So-net無料ブログ作成
検索選択

ドラマ[A LIFE~愛しき人]第10話最終話。一途一心。深冬の手術成功で壮大は院長に。羽村は副院長に。沖田はシアトルへ。 [ドラマ]













愛しき人 ドラマ

ドラマ[A LIFE~愛しき人]
第10話最終話のあらすじはこちらの方に。
http://terebi-dorama-jyohou.blog.so-net.ne.jp/2017-03-14-3

最終話のタイトルが。
「A LIVE」FがVになっていましたね。
LIFE人生、命。
LIVE生きる、生きている。



ヤフーのみんなの感想は51%☆1、
みんなの評価は☆2.60点。
視聴率は全話ふた桁で推移。
第8話が15.7%と最高視聴率。

最終話の視聴率は有終の美を飾り、
16.0%でした。






SPONSORED LINK








羽村と顧問弁護士・榊原が副院長・壮大が
病院乗っ取りを考えていたことを院長に報告。
壮大は副院長を解任。
深冬が沖田に手術を頼んだこともあって
壮大はショックを受け連絡もつかない状態に。















沖田に手術を頼んだ本当の理由は
父親が手術をしてもしものことがあった時、
娘の莉奈がその事を一生抱える
ことになると考えたからだった。









羽村も副院長を売ったのだから病院を辞めるという。
とっくにやめている筈の顧問弁護士・榊原は
副院長室の絵画を外し、壁に空いた大きな穴を
深冬に見せ「副院長の心にも穴が空いているんですよ」
いやいや、元顧問弁護士がそれも
愛人関係だったあなたが妻の深冬に
そう言った事言いますかね?
苦しんでいるのはあなただけでは
ないとでも言いたいですかね。
まっ、ドラマですからね。












深冬先生の手術をしようという時に
何で羽村先生は?と沖田。
沖田先生が来てからなんだよ。
副院長が壊れたのと羽村に言われる。






















期待しなければ裏切られることはないからと井川に言う羽村。















脳出血で腫瘍が3つに分かれたことで
深冬の手術は一回ではうまくいかず…。
まだ生きてると深冬。
とりきれなかったと沖田。
脳外科の専門医壮大の力が欲しい沖田。
何回も連絡をするが…。
深冬はお前のことを待っている。

















羽村先生はどんな医師になりたかったんです?と井川。
医師というよりツートップになることが
目的になっていた。そのためには信じられないこともしたよ。
井川先生のミスをネットニュースに売ったりね。
えっすまなかった。
僕のような医者になったらだめだよ。
























豊子(叔母)から深冬が入院前に莉奈に
あてに書いていたノートを壮大に渡してほしいと沖田に頼む。
沖田に手術を頼んだ理由を話す深冬。









沖田が父親・一心と話すシーンがいつも
良かったですね。
お店を閉めた後で帰ってくるのか
どうか店全体の照明がいつも暗かったのは
何か意味があったのでしょうか?
皆さんはどう思われます?










SPONSORED LINK







壮大の実家に行く沖田。
お互いが羨ましかったと話す。
シアトルに行ったのは彼女・深冬から
逃げただけだったんだ。
壮大はすごいよ。
病院を大きくして家族からも愛されて…。
120点だよ。
自分の価値を自分が認めてないからだと
壮大に言う沖田。
彼女の命を救うにはお前の力が必要なんだ。
4日後手術だ。
深冬はお前を待っている。
彼女の命を救うにはお前の力が必要なんだ。
勝手なこと言うなよ。
おまえに俺の気持ちなんか分からないって言ったけど、
分かんねぇ―よ。
でもお前も俺の気持ちなんてわかんねぇだろ?
人の気持ちなんてわかんないねぇよ。
でもだからこそ理解しようと向き合うことが
大事なんじゃないの。俺もそうだけど。
医者としてだと患者のこと考えられるのにな。

















一途一心。雑念はいらねぇ~。
父親の言われた言葉。





深冬の難しいオペを壮大と沖田、二人で成功させる。
壮大のことをめんどくさい人ですね。とオペナース柴田。全くと沖田。






お前は最高だよ。外科医としてと壮大に言う沖田。













目が覚めた深冬に一緒に壮大が
手術してくれたことを話す沖田。
シアトルに帰る準備をする沖田。












理想の病院を作るよと壮大。
院長になった壮大。
副院長になった羽村。










井川は留学を視野に入れることにしたと
柴田と沖田に話す。
又一緒にオペ出来ることを楽しみにしていますと柴田。









壮大には「ひっかきまわしてと言われた」と
深冬に話す沖田。
「会えて良かった」
深冬と沖田のアイコンタクト。
何を意味する?






これからの檀上記念病院について
院長として話す壮大。
思い通りになってシメシメと思っているのか?
あの笑いは?






初めての医師役も難なくこなされ
さすがの木村拓哉さんでした。
井川役の松山ケンイチさんの存在が
とても良かったと思いました。
最初はこのお坊ちゃま医師が…と
思っていたのですが…。


SPONSORED LINK











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。