So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

「わろてんか」第92話のあらすじと感想。東京浅草の演芸に刺激を受けた藤吉はアメリカへてんと二人で行こうと…。 [ドラマ]











わろてんか あらすじ

「わろてんか」の第92話のあらすじは
NHKの公式サイトから。
第17週”ずっと、わろてんか”に入ります。


トキと風太が長屋に引っ越してきた。
てんはトキの相談に乗っていました。

東京へと藤吉とてん。
新婚気分で行ってきておくれやすとトキに
言われ…ほうか?と嬉しそうなてん。
藤吉はリハビリの努力もあり(左手に後遺症が残る)
東京の浅草へと演芸を夫婦で見に行くことに。
スケッチ劇(コント)が流行っていた。




SPONSORED LINK




藤吉はてんと東京の演芸を視察し、刺激を受ける。
東京に負けてられへん。
風太に100年以上続く万歳(後の漫才)を作れと発破をかけ、
自分は新しい笑いを求めアメリカに行きたいと
夢を語る藤吉。
ショービジネスの勉強がしたいと。
てんと一緒にアメリカへ行くと隼也に話す。
アメリカの母にも会うと。




風太とトキが深刻な顔をして
藤吉らのところへやって来る。
ひょっとして妊娠とちゃう?とてん。
風太とトキの妊娠を報告に
名付け親になって欲しいと頼みに来たのだ。

お父ちゃんが笑わしてやるからなと
トキのお腹に向かって言う嬉しそうな風太。






そんなある日、新聞記者・杉田楓がやって来る。
一度掲載されたものが評判が良くて
小噺を書いてくれと万丈目に頼みに来た。
夫婦漫才をやめて書いたら良いと勧める歌子。
あんたは物書きの才能があると歌子。
やりたいんやったらやったらよろしいと賛成する。
万丈目が新しい才能発揮してくれるとてんらは喜ぶ。
万丈目は今の放送作家となるのでしょう。



※杉田楓:てんが駆け落ちして藤吉の家に来た時、
藤吉の母が勝手に藤吉の嫁にと北村商店にいて、
どちらが嫁に向いているかと競争した楓。



お母はん・啄子からの手紙。
今は世界一周の旅をしてます。
神戸にも寄るのでその時会いまひょ。
手紙を読み終えた時、藤吉に異変が。
また頭が、手が…。
てんは気付かず…。
また脳卒中
まだまだこれからやりたいことがある
藤吉なのに…
”ずっとわろてんか”という意味はひょっとして…。




SPONSORED LINK

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -