺殺体が見つかる。
芝浦の店”KAZENAMI"のサービス券を持っていた。
店を訪ねると、客同士でケンカが始まったという。
不法滞在していた2人。
水越が持っていた凶器のナイフの写真を見せると
うちの包丁よ。
水越の写真を見せたが知らないという。



”湘南ヨットクラブプレミアムマリーナ―”
で舵輪とピアノを見つける。
トラベルコレクトの田代社長は会員。
社員にはサービス残業をさせ、
出退記録は改ざんし、自分は月100万の会費の
ヨットクラブで遊んでいた。





社長に直に新入社員の事もあり、
就労時間について訴えようとしたが
会費制のクラブなので断られ
社長に会えなかった。
帰りにケンカをして刺された男性を
目撃し血の付いたナイフを持ち帰った。

貴方が直ぐ救急車を呼んでいたら
助かったかもしれませんね。

水越辰也、
銃刀法違反、偽計業務妨害で再逮捕。






そのころ、キントリの管理官・梶山勝利(田中哲司)のもとには、
刑事部長。磐城和久(大倉孝二)から”不可解な要請”が入る。

トラベルコレクトの田代社長のことを調べ始めたとたん、
上から圧力がかかったのだ。

田代社長と警視庁生活安全部の杉原部長が一緒に
写った写真を見つける。
警察の天下りを手伝っている。




トラベルセレクトには労基が入る。
最近では実際に電通に入りましたね。






ブラック企業を懲らしめようとした
水越の真の狙いが明らかになり、
正義とは何かを訴えかけたストーリーでした。
録画は消去しません。
開かれた警視庁の為に。

有希子は取り調べが終わると録画したものに
タイトルを書く。
今回は”ブラックジョーク”



















SPONSORED LINK




第6話のゲスト俳優さんは鶴田真由さん。



銀行員の大谷雅美(阿南敦子)が
自宅マンションから転落死した。
多数の住人が「やめて!」という悲鳴を聞いていたが、
部屋には他殺の物証がなく、
自殺と断定される。










ところがその後、雅美の携帯電話が飛び降りる
前後に繋がっていたことが判明する。
通話相手は雅美が通っていたサロンのネイリスト
・茂手木恭子(鶴田真由)。
調べると、この6年のうちに女性顧客が2人、
恭子に多額の金を融通したのち、自殺していた
















このことから、捜査一課は雅美を含む3人の顧客に、
恭子が自殺を強要したと推理。
真壁有希子(天海祐希)ら緊急事案対応取調班(通称・キントリ)に
出動を要請する。
有希子は取調官・菱本進(でんでん)とともに、
事情聴取を拒否し続ける恭子を訪問。







すると、恭子は何を思ったか、有希子が聴取を
担当するなら協力するという。
さっそく有希子は取り調べを開始することに。
ところが、恭子はどんなに問い詰められても、
落ち着き払った態度。









しかも、有希子の手を見て、
シングルマザーであることを見抜き、
その労をねぎらってくるではないか。
さすがの有希子も感情とペースをひどく乱され、
管理官の梶山勝利(田中哲司)から厳しく
たしなめられてしまう。
















挽回を誓った有希子はキントリ・メンバーと
連携し、恭子の関与を裏付ける証拠を求め、
自殺者たちの関係者に聞き込み捜査を敢行。















そんな中、有希子が不審な行動を取り始める。
なんと、こっそり単独で恭子のサロンへ向かったのだ。
その行動に感づいた菱本は、胸騒ぎを覚え…。
















SPONSORED LINK







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0